株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

日韓に自前の核武装を許すと最初に宣言したのが、選挙期間中のドナルド・トランプである

2017年09月12日 | 外交

日韓に自前の核武装を許すと最初に宣言したのが、選挙期間中のドナルド・トランプ
であり、北を挑発して北の核ミサイル開発を急がせたのもトランプであることだ。田中宇


2017年9月12日 火曜日

北朝鮮と日本の核武装  9月10日   田中 宇

この記事は「北朝鮮危機の解決のカギは韓国に」(田中宇プラス)の続きです。

 ここ2週間ほど、北朝鮮の核ミサイルをめぐる米朝対立が激化する中で、日本や韓国が北に対抗して独自の核兵器を持つことを許すべきだ(もしくは、そのことを議論すべきだ)という主張が、米国の外交専門家らから次々と出ている。

 9月4日には、大手紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の社説欄に、日本人の多くをぎょっとさせる提案が掲載された。「トランプは日本の核武装を望んでいるか」と題し、日本が自前の核兵器を持つ可能性が増していると指摘している。筆者は、タカ派の定期コラムニストで国際政治学者のウォルター・ラッセル・ミードだ。この論文で、私が重要と思ったのは以下の点だ。 (Does Trump Want a Nuclear Japan?

「北の核ミサイル危機を機に、日本の支配層は、独自の核武装をしたいと考える傾向を強めている」「核武装すれば、対米自立した大国になれる。日本の保守派は、そうなりたいと考えている」「一般の日本人は従来、核武装に対して深く懐疑的だったが、北のミサイルの脅威の拡大を受け、考えを変える人が増えている」「日本が核武装すると、韓国や台湾も核武装する。日本はこっそり台湾(や韓国)の核武装を支援する」

「日本の核武装に対する米政府内の意見は分裂している。日本の核武装を阻止した方が米国の覇権を維持できると考える人と、日本が核武装し、つられて韓国や台湾も核武装した方が、中国の台頭を抑止できるし、日韓から米軍が撤退できて防衛費を節約できるので好ましいと考える人がいる。トランプ自身は後者だ。覇権維持に対する米国民の支持も疑わしくなっている」「北の核ミサイルの出現は、米国に、北との戦争か、アジア覇権の放棄か、どちらかを選ぶことを強制している」

 米海軍のジョン・バード元中将も最近、以下のような主張を発した。「トランプは、北の核の脅威に対抗するため日韓に核武装を許すと公言すべきだ。日韓に核武装させたくない中国は、本気で北に圧力をかけるようになり、北核問題を解決できる」「近年、日本はしだいに自前の核武装に前向きになり、米国もそれを容認する傾向だ」 Let Japan develop nuclear weapons to lessen North Korea threat, former US Navy commander says) (North Korea crisis: Calls to hand Japan nuclear weapons to stop WW3

 米国の右派の論客であるパット・ブキャナンも、日韓の核武装を肯定的に見ている。「米本土が北から核攻撃される可能性が出てきた今、米国は朝鮮半島政策を再検討すべきだ。在韓米軍は、中国やソ連が米国の仇敵で、韓国が貧困国だった冷戦初期の遺物だ。北はGDPの25%を軍事費に割いている。韓国は2%台、日本は1%台しか割いてない。日韓は、対米貿易黒字で大儲けしているのに、防衛を米国にやらせている。米国は日韓に、自立した防衛と、独自の核兵器を持つことを計画させるべきだ。核武装は日韓を台頭させ、アジアでの中国の一強体制が崩れて均衡する良い効果もある」 (Pat Buchanan Asks "Should Japan And South Korea Go Nuclear?"

 アリゾナ州の分析者(Robert Robb)は「北のミサイルが米に届くようになった瞬間に、米と日韓の利害が分裂し始めた。韓国は、北の2倍の人口と50倍のGDPがある。日本は北の5倍の人口と125倍のGDPがある。日韓は、こんなに強いのに、安保を米国に頼っているので、北から脅威を受けてしまう。日韓が自前の核兵器を持てば、事態を改善できる。英仏が何百発核を持っていても、誰も脅威に思わない。日韓の核も同じだ。抑止力として、技術的に難しいミサイル防衛より、核兵器の方が手っ取り早い。日本人は核反対の意識が強いので、まず韓国からか」という趣旨を書いている。North Korea has nuclear weapons. South Korea and Japan need them too

 このほか、日本が核兵器を持つなら、英国などと同様、潜水艦に搭載するのが良い、などといった気の早い提案もある(昨年書かれた論文の再掲載)。 (Everything You Need to Know: How Japan Could Get Nuclear Weapons

▼トランプらの自作自演

 この問題に関し、まず言っておかねばならないのは、日韓に自前の核武装を許すと最初に宣言したのが、選挙期間中のドナルド・トランプであり、北を先制攻撃するぞと喧嘩を売って挑発して北の核ミサイル開発を急がせたのもトランプであることだ。北が米本土に届く核ミサイルを持った後、トランプはまだ日韓核武装容認に再言及していない。だがもし、いずれトランプが日韓核武装容認を再宣言するか、もしくはそれと同等の効果を持つ事態(たとえば韓国が対米自立を意味する中露のダブル凍結案を承諾するとか)を誘発するのだとしたら、北の核武装を扇動して日韓を対米自立に追いやるという一連の動きの全体の黒幕はトランプ(もしくはトランプの後ろにいて米覇権放棄戦略を立案した人々)だ。 (世界と日本を変えるトランプ

(中略)

 日韓の上層部では、自前の核を持つのでなく、米軍の核兵器を日韓に再配備してもらい、北への抑止力向上策とする案が出ている。日韓が、自前の核を開発・配備することと、米軍に核を配備してもらうこととは、政治的な意味が正反対だ。自前の核配備は対米自立だが、米国の核を日韓に配備するのは対米従属の拡大になる。日韓を対米自立へと誘導したいトランプは、米軍の核を再配備してほしいと日韓が頼んできても、断るだろう。North Korea’s nuclear test has left the South wanting nukes too

 日本では(韓国も似ている)、自前の核武装が、国内の権力構造の根本的な転覆につながる。戦後日本の権力を握ってきたのは官僚機構であるが、彼らは、本来なら自分たちより上位なはずの政治家(国会)を牛耳るため、対米従属(日米安保体制)の国家戦略を必要としている(日本の官僚機構が勝手に米国=お上の意志を代弁して日本を支配する構図)。日本が核武装すると、米国は、日本を核の傘から外して対米自立させるので、官僚が権力を詐取し続けられなくなり、政治家(国会)に権力が移る。対米従属による権力維持の永続を望む官僚機構は、日本独自の核武装に反対している。対米従属型の官僚独裁を主導してきた日本外務省とその傀儡「専門家」たちは、核武装論になると、急に平和主義者として振る舞い、核武装に強く反対する。日本の官僚支配と沖縄米軍

 だが、そんな中でも最近、独自の核武装を主張ないし議論しようとする動きが、自民党などの一部から出ている。これは、近年の米国覇権の低下を受け、日本の政治中枢で、官僚独裁と、それを打ち破ろうとする自民党(や民進党右派?)との権力闘争が少しずつ起きているからだろう。官僚機構は民選されておらず独裁勢力だが、自民党など国会議員は民主的な勢力だ。政治家勢力が右から官僚独裁を打破して権力を奪うことは、民主化闘争である。産経新聞は最近、日本では核武装すべきかどうかという議論すら封じられていると怒りの社論を出した。安倍首相のお気に入りである産経は、官僚対右派政治家の闘争の中で、政治家の側についていることになる。 (核武装議論、日本では“禁句”…世論の猛反発不可避、是非すら論じられず

 蛇足になるがもう一点。今回の記事の冒頭で紹介したミードの論文に「日本が核武装すると台湾も核武装する。日本はこっそり台湾の核武装を支援する」という趣旨の部分がある。これはまさに、私が3月に書いた「台湾に接近し日豪亜同盟を指向する日本」で指摘したことと一致している。現実論として、日本が核武装しないなら、台湾も核武装しないだろうし、日本が台湾の核武装を支援することもない。しかしミードの論文のこのくだりからは、国際政治的な構図として、米国が、台湾の面倒を見ることを日本に任せつつあると感じられる。やはり日豪亜は、未来の予定的な枠組みとして存在している。国際政治的に見ると、日韓台の核武装は、比喩的な話でしかない(国際政治的な意味を分析せず、浅薄な軍事論に終始する日本の言論界は、官僚機構の傀儡だ)。本質は、米国覇権縮小後の東アジアの諸国間の関係がどうなるか、というところにある。台湾に接近し日豪亜同盟を指向する日本



(私のコメント)

トランプ大統領は、今までのアメリカ大統領とは明らかに違った政策を持つ大統領であり、アメリカ第一主義の反グローバリストだ。しかしアメリカの政権自体がグローバリストの集団であり、トランプ大統領は、腹心のバノン首席補佐官を首にしなければならないほど孤立してしまっている。

アメリカ政府にしても、様々な勢力が入り組んでおり政策も一貫していない。だから対北朝鮮外交も強硬派と融和派とがあり、アメリカの方針がよくわからない。外交的圧力で解決できればいいが、トランプ政権になってからは北朝鮮の核とミサイル開発が急激に進んだ。

トランプ大統領自身は外交的に解決しようとしているが、単なる経済制裁では北朝鮮は核とミサイル開発はやめない。先日も書いたようにアメリカには中東で手一杯であり北朝鮮に割く兵力が限られている。しかしアメリカに届く核ミサイルが完成したらアメリカにとっても大変なことになるが、このまま放置していくのだろうか。

外交的に解決する手段としては、北朝鮮に対抗するためには日本の核武装を認めるべきであるという意見が出始めている。北朝鮮や中国やロシアを牽制するためには、言葉だけでも日本の核武装を容認すれば中国やロシアにとっても放置はできないだろう。しかし肝心の日本が核武装に消極的であり、政治家で核武装を主張すれば西村防衛政務次官の首が飛んだ。

「株式日記」打破当初から日本の核武装を主張してきましたが、世の中がようやく「株式日記」に追いついてきた。実際に核を持つかどうかは別にして核武装の議論はすべきでしたが、政治家もマスコミも核武装論は禁句であり、議論することもままならなかった。

しかしアメリカの方から核武装容認が出てきた場合、日本政府はどうするのだろうか。有無を言わさずに核武装させるには、北朝鮮にもっと暴れてもらって、日本近海にじゃんじゃんミサイルを打ち込ませることだ。その度に日本各地にJアラート空襲警報が鳴り響けば国民世論も変わってくるだろう。

中国や北朝鮮が軍事力を強化し続けていますが、日本や韓国や台湾はアメリカの軍事力に頼りっぱなしで、もっぱらアメリカにモノを売りつけて儲けてばかりいる。アメリカは日本のは防衛力を強化しろと言って兵器を売りつけてばかりいる。しかし核武装までのことは議論することもクレームをつけてきたようだ。

田中宇氏が言うように、アメリカが北朝鮮の核を認めるということは、アジアにける覇権の放棄であり、アメリカ軍の権威が失墜して「思いやり予算」は無駄遣いになってしまう。田中氏によればトランプ大統領も「隠れ多極主義」なのだろう。しかしまだこれはアメリカにおいては少数派であり、グローバリストが主導権を持っている。

日本で核武装を主張することはタブーであり、政治家で核武装をしている人はいない。言えばそれこそ袋叩きにされて、言論人でもテレビに出れなくなってしまう。ところが北朝鮮から実際にミサイルが飛んでくるようになると風向きが変わってきた。アメリカの迎撃ミサイルシステムが導入されるようだ。

アメリカが北朝鮮の核を容認すれば、イランをはじめとして世界の独裁国家が核開発をはじめるだろう。アメリカがいくら経済制裁をしても独裁国家には効果がないからだ。本来ならば見せしめとしての北朝鮮を武力攻撃すべきなのですが、アメリカはそれができなくなった。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性ホルモンも、牛乳の中に... | トップ | ドイツのメーカーは、アウト... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう何やっても無駄だよ~ん。 (う~ん、、、)
2017-09-12 15:27:19
アントニオ猪木が、訪朝した時点で、、、

日本国民は、一気にシラケきってるよ。。。

 北 VS アメリカ = ただのヤラセプロレス

日本に消費税を福祉という名目でUPさせて、、、

日米軍閥の間抜けなエリートの飲み代に、消えるだけだろう。。。

そんな金、もう日本にないからね。。。

日本という宿主が、いなくなったら、寄生虫は、また、宿主を求めて、旅にでるだけだ。。。

それが、放浪の民、ユダヤ朝鮮人の宿命だから、、
実際は (noname)
2017-09-12 15:46:35
>アメリカは日本のは防衛力を強化しろと言って兵器を売りつけてばかりいる。

アメリカは口では日本のは防衛力を強化しろと言っている癖に、日本の自律的な防衛力増強に横やりを入れて、自国の兵器を割だかな価格で売りつけてばかりいる。

といった感じですね。今のところ、一番自衛隊を自立した軍隊にさせたくないのはアメリカ(軍?)でしょう。ユーロファイターに一口乗っても良い気がしますね。ロシアからも武器を購入するとか...
Unknown (Unknown)
2017-09-12 16:04:52
>田中宇氏が言うように、アメリカが北朝鮮の核を認めるということは、アジアにける覇権の放棄であり、

北朝鮮の核より前に、中共の核を認めている。
これは、すでにアジアにおける覇権の放棄とは言わないのか?

日本にしても、中共の核の射程内にあり、アメリカは核保有国と戦わない。
過去のアメリカが潰した相手の取った行動歴史を振り返ると… (歴史スクリプター)
2017-09-12 16:18:42
第一次のドイツ帝国を、フランスで婦女子虐殺をドイツ兵が虐殺し、乗客線(喫水が下がっていて武器を運んでいたらしいので)をUボートが撃沈した事で、アメリカは参戦できた。
強欲ウォール街は戦争債権債権買いまくっていたので、連中を損させない為、アメリカは参戦にイギリスに巻き込まれた。

ナチズムのユダヤ人虐殺で、原爆をドイツのドレスデンとかフランクフルトに投下予定で、レオ・シラードやアインシュタイン(彼は使用には反対したので…)や亡命ユダヤ人技術者の憎しみを煽り、原爆作らせた。

ドイツ使用予定の原爆が、完成が遅れ、ドイツ予想以上に東部戦線でソビエトに負けまくったので、ドイツで使用不可(スターリンに原爆データ漏れてしまうので)の原爆を日本に使う。何時までも降伏しない日本が悪い。
愚かな日本人を止める為に、原爆で広島長崎の人々を無差別にドロドロ溶かしておいて、実験場にしておいて、正義面して、日本人を救ったとほざきやがる、マッカーサやルーズベルトの悪魔共。
それに相乗りして、原爆投下しないと戦争終わらない、とほざく日本のエセ御用学者。
戦後取引して戦犯から逃げた、日本降伏条件を知ってた、真の日本の黒幕共、コイツラモ同罪だが。

クウェート侵攻を口実にサダムフセインを叩いて大統領選再選を狙ったブッシュ親父。
もっともアメリカが動けばソビエトが味方して参戦してくれると考えるフセインも馬鹿すぎるが…。

同時テロでタリバン政権は、ビンラディン渡さないなら、言うまでもない。
少々無理してこじつけして、戦線拡大して、イラク戦争。

アメリカは戦争も原爆投下も開発も、大義名分や古プ実出来上がってから、行動しているではないか?

トランプも、ハナッから北朝鮮を潰す叩くんなら、北朝鮮は自ら潰される口実作りに邁進している、と見るべきではないかな?

こんな似ても焼いても食えない親子三代世襲ゴロツキ国家が、水爆搭載ICBM手に入れたから潰して何が悪い?
中国・ロシアが散々甘やかしてきたせいだろ?責任取れや。
飢餓に苦しむ北朝鮮人民から見れば、蛇の生殺し、じゃなく「蛇の生活かし」ではないか?
とアメリカが、トランプが怒鳴ってもしょうがない状態を北が、又中国・ロシアが結果的に招いたのも事実ではないか?

北朝鮮は簡単に潰れるでしょう。しかし戦後の統治の莫大な費用誰が出すの?韓国や中国への莫大な難民流出、とかの問題をどう描いているかが疑問ですが。

管理人さんも、逆転の発想、むしろどのみち潰すつもりでの罠だったのでは?とみれば納得できんじゃない?
日本の核武装を嫌がる4475中露 (Unknown)
2017-09-12 17:01:53
まともな政治家なら、今が日本核武装のチャンスと思い、アメリカにその意思を告げるべきだろう。幸い、トランプ大統領は、「アメリカファースト」で、アジアはアジア人の手でなんとかしろということだと思う。日本としても、核の傘がどれほど信用できるものか、不安なご時世になったわけで、核武装については、言っておくべきだろう。

それはともかく、日本核武装を嫌がるのは北朝鮮よりも、中露の方だろう。核武装国家だからこそ、中露は非核国家の日本に居丈高に対応していたわけで、日本が核武装すれば、その狼狽は半端ではないはず。もちろん、日本核武装はアメリカがそれを認め、アメリカの中露に対する脅しがなければ、不可能なのは言うまでもない。
やはり、最大の焦点は“第三次世界大戦が本当に起こるのかどうか”でしょうかねぇ… (ponpon)
2017-09-12 18:31:26
マスコミや評論家はどうでもいい情報しか流さないので全く役に立たないしなぁ…。(←戦前・戦中と同じ)

> 日本や韓国が北に対抗して独自の核兵器を持つことを許すべきだ
> という主張が、米国の外交専門家らから次々と出ている
> 挑発して北の核ミサイル開発を急がせたのもトランプ

トランプや米国の外交専門家が↓この勢力の指示通りに動いている可能性もあるワケですが…。

http://satehate.exblog.jp/11347362/
『有色人種絶滅政策』
『日本に米軍を常駐させ、永久的に日本が「植民地状態」となる日米安保条約を起草したのが、ダグラス・ディロン』
『日本に対し米国製の食糧の輸入を強硬に迫り、日本の食糧自給率を低める戦略を採用』
『日本に米軍を常駐・支配させ、日本を「兵糧攻め」にする目的』
『「日本人を始めとした有色人種は、人種として劣っているので、皆殺しにし、地球を白人だけの天国にする」と強硬に主張する、キリスト教原理主義教会の創立資金を出したウィリアム・ランドルフ・ハースト』
『その「後継者」が、黒船ペリーの末裔ウィリアム・ペリー=ディロン社長である』
『ロシア・ロマノフ王朝直営のノーザントラスト銀行』
『ロスチャイルドの銀行ゴールドマン・サックスの子会社ノーザントラストである』
『カーライル社と並び、「企業乗っ取り屋として勇名を馳せている」ブラックストーン社』
『このブラックストーン社の「共同経営者」が、中国共産党政府である』
『日米安保条約を作り上げたダグラス・ディロンの娘は、ルクセンブルク王室に嫁ぎ、現在ルクセンブルク皇太子妃となっている』
『ヨーロッパの「金融支配者・司令塔」ベネルクス3国、スイスへのディロンの「閨閥」が、こうして密かに形成されてきた』
『第三次世界大戦と言う大虐殺を「準備して来たのは」、ディロン一族である』

中国までグルみたいですが…。(笑)

> 日韓は、対米貿易黒字で大儲けしている
> アメリカにモノを売りつけて儲けてばかりいる

え~と、アメリカの投資ファンド「サーベラス」は、西武株に約1000億円をつぎ込んで約2000億円儲けたそうですが…。先月までに全株売却完了…。先般上場したJR九州の大株主にも欧米ハゲタカ外資が名を連ねているという報道がありますが、果たしてどうなることやら…。

> 米軍の核を再配備してほしいと日韓が頼んできても、断るだろう

これに似ているような気がしなくもない…。

■カルタゴと日本(前編・中編・後編)
http://jcoffee.g2s.biz/tamatebako.html
『経済大国カルタゴの最大の悩みは、隣国のヌミディアでした』
『ヌミディアは、騎馬兵団で有名な、戦争に強い国です。自衛力しか持たないカルタゴを侮り、その領土を侵犯します』
『カルタゴは、ローマに調停を頼みますが、黒幕のローマはもちろん取り合いません』

北朝鮮のミサイルが日本領空を通過したという報道もありましたし…。「ヌミディア=中国」「領土=尖閣諸島」という見方もありますが、最近はアチラ方面は妙に静かですねぇ…。

> 対米従属型の官僚独裁を主導してきた日本外務省

外務省は帝国海軍と同じ「青派」(親米)だそうですし…。

http://www.mkmogura.com/blog/2009/08/16/298
『赤鳩と青鷹のタンゴ』
『外務省は青で、記者クラブは、今はちょっと赤』
『CIAは青で、上位フリーメソンは赤』
『石油は青で原子力は赤』
『GHQの民政局は赤で、情報参謀2部は青』
『自民党は青で民主党は赤』
『厚生労働省は青で、経済産業省は赤』
『麻薬取締官は青で、警察は上層部が青に侵食されてるが、まだ赤も多い』
『でも、神奈川県警は真っ青だったりする』
『セブンイレブンは赤から青に変わったのに、ローソンは、赤だとか』
『三菱UFJは昔は赤だけど、今は青っぽいのが多いな。三菱の軍事は青』
『三井住友は赤』
『農林水産庁とか、マグロとかも青だし』
『冬のソナタは言うまでもなく、最近のパチでは宇宙戦艦ヤマトも青』
『ドンキーも青で、ロッテも』

> アメリカ政府にしても、様々な勢力が入り組んでおり

アメリカの住民自体が人種ゴチャ混ぜ状態ですからねぇ…。“有色人種絶滅政策”と言っても、アメリカ自体が有色人種だらけなので一体どうなることやら…。
取り敢えず地上発射型のトマホーク百発くらい (Unknown)
2017-09-12 18:33:25
買っとけば良いんじゃないの
憲法改正も核武装も一朝一夕ではできないから
200億程度だから補正予算で簡単に執行できるよ
応戦能力を持つことは積極的な防衛だし
現行憲法解釈の変更すらいらない
全くなんの役にも立たないミサイル防衛よりずっとマシ
アメリカの魂胆を理解しないままで核武装しても (Unknown)
2017-09-12 22:20:56
最終的に利用されるだけってことが判らないかな?
国連決議にしろ、NATO の共同核武使用にしろ、日米安保、日米地位協定どれを調べても日本が自立した核武装運用ができないのをもっとしっかり認識したほうが良いと思うよ

結局、日本の核武装はせいぜいアメリカ軍隊完全監視管理の雇われ使役鉄砲玉自衛隊として中国、ロシアの身代わり番兵として極東アジアの使い捨て国として傀儡政権の安倍自民を利用できるだけ利用して中国、ロシアの覇権行動を上手くその盾ぐらいに高見の見物、漁夫の利用ぐらいな腹黒さだせ?

中国、ロシア、北朝鮮、韓国は完全にグルだし経済制裁だ禁油だは今回の国連決議でまったく骨抜きになったのを考えれば簡単にその背景をうかがい知ることができるのさ

要は日本独自の核武装を自立してしたいなら、アメリカ傀儡政権の自民党似非保守政権をやめさせて新欧州グローバル化戦略に間接的にも渡りをつけて政治手腕を発揮できる政権にさっさと移行していくしか日本の正解な道筋はないってことさ

自民党似非保守議員の出鱈目な政治政策では憲法改正も真に日本が自立した核武装もできないのは当然なんだよ

安倍自民の議員の不倫や政治資金の不正を北朝鮮核ミサイル発射警戒緊迫時期に民進党の山尾議員も含めて国民の血税吸血して開き直って議員は辞めないってやってる体たらくなんだぜ?

野党再編が年末までに激しさを増して活発になるよ!

その第一政党勢力で日本の自立した核武装なり軍事防衛戦略がとられていくしかロス茶色のシナリオ進行で動いていくよ

小池軍団のやり方がなかなか合理的で日米離間を上手く誘導してくと思うよ
イージスアショアーを4年後に配備だなんて冗談きついぞ (Unknown)
2017-09-12 22:55:50
さっきも素人同然の専門家がインターネットTVでイージスアショアーを配備して防衛などと寝言を言ってたが。甘い、これだから素人同然の専門家は困るんだな。
いいか、北朝鮮は4年どころか半年も待たずして巡行ミサイルを開発する。物事には順序があるのだ。戦術核、軽重量弾頭がほぼ完成に近づいているので彼らが次に作るのは巡航ミサイルだ
そんなものはICBMに比べたら朝飯前だ。

イージスアショアーなどど全く役にも立たない、チャフや、フレア、レーダー妨害、MIRV、多弾同時多方向発射、高高度ロフテッド軌道に全く対応できないイージスアショアーなど配備しても何の意味もない
今からならレーザー破壊兵器を地上配備して少し意味がある程度だ
これならあらゆるタイプのミサイルにある程度は対応できる
もちろん巻き添えに会う航空機も避けられない
攻撃は最大の防御だ
原稿法体系の元で可能な現実的な防衛装備は巡航ミサイルしかなく、100機程度買っておけば良い
必要とあれば、遠い将来にはなるが、弾頭を独自開発した小型戦術核に置き換えて運用すれば良い
Unknown (ガル)
2017-09-12 23:41:29
中国は日本のステルス潜水艦に核ミサイルを
積まれる事を非常に怖がっている

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。