株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

連合審査で質問に立つとは夢にも思っていませんでした。党から要請があった。青山繁晴

2017年07月15日 | 政治

このたびの連合審査で質問に立つとは夢にも思っていませんでした。
しかし、党から要請があったとき、即、お受けしました 青山繁晴


2017年7月15日 土曜日

青山繁晴(自民党)、加戸前愛媛県知事「行政を歪めたのは前川ら文科省」《加計学園 前川前次官を参考人招致》【国会 参議院 文部科学・内閣連合審査会】2017年7月10日

たくさんのご意見をありがとうございます★質問時間について補足しました 7月9日 青山繁晴

▼明日7月10日月曜午後の閉会中審査で、ぼくが参考人の前川・前文科次官らに質問することが公表されてから、この地味ブログにも、予想を超える沢山の意見、尊い意見をいただきました。
 また著名人の方々、閣僚クラスを含む現職の国会議員の方々、こころある官僚・元官僚の方々からも、ずいぶんと意見をいただきました。

 どのご意見にも、分け隔てなく、こころから感謝を申します。

 同時に、どのように質問するかは、これまでの国会質問とまったく同じく、一切合切すべて、不肖ぼくが決めます。
「内閣の命運を決しかねない質問だから」という指摘も、これも想像を超えて数多くいただきました。そうであっても、ぼくはこれまでの質問と何ら変えませぬ。
 常に、ただ国益のためにこそ質問に立っています。いつでもどこでも、それが変わりませんから、今回だからと言って,特別なことは致しません。

 今回の閉会中審査は、参議院の文教科学委員会と内閣委員会の連合審査です。
 ぼくはふだん、いずれの委員会にも属していません。
 国会議員の属する委員会・調査会には数に厳しい制限があります。参議院の場合は、常任委員会、特別委員会、調査会、それぞれひとつしか属することができません。
 そのなかでぼくが選んだのは、経済産業委員会、拉致問題特別委員会、資源エネルギー調査会です。
 予算委員会は、上記の制限の例外となっています。自由民主党の判断によって、ぼくはこの予算委員会にも属していますが、今回は予算委と関係ありません。
 したがって、このたびの連合審査で質問に立つとは夢にも思っていませんでした。
 しかし、理由は聞いていませんが党から要請があったとき、即、お受けしました。まことに不肖ながら、本筋を質問することができれば国益に資すると考えたからです。
 機会が与えられたことに感謝しています。

 明日月曜には、まず内閣委員会の委員交代の手続きが正式にきちんと行われ、ぼくが内閣委員会に所属してからの質疑となります。

▼前川さんらが、暴力団の関与する出会い系バーに通っていたことの絡みは、質問しません。
「時間が41分もあるから何でも質問できますね」という趣旨の書き込みなどをいただいていますが、非常に残念ながら、それは実態と違います。
 国会質問には、ふたつの種類があります。
 ひとつは片道方式、すなわち時間にカウントされるのは質問だけで、参考人や政府関係者らの答弁は時間に入れないやり方です。今回がこれなら、確かに41分はかなり聞けます。
 しかし、もうひとつは往復方式、今回はこれです。
 すなわち質問時間と答弁時間を合わせて41分しかありませんから、答弁者がすこしお話になるとあっという間に質問時間がゼロになってしまいます。
 しかも、答弁者がどれくらい話されるかは事前に質問者に分かりません。ふだんの政府側答弁でもそうですが、今回のように参考人の方々が答弁者に含まれていると、まるで予想が付きません。
 したがって、本質の行政論だけに絞りこみます。

今回の質問については、本道を見失ったとしか思えないこの頃の野党と,その野党と不埒なことに事実上、一体になったマスメディアによってさまざまな歪曲がなされるでしょう。
 ぼくごときをご苦労にも陥れたい勢力、外国の工作機関を含む勢力もどっと動くでしょう。
 それはすべて覚悟の上です。
 参議院ではない与党のなかには質問に立つことを打診されても回避なさる議員も複数いらっしゃったと,直接の関係者から何度か聞きました。
それはその議員の生き方です。どうこう言うことでは全く、ありませぬ。
 ぼくは、ただの一年生議員に過ぎませんが、ふだんの姿勢からして、これを受けて立たずんば話にならないでしょう。
 ね?

★補足
 当初は「生中継しない」と聞いていたNHKが、中継することになったのは、みなさんの声の反映だと思います。
 みんなの努力は凄いですね。
 それでも月曜の午後ですから、なかなか生中継を視ることのできない人が多いと思いますが、質問時刻を記しておきます。
 なお、傍聴人は募集してすぐ満席となってしまいました。(このブログの過去エントリーをご覧ください)
(後略)



(青山繁晴氏のブログに寄せられたコメントの一部分)

2017-07-09 12:52:08

閉会中審査での前川氏への質問に、本来は文教科学委員会・内閣委員会いずれにも関係しない青山さんを起用するあたり、いよいよ自民党が本気になって加計騒動を終幕させんとする意志を感じます。
 それだけ党として政権として危機感も抱いているのでしょう。

 と同時に、2つの点で運命的なものを感じています。
 今回の騒動ではまるで「ハーメルンの笛吹き男」のように、歪んだメロディで国民を誤った方向に導こうとするメディアの姿が見るに堪えませんでした。
 その根幹に記者出身の青山さんが向き合おうとされるということがひとつ。
 そしていまひとつは、青山さんがちょうど1年前に参議院議員に当選されたその7月10日にこういう機会が巡って来たということ。
 「天の差配」とは、こういうことを言うのかも知れませんね。

 今回の騒動ではメディアと並んで国会議員や政党の姿勢にも心が暗くなるものを感じましたが、明日は国会の本来のあり方、しかと拝見します。

2017-07-09 16:14:18

青山さん
今回、青山さんに白羽の矢を立てたことに自民党の正義感を感じます。本当に孤軍奮闘の感がありますが(もちろん国士が他にいらっしゃることは承知してますが)、質問に立たれること感謝いたします。

ここにきてメディアを含む反日勢力がなりふり構わず活動しています。これは彼らも危機感があるのでしょうね。私たち愛国者たちは冷静に胆力を持って闘い続けましょう。事実を知らされるべき国民に一番影響力を持つメディアが向こう側にいることが闘いを難しくしています。トランプさんのようにメディアをスルーするのも無理がある気がします。対抗方法をずっと考えているのですが、タウンミーティングみたいな地道な活動が一番効果ありかなと思います。プロモーションビデオをYOUTUBEで公開して、それを会場で見てもらうだけでもいいのです。事実を知らない国民はそうでもしないと、そういうビデオにもたどり着けません。

青山さん側面支援で、自民入党予定です。そんな意見を伝えるチャンスも持てますね。

2017-07-10 16:38:42

閉会中審査での質問 インターネット中継にて全編を生で拝見しました。
国会の場にふさわしい格調ある淡々とした進行でしたね。

加戸元知事が元・文部官僚だったことは存じ上げませんでしたが、思いの丈をすべて口にすることが出来たという思いがありありと感じられたのが印象的でした。

そして最後に今回の騒動の核心でもある権益と天下りの関係についてもキッチリと前川氏の答弁を引き出していだだき、まさにタイトル通り溜飲が下がる思いでした。NHKでもキッチリ生中継されていたこともあり、加計の件における本当の問題はここであることが少しでも多くの国民に明らかになったのではないでしょうか。

私の代理人として青山さんの名前を書かせていただいて本当に良かったです。
今日はありがとうございました。そして今後とも。

2017-07-10 16:40:56

青山さん、閉会中審査の質問 お疲れさまでした。

前愛媛県知事 加戸氏の胸の内を吐露されたお話に心を動かされました。 
知事として 地方再生を願い 愛媛を良い県にしたい 若者にあふれる県にしたい 国際都市として世界に負けない都市にしたいと 獣医学部の新設を誘致し続けてこられたんですね。
硬い岩盤規制(既得権益)に何度も跳ね返され忸怩たる思いでいらしたこととお察しいたしました。
今回、手続き上の話を国会でされて 本質の議論をされない国会をうれしく思うと心から喜んでおられました。
加戸氏の意見の後に聞く前川氏の意見は まったく説得力のない筋の通らないものでした。
今の文科省は、国民の声を聴いていないともおっしゃっておられました。本当によかった。今の文科省にとっては国民の声より既得権益にしがみつき私利私欲を満たす方を選んでおられるんでしょうね。
前川さんは先輩である加戸氏の意見を肝に銘じ、自分を見つめ「恥」を知るべきです。

野党もこの加戸氏の話こそ しっかりと肝に銘じて つまらない手続きや「安倍おろし」だけ、党利党略だけの反対はやめてほしいと思います。
国民が国会に願っているのは、広い目で見た本質の議論なのです。

加戸氏の思いを引き出してくださった青山さん、本当にお疲れさまでした。

2017-07-10 19:05:40

青山さんの質問、虎ノ門でおっしゃってたとおりきっちり密度の濃いものでした。
対する前川前次官は前愛媛県知事が「最近の役人は変わってしまった」とお嘆きになったとおり最後までぐちゃぐちゃとはぐらかし答弁に終始してましたね。
彼の神経は理解できません。
前知事の心からの獣医が足りないというご発言には涙しました。

youtubeのカメラでは青山さんの後方に民進党の元TVキャスターの杉尾議員が写っていて
終始ヘラヘラと揶揄するように(と感じた)笑っていました。真摯さゼロです。側にいたらぶん殴ってやりたいところでした。

2017-07-10 19:07:10

青山さんの質問で2点、既得権益と思われる疑問が新たに出てきました

1.加戸氏の発言で 2006年度の薬学部6年制課程導入以降、
  28校もの薬学部が新設され総定員が増加したこと

  薬学部 は許されているのに、獣医学部は?

2.既存の獣医学部の定員オーバー、それも20%以上も

 虎ノ門の武田先生が定員を超えると文科省がうるさくいって
 くるので 進級させざるを得ない とか
 工学部ヒラノ教授の中央大学奮戦記という本でも 定員オーバー
 になると文科省がうるさいので 入試時に辞退者まで含めて予想して
 合格者を決めるという現状なのに 何故 獣医学部だけ許されている んですかね 見え見えの既得権益と圧力団体の差ですね

 前川氏は全ての事柄を 石破4条件に、乗っ取っていないからという 理由で逃げ切る戦術に感じましたが。微妙に回答をずらしていました 
 加戸氏の "ゆがめられた行政が正された" この発言につきると
 思います。

2017-07-10 20:29:20

閉会中審査の青山さんの質問、拝見させていただきました。
誤解していたら申し訳ありませんが、つまるところ青山さんが前川さんに投げた質問は、
「文科省の先輩後輩がこんなに国の為に尽くしているのに、あなたは恥ずかしくないのですか?」
に尽きると思いました。そして、このメッセージが伝わっていない前川さん及びメディア、一部のネット民は「話をすり替えている。前川さんに論破されている」などと書き立てる始末・・・。本当に情けない。
それとは対照的に加戸元愛媛県知事の魂の熱さは本当に素晴らしいと感じましたし、この悲願をこんなことで潰してはいけないと感じました。
こんな気持ちになれたのもすべて青山さんの描いたシナリオ、質問のおかげだと思っています。ありがとうございました

2017-07-10 21:02:54

青山様

先ほど、前知事を間違えて表記しました。訂正版です。
青山様
初傍聴させてもらいました。このような機会を与えてくださりありがとうございます。
率直な感想です。野党議員は、安倍首相が圧力をかけたという、作り話に向かって、前川さんとストーリーを作ってるのがわかりました。
また、共産党の質問の時はスポーツ用の望遠レンズを持ったカメラマンが、真っ正面から写真を取り、記者席も満杯。議員もほぼ席にいました。一方で、青山議員の質問の時には、記者席スカスカ、カメラマンもほぼ退出。議員も部屋の外に出たり入ったりしていました。
メディアの意識的な行為は、さておき、青山さんの、質問、前知事の答弁は、胸にグッと来ました。日本のために、獣医学部の基礎部門の必要性をひしひしと感じました。
追伸 青山さんの傍聴の方しっかしたお顔をされていましたよ~。

2017-07-11 01:50:47

僕、ちょっとだけ野党に期待していました
なぜなら、長期間、加計問題につき、北朝鮮問題を無視して国会を使ってきたのですから、今回、我々の知らない客観的事実、文書等が提出され、彼らの主張が正当化されるかも?と、、、
ところが、、、がっかりしました、、本当にがっかりです

つまり、蓮舫さんや櫻井さんの主張を基礎づける根拠となるのが、「すべて」、「すべて」、もう一度繰り返しますが、「すべて」、一方当事者である、前川さんの発言なのです
唖然としました
だって、全部、「前川さん頼み」なじゃないですか!! これって危なくねぇ?
青山さんみたいに、客観的な事実、文書がまったく準備出来なかったのですね

じゃ、もしもですよ、、前川さんの主張がひっくり返されたら、、、蓮舫さん、櫻井さん、あなた方、大恥じゃん!!

そんな印象を抱きつつ、青山さんの参考人質疑を拝見しました
途中から・・・わぁ、やばい!、青山さん、ちゃぶ台返ししようとしてる!
加計問題の大前提が青山さんによって立証されたら、これまでの野党、マスコミの主張が根底からくつがえるやん!

さらに、加戸全愛媛県知事も、客観的に当時の事実を淡々と話されましたよね
(ちなみに、加戸さんは、前川さんが話しているとき、しきりに首を横に振られて否定のジェスチャーをされ、そして青山さんが話しておられるときは、やっとまともな人に巡り会えたという安堵感がその表情から読み取れました)

終わってみると、青山さんによって、「獣医学部新設の必要性の存在」、そして「それを邪魔してきたのが前川さん」と立証されちゃいましたよね

さぁ、どう落とし前をつけてくれるのでしょうか???

ということで、マスコミも野党も評論家も今さら後へは引けませんので、青山さんの質疑は「無かったもの」として扱うことに決定しました!!

ほぉぉぉ、、そういう手で来るか!!
どなたかも書いておられましたが、、、腐ったマスコミ、地上波に変わるメディアを育てようではありませんか!!

ところで、参考人質疑で非常に気になったことがあります
蓮舫さんや、櫻井さんの主張の語尾です
ほとんど全てが、「思います」、「推測できます」、なのです
青山さんは、きっちりと事実と自分の推測を分けて説明されていましたが…
つまり、主張の根拠となる客観的事実、文書が無いからこういう語尾になるのでしょうね

僕なら恥ずかしいです

2017-07-11 01:50:47

僕、ちょっとだけ野党に期待していました
なぜなら、長期間、加計問題につき、北朝鮮問題を無視して国会を使ってきたのですから、今回、我々の知らない客観的事実、文書等が提出され、彼らの主張が正当化されるかも?と、、、
ところが、、、がっかりしました、、本当にがっかりです

つまり、蓮舫さんや櫻井さんの主張を基礎づける根拠となるのが、「すべて」、「すべて」、もう一度繰り返しますが、「すべて」、一方当事者である、前川さんの発言なのです
唖然としました
だって、全部、「前川さん頼み」なじゃないですか!! これって危なくねぇ?
青山さんみたいに、客観的な事実、文書がまったく準備出来なかったのですね

じゃ、もしもですよ、、前川さんの主張がひっくり返されたら、、、蓮舫さん、櫻井さん、あなた方、大恥じゃん!!

そんな印象を抱きつつ、青山さんの参考人質疑を拝見しました
途中から・・・わぁ、やばい!、青山さん、ちゃぶ台返ししようとしてる!
加計問題の大前提が青山さんによって立証されたら、これまでの野党、マスコミの主張が根底からくつがえるやん!

さらに、加戸全愛媛県知事も、客観的に当時の事実を淡々と話されましたよね
(ちなみに、加戸さんは、前川さんが話しているとき、しきりに首を横に振られて否定のジェスチャーをされ、そして青山さんが話しておられるときは、やっとまともな人に巡り会えたという安堵感がその表情から読み取れました)

終わってみると、青山さんによって、「獣医学部新設の必要性の存在」、そして「それを邪魔してきたのが前川さん」と立証されちゃいましたよね

さぁ、どう落とし前をつけてくれるのでしょうか???

ということで、マスコミも野党も評論家も今さら後へは引けませんので、青山さんの質疑は「無かったもの」として扱うことに決定しました!!

ほぉぉぉ、、そういう手で来るか!!
どなたかも書いておられましたが、、、腐ったマスコミ、地上波に変わるメディアを育てようではありませんか!!

ところで、参考人質疑で非常に気になったことがあります
蓮舫さんや、櫻井さんの主張の語尾です
ほとんど全てが、「思います」、「推測できます」、なのです
青山さんは、きっちりと事実と自分の推測を分けて説明されていましたが…
つまり、主張の根拠となる客観的事実、文書が無いからこういう語尾になるのでしょうね

僕なら恥ずかしいです

2017-07-11 16:46:42

昨日の質疑、見たくも無い野党のも含めてもちろん青山さんのも出来る限り拝見しました。
当初加戸氏や原氏も参考人として呼ばれたと聞いていましたが、原氏はともかく青山さんが質問するまで誰も質問しないので「呼ばれたと思ったのは勘違いだったのか」と思ったほど。
他の人の質問も出来るだけ見るようにしていましたが漏れはあったと思います。でも加戸氏の発言は青山さんに質問されて「やっと発言が出来る」と言わんばかりでしたので多分誰も聞いていないのだろうと思いました。

問題はそこです。
夜のニュースも今日のワイドショーでも私か見る限りまるでそこに加戸氏も原氏もいなかったかのような扱い。
当初の野党が追求する大義名分はプロセスが問題だ・・とさえ言っていたのに、そのプロセスを語る加戸氏も原氏も華麗にスルーしていたのはわざとなのかと突っ込みたくなった。
どこかで誰かがコメントしていたが野党は「解決させるつもりがない」からこそわざと真相に繋がりそうな所は避けているんだと思います。
それをマスコミも一緒になってバックアップする姿は自らの存在価値を貶めていくスタイルでいっそ自滅したいのかと皮肉りたくなります。

今のマスコミに余計な論評は求めていません。
ろくな事を言えないのだから客観的事実を全て文字起こしてありのままに伝えてくれるだけでいいです。
後の感想は自分達だけで判断するのでそれ以上の事は望みません。

そんな事さえ出来ない報道しない自由のマスコミだからこそマスゴミと言われるんだと思います。

2017-07-12 02:34:26

前川氏は予想通り石破4条件を盾に論戦を仕掛けてきましたね。
やはり石破4条件を崩さないとなかなかこの問題収拾つかないですね。
獣医学部新設を不可能にするため獣医師会と石破氏が結託して
あの条件を作ったのは獣医師会の報告書から判明してるわけですから
石破氏との対決は避けられないと思いますね。
青山さん応援しています。

2017-07-12 08:37:21

参考人招致での質疑、ネットで拝見しました。
素晴らしかったです。
久しぶりに息を飲む国会を見ました。
前川氏は平静を保っていましたが、
時々詰まっていたような感じでした。
やはり痛いところを突かれたのでしょうか。

それともう一点。
いま「青山繁晴」と検索するとトップに
「青山は大恥をかいたんだ!」
「前川氏に論破された青山は滑稽!」
と、どうしても青山さんを一方的にこき下ろし、
前川氏をヒーローにしたい思惑が見え見えな記事が
出てきます。
しかもブログ記事ではなく、メディア記事という。
言うのは自由ですが、こういう時にばかり青山さんを取り上げるのはいかがなものか。
「大恥をかいた」?「論破された」?
どう見ても論破され、大恥をかいたのは向こうでは?
それにしても、この記事をわざわざ出すということはやはり青山さんが、国益に仇なす勢力にとって脅威であり、あの質疑も核心を突かれたもので、彼らは悪あがきをするしかないことの顕れではないでしょうか。
そんなメディアのみなさん、残念ながら、
それも覚悟で質疑を行った青山さんの方が一枚上手でございます。笑

2017-07-12 16:28:49

青山さん日々全力疾走本当お疲れ様です。アンカーから虎ノ門ニュースまで青山さんの発信を見聞きし只々勉強の日々です。今回の国会質問を仕事の合間に食い入るように見ました。青山さん質問も素晴らしく、また加戸元知事の誠実で真摯なお人柄が画面いっぱいに広がっていました。青山さんが日頃おっしゃってる「子供の心で見て考えれば真実がわかる」その言葉がびったりの場面でした。青山さんの相手を尊重し真摯に率直な態度。それが加戸元知事にも伝わり、あのような心が温かくなるような感動とも呼べる納得できるご答弁を引き出せたと思います。相手方の前川さんに対しても同じように質問されていて、前川さんのごまかし、質問の答えになっていないこともよくわかりました。それにしても本当に日本のマスコミとくにテレビの地上波は何故あんなにお粗末なのでしょうか。前川サイドの報道ばかりで、まだ疑問が平行線??何を見てるの聞いてるの子供のほうがよっぽど理解してますよ。マスコミは真実を真摯に公平に報道して欲しいです。マスコミが大嫌いになるだけではすまないですね、国民として一視聴者として怒りの声をあげていきたいです。

2017-07-12 16:49:47

青山さんが完璧な質問をして前川さんが、誤魔化しすり替えただけだと思ってました
がもう一度録画を見直してみたら、言い方が悪いかもしれませんが、青山さんがしっ
かり前川さんを罠にはめていました。間違っていたらごめんなさい。しかもしっかり
前川さんに逃げ道も作ってあげていたのが、震えました。今回の経緯を詳細にご存じ
じゃないのでは?と前川さんはプライドが許さなかったのでしょう。議事録で課長補
佐や課長が反論して終わっていると議事録をちゃんと見てくださいと発言してしまっ
た。青山さんの完璧な勝利です。鳥肌が立ちました。どのメディアも取り上げていま
せんが、国会の議事録にこの発言が載った時点であとはワーキンググループ議事録を
精査すれば前川さんの主張は完全に論理破綻します。ワーキンググループ議事録を
もう一度読んでみましたが牧野課長補佐、浅野課長ともに文科省側は本間委員、
八田座長WG側に完全に論破されているように思います。前川さんはワーキンググル
ープ議事録を本当に読んだのでしょうか?あとは国民にどのような方法で伝えるか
だけです。こんなことをやってのける青山さんは凄すぎます。
自民、、民進ともにどう決着するんでしょうかね?ここまでやったのであれば
最後まですっきりさせてほしいものです。


(私のコメント)

モリカケ問題ですが、皮肉なことに閉会中審査で問題の本質が明らかになり、流れが変わり始めたように見える。テレビで生中継されて多くの人がこれを見てしまった。普段の国会中継はほとんどの人は見ないが、私もほとんど見ない。しかしユーチューブの動画サイトで多くの人が青山繁晴議員の質疑を見ている。

しかし新聞テレビのほとんどが青山繁晴議員の質疑を報じていない。また野党もワーキンググループの原氏や加戸元知事にはほとんど質問せず、いつもどおりの質疑で終始した。閉会中心さはまさに前川前次官の独り舞台であり、文書問題に追求のほとんどを費やしている。

文書で安倍総理の関与を証明しようとする作戦なのでしょうが、むしろ青山繁晴氏の質疑で獣医学部新設の問題ははっきり出来た。要するに既得権を守ろうとする文科省と獣医師会の岩盤を、愛媛県の加戸元知事やワーキンググループの原氏が述べたように審議がされて長年の念願が叶うようになったということだ。

しかしマスコミは、加戸元知事にインタビューはしても何も書いてもらえない。マスコミは最初から結論ありきでシナリオを描いており、シナリオにそぐわない報道は一切カットしている。しかし国会の生中継までは編集はできないから、獣医学部新設の状況が明らかにされてしまった。

獣医師会と民進党の関係は明らかであり、既得権益側であり、規制緩和で特区構想で四国に獣医学部が新設されることがワーキンググループで議論されて決定された。そこには安倍総理の意向が入る隙もなくその必要もなかった。閉会中審査では石破四条件が出てきましたが、それもワーキンググループで議論されて決定されたkとであり、前川前次官はWGの議事録も見ていないのだろう。それが青山氏の質疑ではっきりとした。

昨日のニュースで、休会中の予算委員会が開かれて安倍総理も出席するという事ですが、自民党や政府はこれといった反論ができなかった。与党質問で反論してもマスコミは野党の質問しか報道しない。だから青山繁晴自民党議員の質問もマスコミはほとんど無視した。

休会中の予算審議でもテレビ中継がされるだろうから、この機会に獣医学部が新設された経緯を説明すれば、安倍総理の関与とは無関係に決められたことを説明すればいい。黒幕は獣医師会であり文科省であり彼らの圧力で50年にわたって獣医学部は新設がされなかった。

マスコミは民進党の玉木議員が獣医師会から100万円の献金を受け取ったことを追求はしないようだ。野党は違法性や証拠がなくても言いたい放題で安倍総理を追及していますが、マスコミも官僚が流す情報をそのまま報道している。官僚が持つ既得権を守るためであり、天下りも既得権益でしたが文科省はそれで処分された。それで安倍総理に反撃に出たのだ。

青山市のブログに寄せられたコメントこそ国民の声であり、国民はマスコミの暴走に気がついている。新聞やテレビを通じて見るニュースは編集されたニュースであり、90年代まではマスコミはやりたい放題のことができた。しかしネットの時代になってマスコミの既得権が壊されてネットが情報という岩盤にドリルに穴を開けている。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急増している留学生の多くが... | トップ | マンションの管理業務は肉体... »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-15 12:59:12
今回のトピックも、偏向メディアが報じない、事実の紹介・論考として有益である。

コメント欄で、いつものように(それでも消費税は上がるらしい)が、ヒステリーを起こすだろう。
官僚側(既得権益+岩盤規制) vs 現政権(特区政策=金融資本側・ケケ中陣営)の戦い! (Unknown)
2017-07-15 13:16:49
どちらが勝っても負けても、国民は不幸になります!(哀)
どちらが勝っても負けても、国民は不幸になります!(哀)
どちらが勝っても負けても、国民は不幸になります!(哀)
Unknown (Unknown)
2017-07-15 13:44:47
また、アベ応援ブログの回か。ヤレヤレ。

加計孝太郎がでてきて、しゃべればいいのに。

その核心を突かずに、岩盤規制だのまったく説得力に欠ける。

ネトウヨの組織的なコメントなど屁のつっぱりにもならない。

国民の声は、都知事選の歴史的大敗で明らか。

自民党はいまだかつてないほど大きく支持を失っている。

とりつくろえばとりつくろうほどに
後になって、傷は大きくなるだろう。

しかし、自称国家戦略家の名が泣く。
アベ太鼓持ちブログに堕ちたものだ。

国家百年の大計で、今のアベ政治の
お粗末さは歴史的に評価されるでしょうけど。
暗黒時代と。

ブログは記録に残るから、どうなるか見ものです。


あ~ぁ、組織上層部に「谷間世代」が就くようになってから日本がグダグダ… (ponpon)
2017-07-15 15:46:23
■一目で分かる「谷間世代」(2017)
http://pba.o.oo7.jp/110001.html#112011

■日本の0歳人口の推移図(1920-2016)
http://pba.o.oo7.jp/000000.html#000000_00yo

1950年代後半~1960年代前半に生まれた世代は人口が少ない…。(元祖・少子世代)

民進党の元TVキャスターの杉尾議員 → 1957年9月30日生まれ(現在59歳)
前川前次官 → 1955年1月13日生まれ(現在62歳)

↑いずれも「谷間世代」…。

★「谷間世代」の特徴
・同世代人口が少ないので、受験や就職が比較的簡単だった…。
・大して努力しなくても有名校や有名組織に入れた…。
・本人は、自分の才能のおかげで有名校や有名組織に入れたと勘違いしている…。
・切磋琢磨していないため才能がイマイチなのに、プライドだけは高い…。(学歴や職歴や持ち物を自慢)
・子供は「ゆとり少子世代」…。(親子揃ってヘラヘラしている)

> 青山繁晴
> 加計騒動

加計騒動→加計学園→加計家→加計町(現・広島県安芸太田町)→大日本帝国海軍大佐・源田実の出身地…。(源田実の兄弟が加計町長を務めていたこともある)海軍と言えば「青派」…。「青山繁晴」さんの名前も「青」…。

http://www.mkmogura.com/blog/2009/08/16/298
『赤鳩と青鷹のタンゴ』
『外務省は青で、記者クラブは、今はちょっと赤』
『CIAは青で、上位フリーメソンは赤』
『石油は青で原子力は赤』
『南朝は青が多くて、北朝は赤というより、真っ赤々しかいない気がする』
『これからは、南朝で、且つ赤い奴が主軸になりそ』
『自民党は青で民主党は赤』
『厚生労働省は青で、経済産業省は赤』
『麻薬取締官は青で、警察は上層部が青に侵食されてるが、まだ赤も多い』
『でも、神奈川県警は真っ青だったりする』
『セブンイレブンは赤から青に変わったのに、ローソンは、赤だとか』
『三菱UFJは昔は赤だけど、今は青っぽいのが多いな。三菱の軍事は青』
『三井住友は赤』
『農林水産庁とか、マグロとかも青だし』
『冬のソナタは言うまでもなく、最近のパチでは宇宙戦艦ヤマトも青』
『ドンキーも青で、ロッテも』

文科省は「赤鳩」だろうか…。語感が「赤旗」に似ていますが…。

> 国民の声より既得権益にしがみつき私利私欲を満たす
> 官僚側(既得権益+岩盤規制) vs 現政権(特区政策=金融資本側・ケケ中陣営)の戦い
> どちらが勝っても負けても、国民は不幸になります!

まぁ、空中で「鳩」と「鷹」がバトルを繰り広げているだけで、地上で眺めている一般市民は“糞公害”に悩まされるだけですし…。(笑)
Unknown (それでも消費税は上がるらしい)
2017-07-15 15:52:16
場末のネトウヨ隔離ブログで幾ら誘導記事を書いても焼け石に水だろ
青山信者界隈から都合のいいコメントだけ抽出して狂ったように貼り付けているが
青山を何の疑いもせず妄信しているような連中だからコメントが青山絶賛一色なのは当たり前
これで旗色が変わってきたなどとよく言えたものだ
youtubeにアップロードされている約40分の動画では、前川氏に論破されるたびに青山センセイは
反論にもなっていない捨てセリフを吐くばかりで客観的に見て青山センセイのほうが分が悪かった

青山センセイというと過去に塚本幼稚園の応援もして籠池氏とは密接な仲だったようだ
青山夫人も交えて3人で仲良く笑顔で映っている画像がネットにアップロードされている

http://健康法.jp/archives/28556

ところが森友学園の疑獄が発覚すると青山センセイは態度を翻し籠池氏を知らないと、しらを切り始める
青山センセイとはそういう人間で人物像は推して知るべしだ
そんな人間を妄信する輩もまた推して知るべしだ


一般的に規制の撤廃緩和は善で規制に守られる既得権益は悪と決めつけられるが本当にそうか?
規制というのはルールであり市場が暴走するのを防ぐ安全弁という側面がある
たとえばタクシーの参入規制緩和でその後業界はどうなったか?
過当競争で低賃金化し、タクシードライバ―は収入を増やそうとするあまり無理な運転を行い事故が増えた
テレビ電波や世界的に類例のない議員立候補者の高い供託金の様に撤廃緩和するべき規制もあるが
何でもかんでも規制を撤廃緩和すればいいという物ではない

加計問題はあくまでも規制緩和の一環で文科省や獣医師会を抵抗勢力だとレッテル張りし
これを破壊する安倍自民党は悪をやっつける正義の味方を装っているが実態は小泉政権の二番煎じに過ぎない
小泉政権は聖域なき構造改革を標榜し、その目玉として郵政民営化を強引に進めたが
アメリカ支配者層の指示により、アメリカが日本郵便の巨大金融資産を吸い取るのをお膳立てしたものだろう
そして郵政民営化の過程で日本郵政が保有する保養&宿泊施設である「かんぽの宿」を
政府の規制改革会議の議長を務めていた宮内氏のオリックス不動産へ一括譲渡を決めた問題が明るみに出た
安倍の進める国家戦略特区もアメリカ支配者層の指示による対米市場開放であり
そのお零れを仲間内で利益分配してたのが表面化したものが加計学園疑獄だろう


>また、アベ応援ブログの回か。ヤレヤレ。

もうブログ主は意固地になっている感じだね( ´・ω・`)
歳をとると思考が硬直化して柔軟性が失われ
プライドだけが強くなり間違いがあってもそれを認められなくなる
こういう老人にはなりたくないものだ
おやおや。 (ららら)
2017-07-15 16:01:05
青山繁晴って、タックスヘイブンのヘイブンを「天国」って思い込んでた程度(あぁ〜腹いてぇぇぇ)のくせに、「アメリカ政府筋の友人から聞いた話では」なんてホラ話を売り歩いてたコメンテーター上がりで、近年はグッズまで売ってるって詐欺師だよねぇ。

で、ブログ主はじめホシュモドキ(=ネトウヨ)に聞きたいが、この詐欺師にコテンパにされて前川氏は降参したかい?

ちなみにこの詐欺師が天下り問題の責任をネタにしたら、前川氏に切り返されて、この詐欺師は狼狽えて声が震えとったが?
青山市のブログに寄せられたコメントこそ国民の声←誤字脱字に注意しょうよ (前川っちファンクラブ会員)
2017-07-15 16:48:03
そんなことだからAVの見過ぎとか言われるんだよ。

青山繁晴といえば、小泉純一郎の(北朝鮮への)売国奴
っぷりを公言しているが、
三白眼の男も北朝鮮で、女をあてがわれたんだってね。


ponponは「自閉症スペクトル障害」なの? (前川っちファンクラブ会員)
2017-07-15 16:56:32
ponponは、「自閉症スペクトル障害」か「統合失調症」ではないかと疑うよ。

専門の精神科医を今すぐ受診するべきだ。

小泉純一郎もアスペルガー症候群とか言われていたし。

100人に一人の病気だから、どっちも。

確率論的には、2%の可能性でどちらかの病気だろうな。

「性の悦びオジサン」と似ている。
だた、「性の悦びオジサン」が持論を呟いていたのが主に車両の中に限定されていたのと違って、

なぜか、「株式日記と経済展望」のコメント欄に
いついている。
モリカケ問題に巻き込まれた安倍が悪い (Unknown)
2017-07-15 17:26:03
政治家なら、森友学園、加計学園問題のような瑣末な問題は乗り越えなければならない。それが出来ないところが、安倍の限界なんだろう。

何であんな総会屋風情の籠池などという人物にハメられたのか。愛国心などこれっぽっちも無く、利に敏いだけの男に付け込まれた理由は、基本的に「お友達内閣」と言われた第一次安倍内閣当時と同じ。青山重晴センセも、森友学園にはぞっこんであったらしく、籠池氏と肩組み合った写真まで撮られている。その時点で、この青山という男に、安倍を擁護する資格はない。

謝れば済むことだった。「森友学園の今回の不祥事には、私の家内が名誉校長を勤めるなど、不適切な関係があったことをお詫びしたい」。こう言えば、ケガの程度も軽微で済んだろう。同様に、加計学園についても、「加計学園における獣医学部設置問題については、白紙に戻し一から見直したい」。こう言えば、お仕舞いになったことである。さらに、度々、問題発言を繰り返す稲田防衛大臣については、安倍総理の責任でクビにすべきであった。

こうした一連の政治家による政治的不手際によって追い詰められる政治家というのは、人間的に信用できない。そう思われても仕方ないだろう。
Unknown (Unknown)
2017-07-15 17:30:27
TORA氏は普段は理知的なのにネトウヨ関連のエントリーの時だけは極端にレベルが下がるのは何故なんだろうか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。