株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

大企業による大型ボッタクリ増資を禁止せよ。野村のインサイダー問題もモラル崩壊が原因だ。

2012年07月27日 | 株式

大企業による大型ボッタクリ増資を禁止せよ。野村のインサイダー問題も
モラル崩壊が原因だ。私が株を止めたのもインサイダー天国だからだ。


2012年7月27日 金曜日

野村HD、柴田COOも引責辞任へ インサイダー問題関与で渡部CEOとともに 7月26日 産経新聞

野村証券がインサイダー取引問題に関与した責任を取って、持ち株会社である野村ホールディングス(HD)の渡部賢一グループCEO(最高経営責任者)が引責辞任を決めたのにともない、柴田拓美COO(最高執行責任者)も退任する意向を固めた。今年4月に就任したばかりの野村証券の永井浩二社長は社長職にとどまる見通し。

 野村は、渡部CEOの役員報酬を6カ月間、50%削減する処分を決めたが、渡部CEOは引責辞任を否定していた。経営トップが辞任することで、信頼回復と業績への影響を最小限にとどめたい考えだ。

 証券取引等監視委員会は今年3月以降、公表前の増資情報を不正に得て株を売買し、利益を得ていたインサイダー取引を相次いで摘発。このうち、平成22年の国際石油開発帝石、みずほフィナンシャルグループ(FG)、東京電力の3件の公募増資で、野村証券の営業社員が情報漏洩(ろうえい)に関与していたことが発覚した。

 野村は6月29日、社内の情報管理態勢の不備を認める社内調査結果を発表し、渡部CEOら役員の処分と再発防止策を発表。だが、政府保有の日本たばこ産業(JT)株式の売却に伴う主幹事業務の選定から外れたほか、9月に予定する日本航空の再上場をめぐっても、主幹事証券7社を統括する業務から外されるなど、業績面で深刻な影響が広がっていた。



大型公募増資の公表と株価 7月3日 BLOGOS

ニュースによると、川崎汽船と全日空が大型の公募増資を行うという。「新株式による資金調達は売り材料」と書いた手前、両社の株価を見てみた。やはり、「その通り」である。

川崎汽船は昨日の引け後のニュースだった。全日空は今日のニュースであり、夕方に会社側が正式に公表した。

川崎汽船は1.74億株の新株の発行を行い、状況によってはこれを2億株まで増やすという。現在の発行株式数は7.65億株だから、2億株の新株発行となると相当のインパクトである。時価総額は1200億円程度、最近は赤字がかさんでいる。典型的な「窮地での増資」と見られかねない。今日の株価は14.65%安の134円である。

全日空(全日本空輸)は10億株の新株の発行を行うとのこと。現在の発行株式数は25.2億株であるから、川崎汽船以上に希薄化が進む。時価総額は5650億円程度である。業績は黒字が何とか続き、総資産営業利益率は5%弱と高くはない。「収益力が高くないのに、何故、コストの高い株式での資金調達なのか、コストを払えるのか」と言われかねない。今日の株価は13.84%安の193円である。

やはり、理論は生きている。日本の株式市場というか投資家が正常に反応していることになる。これに対して、企業経営者は何を考えているのかだろうか。もっといい資金調達の方法がなかったのか、反省し、再考すべきだろう。



(私のコメント)

「株式日記」は当初はまさに株式日記だったのですが、株式投資から足を洗ってかなりの年月が立ちます。だからリーマンショックも何もなんの影響も受けていません。現在では株式投資は素人が手を出せるものではなくなっています。当初はインターネットのおかげで素人も情報格差が縮まったと思ったのですが、最近ではロボットトレーディングが始まって、1秒間に数千回の売買が行われるようになり、素人は太刀打ちができません。
 
最悪なのは大企業による大型のぼったくりの公募増資であり、前向きの投資よりも赤字の穴埋め的な大型増資が目立ちます。公募増資の主旨は有望な事業に積極展開することで業績が反映されることですが、最近の公募増資は後ろ向きのものばかりだ。だから公募増資を発表すれば一斉に暴落する。手持ちの株を空売りしておけば必ず儲かる。野村のインサイダーもそれがCEO辞任の原因だ。
 
野村に増資を頼めばインサイダーで情報が漏れて不自然に空売りが増加する。証券会社のモラルも落ちたものですが、最近は野村證券OBによる詐欺事件が多発しています。オリンパスの飛ばしもそうだし、AIJの投資詐欺も野村のOBが関与している。だから野村のCEOが引責辞任するのは遅きに失したというべきですが、証券業界そのものが素人投資家を食い物にしているとしか思えない。
 
今では素人投資家は多くが脚を洗って投資から手を引いてしまっている。一時期はデイトレーダーが話題になりましたが、やはりインサイダー情報が手に入る人しか儲からない。円がこれだけ高くなっているのに株式が低迷しているのは、大型増資や転換社債などの大量発行で株式数に比べて一株当たりの利益が小さくなってしまったことであり、過大資本になってしまったからだろう。
 
大型の時価発行増資を認めていればそうなってしまいますが、既存の株式投資家はそれに嫌気がさして株に投資しなくなってしまった。以前なら額面増資で時価とのプレミアが稼げたのですが、今では時価発行で持っていると増資で値が下がって損してしまう。これでは株が上がるわけがない。
 
私が株式投資に見切りをつけて不動産投資に転向したのは、株式は紙切れだからいくらでも発行ができますが、土地は新しく作ることができない。土地でも上がりすぎれば暴落することがありますが、土地そのものの価値には変わりがない。しかし株式になると倒産してしまえば株券は正しく紙切れになってしまう。バブルの頃は数千円もしていた株が今では数百円になってしまっている。
 
株価が値下がりしっぱなしになってしまった原因は、このような大型の公募増資の乱発にもありますが、日銀がバブルの失敗にこりて金融を終始引き締め気味に運用していることにも原因があるのだろう。株券は時価発行で印刷してどんどん増やせるのに、現金紙幣はそれに伴っては増えてはいないから株が値下がりする面もあるのだろう。アメリカの株が安くなていないのはFRBがドルを印刷してばらまいているためだ。
 
日銀が金融を緩和しているか引き締めているかは、株式市場を見れば分かるのであり、日銀が十分な資金を供給していれば株価もこれほど下がることはなかっただろう。大企業が大型の公募増資をして、市場から金を集めて銀行に債務の返済をすれば、それだけ信用通貨が減ることになりデフレ経済になる。さらに大企業は内部資金を溜め込んでその金額は200兆円にもなる。借金を減らして現預金を増やしているのだから通貨の回転率が悪くなりデフレを加速している。
 
諸悪の根源は、大企業のボッタクリの大型公募増資であり、時価発行は禁止して昔のような額面増資に限るべきだ。そうしなけれな長期資産株は持つことができない。
 
 
ジャンル:
経済
コメント (13)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最終的な責任を負うべきは、... | トップ | 蒸気凝縮系が撤去されていな... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (4)
2012-07-27 14:24:52
では為替へどうぞ
Unknown (Field Village Insider)
2012-07-27 15:26:51
>株式投資から足を洗ってかなりの年月が立ちます。

そうでらしたのですね。。。

でも、たまには今回のように株に関するお話しも頂けると嬉しいです。
Unknown (マカオ)
2012-07-27 15:29:31

証券会社がインサイダーしているのは常識。

日経新聞もインサイダーに加担している。

日経新聞の社員は知人関係にインサイダー情報を流し、売り買いさせている。

日経新聞のインサイダー情報で証券会社が玉を集めて、日経新聞が記事にして株価が上がった時点で大量に売りに廻る。

こいつらグルである。
只今、室温35.2度… (ponpon)
2012-07-27 16:02:16
> 14.65%安の134円
> 13.84%安の193円
> 手持ちの株を空売りしておけば必ず儲かる

チャートを見ると、いずれもバブル崩壊後の最安値を更新していますね。
■全日空の株価チャート(1989年~2012年)※表示期間を「1」にして下さい
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=9202&asi=3
■川崎汽船の株価チャート(1989年~2012年)※表示期間を「1」にして下さい
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=9107&asi=3
川崎汽船は2003年~2007年に大相場をやったみたいですが、全日空の株主のほうは浮かばれませんねぇ…。(苦笑)
私が投資資金の大半を失った2000年~2003年の大暴落時も“売り方の天国”でしたが…。持ち株を手放さずに含み損を膨らまし続けている投資家が“アホルダー”とか呼ばれてましたね。(笑)

「汽船」と言えば…。
■三光汽船の思い出(前編・後編)
http://jcoffee.g2s.biz/tsure4.html
『下がるはずの三光汽船の株が、どんどん暴騰を続けます。…』
右肩上がり時代のエネルギーというものを感じますね。

> 現在では株式投資は素人が手を出せるものではなくなっています

コンピュータとの勝負ですからねぇ…。(笑)長期投資以外は運次第でしょうね。競馬やパチンコなどと変わらない…。

> 前向きの投資よりも赤字の穴埋め的な大型増資が目立ちます

昔、会社を経営するパソコンゲーム(米国製)に嵌まっていたことがありますが、創業時以外は株式を発行しませんでしたけどね。ライバル社が複数登場するゲームだったので、株式をやたら発行するとライバルに買い占められて、会社をあっさり乗っ取られてしまうんですよねぇ…。資金調達は、利率の低い時に社債を発行して、それを投資に回していましたね。稼いだら、どんどん償還して、自社株もどんどん消却する。ゲームクリア条件が非常にシビヤだったので、ゲーム序盤から真剣勝負でした。あー懐かしい。(笑)

> 一時期はデイトレーダーが話題になりました

ITバブル初期の頃、マネー雑誌に海外の若手デイトレーダーの記事が載っていて、それに触発されて株を始めたら、案の定ヤラれましたね。おかげさまで、2003年~2007年のプチバブルの恩恵も無し。(笑)

> バブルのおろは数千円もしていた株が今では数百円になってしまっている

最近は、NECも100円前後をウロウロしていますしねぇ…。(苦笑)
■NECの株価チャート(1989年~2012年)※表示期間を「1」にして下さい
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=6701&asi=3
今は、2003年~2007年のプチバブル時に相場が無かった銘柄の動きを主に見ていますが…。(投資資金は無いので見てるだけ…)

> アメリカの株が安くなていないのはFRBがドルを印刷してばらまいているため

刷ればイイってもんじゃないですしねぇ…。インフレ時代は稼いだカネの価値がどんどん下がっていたワケですし…。
■大卒初任給の推移
http://jcoffee.g2s.biz/toukei.html#shoninkyuu
やっぱり、バブル崩壊直前くらいが一番良かったんでしょうね。正社員採用が多くて、月給もボーナスも高かった時代…。
バブル崩壊後は、ワープアやフリーターだらけになって、大卒初任給並みの給料を貰える人が減りましたしね。
アメリカの平均年齢は、日本よりも10歳くらい若いしなぁ…。

> 大企業は内部資金を溜め込んでその金額は200兆円にもなる

ハゲタカちゃんに没収されるのかなぁ???(苦笑)
賛辞 (ようた)
2012-07-27 16:50:22
今は素人が株式投資をすべき時代ではなくなったという意見に賛成です。
私も15年間株式投資をしてきましたが、今はインサイド(内側)にいて情報を入手できる人しか儲かりません。勿論インサイダー取引は違法であり一般投資家は出来ないから儲からない。
しかしエクイティファイナンスや業績発表などの前日にはその銘柄の出来高は増えています。一部のインサイドの人間が借名取引で儲けているのです。
SECはそこを徹底して調べ上げ市場にはびこる悪者をあぶり出して欲しい。それが健全な市場を保つ上で不可欠ではないでしょうか。
野村證券 = ブラック企業 (Unknown)
2012-07-27 17:14:06

野村證券は昔っから人をだますこと、金融詐欺を生業として悪行三昧を繰り返してきましたが、ネットが発達してようやく世間に知れ渡りつつあります。長年に渡って顧客を喰い物にしてきた詐欺師集団などはさっさと上場廃止 → 廃業にしましょう。

野村證券出身者はなぜ悪事を働くのか (日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/12/hasan75/msg/468.html

また野村證券OBが!AIJ投資顧問事件の主役たち
http://www.data-max.co.jp/2012/03/05/obaij_dm1701_1.html

中川昭夫(元野村證券)の経歴・画像【オリンパス事件で逮捕】
http://matome.naver.jp/odai/2132946552576785901

↓ 野村證券サイトの注意事項(笑い話) ↓
「野村證券を装って、未公開株・社債等を勧誘する金融詐欺が急増しています。こんな勧誘を受けた場合は、ご注意ください!」
http://www.nomura.co.jp/introduc/news/info_20120510_1.html
詐欺師は他の詐欺師を許しません!(爆)
Unknown (株好き爺)
2012-07-27 21:24:09
株式投資は空売りでしか儲からないと思うわ。
これから儲けようと思うならあと数年株が底抜けになるまで待つことだな
私もその時を待ってる
Re インサイダー (ダイヤモンド ダイヤモンド 世界で一番厚い夏)
2012-07-27 21:57:01
マーさースチュワートを思い出す。
株はバクチ、馬券、車券、株券と似たようなもの (Unknown)
2012-07-27 22:30:57
 株に関心があるわけではないが、何か一株は持つようにしている。というか、一年に一回ぐらい動物的カンによる閃きがあって自分自身が別の生き物のようになってw 株に引き寄せられることがある。いつもは空っぽの株の取引口座に首っ引きになって株を買うことがあるが、もちろん貧乏人なのでたいした金額ではない。しかし、若い頃、先輩から「動物的カンが閃いたら株を買え」と教わったことを忠実に実行しているということになる。

 まず、株で儲けようと思うとすでに邪念が入ってダメなものだ。まるで天啓のように、神のささやきで「買え」という声が聞こえた時に買うのが株だと思っていれば、損しても得しても仕方がないと諦めがつくものだ。「神の思し召し」で損した時には、何か戒めを与えられた時と思い、自分が墓参りを疎かにしたとか、友人に尽くさなかったとか、いろいろ反省する機会にすればよい、と思っている。

 はっきり言えばこの国は情緒でなりたっているようなところがあり、官僚になればそれなりうま味があると思えば何代もわたって子供は官僚を目指すわけで勝栄二郎などは勝海舟の子孫であるのに、恥ずかしいからだろう、血縁を否定してみせる。「血は水よりも濃い」で情実社会はどこまでいっても情実なのである。インサイダー情報があれば利用しない手はないと思うのが、この国の習いと思うべきだろう。

 だから、基本的には株は汚いものだと思っていいる。みんなインサイダー情報で株を買い儲け、あるいはとんでもないガセ情報に踊らされて失敗しているわけで、したい奴は勝手にすればいいだろう。その点、独り身は気が楽で資産も遺産も財産も残す必要はない。その日その日の浮き世暮らしさえ何とかなる金と銭があれば十分。多少、余ったお金が有り天啓があった時に株を買ってみる。まるで株券は馬券と変わりない。

 一つだけ具体的に言えば、311前、日立株を天啓で250円で仕込んだ。これはかなりの安値ですぐに倍値近くになり売ろうとした矢先に311に見舞われ、たちまち350円まで暴落した。東日本大震災では仕事上も大きなマイナスに見舞われ資金繰りが途絶えた。正直廃業の危機にまで晒されたのだったが、そこで思い出したのが日立株である。これが400円台まで回復した時、売り払い当座の支払いを何とか済ますことができた。

 株とはあぶく銭と思うべし。それが我が身を救ったというなら、これほどありがたいことはなかった。今では神に感謝している。で、今はどうか。先日、天啓で東芝株を350円付近で買ったが、あっという間に100円近く下がって今に至っている。いつでもどこでも天使がほほえむものではないと、たぶん神様がお灸を据えたのだろうと今は思っている。
カラクリ (Unknown)
2012-07-28 00:41:50
株は、素人が手出したら、ダメだよ!強者が弱者から巻き上げるのと、同じシステムだよ。昔から、ほとんどの個人投資家が負けまくり!
株式投資は、コイコイの博打沼と同じで、少し勝たせて全部巻き上げるのが目的。 (そう言う意味では大津賭けマージャンと同じ。)
2012-07-28 13:03:03
マージャン、トランプ、花札。

株式、パチンコ、ルーレット(宝くじ)。

すべて、同種の胴元が繰り広げる収奪遊技場件、虐待脅迫恐喝装置に他ならない。


カルトの異民族が、必ず違法賭博を元に、たかったり、手下にして、
万引き、手先にして喧嘩と称してイジメたり、売春婦を調達する手口がある。
結局、株式は、異民族が収奪する装置としての経済盗賊にとっての俺の海なのだ。

カイゾクが、侵略植民地経営より手軽にできると、タックスヘイブンを創って、
呼び寄せて、手下の証券会社に不正を働かせ、退職させてからスキームを実行するなど、
暴力団顔負けの、否、その上を行くシステム詐欺の手口なのだろう。

違法行為を誘発させたタックスヘイブンの持ち主は、脅迫して資産を略奪するのだろう。
脅迫された違法事業主が、国をあい刷る気持ちを3月11日震災で取り戻したので、
正直に日本に税金で支払いたいと言えば、その胴元の尻に火がつくこと請け合いである。

日本は正直に誤って、つぐなった人間には寛大だが、悪を理由にタカル屋からには厳しい鉄槌を与えれば良い。
他にも、日本物件の脱税を横取りしたのなら、その金を東北復興資金にするから返せと政府は言うべきである。

女王様が最後にでてきて、彼らにきついお仕置きをして、日英友好が末永く続けばいいのではないか。
Unknown (Unknown)
2012-07-28 13:08:22
時価発行増資なんて、1980年代からやっていたから、今の株価低迷の主要因じゃないでしょう。
それよりは、ジャスダック等の新興市場に経営基盤が弱く事業継続性も怪しい企業が、どんどん上場する結果、主要銘柄を買う資金が相対的に減少しているのが、原因だろう。
更に、新興企業の公開価格が不当に高く設定されて(主幹事証券会社の協力がある)、公開後
株価が下がり、投資家が損失を蒙る例が多いから、更に株投資離れが起こる。(米国のナスダック市場に最近新規上場したフェイスブック株がこの典型例。儲かるのは、創業者利益を得た奴と証券会社、最近では日本の場合は、創業利得者≒在日ですからね。皆さん知っておいてね。

また、ハゲタカの要望で作った「日経225先物」、これを使った市場操作が株価低迷に拍車をかけている。

倒産した山一証券の裏側 (安住)
2015-06-05 18:52:04
倒産した山一証券は倒産間際に社員に社債を買わせさせたりある支店では大口の客を獲得するために女性社員を枕営業していたなどの暗い噂がありました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日本は北朝鮮並みに堕落した (格闘する21世紀アポリア)
 日本はまるで北朝鮮のようだ。  東電の電気料金値上げがいよいよ認可されるらしい。  事故の原因究明もままならず、災害復興もままならず、そして誰も責任を取ることがない東日本大震災の答えがこれだ!  政府与党、東電はこのような「値上げ」といったことだけはし....
人の「値打ち」は、この世を去る時に決まる (【 日々の感謝 】)
人の生命というものは、肉体としては五十年とか百年ですが、人の本体としての霊魂というものは、永久不滅のものです。 人の世で、いくら地位や財産があろうとも、あの世に旅立つ時には、そのようなものを持って行くことは出来ません。あの世に持って行けるのは、ただ、人...
シリア化学兵器に巨大貫通弾?? (東京の郊外より・・・)
25日、ドンリー空軍長官はイランの地下核施設用に開発されていると噂の巨大貫通弾MOPの開発状況について質問され、「必要なら使用可能」と返答。25日付「Defense News」は、シリアと結びつけるような記事を
株でも誰でも安定収入 (株式サヤ取りZ)
現役投資顧問会社の社長が プロ投資家の驚異的な株式投資法をついに公開! 究極のロジック Zフィルターを搭載したシステム 株式サヤ取りZ。
条件を確認するだけの投資 (お金の学校)
ネットで、6つの条件を確認するだけでできる投資法です。具体的に言うと、その6つの条件を満たした株は、上がり始めます。
少ない資金で大きく稼げる (連動銘柄の法則)
小資金でプロと戦わずに手堅く稼ぐ!誰も知らない株デイトレ成功の秘訣。資金が小さいほど儲かる驚きの手法です。