株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

米紙は25日、中国の温家宝首相の一族の資産が少なくとも約27億ドルに上ると報じた

2012年10月28日 | 外交

米紙は25日、中国の温家宝首相の一族の資産が少なくとも約27億ドル
に上ると報じた。習近平国家副主席の親族が数億ドルの資産を保有


2012年10月28日 日曜日

温家宝首相の一族、資産2千億円 副首相就任以降、巨額の財築く 米紙報道 10月26日 産経新聞

【サンフランシスコ=黒沢潤】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は25日、中国の温家宝首相の一族の資産が少なくとも約27億ドル(約2200億円)に上ると報じた。一族は温氏が1998年に副首相に就任して以降、巨額の財を築いていったといい、友人やビジネス・パートナー名義で投資するケースが目立つと指摘している。

 同紙は温首相の母や妻、息子、弟、義弟などの資産を企業や当局の報告書をもとに集計。27億ドルのうち80%は、中国共産党の規則では公開対象外という。

 温首相が新型肺炎(SARS)の流行に伴い2003年、医療廃棄物処理の規制を強化した後、弟の企業が水質保持や医療廃棄物処理に関わる事業(約3千万ドル)を政府から受注。弟は、この企業を含め2億ドルの資産を保有している。

 また、母親は世界的に著名な保険・金融企業「平安保険」の株式を07時点で1億2千万ドル分保有していたが、株式の名義人は、温首相の郷里の企業だった。

 記事は、妻が宝石の品質管理担当の政府職員から中国の宝石市場で「女王」と称されるまでの軌跡や、一人息子が中国有数の投資ファンドを運営していることなども報じている。

 温首相が一族の資産形成に直接関与したかどうかは不明だが、記事は「戦略分野の投資案件で強い影響力を持っていた」と指摘。一族の巨額蓄財が明らかになり、11月8日からの党大会以降、引退する温首相の影響力低下は避けられないとの見方も伝えている。

 中国政府は今回の報道を受けて、国内での同紙(電子版)の閲覧を阻止した。 中国の指導者一族の資産形成をめぐっては、米ブルームバーグが6月、習近平国家副主席の親族が数億ドルの資産を保有していると報じた際も、中国からの記事閲覧が阻止された。



胡錦濤政権、毛沢東の名前を“抹消” 保守派は反発強める 「思想」存続めぐり激しい攻防 10月27日 産経新聞

【北京=矢板明夫】中国共産党の胡錦濤指導部が、11月8日に始まる中国共産党大会で、中国建国の父、毛沢東の革命理念である「毛沢東思想」を党の規約から外す動きを見せている。革命期、冷戦時代に確立された同思想は今日の中国の実情と適合しなくなったほか、重慶事件で失脚した薄煕来氏の支持者が毛沢東思想を掲げて政府批判を強めているという事情が背景にある。毛沢東の家族をはじめとする保守派は毛沢東の記念活動を積極的に展開するなど反発しており、激しい攻防が始まっている。

 中国共産党の規約の中に、党の指導理論・理念として、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、トウ小平理論などが羅列されているが、1978年以降、経済発展を重視するトウ小平理論が政策立案の基本指針となり、農民や労働者による革命を重視する毛沢東思想は実質否定された。

 しかし、トウ氏が主導した改革開放によって貧富の差が広がり特権階級に対する民衆の不満が高まった。毛沢東の「弱者の味方」としての一面が再び強調されるようになり、低所得層の間で毛沢東人気が高まった。薄氏が重慶で「共同富裕」のスローガンを掲げ、格差是正を強調したのは、毛沢東の政治手法をまねして民衆の支持を得ようとしたからだといわれる。

 日本政府による尖閣国有化をきっかけに全国に広がった反日デモでは、毛沢東の写真を掲げて「薄書記を人民に返せ」と叫ぶ人の姿もみられた。胡錦濤政権は、薄氏を失脚させた以上、民間の毛沢東崇拝を抑えなければならない。9月下旬以降、共産党指導者の発言や公式文書から毛沢東の名前が消えた。

共産党筋によれば、党大会の規約改正で「毛沢東思想」を省略することが現在検討されているという。こうした「毛外し」の動きに毛沢東の家族や保守派は反発。メディアへの露出度が少ない毛沢東の長女の李敏氏らが10月初めに毛沢東ゆかりの地である江西省の井岡山を訪れ、1千万元(約1億3000万円)を寄付したほか、毛のおいで、文革後に失脚した毛遠新氏も26日、数十年ぶりに公の場に登場、毛沢東が提唱した水利工事の現場を視察して、毛の功績をアピールした。

 共産党筋は「胡主席らは毛沢東思想を外したいと強く思っているが、党内保守派の抵抗も強い。習近平国家副主席はまだ態度を明らかにしていないため、(外すことが)できるかどうかはわからない」と話している。



(私のコメント)

韓国や中国が経済発展しても近代国家になりきれなのは、韓国大統領や中国共産党幹部不敗汚職が絶えないからだ。もともとから中国で商売するには共産党幹部に賄賂を贈らなければならないことは常識でしたが、胡錦濤指導部はこのような不敗汚職を取り締る事で一生懸命なはずだった。しかし党幹部自身が不正蓄財で率先していたら地方の共産党幹部も汚職のし放題になる。
 
地方の共産党の幹部になれば、許認可権を一手に握るから賄賂の取り放題になる。愛人を10人も囲ったりと酒池肉林の生活で一度なったら辞められないのでしょうが、江沢民も未だに権力を握ったまま離さない。たまに行なう不敗汚職の取り締りも政敵が対象であり、自分たちの不正蓄財には手が付けられない。
 
重慶事件もその一端であり、重慶市トップ薄煕来氏が党籍剥奪と公職追放され、収賄容疑で捕まったのもその一端なのでしょうが、取り締った温家宝が清廉潔白で無いことは明らかだ。賄賂や汚職政治は中国や韓国の文化であり、権力闘争は利権闘争に過ぎない。中国の文化大革命で多くの指導者層が追放されましたが、共産中国ではこのような定期的な階級闘争が行なわれて来た。
 
政治権力の腐敗汚職は、何処の国にもあるのでしょうが、長期独裁政権になると政権幹部の不正蓄財が起きる。だから先進国では定期的な政権交代で利権構造の絶ちきりが行われますが、独裁国家では司法も検察も機能しないから取締りがご都合次第になる。ニューヨーク・タイムズで報じられた温家宝首相の一族の不正蓄財が国内で報じられないのは当然なのでしょうが、日本でもトップニュースは中国で反日デモで被害に遭った平和堂が再開されたと言うニュースであり、温家宝のニュースは報じられない。
 
それだけ日本のマスコミ内部にも中国の手が伸びていると言う事なのでしょうが、韓国でも政権末期になると大統領は反日的になることで人気取りに走りますが、中国でも江沢民や胡錦濤指導部も末期になると反日を煽る事で国民の目をそらせる様になる。反日デモが過激になればなるほど報道は大きくなるから、政権交代に伴う権力闘争はマスコミ報道から覆い隠される。
 
つまり韓国政府や中国政府の反日活動は国民の目を誤魔化す為のものであり、デモはマッチポンプなのだ。相手が日本なら人畜無害であり日本政府は外交関係維持を優先するから反撃してこない。しかし韓国の李大統領にように「天皇への謝罪要求発言」ともなると流石の日本政府や国民も怒り出して来た。領土問題だけなら実害は大して無いから反日を煽るにはちょうどいいのだろう。
 
1012年は、韓国の大統領選挙と中国の指導部の交代が重なる事で「反日運動」相乗効果で大きくなったのでしょうが、政権交代が終われば日本からの援助を期待して融和的になる。中国にしても日系企業を焼き討ちしたら日系企業が中国から逃げていくから経済的にも大打撃になることは指導部も分かっている。日本としてはリスクの分散の為にも中国以外の新興国を育てなければならない。
 
昨日はバングラデッシュについて書きましたが、ミャンマーやカンボジアはアジアでは最後に残された新興国になります。しかしインフラが整備されていないから、日本がODAなどの経済援助で整備して投資環境を整えないと無理なのだろう。日本は最初は韓国や台湾のインフラを整備して経済発展の基礎を築きましたが、次はタイやインドネシアにインフラ投資して経済発展を促して来た。中国へも6兆円のODAで空港や高速道路などのインフラを整備して来た。
 
それがいよいよカンボジアからミャンマーからバングラデッシュまでの地域を新興国として育てる事が日本の使命になります。ミャンマーは長い間中国の友好国でありましたが、インフラの整備には不熱心でありミャンマーは中国に見切りをつけて日本や欧米の投資を期待するようになりました。これらの新興国には資本も技術も無いからインフラから全てワンセットで投資しなければならない。
 
しかしこれらの新興国は中国や韓国以上に政治が腐敗しており、世界から見捨てられて来た。東南アジアはアメリカからもヨーロッパからも遠く、先進国と言えるのは日本ぐらいですが、資金力や技術力がある国は今となっては日本しか無い。民間ベースで開発が進めばいいのですが、インフラはODA頼みだろう。日本が貿易黒字なのはASEAN諸国や中国の経済発展で資本財や主要部品の供給国として輸出が増えた為であり、21世紀はアジアが経済の中心になると言われている。
 
中国は確かに大国ではありますが、政治的文化風土が腐敗しきっておりアジアの盟主になるどころか、クリントン国務長官の発言では20年後には中国は最貧国に転落すると言う事です。温家宝の2000億円不正蓄財からも分かるようにこれでは政治が安定しないからだ。
 
 
ジャンル:
経済
コメント (25)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今や、アジア新興国へのシフ... | トップ | 西洋は外的脅威ではなく、ユ... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re 中国は最貧国に転落すると (Unknown)
2012-10-28 14:15:50
米は多くの人口を養える、韓国、中国は生かさず殺さず的な人口で人口比に対して物がない、、だから、犬とかヘビとか何でも食べる、米はあるんだよ。
Re 中国人 (Unknown)
2012-10-28 14:20:43
例えば、家で粘土工作をやるとするよね、するとスプーンを使って粘土を伸ばしたりする、箸で穴を開けて動物の目を作ろうとする、そして、また食器棚に戻す、他人の物なら洗わないよ。これマジだからね。
Re 温家宝首相の一族、資産2千億円 (Unknown)
2012-10-28 14:23:24
中国、中国と言っているが日本もでしょうよ、パチンコとカルトもだよ。
Unknown (Unknown)
2012-10-28 15:10:13
中国では小学校で尖閣諸島の粘土モデルを作らせ、小さな中国国旗を刺して、日本は島を塗んだと叫ばせる授業を行っている。

洗脳国家極めりということだ。

韓国も全く同じであり、仮想敵国として最低限の付き合いをすることが肝要なのは明白。

中国周辺国はほうっておけば中国の経済的人種的植民地になる可能性が高い。
いくら遅れている国であっても、それはごめんこうくるということ。
ミャンマーがそうだ。
カンボジアもやがて反中国の動きもでてくるだろう。


パキスタンはもはや手遅れかもしれない。
反政府勢力がド動くかがポイントだが、中国はどちらに対しても影響力を行使している。


となれば、まだ中国に占領されていないミャンマー、バングラディシュに対して、国民所得を向上させる経済援助を行うことは理にかなっている。

人治国家の限界 (Unknown)
2012-10-28 16:21:12
資産を溜め込むといっても、中国の場合、海外に高飛びする目的で外国の銀行にドルをため込むのだろうから、アメリカの金融情報網に引っかかることになる。なにしろ、中国指導部高官の子弟はアメリカ留学や移住を決め込んでいるわけで、当然のことアシはつきやすい。

温家宝の2000億円蓄財も、中国内部からのタレ込みか、アメリカの独自調査による発覚だろう。その事実を現在、公表するということについてはアメリカの政治的意図ということになるだろう。おそらくは、幹部が失脚に繋がりかねないような重要情報をアメリカ側が握っているというシグナルなのだろう。

たしか、クリントン国務長官のハーバードでの講演の中で、中国指導部の8割が亡命も視野に入れながら公費の不正蓄財を図っているような社会とは異常だというような下りがあったと思う。「人治国家」とはその様なものなのだろう。たしかに、20年後貧乏国になってもおかしくはない。
Unknown (匿名)
2012-10-28 17:04:08
この結論に至るのがひと月ほど遅いですな。

日本は中国の崩壊を望まず、中国は日本との対立を演じる。
両国の望みは大東亜共栄圏であり、それを妨害するために
アメリカは第二次世界大戦を起こしたし、今もNYTを使って
情報戦を行う。

尖閣でも曖昧な態度で日中を煽ったが、結局が沈静化した。
そればかりか日中はそれを逆手にとって対立のお芝居を
うって見せた。

これらは、欧米の経済状況など、間接的な状況分析だけでも
導くことの出来る結論だ。

ひと月遅い。
日本も似たり寄ったり (Unknown)
2012-10-28 17:51:43
>だから先進国では定期的な政権交代で利権構造の絶ちきりが行われますが、独裁国家では司法も検察も機能しないから取締りがご都合次第になる。

日本では民主党に政権交代しましたが自民党よりひどくなりました。
それに日本の司法もでっち上げ犯罪、エアー審査会、冤罪が流行ってますので
あまり人のこと(他国のこと)は言えませんよ。
幻の中国10億人市場 (にこんりん)
2012-10-28 18:04:22
中国の富裕層はみんな中国を見捨てて、海外へ移住しています。
それは中国が基本的に共産主義国家であり、私有財産を認めていないから、
いつ何時財産を没収されるか分からないからです。ペイオフも無いから
銀行口座もあてになりません。全ては政府の胸先三寸という案配。

つまり、中国本土に残されるのは、海外へ脱出できない貧乏人ばかり、と
なります。中国もいずれ豊かになって高価な日本製を買う様になる。というのは、
個人の蓄財目的で海外の企業を誘致している官僚達のプロパガンダと見るべきで、
今の中国が60年代の高度成長期の日本と見るのは、根本的に間違っています。
Unknown (Unknown)
2012-10-28 18:46:28
シナ、レアアース赤字だって。

自分の国壊してるぞ品人。
お気の毒様です。

Unknown (でんたで)
2012-10-28 19:06:37
賄賂も日本式に役にあるときは、潔白装って
辞めたとたん天下りでがっぽり方式と
中国式に役にあるときにがっぽりとって天下りなしに
すっきりやめて、どこか外国で暮らす中国方式
どっちがいいかは、社会システムの違い
天下りのない中国は立派な社会だとは日本では
いわれないし、アメリカの支配層がなにをやってるかは
一般庶民の惨状をみればわかる。
中国首相に門前払い食らわされたアメリカの
ゴロツキ二匹が、日本に舞い戻ってきて、えらそうに、壇上でさも重鎮のように振舞ってたのは、やっぱおわらいだったなwww
中国は沈むだろう (Unknown)
2012-10-28 20:51:09
 法治国家は万人に平等たる「法」が支配する世界であるが、「人治国家」にあっては、あくまで「人」が支配する。人というのはその時々の権力者のことであるから、権力の移行があるたんびに「法」は変わることになる。たとえば、企業が市と法人税の取り決めを結んでも、市長が替われば税法も変わるか、大幅な運用の見直しが行われたりする。そのため、役人への賄賂は欠かせない。

 中国の大富豪を見ると、時の権力者と通じている者がおいしい思いをする場合がほとんどである。権力者から優先的に土地の買い上げを任され、不動産で財をなすような億万長者が番付に乗ったりするが、権力者の交代があると長者番付から忽然と消えるならまだいい方で、不法蓄財のかどで牢屋行きになる「大富豪」も多い。

 こういう国にあっては人間関係が第一であり、うまく権力者や役人に取り入れば大成功を収めるだろうが、人事異動や政変などで人間関係が失われればそれで終わりである。中国が賄賂社会と言われるのも、人間関係を築き、取り入ることが全てということを物語っている。だから、上層部の失脚はもろに自分の立場を危うくする。役人が不正蓄財に勤しんで、自分の親族を海外に住まわせて亡命先を確保するぐらいのことは当たり前ということになる。

 しかし、こうした社会で果たして「進歩」はあるのだろうか? 法治国家においては法の下で平等なる市民が自らの力で法を変え、時代と適合する法を再生産することが可能だが、中国のような「人治国家」にあっては、人が代わればまた一から出直しとなる。権力者が代われば法も代わり思想も代わるとなれば、人々は己の蓄財のみに関心を寄せ、いつでも逃げられる用意をして日々を送ることになる。

 本当の意味で、人が知恵を出し合って積み重ねてよりよき社会を生み出していくといった考え方がムダになる場合が多い。これはおそらく、法ばかりでなく技術の習得や社会意識、民度の向上ということにも繋がりにくく、「20年後には貧乏国に舞い戻る」ことも十分あり得るだろう。クリントン国務長官は有力なシンクタンクの予想を参考に、このように述べたものと思われる。

 一事はハリウッド映画などにも、中国人俳優が数多く登場し、アメリカは中国の国家としての隆盛を歓迎した時もあったのだったが、いまや「G2」の夢は藻くずと消えてしまったと言ってよい。アジア政策においても、中国に勝手なまねはさせないという姿勢で統一されていると言ってよかろうと思う。力の均衡策の戻りバネで、時代は日本に有利に運ぼうとしている。

 すでに、アメリカは一歩踏み出して、「尖閣諸島においては中立ではない」と中国側に伝えている。日米安全保障条約は尖閣においても間違いなく発動される。日本は万軍の友を得たということになり、中国の手出しはまず不可能だろう。もちろん、アメリカが日本に手を貸す以上、代償はある。尖閣をタテにアメリカが日本にTPP交渉で色よい返事を求めてくることは必定である。そこは日本不利にならぬよう、デクノボウ政治家にではなく、通産官僚の交渉力に期待するほかない。
<分断、分裂内乱拡大中!中国事情> (崩壊は近い!近い!近い!)
2012-10-28 22:08:17
100万人の遺跡盗掘団がお宝狙う=警察も墳墓荒らしに参加するお寒い事情―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=40490&type=
司法局の元局長宅から隠匿物資が続々、中に国宝級も!進む、汚職官僚摘発―重慶市
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35763&type=
<四川大地震>汚職官僚が救援物資を横領、被災民の不満募る―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=27323&type=
災害義援金を送っても共産党幹部が横領。 盗人共産党員  泥棒国家。  崩壊は近い!
ハリハリのエラ族が語る騙る、虎の子と技術を差し出すモチベーションを煽る報道が、ステルスマーケティングと悟る時間ですよ。 (カヲナシの黄金の代価は、劇場型犯罪。)
2012-10-29 02:58:18
NHKの片岡某という解説員が、ハリハリのエラで力説していたのが、虎の子と技術を差し出して、中国のトップ企業と生産提携することだと宣った。

トワイニングとはほど遠いその人相で、ダイキン工業の虎の子のインバーターエアコン技術の無償提供が、世界で利益を産むチャンスであり、
今まで開発してきた技術そのものより、これから開発して行くための20%の自由裁量を研究開発者に与えよと、無知と飴で、工作活動をしていた。

ちょうど山中教授のノーベル賞受賞を背景に、SONYの昔の自由な発想から生まれ開発された、色々な製品を想像させながらプロデューサーが大事だと言う。
しかし、待って欲しい。もし、コリアなプロデューサーを起用でもしたら、W3事件が発生するだろうし(本当は潜脳が原因)、あさっての方向に利益誘導されかねない。
それに、SONYの経営者が経済性重視で自縄自縛に陥ったのも、エコノミストや株式市場による圧力と、脅迫で手足を縛って自由裁量を奪い、技術者の先端技術フライトを狙った謀略だったのだとしたら。サムソン。

そう、レディーグレイな一見淑女で、実は腹黒いベンチャー企業の株式占拠による乗っ取り工作を推進している、中国で大儲け記事乱発の某経済新聞のようだ。
金融資本がプリンスオブウェールズを背景に、今もコリアを煽動して、明治維新どころか、平成維新を画策していることが、浮き彫りになって来るのだ。

TPPで攻めるアメリカに、一見緩やかな株式市場原理主義で浸透するイギリス。
どちらも、日本の自立独立には障壁な勢力であり、それへのお布施を払おうとするコリアな人士たちが、NHKの解説員にも多く散見されるようになったのである。
スポーツ番組のコレはコレはなキャスター達もまた同じである。フリークライミングした御仁もハリハリのエラを持つ、某物産の配下でプリンスオブウェールズの下僕なのだろうか?


そう言えば、最近テレビに出ているミヤネをちんちくりんにした金髪の日本語の駄洒落が好きな金融資本外人芸人に、念を送って、サウジアラビアで革命騒ぎを起こして資産を分捕って、また殺すのかと問うと、突然表情が慌てだし混乱した。
周りの日本人キャスターなどはうつむいてしまい、何も言えないようだったのは、図星だったからだと何となくクリスタルに感じたのだった。
某日本シリーズで胸元を2つもボタンを外した投手に、小学生の頃、女の子に酷いことをしたヤツが居なかったか、と念を送ると、挙動不審になったりもした。

その男をやたら庇った女が、小学生の女の子に酷いことをしたと自白して、カナダで落石にあって死んだ男を悼む同窓会で、何故か私に突っかかって来て不思議だったが、なんだハリハリのエラ族だったのだ。
そう言えば、ハリハリのエラ族は、突然、オレたちゃ捨て駒♪と自虐の歌を歌ったり、泥酔なさったり、病気になったり、痴漢冤罪で捕まったりと忙しいようだった。

全部、オバマに対するタイガーウッズ災難と同じで、仄めかし脅迫であったが、鈍い私は気付かずに、なんて悪いヤツだったのだろうと素直にカルトと同定した。


巨人の澤村が活躍しているようだが、突如制球を乱し、火病を起こすことが有っても彼自身の罪と思わないであげて欲しい。背景を背負って標的になっているだけだからだ。
氷山の一角が彼であり、その下部構造を探るには、どこからきたのか、であるかを調べればよく、同じアナのムジナがそこにたむろしているのである。アメリカ性革命報告FF。

性癖とOK牧場と牛馬の逆子取り出しに、相姦関係があるなどとはお天道様には隠すことは出来ないのだ。
そして、心の中から清く正しく美しくあれと月に代わって忠告される時代なのだ。
物語は深く、色んな示唆に富んでいる。たまにあさっての方向や斜め上の方向に、物事を隠蔽する仕事が有るに過ぎない、大奥では。


弱者に憐れみをかけた徳川綱吉の徳の政治を貶めるは、隠れキリシタンの末裔が、赤穂浅野と吉良で演じられた劇場型犯罪の殿中でござるに、忠臣蔵。
カヲナシからもらった黄金の代価は、劇場型犯罪で役割を演じることと喝破した。
ゴビンダも、栃木保育園児殺害犯も、乗っ取りPC脅迫事件の犯人達も、それぞれ冤罪犯という役割を演じさせられたようだが、もしかしたら黄金の代価だったかもしれない。

その真相、深層や如何に?

だって光の国で起きた、絞殺強姦と乳児殺害。犯人も被害者も、同じハリハリのエラ族とか、十字降臨族だったら、劇場型犯罪と気付くかもしれない。
結局、ショックドクトリンの罠だったのだろうか?

ファッション モンスター♪
ファッビョン モンスター♪
火病 モンスター♪ ああおもしろい むしのこえ ききみみずきん
日本人の男を●せ!日本人の女を●イプせよ!って所が中国 (Unknown)
2012-10-29 05:15:01
=中国政府の腐敗構造も酷いものだが、中国人の蛮行は全世界的にどのみち放置できないって状況になるのではないでしょうか?

昨日のコメントで嘘をついた事がないと言う副島が中国躍進の報告記事を引用していたが・・・実態は中国へ行ったが最後って感じではないかってつくつ゛く思うな

腐った中国政府やら中国軍部・一般国民のすべてに行き渡る中国人気質は動画の事実で一目瞭然です

同様に韓国(人)も負けず劣らず惨いんで・・・日本人はそういう者との付き合いはしっかり自己防衛を万全にして対処していくしかない=なるべく付き合わないでいくってことぐらいじゃありませんかね?

~~「中国共産党「拷問」の凄惨~近代法治国家としての発展をアピールする一方で、民主活動家や少数民族、強い信仰を持つ人たちをここまでいたぶることに執心する共産党中国
h ttp://nippon-end.jugem.jp/?cid=10

<日本人に対しても中国現地での実際の映像が物語る
副島の嘘が恥ずかしいというか惨すぎて大笑い

~~h ttp://ww1.sinaimg.cn/large/654c5304jw1dwvrvykikej.jpg

出た
これは凄いぞ
日本のメディア関係者ちゃんと眼見開いてみろ

募集
日本人の娼婦:10時間以上持つのが条件
日本人の男を見たら即殺せ
日本人の女を見たら即犯せ
同意するものは署名をしてください

これが株洲市の中心にある映画館の入口に展示されてる

理性ある行動を訴える中国青年にも投石の嵐
h ttp://www.youtube.com/watch?v=kgqUyhG0Zfk#t=0m40s

国民が知らない日本の危機
h ttp://www18.atwiki.jp/nihonnkiki/pages/1.html
国民が知らない反日の実態
h ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1.html
韓国は『なぜ』反日か?
h ttp://peachy.xii.jp/korea/  
「報道できない強姦事件」
h ttp://tokua33.ninja-web.net/

秩序あるデモアルヨ
(※ ↓ 2012年8月19日の反日デモの様子です)

h ttp://www.youtube.com/watch?v=geyuVqI7ABg

h ttp://www.youtube.com/watch?v=pKnuILXFVZI

res:287 竹島は日本固有の領土です sage 2012/09/16(日) 17:07:04.17 ID:ytjUfUE30

h ttp://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/2006/10/_by__e8a1.html
チベット……

>>1
>「彼らは店に押し入り多くの商品を略奪していた。こんな抗議のやり方は理性的ではない」
h ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1347782260/ ~~

<やっぱり中国は内部崩壊もあり得るが世界からの拒絶反応も充分あり得るのではないでしょうか?

いくら取り繕ってもやってることの冷酷非道なことは動かぬ事実なのですからね!!

*投稿の都合上h ttpとしてあるのはhttpに直してください
中国(人)のやってきた事実は消せないのです (Unknown)
2012-10-29 05:58:43
<歴史的にも中国(人)のやってきた蛮行の事実はおびただしくて惨いしそれこそ消すこともできないし避けて通れることも結果的に困難になるのです

おそらく降りかかる火の粉は払わねばならなくなるというか、アジア関係は中国・韓国をとりまく政治経済摩擦環境がかなり緊迫していくと予測されますね

アメリカはロムにー共和党政権はほぼ確定として、日本は憲法改正有りの挙国連立的(体制翼賛会的な?)政権はありで

やはり対中国や対韓国に対してのなんらかの排除政策はとっていく方向になるように期待する

とにかく石原も新党作ってもあるいは維新の会と連帯とか連携とかってことで予測されることは、

日本の奥の院の究極の戦略は混沌には混沌って感じかな?

さてさて、それでも日本(人)が結果的にアジアにおいても善良であるという事実が積み重なっていくだけである

それに反比例して中国人、韓国人の評価は次のとおりの行いによってその未来も崩壊ってのが知れています

>【中国民事訴訟法231条】
『被執行人が法律文書に定めた義務を履行しない場合、人民法院は出国制限をし、或いは関係部門に通達をして出国制限を協力要請をすることができる

―司法解釈規定
出国制限される者の具体的範囲としては、被執行人が法人或いはその他の組織であった場合、 法廷代表人、主要な責任者のみならず、財務担当者等、債務の履行に直接責任を負う者も含む。』

【国防動員法】
中国国内で有事が発生した際に、全国人民代表大会常務委員会の決定の下、動員令が発令される

国防義務の対象者は、18歳から60歳の男性と18歳から55歳の女性で、中国国外に住む中国人も対象となる

国務院、中央軍事委員会が動員工作を指導する
個人や組織が持つ物資や生産設備は必要に応じて徴用される

有事の際は、交通、金融、マスコミ、医療機関は必要に応じて政府や軍が管理する。

また、中国国内に進出している外資系企業もその対象となる 国防の義務を履行せず、また拒否する者は、罰金または、刑事責任に問われることもある

「通州事件」とは
1937年7月29日、支那の保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した。一家ことごとく首と両手を切断され、婦人は14、5歳以上は全部強姦されていた。

旭軒という飲食店に入ると、7、8名の女が全部裸体にされ、強姦射殺され、陰部にほうきを押しこんであるある者、口中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者など見るに耐えなかった。

東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合せて、それに八番線を通し、 一家6人数珠つなぎにして引き廻した形跡歴然たる死体が浮かんで居り、池の水は真っ赤になっていた。

「旭軒(飲食店)では40から17~8歳までの女7、8名が皆強姦され、裸体で陰部を露出したまま射殺されており、その中4、5名は陰部を銃剣で刺殺されていた。

商館や役所に残された日本人男子の死体はほとんどすべてが首に縄をつけて引き回した跡があり、血潮は壁に散布し、言語に絶したものだった。」

(中略)

「近水楼入口で女将らしき人の死体を見た。上半身も下半身も暴露し、4つ5つ銃剣で突き刺した跡があったと記憶する。陰部は刃物でえぐられたらしく、血痕が散乱していた。

男は目玉をくりぬかれ上半身は蜂の巣のようだった。女2人はいずれも背部から銃剣を突き刺されていた。

階下座敷に女の死体2つ、素っ裸で殺され、局部はじめ各部分に刺突の跡を見た。

子供は手の指を揃(そろ)えて切断されていた。南城門近くの日本人商店では、主人らしき人の死体が路上に放置してあったが、胸腹の骨が露出し、内臓が散乱していた」

今や在中邦人や日本企業は人質になっていると言ってもよい状況です。
「チャイナリスク」を考慮しなかった愚かな経営者は憂き目に遭うことでしょう。
それどころか、国防動員法により日本国内の中国人が武装蜂起すれば、日本も戦場になるのです。>

<日本は悲惨な大震災でそれこそ国家崩壊の危機に晒させようという現況においても真・善・美のDNAが悲しいかな個人個人の内面に確かに在って不屈の克己心ともいうべきもので復活再生が可能とか思うのです

中国・韓国にはそれがまったくないのですから・・・あとは自滅というか自業自得という結末で日本に心底謝罪して助けを請うしかなくなるって予測されますな(・ゞ)
どの国にもある権力の腐敗構造だが (Unknown)
2012-10-29 06:21:24
次のサイトに詳しく述べられているが、特に現在の組織構造を調べてみるかぎり予測されることは中国国家内での動乱はどうしようもなく発生する可能性は高いってこと

2012年中国情勢
http://www.kanda-zatsugaku.com/120330/0330.html

~首相すなわち国務院総理の地位と権限
国務院は憲法で最高行政機関とされていて、日本でいう内閣にあたります。そのリーダーが総理で現在、温家宝氏がなっております。

 国務院には総理のほか、副総理、国務委員、各部部長、各委員会主任などがいます。国務委員は基本的に顧問的な存在です。部長や委員会主任が閣僚に相当します。たとえば外相は「外交部長」、国防相は「国防部長」というのが正式名称です。

部長と呼ばれますが、日本でいえば大臣です。国務院の「閣僚」は全員共産党員であるのが暗黙の了承事項です。

 総理・副総理・国務委員の任期はやはり5年で、2期までとなっていて、10年勤める人が多い。党の総書記も10年です。今秋に代わるということは2002年に胡錦濤さんが江沢民から引き継いで10年たつということです。

●中央軍事委員会と軍
 軍の統率権は今も中国指導者には欠かせない重要な権力のひとつとなっています。

中央軍事委員会は、人民解放軍、人民武装警察部隊の統率にあたる重要機関です。

党の総書記はこの中央軍事委員会主席を兼ねるのが一般的です。現在、2005年から胡錦涛総書記が中央軍事委員会主席も兼ねています。

 人民解放軍はもともと「共産党の軍」として創設されたものですが、中国建国後、解放軍が「党の軍」なのか「国軍」なのか、あいまいな時期もありましたが、現在では共産党の指導を受けるものの、解放軍は国軍であると位置付けられています。

 共産党にも中央軍事委員会があり、そのメンバーがほぼそのまま国家の中央軍事委員会委員を兼ねています。人民解放軍の司令官たちも、ほとんどが党幹部です。

 かつて、小平氏は、国家のポストには一切つかず、中央軍事委員会主席として君臨、大きな力を握っていました。

前の国家主席である江沢民氏も、それにならって国家主席を辞めた後(2003年)も中央軍事委員会主席の座はそのままで、「院政」を狙っていましたが、党内で批判的な声が多く、2005年には辞任しました。そのくらい軍を抑えておくことが中国の政治家には大事なことなのです。

●中国共産党のしくみ
 現在7,000万人といわれる共産党員のトップが総書記。総書記は9人いる政治局常務委員を兼ねていることが普通です。党政治局常務委員こそが、中国を指導する真の最高幹部といえます。

 その下のクラスが政治局員であり、さらにその下に中央委員がいます。ここまでが党中央の主要幹部です。さらにその下に党大会に出席できる代表たちおよそ2,500人がいて、その下に一般党員がいるという形になっています。

 政治局員や中央委員たちの多くは党の役職についていて、その多くは地方でのものです。
共産党は省あるいは直轄市・自治区ごとに委員会を設けていて、書記がナンバー1となって地域の政治を指導しています。

 書記がその省の人民代表大会主任(議長)を兼ねることが普通です。一方、国家組織としての省のナンバー1である省長、日本でいう知事には副書記が就任します。

書記は中央からの派遣で、副書記は地方幹部からの登用というのが一般的です。例えば、福建省の省長より福建省共産党委員会の書記の方が偉いということです。

●共産党以外にも存在する政党
 中国は一党独裁とよく言われ、共産党しか政党がないと思われがちですが、実際には「民主党派」といわれる小政党が8つもあります。ところがこれらは全部共産党の友党といいますか、共産党に逆らうことはありません。

 8政党とは、
 ・中国国民党革命委員会(民革、国民党の分派)
 ・中国民主同盟(民盟)
 ・中国民主建国会(民建)
 ・中国民主促進会(民進)
 ・中国農工民主党(農工党)
 ・中国致公党
 ・九三学社
 ・台湾民主自治同盟

 これらは共産党の中国指導権を受け入れた共産党の「友党」であり、共産党と「中国人民政治協商会議」を作っています。

 歴代の会議主席には共産党の幹部が就任しており、この会議に共産党に対する監視などの役割を期待するのは難しいといえましょう。

●選挙

 選挙のやり方は右図のようになっています。直接、人民が選べるのは県以下、中国の行政組織では県の方が市よりも下です。これ以下のクラスまでは人民が直接投票で選べます。

その上は間接投票になります。
 そうやって直接選挙で選ばれた、県の人民代表大会代表が上位クラスの都市人民大会の代表を選び、都市クラス人民大会代表が、省・自治区・直轄市の人民代表大会の代表を選びます。

また、省・自治区・直轄市の人民代表大会代表の中から全国人民代表大会の代表が選ばれます。つまり、下位の人民代表大会から上位の人民代表大会に上がっていく仕組みですから世襲の入り込む余地はありません。

 その代わり、間接選挙ですから、上位クラス人民大会代表を選ぶ有権者の数は限られていますから、集票活動は表舞台、裏舞台を問わず激烈です。日頃、面倒見がよく、選挙の際には多額のお金を動かせる候補者が有利となるのは当然です。

メニューに戻る(M)
5.権力闘争
●リーダー交代
 現在は総書記および国家主席は胡錦涛さんで、首相は温家宝さんです。それが共産党18回大会(2012年10月)で指導者層が大きく入れ替わり総書記が習近平さん、首相が李克強さんになるとうわさされております。

まだ決まったわけではありますうが。現在9人いる常務委員はこの二人以外は全部変わるといわれています。不文律として常務委員の暗黙の定年は改選時68歳以下となっているのです。

 次期常務委員候補としては、次の11人が上がっていて、そのうち多くて9人が選ばれることになります。

赤字の薄熙来さんは、今回、重慶問題を起こして失脚したのでなれないと思われます。それから69歳、70歳という人がいますからこの人たちも無理ですね。
 ・習近平:国家副主席(58歳)
 ・李克強:副総理(56歳)
 ・薄熙来:重慶市委員会書記(62歳)
 ・汪洋 :広東省委員会書記(56歳)
 ・張徳江:副総理(65歳)
 ・王岐山:副総理(63歳)
、 ・李源潮:中央組織部長(61歳)
 ・戴秉国:国務委員(70歳)
 ・劉延東:国務委員(66歳)
 ・王剛 :全国政治協商会議副主席(69歳)
 ・兪正声:上海市委員会書記(66歳)(以下略)

<つまり民主的でない政治の国で世界覇権を強めていくって国の行く末は中国の歴史はいつの時代も国家内乱は確実ですよ
中国の国内問題(特に腐敗防止と格差是正)はもう限界じゃよ (Unknown)
2012-10-29 07:02:37
2012年中国情勢
http://www.kanda-zatsugaku.com/120330/0330.html

●国内最重要課題
 胡錦濤政権が最後に取り組むべき最重要課題を次の4つと位置づけています。
 (1)インフレ抑止
 (2)腐敗防止
 (3)格差是正
 (4)高齢化対応

(1)インフレ抑制
 ここ2、3年中国政府が最も力を入れている経済政策は格差是正とインフレ抑制です。

経済成長が順調で、賃金が5年来毎年15%アップ、これからも15年まで10%以上賃金が上がることを保障(格差対策)してくれればとなると、インフレにならない方が不思議です。この相反する命題に取り組まねばならないのですから大変です。

 中国政府がインフレ抑制上、注力しているのは投機マネーを抑え込み、それによって食料品の高騰、不動産バブルの抑え込もうとしています。政府の不動産高騰対策としては以下のようなことが行われています。
 ・住宅ローン金利の引上げ。ローン適用制限
   金利:2010年10月4.3% 2011/2 4.5%  2011/7 7.05%
   頭金:1戸目30% 2戸目50% 3戸目 融資不可
   税 : 取得税アップ  固定資産税新設
   これでは住宅販売が激減するのは当然のことです。
 ・銀行の預金準備金率アップ
   2010/10~2011/7 5度準備金率を引上げた
   (2011年12月 行過ぎ是正で0.5%引下げ)
 ・低所得者向け住宅建設
   2011~15年 3,600万戸建設  平均70㎡ 70万元(市価の50~60%)

 不動産取得の目的は本当の意味でのマイホームの購入という庶民も含まれています。この人たちの救済策としての安価住宅を5年間に3,600万個も用意するという細かい気配りも持ち合わせています。いかに民衆の不満を恐れているかの現われではあります。

(2)腐敗防止
 中国政府は2009年9月から2011年3月までに建設工事分野の紀律違反、法律違反について1万7200件を立件。

庁(局)級幹部78人、県(処)級幹部1,089人を含む1万1273人を党・行政紀律処分に処し、5,698人を司法機関に送致しました。また、工事分野の職務犯罪計1万2344件、1万5010人を処分しています。

その内訳は背任・横領・賄賂などが1万1050件、1万3416人で金額は29億9000万元余。職権濫用・権利侵害などが1294件、1594人で、国の経済的損失3億6000万元余りを回収したと公表しています。

ものすごい腐敗が現実にあり、それを取り締まらないことには民衆の不満が抑えられなくなっているのです。  

(3)格差是正
 2010年、地域別・1人当たりGDPを図示しますと下のとおりです。

トップ10にランキングされる地域(図中空色)は東部沿岸地方に集中しており、逆にワースト10(黄色)は内陸部、特に西部地域に集中しています。

GDPが低いと当然、個人収入も低くなります。都市部と農村部の貧富差が3.23:1となっていますが、同じ農村部でも東部地区と西部地区では差があります。

 米国、英国他の欧米諸国での都市・農村の格差は約)中国を含めわずか3ヶ国です。

所得格差の程度を示す数字として有名なイタリアの学者が考えた、ジニ係数という指標があります。

値は0から0.5まであり、0.4をこえると格差がひどく、是正が必要なレベルとなります。特に「0.45を超えると国内で暴動が起きる可能性がある」というレベルで、中国の09年の実力は0.46となっています。同年の日本は0.38です。

 これを何とかしないと暴動が起きる可能性があると中国は対策に必死です。

なにせ歴代の中国王朝が倒れたのは暴動が原因になっていたことは歴史の教えることですから。

政府の格差対策は公共工事の西部地区集中、沿岸地区の企業を西部地区へ移転させる、それと貧困者救済です。(以下略)

<ま~、本質的に凶悪なマンモス国家のような中国はやはり中国の歴史の先例をまたしても再現しそうなのはその国民気質ゆえになるかと思われが、はっきりいって日本はいい迷惑です

現実的、具体的には日本は自国を守備する体制をどんどん増強していくしかないってのは言うまでもないわけです

日本の民主党政権はまもなく崩壊するとして、おそらく次の政権は憲法改正で自衛隊の自衛軍化と成人前の若年層の兵役の義務はやっていくと予想されますが、竹島や尖閣の問題はそれに伴い緊迫化の火種は常態化で推移とかですかね?

不幸中の幸いっていうか日本という国は小国であったのとアメリカの事実上は植民地政策のような搾取構造でやってきたのがある意味効を奏しているって感じです

維新の会の公約だかに在日米軍を2030年だかに全廃させるってのがあるそうですが、実現できるんであればとても良い公約であると思いますが

かつての民主党の言ってたようなやるやる詐欺にならなければ良いと思いますが

アメリカとしては国際防衛戦略上は特に日本の在日米軍基地はどうしたって外せないのですがね

維新の会は選挙で当選したいが為に掲げている公約でどれだけ当選議席を伸ばせるやらですが、やがてまたぞろでてくる橋下スキャンダルやら連携するかもしれない石原新党の不人気の絡みで第三極どころか第ゼロ極になりそうに思えるのは気のせいでしょうか?

いくらなんでも次のような事実を見たら普通なら日本人でなくてもしっかり自己防衛しなけりゃいけなくなるってもんだ

见日本男人就杀(日本の男を見たら、すぐに●せ!)
看日本女人就奸(日本の女を見たら、すぐに犯せ!)
http://www.bllackz.com/2012/09/blog-post_18.html

たとえ副島が中国礼讃をいくら詐欺ろうとあるいは橋下が独自の日本軍を在日米軍全廃で詐欺ろうと真の日本防衛および世界防衛の自己防衛は何かを各自真剣に考えていくことになるわけです
本当に中国って酷いと思う (Unknown)
2012-10-29 07:11:53
中国(人)といっさい関わりたくなくなるよ

まったくマスコミの報道に惑わされずもっと中国に行ってこいとはよく言ったもんだ、、副島って人はww

まず日本内部で自給自足できて経済がまわっていくで満足できるなら今後お付き合いを縮小していくほうが良いね

ほんとう強制収容所に無防備で殺されにいくようなもんだ

>见日本男人就杀(日本の男を見たら、すぐに●せ!)
看日本女人就奸(日本の女を見たら、すぐに犯せ!)
http://www.bllackz.com/2012/09/blog-post_18.html
悪性の差別攻撃のCM ソフト損バンク (米国で黒人を味方に訴訟せよ)
2012-10-29 09:44:38
法律や裁判は左翼や在日だけの専売特許ではない。もっと保守も活用せよ!
>“犬のお父さん”のCMでは、黒人のお兄さんにバナナを持たせて電話をかける真似をさせるだけではなく、「オバマ似ている…」という人種差別まる出しの酷いセリフまでありました。口先で騙して、陰で差別する。アメリカ中にこのCM流したろか?冗談でなく、これは非常に有効な手段ですよ。ソフトバンクを潰すには。CMのコピーはとってありますか?アメリカの(黒人)人権団体その他に渡せば、ソフトバンクは巨額の買収をした後にアメリカで人種差別企業としてレッテルを貼られ商売にならず確実に潰れます。人種統合を行わなければならないアメリカはそういうことに厳しいですから。必ずやるべきですね。やるならお手伝いしますよ。実際に人種差別企業なのですし、法的および社会的制裁を受けるべきです。ソフトバンクと孫正義は。番組の背景で誇示している太極旗でわかるように、その劣等感と自己顕示欲からどうしても日本人や黒人を馬鹿にしたい欲求を抑えられない屑民族がわざわざ公共放送で弱点を晒しているのです。これを使わない手はありません。朝鮮人の自業自得です。みなさん。皆でぜひやりましょう。~名前欄に名前書こう
Re.ハリハリのエラ族が語る騙る (Unknown)
2012-10-29 13:44:26
>NHKの片岡某という解説員が、ハリハリのエラで力説していたのが、虎の子と技術を差し出して、中国のトップ企業と生産提携することだと宣った。

下記リンクの記事を見ると、”ハリエラ”であることを誇りには思っていないようだ。

■韓国:ご褒美?卒業アルバム?で整形手術の中学三年生
http://datefile.iza.ne.jp/blog/entry/2892912/
日中は利害関係が深い (Unknown)
2012-10-29 15:55:17
日中は実は、利害関係が深い。
中国内の反日的機運は、米国の工作活動の可能性が高い。先の日中戦争は共産党の工作で起こったが、共産党は、米国国際金融資本家が育てた組織なので、工作員も大勢居る。故に、現在は反日が国是となっているが、実際は日本との利害関係が深い。この事実は、逆に安全保障上の有利な点でもある。米国にとっては脅威だろうが・・・。

工作活動は日本国内でも活発に反中として、行なっている。額面通りに受け取る事は危険だろう。対日軍事工作も米国は行なっている。工場爆破や要人殺害である。利害関係を詳しく分析することをお薦めする。

安全保障上の最大の懸念は、米国国際金融資本家の意図であり、中共はその代弁者に過ぎない。先の大戦を詳しく分析しなければ、同じ結果を招く危険がある。軍事戦術ばかり語って、戦略で完全に米国国際金融資本家に敗北している。

尖閣購入の20億円は、結果として莫大な損失を日中両国に生んだが、尖閣問題での戦略的撤退論が封殺されている事の危険性を指摘しておく。損得勘定も必用だと謂う事だ。

アジアの世紀は、始まったばかりであり、人口統計を見れば、先は長い。中国にこだわる必用は無いが、2020年以降の日本の発展モデルを考える必用もある。共産党の寿命が簡単に尽きるかどうか掛けをするのは早計だろう。但し、日本を怒らすと怖いとの認識も持たす必用はある。IMFに提供した程度の資金を使えば、共産党を崩壊させる事も可能だろう。米国の横槍がなければ、日本の選択肢は実は無限にある。

故に米国の意図を如何に封じるかが重要となる。米国に比べれば、中国など問題外である。

全世界で、反国際金融資本家の機運が高まりつつある。驕る平家は久しからずとなるだろう。
Unknown (unknown)
2012-10-29 16:49:30
一説には、この蓄財は株式投資によるものがほとんどとのこと。
未公開株だってあったかもしれないし、そりゃあ「堅い」投資なのでしょう。
アメリカが本気でやろうと思いさえすれば、インサイダーの国外犯として立件し、国外の金融機関にある財産の差し押さえ、、、、ということもできるのでしょうね。
で、国外に出た途端に逮捕されるので、出国もできなくなる、と。
Unknown (名無しさん)
2012-10-30 17:26:22
蓄財するのは恥ではないが、巨額過ぎるから記事になる。反論してるが、逆にまだ資産有りますと、公言してるようなもんだろ。中国国民騙して巻き上げてきた金だろ、先日の土砂崩れ、見舞い金額が少ないだろが。だいたい人の命を何だと思ってるんだ。人が考え、発言し、意見をのべ
理解しあう。中国には全てが欠けてるように思う。
Unknown (thai women for marriage)
2012-12-05 13:01:31
中国并不会无端的反日。任何事情都是有缘由的,希望你们能看到这个根本。
sfasgcv@gmail.com (Beats By Dre)
2013-02-28 18:28:23
これらの新興国には資本も技術も無いからインフラから全てワンセットで投資しなければならない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
政治家は道徳心を求められる (わし的世界見聞記♪)
今日は政治家と言うのは、大変な道徳心を求められる職業である、です。NYTに温家宝氏の蓄財について、記事が記載されました。支那や韓国はそう言う国ですから、と言ってしまいたい ...
海空シフトの中で米陸軍は:AUSA2012 (東京の郊外より・・・)
10月22日から24日の間、米陸軍協会主催の年次総会が開催され、海空軍中心のAir-Sea Battleが重視されるなか、陸軍がどのように活路を見出すかについて陸軍高官が語っています