株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

推薦入試には原則、学力試験がない。学力検査なしで進学できるため、学力低下につながった

2010年02月11日 | 政治


by CyberBuzz

推薦入試には原則、学力試験がない。学力検査なしで進学できるため、
中学生の学力低下につながった。学力低下の原因は推薦入試にある。


2010年2月11日 木曜日

推薦入試 廃止8県…埼玉、千葉など公立高 2009年11月20日 読売新聞

全国の公立高校入試で行われている、学力試験を免除する「推薦入試制度」について、17県の教育委員会が制度の廃止や要件の緩和などの見直しを行っていることがわかった。

 廃止に踏み切ったのは、静岡、和歌山の2県で、埼玉、高知など3県も来春の2010年度入試から廃止。さらに3県が13年度までに廃止に踏み切る予定で、各地で選抜方式を学力試験重視に移行する動きが広がっている。

 読売新聞が全国の教育委員会に問い合わせたところ、学力試験を免除して中学校の調査書(内申書)や面接などで選抜する推薦入試はこれまで大阪府を除く46都道府県が導入していた。

 既に廃止した2県のほか、6県が全受験生に学力試験を課すことを決め、9県では中学校からの推薦がなくても受験生が自由に志願できる「自己推薦型」に転換した。東京、栃木も制度の見直しを検討しており、自治体の約4割が推薦入試の見直しを進めていることになる。

 10年度入試から推薦入試を廃止する高知県教委は、全国学力テストで同県の中3の全教科平均が3年連続で46位に低迷したため見直しを決定。公立高の募集定員の半数が推薦入試となっていることから、同県教委は、中学生の学習意欲が低下したと判断。「制度の見直しが基礎学力の向上につながれば」としている。



「日本人はバカになった」は本当か 2月10日 現代ビジネス

「他大学に勤務する先生に聞いた話ですが、(学術本を読ませるのは難しいだろうと思って)『新書を一冊読んでレポートを書いてきなさい』と課題を出すと、『新書ってなんですか? 新しい本ですか?』と学生にいわれて愕然としたそうです。また、私のところにも『ソ連が崩壊したのは戦前ですか?』と平然と尋ねてきた学生がいましたね。我々が常識として知っていることを知らない若者が、確実に増えています」

 ためしに身近にいる大学生に「広島・長崎に原爆が投下された日はいつか」と聞いてみてほしい。

 本誌が複数の大学生(いずれも都内有名私立大学に通う)に尋ねてみたところ、「1945年8月まではわかるけど、その年はいっぱい『記念日』があるからややこしいですよね」と曖昧に濁す学生や、「1989年8月2日でどうでしょうか? 下4ケタが8982でバクハツですから」とシャレなのか本気なのか判別しがたい答えを返してくる学生に出会った。

 大学生の歴史感覚の欠如は、相当深刻なようだ。

徳川家康を知らない

 では、理系の知識はどうか。私立大学情報教育協会が私立大学の1500人近くの学生を対象に行った調査によると、大学生の2割が四則演算のとき、掛け算割り算を足し算引き算より優先するというルールをわかっていなかったという。

「文系の学生も対象に含めたデータだから、目をつぶってはどうか」という寛容な方もいるかもしれないが、理数系を専攻する大学生の間でも、数学力・理科力の低下は著しいという。立命館大学で経済学を中心に教える佐和隆光教授の話。

「(大学数学の基礎となる)微分積分を理解しておらず、1~2年生の時点で躓(つまず)いてしまう学生が増えていますね。東京大学の理科Ⅰ・Ⅱ類クラスの学生でも、微積分がわからない学生がおり、理解できるかどうかでクラス分けが行われているという話も聞いたことがあります」

 六大学の一校で物理学を教える教授の話は、さらに衝撃的だ。

「物理の基礎的な講義で、まったく授業内容がわからないという学生が3割ほどいました。これでは授業にならないので、なぜわからないのかを学生に尋ねたところ、『基礎を忘れた』『テキストが文字ばっかりで読みづらい』という意見が多かった。そこで、やむなく教科書に『マンガでわかる物理』を使用することで決着しました。もちろんはじめての試みです」

 それでも授業についていけない学生には補習を実施して対応している、とこの教授は言うが、大学で補習授業が行われる光景は、もはや珍しいものではない。日本私立大学団体連合会の調査では、学力低下に対応するため入学後に補習授業を実施する大学は67%に達しており、民間の教育支援企業に補習授業を委託する大学も少なくないという。

 大学だけでなく、中学、高校の教育現場でも、補習教育が盛んに行われている。

 京都府は'08年に行われた全国学力テストの結果、中学校3年の数学で小学校レベルの分数問題が解けない生徒が約12%もいたことから、昨年より中学1年生に小学校の学習内容を教える「振り返り集中学習」(ふりスタ)の実施を開始した。四角形の角度の計算方法や小数の計算などを復習させるという。

 高校の補習授業は、各学校をはじめ、民間の教育会社や指導塾など幅広く行われているが、'09年にはNHK教育テレビの老舗番組『高校講座』でも、義務教育の学習を振り返る放送が開始された。

「第1回目の放送は『15÷(3+2)×3はいくつ?』という小学生レベルの内容でした。驚かれる方もいるかもしれませんが、勉強についていけない高校生は、このレベルから教えなおさなければダメなんです。大手教育支援企業・ベネッセコーポレーションが700校近くの高校を対象にした調査によると、『10倍したり10で割ったりすることができない』『徳川家康を知らない』といった生徒のいる高校も少なくなく、50%の高校が『小学校段階から教育をやりなおす必要がある』と答えているのです」(兵庫県内の高校で数学を教える教師)

 なぜこれほどまで基礎学力が低下しているのか。「生徒の勉強時間が短くなっていることが学力低下の原因」とこの教師は指摘するが、実際日本の中高生の学習時間は、国際的に見ても短いことが、財団法人日本青少年研究所の調査でも明らかにされている。



OECDが発表した日本の子どもの学力低下は大問題 ~教育の二極化は国力の低下へ直結する~ 佐藤弘弥 2007/12/11

先頃、経済協力開発機構(OECD)の学習到達度調査(PISA)が発表された。そこで、日本の教育の学力低下に歯止めがかかっていない現実が明らかとなった。今回の調査は2006年度のもので、対象年齢は15歳だった。

 「06年の結果によると、OECD加盟国以外も含めた57カ国・地域の中で、日本は科学的な応用力で6位、数学的な応用力で10位、読解力で15位だった。最初の00年、前回の03年と比べると、順位はいずれも下がっている。」(朝日新聞12月4日社説)」

 この中でも、数学(1→6→10位)と読解力(8→14→15位)の前回調査(2003年)からの落ち込みが急激だ。「PISAの読解力の試験問題は、文章だけでなく、グラフや図表など資料から情報を読み取り、自分の考えや意見を述べる力を問うもの」(産経新聞12月6日)とされるが、主要各紙は、こぞって懸念の記事を発表した。


(私のコメント)
最近の学校では学級崩壊ならぬ生徒の学力崩壊が起きているらしい。学力低下の問題は「株式日記」でも書いてきましたが、若い人のブログなどを読んでもテレビゲームやアニメなどのサブカルチャー系のブログばかりで、政治や経済などのブログがほとんどない。若い人は政治や経済にはほとんど興味が無く、高校や大学を卒業しても就職口が無くても「なぜそうなのか?」と考える若い人がいない。

東大生に日本のGDPの額を聞いても5000円とか3万円と答える人がいるくらいだ。だから私立大学の1500人に調査しても四則演算で2割が出来ないそうです。もちろん知能に問題があるのではなく小学校や中学校で学習する基本的な能力が身についていないのだ。読書の習慣にしても半数近くの人が一ヶ月に一冊も本を読まないそうですが、これでは日本人がバカになるのは当然だ。

以前にも文部省の「ゆとり教育」を批判してきましたが、学力低下問題の根源は推薦入試制度に問題があるらしい。マスコミなどでは詰め込み教育批判キャンペーンが行なわれて、「ゆとり教育」や「推薦入試」などが行なわれるようになったのですが、「学力低下」と言う現実問題が起きて、文部省も教育方針の転換を求められた。

佐藤氏は「資源のない日本にとっては、国力の低下そのものに通じる致命的な問題ともなる」と指摘しているが、日本の20年間にわたる経済の低迷は日本人の学力低下も一因なのではないかと思う。資源のない日本は日本人の学力低下がそのまま経済力低下にも反映するほど直結した問題なのだろう。

会社員になっても商社マンでも海外駐在を嫌がるようになり、アメリカに何年駐在しても英語がしゃべれない社員がいる。小泉首相、安倍首相、福田首相と皆海外留学などの経験があるが英語が出来ない。麻生首相も日常会話は出来るが漢字が読めなかった。英語なども英語学習の基本が出来ていれば海外留学しなくともできるようになるのですが、基礎ができていないから何年留学しても英語が出来ない。

学級崩壊という前に、学校教育が崩壊していると言うべきなのでしょうが、学校の先生の質の低下が問題にならないのはなぜなのだろうか? 小学校や中学校の内に学習や読書などの習慣を身につけさせないと、進歩しない人間が社会に出て行く事になる。最近電車の中を見ても本を読んでいる人は僅かでケイタイばかり見ている。たぶんゲームでもしているのだろう。

サラリーマンにとっては電車の中が唯一の自由時間とも言えるのですが、本を読んでいる人の姿はいない。私などは千葉に行く時など行き帰りの電車内で一冊の本を読んでしまう。本屋に立ち寄ればどうしても一冊くらいの本を買ってしまう。それくらい普段から本を読んでいないとブログを毎日書くことなど出来ないだろう。

学校の先生も、実社会の経験のないまま生徒を教えると言うのは無理なのであり、生徒たちが一番知りたいのは実社会がどうなのかと言う事だ。私が考えるには学校の教師になるには10年程度の実社会経験者から教員を採用していくべきであり、学校秀才がそのまま卒業して直ぐ教師になっても学級崩壊で鬱病になるだけだ。

校長などは年功序列でなるものではなく、社会実績を残した人を公募で採用して充てるべきだろう。そうしないと実社会とズレが出来てしまって対応に遅れてしまう。「ゆとり教育」や「推薦入試」も理念ばかりが先行して現場が対応できない事から問題が起きている。学校の教員も実社会で通用する人材であるべきであり、専門バカに教えられた生徒が気の毒だ。

学校は閉鎖された社会であり、そこにいる教師たちは実社会の経験のない大人たちであり、一般社会常識とはどうしてもズレがある。生徒たちはその事を敏感に感じ取っているから教師たちがバカにされるのだ。日本は縦割り社会であり新卒で就職すると年功序列終身雇用で横の動きがない。だから無能な教師でもなかなかクビにできない。

底辺レベルの高校などの生徒は、茶髪にピアスなどをしてだらしなくズボンもずり下げている。それだけ学校でも生徒指導ができていないのですが、学力が優秀で品行方正な生徒は私立の学校に行ってしまう。私立なら例外もあるのでしょうが生徒指導もきちんとしないと生徒が集まらなくなる。教師もダメ教師はクビにできる。

子供は小学生くらいから学習の習慣と読書の習慣を身につけさせないと社会の変化についていけなくなる大人になってしまう。しかし今の小学校は付いて行けない生徒はほったらかしにされているらしい。九九が出来なかったら覚えるまで進級させないなどの厳しさが必要だ。しかしTVタックルでも言っていましたが出来ない生徒もトコロテン式に大学まで行けてしまう。

今の高校、大学はベビーブームの頃のまま残っており、底辺の高校、大学は生徒集めに苦労している。早稲田大学でも苦労しているらしい。最近では試験を受けずに入学できる推薦入試で入ってくる学生が増えて、23万人が学力検査無しで入学しているそうです。だから中学レベルの数学が出来ない大学生も出てくる。

このようになってしまったのは詰め込み教育の反動であり、マスコミはこれを批判して文部省が「ゆとり教育」を実施した。父兄たちが望んだわけではない。せっかく高い学費を払って大学を出させても学力が中学生並では父兄たちも怒るだろう。生徒本人にとっても不幸であり、大学出ても派遣やフリーターにしかなれない能力では大学出た意味がない。

父兄たちが望んでいるのは厳しくしつけて教育してくれる私立学校であり、公立学校には落ちこぼれが入ってくる。だから履歴書などでも底辺レベルの公立高校を出た就職受験者はヤンキーだった可能性があるから敬遠されるかもしれない。大学でも底辺レベルの大学卒業者は履歴書に書くに書けない時代が来るかもしれない。大学の名前だけでバカにされるからだ。私の頃は国○舘大学とか○京大学とか大東○化大学とかがそうだった。

バカでも大卒者になれる時代になって、知的エリートが日本からいなくなった。東京大学というブランドも質の低下に直面している。今では大学卒と言う学歴はカネで買える。だから大学を出ても誰も大学並みの学力があるとは誰も思ってはいない。日本の大学はレジャーセンターであり、官僚たちの天下りの場所になっている。教授はもとより理事などになって文部省の予算を分捕るのが彼らの仕事だからだ。文部省の無能こそ全ての教育問題の原因なのだ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (87)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜギリシャの尻拭いをする... | トップ | アメリカがトヨタバッシング... »
最近の画像もっと見る

87 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2010-02-11 13:53:41
ミコスマ チラシ
http://mikosuma.s120.coreserver.jp/uploda/src/file129.pdf
テレビに出てくる芸能人、ニュースキャスター
前麻生総理の漢字の読み間違
民主党は1日あたり4億円をテレビ
騒音おばさんは創価学会の被害者
数十億円におよぶ脱税・犯罪の
日本史上初の提訴数!10000
世論調査・支持率の捏造(証拠
日本は資源大国
世界有数のメタンハイドレート
料となる。税金もグンと減る。
この事実を隠す理由とは?
Unknown (Unknown)
2010-02-11 13:54:31
ここ最近のニュースを見ていると、既得権益勢力でもあり、CIAあたりと癒着しているマスコミのヒステリックな鳩山政権バッシングが目立つ。
国民新党、社民党ととの不協和音をことさらに扇動するが、しかし、それぞれの政党なりに国民生活のことを真剣に議論しているわけであり、前向きな激しい議論は、あって当然のことである。
それよりも過去の自公政権のほうが、国民生活を顧みず、アメリカ、マスコミ、宗教団体、官僚、財界の既得権勢力などへの利権誘導政治を行ってきた害悪がはるかに深刻であり、その結果、日本は借金まみれで、外国の半属国という状態に追い込まれたわけであり、自公政権を手堅い政権運営とみなすのは大きな間違いである。
それにしても、マスコミで働く連中は、自分達が国家を滅ぼす害悪になっている自覚はあるのか。
政権運営が国益にとってどうかも考えもせず、ただどこかしら粗探しをしては、針小棒大に過剰に騒ぎ立てる。彼らは、政権が指導力を失い、コロコロと首相交代をすることを、自分達、マスコミが世論誘導した勝利の結果だと勘違いしていないか。実際、そうだったとしても、では90年代のリクルート事件以来の政治空白は、マスコミが助長したものであり、結局、戦前に主要新聞社が、アメリカとの開戦を煽りつづけ、国を滅ぼした害悪と、似たような罪を現代においても繰り返していることになる。
だが、そういうことを繰り返してきたから、インターネットが普及した現代において、国民のマスコミ離れは加速度的に進んでいる。それはテレビ、新聞広告の劇的な減少にもつながっており、主要マスコミはどこも赤字決算で経営はガタガタである。
鳩山政権は、この際、思い切って、記者クラブを廃止させていくべきである。マスコミが自らの影響力を誇示しよと、今、政権に大規模なネガティブキャンペーンを仕掛けているわけだが、これは、まだ政権が国民の支持を得ているうちに、日本を事実上の非民主国家たらしめた情報統制元凶である記者クラブを廃止に追い込まなければいけない。
記者クラブ制度は、世界でも日本だけの情報統制につながる制度であり、海外からも強い批判を受けている。こんな制度をマスコミを怖れて、存続させておく必要はまったくない。マスコミの害悪を除くことを真剣に考えるべきだ。
国益、国民生活の立場にたったマスコミなら確かに「民主主義の番人」だが、既得権勢力と化し、アメリカなど外国と癒着したマスコミは「民主主義の敵」でしかない。
健全な民主主義の発展には、健全な言論機関が必要である。しかし今のマスコミは国民の支持を受けて、その地位を維持しているのではなく、単に、記者クラブ、再販制度、放送三法といった規制に守られているだけの話である。
よって、民主主義の発展のためにも、害悪あるマスコミは淘汰される必要がある。そのためには競争が必要だ。鳩山政権はマスコミがいかに国を滅ぼしているかを真剣に考えるべきである
Unknown (Unknown)
2010-02-11 13:55:16
【社会】 「自衛官・警官の子は立ちなさい…皆さん、この子らのお父さんは悪人です」…日教組の実情を、佐々淳行氏が暴露
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1224641831/
【社会】「日本軍、南京で何人虐殺?」「中国の戦争はいい戦争」 東京の公立中学で、偏向授業★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1112263093/
【裁判】 「従軍慰安婦」「ジェンダーフリー」ばかり教える偏向先生、"研修命令無視したから減給とは不当"と訴え→棄却される
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216201658/
【教育】 「誤った歴史観を批判しただけだ」 日本の侵略戦争等にこだわる女性教諭、誹謗で"不適格"処分
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1144109284/
【教育】"高校の日本史テスト" 自衛隊派遣に「賛成」だと、「低俗だから0点」…愛知★4
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1088179792/
【自民】中山成彬氏「もし日教組の代表が文科相になれば反日教育が行われ日本おかしくなる」「日教組、親に秘密で小1に性教育してる」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1232110383/
Unknown (Unknown)
2010-02-11 13:55:53
マスコミ業界なんて、政治家や、経済界など有力者のコネ入社だらけなのである。

私の世代でいくと、TBSなんて、加藤紘一元自民党幹事長の娘がいて、

その後に入ったのが小渕首相の娘、今の小渕優子議員である。



また、ご存知のとおり、自民党の石原伸晃も日テレ出身で、

中川秀直元幹事長も日経新聞出身である。



要するに、マスコミなんて、権力を批判するどころか、

彼らとズブズブの関係にあるわけで、そもそも批判なんて、ちゃんとする気がないのである。

こういう連中に、マスメディアを独占されていれば、

それは、日本も、おかしくなってしまうな、と当時、自分としては考えた。



以来、マスコミの世界を離れて、インターネットの世界に、

自分自身の活躍の場を移してからも、

結局、どうしてもマスコミの裏側が見えてしまうから、

彼らが巨大な詐欺集団にしかみえない。



まあ、彼らは彼らで、内部で激しい派閥闘争が行われていて、

いってしまえば、どこまでもサラリーマンの集まりである。

そもそも、メディアの独立性を保つために、

上場していない会社がおおかったわけだから、

外部に対しての経営の透明性なんてない。

それでいて、電波や、新聞を限られた枠として、既得権で握っているから、

売上や、利益についても心配することはない。

(インターネットが登場するこれまでは)



さて、そんなマスコミを信用してしまっている人たちに、



では、これまでマスコミが言っていることが、

はたして、どこまで正しいことだったのか、そこを考えてほしい。



マスコミの連中はどこまでも無責任で、

たとえば、先月も、普天間の問題が年内決着しなければ、

日米同盟に亀裂が入り、たいへんな危機になるということを

あれだけ騒ぎ立てていたが、

結局、先日、ハワイで岡田外相とクリントン国務長官が会談したとおりで、

アメリカとしても、普天間の問題は、日本の立場への配慮を示したわけだ。



こんな感じで、マスコミか騒ぐことは、いつだって、無責任だし、適当だ。



そもそも彼らは、テレビや、新聞の社説で、

他人様の会社の経営について、えらそうにご高説をたれるが、

当の本人たちマスコミの経営自体がガタガタである。

JALのことを、えらそうに批判できるような立場でもない。



つまり、マスコミが言っている内容を守っていれば、

われわれ国民自身がおかしくなるわけであるし、

マスコミなんて、人の揚げ足をとりあげて、

中学生レベルの悪口に似たことを、ぎゃーぎゃー騒いでるだけだから、



国民の幸福のためにも、原口総務大臣は、

もう、大手放送局に対して、「放送内容の偏向」を理由に、

放送法にもとづいて、営業停止処分にしてもいいと思う。

もはや国民も、ある程度の教養レベルがある人は、

そのうさんくささに、すっかり気づいている。



ところで、今の大手マスコミが、

日本を破滅へと追いやった、

戦略なき太平洋戦争の開戦を主導し、

また戦争期間中は、偽情報ばかり流しつづけ、

戦争被害を最悪化させることに手を貸したことを、

知っている人はどれほどいるのだろうか。



よく、「新聞の戦争責任」という言葉があるが、あれである。



この問題についても、マスコミは自分たちにとって、都合が悪いから、

ろくにとりあげること自体が少ないが。



戦前の軍部は、1931年の満州事変以来、

中国本土への侵略について、国民世論を味方につけるために、

機密費を利用して、新聞社の幹部を接待で癒着し、



中国侵略をあおる記事を新聞に書かせ続けた。



東北では餓死者も出ている。娘は売春宿に出された。

この困難を乗り越えるためには、

満州に進出して、資源を確保し、その先、中国を開放して、

「大東亜共栄圏」をつくり、アメリカら白人国家と対峙するのだと。



その結果、日本中が、

軍部とマスコミとの連係プレーによって、

今、自分たちが足が踏み入れようとしている泥沼がどんなものか、

麻痺してしまって、日中戦争の深刻化を、途中でブレーキをとめることはなかった。



昭和天皇が、あれほどまでに軍部の暴走による中国侵略を止めようとしても、

何人かの首相が、軍部にブレーキをかけることを試みたが、

それでも、



強硬派の軍部と、マスコミがつくりだす異様な世論によって、

日本は冷静さを失い、太平洋戦争の開戦へと突き進んでいくわけである。



戦争がはじまって、虚偽報道の最初は、

ミッドウェー海戦だったとされている。



この海鮮で大敗北した結果、日本の敗北はほぼ確定し、

戦略的には、いかに損失の少ない条件で、

アメリカと和睦交渉を開始しなければいけなかった。



しかし、軍部の御用報道機関と化していたマスコミは 、



--

「米空母2隻撃沈、飛行機120機撃墜」と華々しい戦果を紹介。

日本軍の損害は「空母1隻喪失、1隻大破、巡洋艦1隻大破、未帰還機35機

--



つまり、アメリカとの、関が原にあたる決戦を制したので、

これで日本の勝利は間違いなくなったと、国民をミスリードしたわけである。

これにより、国民には、ますます戦争への協力を強いて、

被害が泥沼の方向につながっていく。



よく、新聞の戦争責任を扱う番組をみていると、

まるで、新聞社は、大本営のコントロール下におかれて、

言論の自由を奪われた自分たちも被害者だ、というようなことをいうが、

そんなの、ほんとにいいわけにならない。



むしろ、戦前からの軍部との癒着により、

率先して、国民のマインドコントロールに加担していたというのが真相である。



そして、戦後、新聞社の経営陣は、軒並み、

GHQによって、公職追放され、経営陣は刷新されるわけだが、



しかし、GHQが去った後、ちゃっかりとどの新聞社にも、

戦前からの旧・経営陣が戻ってくるわけである。

要するに、



太平洋戦争を主導し、国民を破滅においやった経営陣が居座ることで、

新聞社も、その体質は変わらず、平成の今までつづいているということだ。



その中でも、とくに読売新聞社主の正力松太郎は、元・警察官僚で、

関東大震災にあっては、朝鮮人が暴動を起こすというデマを流して、

多くの韓国・朝鮮人の風評被害による殺害に加担し、

民間に転じて、読売新聞の経営を握ってからは、

やはり、太平洋戦争を軍部とつるんで、あおり続けた。



その結果、A級戦犯となるわけだが、



それが、突然、巣鴨プリズンから釈放となる。



後年、CIA文書がアメリカで公開されて、

A級戦犯が、岸信介首相をはじめ、釈放されて、

彼らがアメリカが、日本を独立回復後も、傀儡政権として、

間接統治するためのエージェントとして、利用されていたことがわかっているが、



「PODAM」こと、正力松太郎は、日テレの柴田専務とともに、

CIAの指令の下、

核兵器の日本配備をすすめるアメリカの意向にそって、

当時、原爆アレルギーの強い国民世論に対して、



「原子力はクリーンエネルギー」



というキャンペーンを大々的に展開して、今日にいたる。



私たちは、マスコミにマインドコントロールをされていることを気づかなきゃいけない。



たとえば、「原子力はクリーンだから」と思っていたら、

それはもう、アメリカによって、マインドコントロールされている。



そもそもだが、たとえば、昨年、忌野清志郎が亡くなったときに、

彼のアルバムが発売停止になって、

その理由が、原子力発電に反対する歌が含まれていたため、

ということが、一部、報道されていたわけだが、



こういうことに対して、疑問をもつことが大事だと思う。



「なぜ、原発反対の歌をうたったら、放送禁止なのか?」



「なぜ、発売禁止にまで追い込まれるのか?」



「その圧力をかけたのはいったい誰なのか?」



こういうことに疑問を持たないままに、マスコミの情報を鵜呑みにすることは、

非常に危険なことである。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 13:58:11
マスコミがお笑い馬鹿番組ばかり放送して、日本人の白痴化を加速している
Unknown (Unknown)
2010-02-11 13:58:14
自民党は5日の総務会で、2010年運動方針案を大筋で了承した。方針案は、世界最高水準の公教育を
 実現するとした上で、「今日の偏向した教育の最大の原因は日教組の存在。一日も早く教育現場を
 正常化し、日本の歴史と伝統を重んじる教育を目指す」と、民主党が支持基盤とする日教組への批判を
 新たに盛り込んだ。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100105-00000139-jij-pol
Unknown (Unknown)
2010-02-11 13:59:28
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100211-594672.html
Unknown (Unknown)
2010-02-11 14:02:22
テレビ局は政治家以上に怪しい最大の既得権層なのです。民間企業であれば、あたりまえの競争という論理がありません。新規参入がまったくないので、年間2兆円といわれるテレビ広告費を5系列で分け合ってきました。その結果、社会経験などほとんどない若者が20代で年収1000万を越え、経費や接待で高級店で飲み食いしながら、政治経済、天下国家を語り、タクシーチケットで帰宅する。それでいて紙面や画面では格差社会を嘆く、というノーテンキな時代が延々と続いてきました。
他業界であれば文字通り血を流し、命を削るような不況でも、ほんの少し自主規制を変えてサラ金、パチンコ、宗教団体のCMを解禁して、一般企業の枠が減った分だけあてはめていけばよかったのです。あるいは再放送ばかりにして、制作費を削り、お金のかかるタレントをリストラしても正社員の待遇だけは永遠不滅でした。つい最近まではテレビマンに、まったく危機感はなく本気になれば、いつでもネット上の映像、情報を牛耳ることができると考えている業界人がほとんどでした。ネットの影響力などはまだまだ小さいと考えていたのです。

新聞社は上場していませんが、テレビ局は相次いで上場し膨大な資金を手に入れて豪壮な自社ビルを建設しておきながら、市場で買占めにあうと、「報道の公共性」「言論の危機」を声高に叫び、政治の支援を得て買収防衛策をとればそれですんでしまったのです。
テレビ局の競争というのは「視聴率」という身内の言語で限られた5社で収益の微調整をしているだけの「仲間内のプロレス」であったのです。戦後リストラも倒産も無縁であったのはテレビ局だけです。

個々人の努力ではなく業界の構造だけで高給が守られている世界では、社員も何も身につけていないことが多く他では通用しないことがわかっているので護送船にしがみつくことに全精力を傾けます。
私がテレビ業界に入って驚いたのは財界や政界の子弟が山ほどいるのです。規制と既得権で守られた、血と利益のコングロマリットなのです。
かっての中曽根臨調でJR,JT,NTTが三公社から民営化され、国民目線からは明らかに便利になりました。同様にNHKの民営化が語られたこともありましたが、これは民業圧迫である、という民放連の主張が通ってしまうのです。他ではありえないほど無競争で社員の平均年収1500万、生涯賃金6億円の業界が民業圧迫とは、よくも言えたものです。
                       (引用終わり)
Unknown (Unknown)
2010-02-11 14:27:42
>文部省の無能こそ全ての教育問題の原因なのだ

日本を階級社会にするために行われていることです。大半の国民は労働者階級になります。
労働者階級は愚かでなくてはいけません。賢くてはいけないのです。小学生レベルの学力でいいのです。政治とか思想に関心を持たせてはいけないのです。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 14:32:43
戦後民主教育の誤り
それまでの歴史・習俗・教育の良い点まですべて否定し、戦後の民主教育が始まった。これにより日本人は皆西欧の民主教育を受け、晴れて世界に通用する教育を受けていると思っているが大きな誤りである。西欧で一番大切な徳目である公共性(PUBLISITY)・愛国心・ノブリスオブリナージュ(貴族の義務)が教えられず、自由と権利だけが教えられた。
教育の根本である「人間いかに生きるべきか・何が正しいことか」を教える修身の時間が無くなったこととあわせ考えると軍国主義が二度と復活しないことを狙ったGHQの陰謀と言わざるを得ない。
これをまたマスコミと日教組が大きく助長した。平和を説くあまり過去の日本の誤りを強調しすぎ、国家・体制派即悪のムードを広め、個人の自由を強調・何をしても個人の自由の風潮を高めた。自由と権利だけで教育されれば自己中心のエゴイスチックな人間が出来る。親の小言を自分の生き方に対する妨害と取る。そんな人間を作る教育を50年以上続けてきたのだ。自己中心の人間が増えるはずだ。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 14:44:38
私はつめこみ世代。
仕事がパソコンばかりになり、漢字は手書きできなくなった。

Excelに頼りすぎ、大局を見失い残業が増えた。見栄えのいいパワポ資料を作ることを要求され中身は二の次。
明らかに昔より馬鹿者化している。老化のせいもあるがw
電卓叩いて、手書きでファクス送って電話で交渉して営業していた時の方が頭使ってたな。今は機械に使われている。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 14:48:52
>文部省の無能こそ全ての教育問題の原因なのだ

東大でゲバ棒振っていた学生が、日本を変えるには官僚にならねばと気づき、文部官僚になり
最後に文部事務次官になるような役所ですからね、文部科学省は。

日本の活力を殺ぐ為に、文部省がやった事は、ゆとり教育の名の下に中位の学力者層を激減させて、それらを低学力層に落としめしたこと。


今度のブーメランは「箇所付け」 民主と公共事業と選挙戦略 (愛信)
2010-02-11 14:52:58

政治と金疑惑で政治資金規正法違反の西松建設、水谷建設事件で公共
工事発注の代わりに金を要求した小沢一郎民主党幹事長が国家予算の
配分「箇所付け」で票を要求する選挙戦略を暴露しよう。
民主党に有らずば政治家に有らず。
小沢民主党が企む国家予算の私物化、公共事業と選挙戦略の「箇所付け」
を追及する金子一義(自由民主党・改革クラブ)の質疑をご覧下さい。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/video_lib3.php?deli_id=40153&media_type=wb
【動画ニュースの掲示板】平成22年度総予算をカッチとね


【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 15:04:39
学歴社会を批判して、自社は大卒のみ採用。
格差社会を批判して、自社は下請けからピンはね。
派遣労働を批判して、自社は派遣を使い捨てる。
隠蔽体質を批判して、自社の不祥事はもみ消す。
談合社会を批判して、自社は記者クラブで馴れ合う。
口利きを批判して、自社はコネ入社を許す。
天下りを批判して、人事院にマスコミOBの「指定席」を持つ。
こんなヤツらが 「庶民感覚」 を語ってるんだから、もはやブラックの世界だ。
日本の主要報道ごろマスコミ・ゴロの従業員年収
http://moneyzine.jp/static/images/article/26808/01-1.gif
http://moneyzine.jp/static/images/article/26808/02-2.gif
学力低下の解決策 (狼小僧)
2010-02-11 15:06:20
日本人の若者を鍛える方法がないわけでもない
とても単純な解決策がある
それは、公立の高校と大学で入学から卒業までのところてん方式をやめて、
進級させないことである、卒業させないことである、中退させる放校することである
入学を容易にして、3年間ないし4年間本当に勉強した者のみに証書を授与する
これをやった方が、長期的に見たら、学校の評価をあげることになるから
できれば私立学校でもやったほうがいい、
間口を広げて入学試験を簡単にし、受験者を集め、入試料で稼ぐこともいいだろう

これをやれば場末のFランク大学は全て潰れることになり
無理に学生数を水増しするために中国人を入学させる必要もなくなる
無駄な大学に国の予算をつぎ込むこともなくなる

卒業できなかった生徒の受け皿はどうするのか?そんなものは必要ない
今だって、モラトリアムと称して学内にとどまる自己留年はあるだろうし、
卒業しても自分探しのニート・アルバイト・フリーターに明け暮れたりしてるのだから
どっちにしても同じことだ
Unknown (あああああ)
2010-02-11 15:17:01
2月10日

中国の不良債権、すでに「数兆元」規模に膨らんでいる公算-破産弁護士
http://digest2ch-bizplus.seesaa.net/article/140718602.html#more

「日本人はバカになった」は本当か
世界が嗤っている
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/206

昨今の中華系の移民は、数年前から比べても少し様子が替わってますね。
http://awfuljapan.livedoor.biz/archives/51414993.html

全部ヨタ話ではない
http://www.nikaidou.com/2010/02/post_4313.php
太郎さんへ (あああああ)
2010-02-11 15:17:36
G7秘密会議では、中国が手持ちの米国債を売ってきた時の、受け皿対策が話し合われたのだろう

で話した説明に不備があるのに気がついたので修正しました。もしこのコメントを見たら確認しておいてください。
大陸からの移民が日本を助けるだろう! (相馬俊裕)
2010-02-11 15:51:27
トヨタ問題はあらゆるところに飛び火する  
トヨタは日本軍と同じで、のさばりすぎた隙をつかれた

賠償金と言う名目で今まで米国でもうけたかねを吐き出させるつもりだ

トヨタにも問題はあろう。しかしそれはどこの車でも同じ。ベンツも故障率はひどいもんだ。

米国市場をGMに取り戻させるには日本車を弱体化する必要がある。そのままではあいてにならん。

日本の会社を乗っ取るつもりだったものがサブプライム騒動で無理になったので

プランBの始まりである。

米市場の意識は米国車を買っている。

またプリウスの技術のたかさになかなか追いつけないとGMがわかったのだ。

これを奪うか公開させるか、とりあえず圧力かけてやれ。。。。

公開がいいのでないか、と大愚は思う。

それがトヨタのためにもなる。あまりにのさばりすぎた、名古屋ではトヨタはいまや下請けたたきの疫病神である。トヨタは名古屋を貧しくした。

反省し信頼を再建する機会と捉えたらどうか?

技術力が高いからバッシングをうける。

小沢とおなじ。米国の攻撃は力のあかしである。

米国は国内にこもろうとする。米大国ブロックだ。戦争の季節か? そうなると他国を追いだす。占領下にある日本が最初に犠牲になるのは自然の流れだ。

中曽根と角栄の角逐がまたおこる。日航ジャンボ機事件の再来。今度は民主党を舞台として。

奴らは本気だよ。
Unknown (otama)
2010-02-11 15:52:44
偽善と感傷の国
■引用
(読者の声2) ワシントン・ポストの「ゲーツがまだ遅くないイラン経済制裁」へふたつ、コメントを出した。
「経済制裁は効果がない。イランは、1年で核保有国となる。欧米は核を持つイランとどう付き合うかを準備せよ」
「ゲーツの発言はイランを米軍が攻撃する準備に見える。ヒラリーが、大統領選時代に、“イランがイスラエルを核攻撃したら、obliterate(跡形もなく地上から消してやる)”と発言して、現在では撤回している」。
「同盟国の日本は米イラン戦争(第三次世界大戦の発端となるだろう)に、中立国でいるべきだ」と言うと、少し賛同者があった。
僕にはゲーツを評価するほどの知識も面識もない。だがこのタイプは理解しやすい。
つまり職業軍人。効率と勝ち残ることしかアタマにはない。だが政治家ですよ。政治理念を持たない政治家です。
ヒラリーに「鳩山を潰せ」といっていることは、容易に想像できる。この人は軍人として頼りになる。好き嫌いの表情が顔に出るので、実直と感じる。ゲーツは誰を後継者にするのだろうと観察するが判然としない。レオン・べネッタではないです。
敗戦後の日本には独立する意思がない。
その認識からはじめなければ、大東亜戦争の記念館は未来永劫できない。記念館を作るほどの気概がないならば原爆投下正当論~東京裁判正当論~南京虐殺記念館~日本は公共の敵(米戦争省ビデオ)~裕仁天皇は戦争指導者~満州建国は侵略」とほぼ確定した戦勝国側の歴史には勝てないのです。
ボクは残念には思わない。なぜなら、これから勝つつもりだから。戦争で勝つのではなく「優秀な民族」と言う意味です。もちろん、日本人全体ではない「同志」だけでです。
(伊勢ルイジアナ)
引用終わり
http://www.melma.com/backnumber_45206_4758202/
Unknown (Unknown)
2010-02-11 15:59:37
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-203b.html
太郎さんへ (あああああ)
2010-02-11 16:08:49
G7秘密会議では、中国が手持ちの米国債を売ってきた時の、受け皿対策が話し合われたのだろう

の通貨発行益についてに改めて自分の考えを書きました。経済シロートなので絶対にあっている保証はありませんが、良かったら見ておいてください。
ネトサヨには笑ってしまう (北海の悲熊)
2010-02-11 16:09:30
「マスゴミが小沢と民主を必要以上に叩いている」というネトサヨの意見が見られるが、かん違いもはなはだしい。自民政権のころに、小沢と同様な金銭問題を自民党の議員が起こしたら、マスコミは議員辞職になるまで徹底的に叩いたのは間違いない。

小沢に対するマスコミの今の論調は、生ぬるいと言うしかない。安倍政権の時の、農林水産大臣の叩き方は、それこそ異常であった。小さなを取り上げて、次々と辞職へ追い込んだ。松岡氏は自殺するまで卑劣に追い込んだのだ。

あの時にに較べたら、叩いているフリをしているに過ぎない。どちらかというとマスコミは小沢を未だに擁護している。

教育の話になるが、学力低下の大きな原因は文部省の旧官僚の寺脇研が提唱した「ゆとり教育」である。週休二日となり勤務時間が短縮できるので、日教組もそれに乗ったのだと思う。

戦後、日本を弱体化するために占領軍が実施した政策の中では、教育内容の改革が時間の経過とともに大きな効果を挙げている。自虐史観もその一つで、日本人の自信を失くすのに多大な働きをした。それに一役かったのは日教組である。

日本人の精神性を破壊した、米国・日教組・文部官僚・マスコミの罪は非常に大きい。間違った考えを植えつけられた心を修正するのは、大きなエネルギーが必要だ。

しかし望みはある。マスコミが反省して今までの歴史観は間違っていましたと、修正することだ。マスコミが変われば日本人の心は簡単に変わるのだ。

朝日新聞は自らそれを証明している。戦前と戦後で論調を180度変えて、国民もその通り信じているのだ。新聞が売れさえすれば、簡単に主張を変節する朝日新聞の今後に期待したい。
Unknown (はる)
2010-02-11 16:20:56
先日、甥が都立高校の推薦入試に合格したとメールをくれた。
どんな高校かとネットで調べてみたら、理系(工業系?)の高校なのに推薦入試には学力試験が無かった。
文系ならいざ知らず、理系で学力試験を課さないなんて、石原都知事は知っているのか?
ちなみに、推薦枠は定員の半数だった。
なんだか、時系列的ステレオタイプ (せせらぎ)
2010-02-11 16:32:42
その時々の首相、今の子供、ぜーんぶ、学力なしと切って捨てるとなると、戦前、戦後教育ぜーんぶ、だめだしってことですよね?。

天に唾はいているのと一緒ですよ。
それこそ、そんな議論は20年前でもありました。

まあ、バカの適正?なサンプリング統計があるわけでもなし、恣意的、情緒的批判じゃあ、意味ないんじゃないですか?

優秀な人間がどれくらいの人数いると、国家安泰なのか? そこには、おおいに興味がありますがね。



Unknown (Unknown)
2010-02-11 16:35:54
いやはや[友愛党]はとんでもないカルト偽善政党ですね。これを御覧下さい。
西田昌司参議院議員 『showyouビデオレター』
  http://www.youtube.com/watch?v=UFhaYg_34mo
  ※企業団体からの献金、全面禁止にだまされるな

驚愕の事実
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-570.html

小沢一郎は済州島出身(千葉大名誉教授 清水馨八郎)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1265705415/l50
Reバカでも大卒者になれる時代になって (しましま)
2010-02-11 16:41:30
生徒の穴埋めに、中国人留学生いれて、酒田短期大学になってしまっている。日本もアメリカのように留学生のアルバイト禁止にしないとダメ。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 16:59:49
>>生徒の穴埋めに、中国人留学生いれて
最多は中国7万9082人、韓国1万9605人 都道府県別の最多は東京都4万3775人
220万もらって生活と学費はOK。中国人留学生 学校で寝て、夜は居酒屋、深夜はコンビニ、空いてる時間に新聞の集金やって月に30万くらい稼ぐ。 それを旧正月の帰国時に、ドルの新札に両替してシャツの下に隠して国に送金。
毎年300万くらい持って帰る。 4年で1000万円以上持って帰れるから、現地の価値で1億円くらいの価値になる。 そのカネで家買ったりビジネス始めたりするんだよ。 モラルがある一番真面目な学生がこんなだから、愛国無罪の不法入国者は、殺しをしてもカネを手に入れるだけの価値があるんだよ。 だからピッキングで殺される。 日本は中国人にとって一攫千金のチャンスの場なんだ。 モラルがあればバイト送金、なければ犯罪で金を稼ぐのが彼らのライフスタイルだ。 それを支えるために留学制度がある。 30万人っていうのは、これから始める1000万移民への布石。 留学生を溶け込ませて中国人への抵抗感を無くすのが狙いだよ。 経団連と親中政治家の盗賊共のたくらみだ。ウイグル、長野聖火リレーのシナ人暴動を見て思うことは、このまま中国人が増え続けると、5年以内に池袋などで中国人の暴動が起きる中国で「日本留学ブーム」 一人当たり年間220万円の給付「恵まれすぎ待遇」に疑問の声
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1254679632/
Unknown (Unknown)
2010-02-11 17:07:10
慶応大学の中国人女、赤坂で3万円で売春している。
■ゆとり教育 (Unknown)
2010-02-11 17:08:56
■ゆとり教育との戦い ~ 3分で読める簡単なまとめ ~

中山成彬→元文科相。日本の学力低下を憂い、ゆとり教育に反対した初の大臣。
中山恭子→中山成彬の妻。事実上、拉致担当を継続。被害家族が最も信頼する人物。

中山成彬は「日本の未来と歴史教育を考える議員の会」の会長出身で、

  ・竹島は日本の領土
  ・いわゆる南京大虐殺は虚偽が多い
  ・慰安婦問題にも誤解が多い
  ・国旗と国家について教えない日教組は日本の癌
  ・日教組が推進するゆとり教育(愚民化政策)には反対

と正論を主張したら韓国人とマスコミに嫌われた。

【国内】 「妄言製造機」中山国土交通相、就任5日で辞任~過去に独島教科書歪曲主導、南京大虐殺否定[09/28]
http://www.dailian.co.kr/news/n_view.html?id=127736&page=1&listpage=/news/n_list.html&kind=menu_code&keys=6


※日教組とは:ゆとり教育を強硬に推進し“算数”の授業にまで政治意図を絡めた自虐教育を推進する左翼集団。
 そして「民主党の支持母体のひとつ」でもある。


昔から日教組と敵対していた中山氏は、
これらと偏向マスコミを同時に敵にしたため、辞任に追い込まれた。

正義が負ける。これが日本クオリティ。


--------------------------
ちなみに、

 「日本人に対しては」ゆとり教育を推進してる人と『同じ人物』が、
 「朝鮮人に対しては」エリート教育を推進しています。


【教育】 “在日オールスターが役員に” コリア国際学園、大阪・茨木に来春開校…
理事長は姜尚中氏、「ゆとり」旗振り役の寺脇氏も参加
ttp://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1190870974/

【韓国】コリア国際学園が大阪に来春開校、大学進学にも注力~理事長に姜尚中氏[09/27]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1190884280/

「ゆとり教育の元凶」がゆとりなき「エリート教育校」の理事に(週刊新潮 2007年10月25日号)
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/backnumber/20071018/



・寺脇氏は、日本では学力低下の「ゆとり教育」を推進した。
・在日エリート教育の KIS は、授業時間数が、日本の公立学校の1.3倍も確保されている。
・寺脇氏は、この KIS の役員に名を連ねている。

わけわかんねー。
ゆとり教育が好きなら、朝鮮人に対するKISでも「ゆとり教育」を推進すればいいのに。
なんだこれは。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 17:16:04
リチャードコシミズはロシア系コミンテルンのスパイ。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 17:17:25
私は共通一次の第一世代だが、我々の頃は受験地獄と言われた
入学試験では、学校では扱わないような難問奇問が出題され、
これに対処するために、親たちは子供を塾に通わせるようになった
ここにも同世代の人がいるだろう
15と18の秋から春にかけてはラジヲの深夜放送を聞きながら受験勉強をした口ではないか
受験生を抱えた家族に正月はなく、腫れ物に触るような態度で子供に接していた

受験勉強について行けない落ちこぼれの子供達はやはり荒れていた
金八先生で描かれた世界がほんとうにあった
あの頃推薦入学などという制度があったらどんなに良かったか
ゆとり教育と詰め込み受験地獄、どちらがいいかと問われれば、
ゆとりの方がいいに決まっている
確かに受験勉強を通して無理に詰め込んだ知識は役に立つこともあるが
所詮は(他人に)詰め込まれた知識であって、自らが取りに行って獲得した知識ではない
先に答えを教えられて、それを瞬時に答える練習をしていたに過ぎない

和田秀樹の受験本には数学は暗記科目だと書かれていた
まさにその通りで、試験会場で考えていては、合格できないのだ
受験勉強の要諦は、問題を読んだらすぐに解答を見て、ああそうなのかと思うこと
そこで止まって考えたらダメで、すぐに次の問題文を読む、そして答えを見て、ああそうなのかと思う
そこで立ち止まって、なぜそのような答えになるのかを、納得いくまで考えていたらダメ
この要領で問題集を一通り「読んだら」、最初に戻って繰り返す、問題集を5回転させる頃には
問題文も、解答の過程の数式も、全て覚えてしまう
そうやって覚えたものを、入学試験という発表会で披露するだけだ

入試に合格してしまうと、詰め込んだ知識は全て忘れる
1年のときが一番頭がよくて、卒業間近の学生が一番バカだという哀しい結果になる
今から思うと、ホントに馬鹿な勉強をさせられたものだと悔しくなる

学生がやるべきことは、受験勉強ではなくて、学校での「考える」勉強です
考える練習をすることです
もちろん必要なら進級試験や卒業試験もやるべきでしょう
今の大学は本当にひどい、やらずぼったくりの極みだ
高い学費を払って、年間何時間勉強するのか?
Re入学試験では、学校では扱わないような難問奇問が出題され、 (しましま)
2010-02-11 17:19:05
何かの陰謀か?
Unknown (Unknown)
2010-02-11 17:20:24
何かの陰謀か? >塾利権じゃないだろうな。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 17:39:47
なぜ朝鮮学校は逆にゆとり教育ではないのかという説明
に解答します。

日教組には日本国がアジアのリーダーとなるべきではないと説明して
教育してます。過去に日教組の先生は、日本の社会構造と教育がアジア最低
レベルにまで下げることが、過去の反省につながるとして教育を推薦しております。

この日教組は北朝鮮過激派が組織するテロ組織ですが、実質全国の教員
組織をテロ組織を動員して殺害や脅迫を行い全国を支配しております。

過去に自衛隊入隊志願者の学生を全国の高校試験や大学試験で
全て落選させたこともありますし、過激なSEX教育を推進して
子供たちに娼婦が素晴らしいと宣伝した学校まであります。

最近ではsexカウンセリングとして学校に買春組織を派遣したり、
ジェンダーフリー(男女に性別があってはならないとする思想教育)


などが推薦されており、全国で大問題となりましたが、この結果、
昔とはまったく違う西洋の過激派である教育方式が導入されてるようになりました。

このような政策と教育に税金は現在14兆円も投じており、これらは
教員組合やその支援団体、他にもNPOなどを通じて資金が流れています。

当然このような教育では、日本国民や学生の知能が高くなることは
めずらしいでしょう。


ここのサイトには、連中の進めている教育のごく一部が掲載されてます。
さらに最近では、芸能人に偽装した結婚カウンセラーなども手先とてし
よく登場し、外国人の団体に対して斡旋をしている者が多数います。

http://74.125.153.132/search?

q=cache:yGNVLw4j2WUJ:000.harikonotora.net/school/read/120/+%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A+%

E6%80%A7%E6%95%99%E8%82%B2&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=firefox-a









Unknown (しましま)
2010-02-11 17:40:01
偏差値を上げるために、自分の部屋の掃除を他人にやらせたり。犬の散歩を親に行かせたりして、大学にうかっても、まともな社会人にはならない。人と挨拶している時、人の前を横切る、T大学の教授みたいに。
学力低下は優秀な朝鮮人と中国人の移民で解決する小沢戦略 (相馬 俊裕)
2010-02-11 17:42:07
学力低下は優秀な朝鮮人と中国人の移民で解決する小沢戦略


1900年からこっちの世界では  
非常に極端に言うと

20世紀は

ユダヤ人(アシュケナジーユダヤ)

ドイツ人

日本人

この3つの民族の闘争の世紀でした。

身の回りを見渡せば、会社といい、銀行といい、工業製品といい、学問といい、この3つしかありません。

(米国はドイツとユダヤのミックスです)

2010から向こうは。。。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 17:47:04
今回は入試以前から、すでに保守的である学生を大学受験で
事前に検査して不合格にするといった民主党の指導要領がだされてます。

全国教員組合 全教組
http://www.zenkyo.biz/

民主党過激派教員組織
http://74.125.153.132/search?

q=cache:S_vE7_ePYR4J:jtukochi.sakura.ne.jp/modules/bulletin/index.php%3Fstorytopic%3D0%

26start%3D75+%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%95%99%E5%93%A1%E7%B5%84%E5%90%88+%E6%B0%91%E4%B8%BB%

E5%85%9A+%E7%94%B7%E5%A5%B3%E5%85%B1%E5%90%8C%E5%8F%82%E7%94%BB&cd=5&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

★日本国民に配慮せず、朝鮮人に配慮の異常団体-日教組

竹島について、日本の北海道教職員組合が「韓国領だ」と主張している 国民に配慮できない日教

組 
http://specialnotes.blog77.fc2.com/
異常教師利権集団

「自衛官・警官の子は立ちなさい…皆さん、この子らのお父さんは悪人です」…日教組の実情を、

佐々淳行氏が暴露
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1224641831/
【社会】「日本軍、南京で何人虐殺?」「中国の戦争はいい戦争」 東京の公立中学で、偏向授業★


http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1112263093/
【裁判】 「従軍慰安婦」「ジェンダーフリー」ばかり教える偏向先生、"研修命令無視したから減

給とは不当"と訴え→棄却される
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1216201658/
【教育】 「誤った歴史観を批判しただけだ」 日本の侵略戦争等にこだわる女性教諭、誹謗で"不適

格"処分
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1144109284/
【教育】"高校の日本史テスト" 自衛隊派遣に「賛成」だと、「低俗だから0点」…愛知★4
http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1088179792/
【自民】中山成彬氏「もし日教組の代表が文科相になれば反日教育が行われ日本おかしくなる」「

日教組、親に秘密で小1に性教育してる」
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1232110383/

--------------------------------
こらちは正当派の教員団体
http://www.zenkyokyo.net/iken.html









いっておきますが、これはすべて血税です。
この教育に使われているかねは、15兆円を軽く超えてます。

これが民主党の政策方針です。









週休2日制 (けろよん)
2010-02-11 18:23:08
学力低下の原因は週休二日制の影響で授業時間
が減ったからではないでしょうか。夏休みを盆
休み、冬休みを正月休み。春休みを廃止したら
いいと思います。
Japan`s Crime Minister Hatoyama Commits Political Suicid (愛信)
2010-02-11 18:45:04

http://www.youtube.com/watch?v=dRMivzl3W5w

日本国民はこの内閣総理大臣を支持していない、今日の内閣支持率はこちらをカッチとね。
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
衰退期だからしょうがない (Unknown)
2010-02-11 18:47:36
学力低下は意欲の低下からおきる。意欲の低下は何をしたらよいかわからないところから生じる。国が発達段階にあって、何を求められてるかわかりやすいときはある。しかも人が多くて競争がある。がんばらないといけない。翻って今は衰退期にある。20年にわたる不振がある。教えてもらうのは以前と同じか、さらにゆとりのある教科書である。しかも競争が弱まっている。落ちればいくらでもおちることができる。がんばるわけがない。衰退期(スランプ)の自覚、必要ですよ。
堕ちて行くのは自然現象 (Unknown)
2010-02-11 18:48:42
日本の劣化はもうどうにもならない。
誰にも止められない。
りんごが熟して木から落ちるように・・・・・

>暴力社会が到来する

http://darknessofasia.blogspot.com/2010/02/blog-post_278.html
Unknown (パブロフのバカ犬)
2010-02-11 18:52:24
バカ者!ニホンはアメリカなしでは生きていけない!アメリカ様と同じ教育をしろ!勝手な教育をするなよ、アメリカ様だけを見習って生きろ!ニホンはアメリカなしでは生きていけない!チョーセンが敵だ!
国の衰退 (Unknown)
2010-02-11 18:55:28
http://darknessofasia.blogspot.com/search/label/%E6%97%A5%E6%9C%AC
Re暴力社会が到来する (しましま)
2010-02-11 19:22:44
HP読んだよ。外国人を日本に入れるから、格差が広がる。外国人と結婚する奴に給料払いたくないだろ。
Unknown (Unknown)
2010-02-11 19:23:33
【ネット世論調査】 投票よろしくお願いします^^
日本は自主防衛すべきか
http://sentaku.org/seikei/1000017454
教育と言うのは (安二郎)
2010-02-11 19:30:22
解らんもんですなあ、
今の若い議員など皆高学歴それも東大出てハーバート行って、いろんな資格取得して、英語バリバリは言うに及ばず、フランス語まで出来て、何から何までスーパーエリートが、、
結果として行なおうとしている政策は日本弱体化推進ですよ。

教養などあっても邪魔にはならない(意外と邪魔なのかもしれない)無くとも実社会にはさして重要とは思えませんな。
ゆとり教育の成果が現れるのはこれからです (狼小僧)
2010-02-11 19:40:17
ゆとり教育を絶対視するつもりは毛頭ありません
でずがゆとり教育を絶対悪とするつもりもありませんね

受験戦争に代表されるような教育環境(教育方法)というのは、
ある意味兵士を作るような教育だと思いますよ
韓国や北朝鮮レベルの国家が取り入れる教育方法だと思います
あの頃の受験生たちは、さながら赤紙一枚で兵隊に取られていく少年たちのようでした
お国のために、家名のために、家族のために、、、
少年たちは死にものぐるいで勉強した、させられた
その結果、日本はどうなったのか?幸せな国家になったのか?
どうです?あなた今、幸せですか?
隣国の影響を排除することだけに脈々とする
いやしい心根の人間に成り下がってはいませんかね?

学校で何を教えるのか、これ、時代によって、社会の発展状況によって
違ってもいいじゃないですか、少なくともかつての受験戦争は今の日本には必要ない
戦争に負けて、焼け野原になって、とにかく食うために国民全体が力を付けて
世界に互して富国するために、がむしゃらに進め進めの進軍ラッパ・・・段階の国家に必要なのが
強制的な教育方法なんじゃないかなと思いますよ
日本はその段階を何とか卒業できた
ゆとり教育はその卒業の証だと思いますね

重要なことは、ロボットのような兵士を大量に投入して他国の市場を席巻するような国民をつくることじゃない、
そんな無機質な兵隊を「格納」するような国になることではない
アメリカ人が、なぜトヨタに対してあれほどまでに怒り狂うのか、
あいつらは米市場を席巻するイタリアやフランスのファッションブランドに怒り狂うことはあるのですか?
もし将来、日本のマンガ・アニメ市場が中国人作家に席巻され
中国人の価値観で描かれるようなコンテンツが溢れかえったら、あなた怒りませんか?むかつきませんか?
今、経済社会で影響力を持っている日本人は、画一的な兵士教育を受けたような、
受験競争を勝ち抜いてきた、ロボットのような無機質な空気読めない日本人であることをわかっていますか?

ゆとり教育というのは、あんたは教育を受けることを強制されているわけじゃないんだよと
15歳の少年に教える教育なんだよ
その強制から解かれたものたちの一部は、当然に、タガが外れたお馬鹿な失態を繰り返すような人間になるのだ
目の前でハダカの美人がクスリで失神しているのに、救急車を呼ぶことさえ思いつかないような本物のお馬鹿が
発生するのが、ゆとり教育なんだ
簡単な微分方程式を解けないような物理学専攻の学生が現れるのがゆとり教育なんだ

だが、たとえばひとつの分野にもの凄い能力を発揮するような人間にとっては、
ゆとり教育バンザイなんだよ
国語英語数学物理歴史経済文学、、、そんな先人が勝手に分け隔てた分野の一部について、
または複数の分野に跨って能力を発揮するような人間にとってはいままで邪魔だったタガがはずされて
自由に自分の能力を開花できるのがゆとり教育の世界だ
そしての能力を開花するのは、そいつらが35歳を超えてからだろう
おそらく40代50代でその潜在力を顕在化させるに違いない
あと10年でゆとり教育世代の結果が現れはじめるのではないか

TORA殿、ゆとり教育をいま評価するのは、早計に過ぎませんか?
Unknown (blue)
2010-02-11 19:44:08
>・寺脇氏は、日本では学力低下の「ゆとり教育」を推進した。
・在日エリート教育の KIS は、授業時間数が、日本の公立学校の1.3倍も確保されている。
・寺脇氏は、この KIS の役員に名を連ねている。
わけわかんねー。
ゆとり教育が好きなら、朝鮮人に対するKISでも「ゆとり教育」を推進すればいいのに。
なんだこれは。

これ、とんでもない話ですよね。やりたい放題じゃないですか。
自民党の保守は大いに反省してタブーを克服すべし。過去にあった利益誘導の見返りを白状して信任を国民に委ねるべし。公明と別れて決意を示すべし。

過去は水に流す。

Unknown (Unknown)
2010-02-11 20:13:07
http://www.rkb.ne.jp/jnn_news/media/DT20100211_190002/4354000.html
Unknown (Unknown)
2010-02-11 20:45:08
ゆとりをした場合、上に行くほどハードな授業内容にしないといけない、大学教育が問題
どうでもいい大学は潰せ、留学生で数合わせ、補助金頼りの大学
Unknown (Unknown)
2010-02-11 20:52:18
暴力社会が到来する
日本の警察が本気を出したらそうはならない、今迄は甘くしていた、中国警察、韓国警察レベルの厳しさになるだろう
Unknown (Unknown)
2010-02-11 21:20:09
日本の学力の向上のためにまずは日本の凋落の元である日本一役に立たない東京大学や経済学部を倒す必要があります。多くの売国勢力が東京大学や経済学部から出現したのを見逃せません。
Unknown (たぬき)
2010-02-11 22:00:57
 メディアは信用ならない、メディアがコネ入社の師弟が増えてバカになったと指摘しながら、まさにそのメディアが垂れ流すゆとりバカが真実であるかは疑わない。
 Fラン大学の学生が分数の計算ができないから、あるいはたまたま東大生が日本のGDPが5000円と答えたからとかで、近頃の大学生はレベルが低下したと鵜呑みにする。
 日本全体の活力がここまで低下してるのだから、全体としての大学生適齢期の学力水準が低下してるのは事実かもしれないが、メディアの流すバカになった若者像はかなり歪曲された虚像である。おそらく、というよりまず間違いなく、たんなるサンプリングの歪みの結果にすぎない。
 あるいは過去の日本の、一億総中流と言われた時代の均質的な国民が構成する国家を範と仰げば、現在の日本はおそろしく堕落した国家に見えるだろうが、それは1868年の基準で1968年の日本を眺めれば礼節の消えうせた堕落した国家に見えるのと同じことだ。
 過去の国民国家の産業時代ならある一定の水準をクリアした質の良い国民が多ければ多いほど、国家は富強たりえた。しかし現代は既にRMAの時代だ。にもかかわらず、かつてのように均質で優良な兵士を大量生産することに意義があるのか?とも思いたくなるが、そこはともあれ、ゆとり世代の学力劣化のテーマに話を戻してみる。
 個人的に見聞きした範囲でしか評価できないが、近頃、若い連中のレベルが下がったとは思えない。できる奴、できない奴は、いつの時代でも、かならずある一定数発生する。仮にここ数十年で変わったことがあるとすれば、その発生の分布の仕方に変化が生じたことだけだ。とはいえ、これは非常に大きな変化ではあるが。
 言ってみれば昔はバカも利口も、どのような地域、世代、環境であれ、ほぼ一様に一定数発生した。ところが昨今では、バカはバカばかり、できるやつはできるやつだけで、かたまって発生するようになった。
 だからこのバカの塊しか目に入らなければ、近頃の学生は恐ろしくバカになったように見えるだろうし、できる奴の塊しか目に入らなければ、恐ろしく優秀な若者が増えたようにも思えるはずだ。
 話は逸れるが、仮にメディアが若い連中の頭の悪さにことさらに注目するのは、たんにメディアの視力では捉えきれない頭の良い連中が視界に入ってこないだけで、自分と同程度かそれ以下のレベルの連中しか眼に映らないからだとすれば、近年の若者のレベルの低下は大いに首肯しうるとしか言いようがない。
 ともあれ、昨今では教師の待遇は決して悪くない。したがって優秀な人材が教師になる機会はかつてなく高くなっているはずで、少なくとも、今日のモンスター親を育てた「でもしか」先生たちと比べたら、その差は雲泥である。
 ゆえに、現在の若者がこの先20年、30年経ったとき、かつてのソニーやホンダを育てた優れた経営者たちと肩を並べるようにならないとは限らない。
 放っておいても、メディアの注目する出来の悪い大学生は、そいつらを収容するため天下り役人たちが築き上げたシステムと一緒に、消え去るでしょう。
Unknown (パブロフのバカ犬)
2010-02-11 22:16:59
バカ者!ニホンの教育はアメリカに丸投げしろ!ニホンの女はアメリカに嫁げ。アメリカに迷惑がかからんように米軍基地に前もって女子を女衒しないとイカンな。
Fラン大は社会不適格者養成所 (ビリー・ザ・マッド)
2010-02-11 22:46:31
教育ってのは未来への橋頭堡ですから。

多くの方の指摘の通り、もはやニート養成所と揶揄されるFラン大学はさっさとつぶして老人ホームなどに転用しましょう。
失業した教育利権者の皆さんはそこで介護の職につけばいい。同じ「聖職」ですから。

需給逼迫になれば競争原理が働いてレベルも上がることでしょう。

私学への無駄な補助金も減って財政負担がを減らせたら、その分は貧乏ながらも優秀な学生に返済免除の奨学金をどんどん配りましょう。
Unknown (blue)
2010-02-11 23:30:12
公は新卒を採らなければいいだけ。ほんとにこれだけで劇的に改善します。
難しい議論は要らない。
民間は目利きを磨く。ほんとにこれだけでいい。

これだけで日教組は解体します。

将来のある教育!! (年齢不・祥・児)
2010-02-12 00:21:56
教育の目的は、2つあると言われています!

一つは、天才等を排出する「エリート教育」と…


一般の「市民(社会人・主権者)」教育の…


「エリート教育」に付いては、かの開成高校等の「中高一貫校」等は、高校の受験対策カリキュラムや「鉄緑会等(東大理Ⅲの先生による受験対策の特訓)」等で有名ですが…


私個人の考えでは、東大生は、受験の点数だけで選抜された、日本で最も「個性的な集団」だと思います!
(私個人的には、ある種のいい意味でのコンプレックスがありますが…)


何故なら、東大生はテストという客観的な一つの基準で選抜された訳ですから、様々な生徒が合格します!

(前提としての経済格差を強調する方もいますが、それは、「社会的責務」としての助成だけの問題です。)


例えば…
子供の頃から、ピアノ等の「習い事」をしていたりする東大生とか…

ましてや、大学入学後に法学・文学・建築学等の日本で最高の専門分野を習得する訳ですから、それ以上の「教養のある」個性的な国民は、いない訳です。
(例外として、教養のない「個性的」な方は、排出される可能性はあるでしょうが…)


社会人教育の方にしても、習得した方が、本人にとっても、そして社会にとっても好ましいと評価できる教育の「内容」が肝心だと私個人は考えます。

そうでなければ…
それこそ、嫉妬心のある国民を除いて考えれば、本来的に「努力が報われない社会」になってしまうでしょう!


そんな社会的無駄な社会はありません!


ただ、今回の「政権交代」等の一時的な外因で、社会的価値観を破壊する変化があれば、それは社会の損失であり、国家・将来の国民の為にも、「国民の権利」として…


そして、「国民の義務」として監視していかなければならないと私は考えます!


高卒資格の認定テストしたらいい (じゅん)
2010-02-12 00:35:47
高校の教育では、
義務教育として行われる普通教育の成果を更に発展拡充させて、豊かな人間性、創造性及び健やかな身体を養い、国家及び社会の形成者として必要な資質を養うこと。
と、少なくとも中学校程度の学力がないと高校でまともに教育を受けたとはいえません。
高校卒業見込みを、資格取得の必須要件にして、
高校卒業程度の学力を国家が認定する試験を、文部科学省が天下り機関をつくって、実施したらいいと思いいます。
また、認定テストを実施することによって、教育能力を客観的に評価することもできます。
テストの内容は、中学校卒業程度の学力で合格できるようにするが、全科目で6割以上とかにして、著しく苦手な科目があれば合格できないような試験が望ましいと思います。
Unknown (Unknown)
2010-02-12 01:56:20
本多 小沢さんはアテルイの末裔だそうですね。その意味では、日本国憲法の1条から8条あたりに対して違和感があるのかと思っていたのですが(以下略)。
小沢 僕らの先祖は130年前の明治維新のときも賊軍の汚名をきせられた。賊軍だから靖国神社にも祀られていない。それにもかかわらず、今も勤王の志を抱いているのだから、たいしたものだ。先祖はその昔「俘囚」と呼ばれ、大和朝廷に最後まで反抗した。アテルイは1200年前だ。僕は、末裔として反骨精神が強いと思うが、ものの考え方は論理的、合理的だ。

出典:小沢一郎氏にはなぜか、権力者特有の生臭さがない - 編集長ブログ

小沢幹事長はアルテイの末裔だそうです。アルテイとは平安時代の蝦夷の軍事指導者ですが、大和軍の坂上田村麻呂に破れ処刑されました。そのような人物と自分を重ね合わせるということは、反大和をアインデンティティとしていることがわかります。外国人参政権にこだわったり、天皇訪韓を示唆したり、その言動に疑問を感じていましたが、大和朝廷に敗れたアルテイの末裔であるということならわかります。日本は太平洋戦争で敗れてしまったために、このような反大和の土蜘蛛、まつろわぬ民が政界の中央に配置されています。戦勝国による間接支配ですね(小沢氏といえば、いまでこそ反米という印象がありますが、昔は・・・湾岸戦争とか)政治が腐敗していくのも仕方がありません。

さて、小沢幹事長は一連の疑惑について不起訴となりましたし、石川議員なども保釈です。なにと引き替えにしたのか、気になるところではあります。
http://never-say-die.net/2010/02/post-153.html
レベル低すぎ (通りすがりの少数派)
2010-02-12 03:42:29
教育問題を軽々しくあつかうなといったが無駄だったようだ。
キー○アウトくらいのレベルなら議論もできようが、程遠い。
日中安全保障条約により中国と同盟を! (相馬 俊裕)
2010-02-12 04:11:18
現代の戦争  
現代の戦争はあつい戦争だけじゃない。原因は破壊力が巨大すぎる水爆があるから、これを使わない状況で闘争する。

#1 あつい戦争
コソボ、アフガン イラク など。これは主に武器の消費活動、爆弾を捨てるために行っている。
うんこ しっこ のような、軍需産業の生理現象です。相手は弱小国。大国間の代理戦争もこの一種。

ハードパワーともいう

#2 冷たい戦争
他の国をけしかけて、武器をうり、恐怖の秩序をつくる。ソビエト崩壊でこのビジネスモデルはおしまい。

#3 仮想化戦争
これは多彩だ。ソフトパワーともいう

小沢攻撃、角栄攻撃など、マスゴミをつかった手先系の追い落とし
コイズミなどの手先系を使った資産の奪い取り
通貨破壊もある。アジア危機はたぶん日本と華僑に対する戦争行為
プーチンがやられた、グルジア報復の石油市場価格操作というのもある。
サブプライムに始まる金融危機はこの市場操作装置が設置途中で暴走したわけ。
仮想だから、ヒトは死なないが。。これらでは「転落死」とか「東京湾に浮かぶ死体」とかが熱い部分。

わかりますか?

現代の戦争は仮想化されています。

ですから、いま中国が米国債を売り払ってやる、と息巻いているのは立派な戦争です。もう第4次世界大戦はおこっていますよ。3次は対アラブ戦争。

水爆の直接対決はできないので、周辺国も代理戦争に乗らないので。。(キムも逃げたし、韓国も上手に逃げた。ベトナムは自立している、カンボジアも逃げてる、インドネシアもテロで仕掛けても怒らない。タイは国王がしっかり者だ。。。。)

中国は偽金市場で戦うそうです。どうやら中国にとって急速に米国市場の必要性が薄れているようでスゾ。。。

対するアメリカは資金引き上げと株価操作で国内混乱を仕掛けるでしょうね。でも今度は国内が崩壊するほうが先かもしれない。皇帝に求心力が落ちてきているようで。

今まで世界に仕掛ける一方だった米国が初めて仕掛けられる立場になった。

(第一次世界大戦から 第3次までは米国は米国が仕掛けた世界戦争。将来の教科書ではそうかかれるでしょう)

さてどうなるか。ひょっとすると中国の将軍は自分が宣戦布告しているのを気づいていないかも。戦争=熱い戦争と勝手に思い込んでいるアホかもね。あとで政治的暗殺を仕掛けられた橋本龍太郎のようにね。



憶測で嘘をかくな (タケ)
2010-02-12 04:31:13
>英語なども英語学習の基本が出来ていれば海外留学しなくともできるようになるのです

んなこたぁない。
聞くと話すは絶望的、日本語だけを使う人には。
音の種類が全く足りないだろ。
Unknown (Unknown)
2010-02-12 07:47:06
日本を破壊することが政治目的の日教組と韓国政治機関である民団(=総連)に権力----このあまりに恐ろしい日本の現実。
民主党がどんな政策を掲げようが、当面参政権関連だけが政治のテーマだ。ごまかすな。騙すな。成りすましのスパイ議員を排除せよ。政界再編に命を賭けよ。
Unknown (Unknown)
2010-02-12 08:27:33
しかし橋下は在日産業の話となると、血相を変えて話を誤魔化す議員として有名なので、カジノ構想に対しての理由を丁寧に偽装しているのだろう。
いわばカジノで利用する機材は全て朝鮮系や北系、その他では韓国系の会社である。
また管理する側も在日である。賭博で利用する機材というは全てこの窓口を通さなければ開発は出来ない。
それを知ってて画しているのであれば、罪人である。更に背後には投資会社などもあるだろう。

逆に朝鮮系の組織が儲かる仕事を一つ増やすだけである。

マカオを成功例としているが、麻薬ロンダリングのできる国を正常だと言ってるようであれば、それは罪人側の代弁者である。議員達は何でも推進したがるが、その姿はまるで、「オモチャをほしがる」
子供言い訳に見えてしまうのは間違いではなかろう。

もしこう説明すれば、歴史を知らない人からは資本国に対して共産主義だといういうのは間違いだと勘違いされてしまうだろう。しかしアメリカこそが共産主義の基点であり、その開発国である。
共産主義というのはユダヤ人居留区の思想を意味しており、その本拠はキブツという。
神に選ばれた12の支族民族だけが創りあげる宗教村思想のことを意味している。
そのことを知らずに共産と資本を対比して考えるのは、全てが間違っていると断言していい。
http://2chrood.blogspot.com/
推薦 (半分専門家)
2010-02-12 08:33:07
推薦で楽に入学できても、単位を取得できなければ進級や卒業はできません
学費だけ払わされて単位不足で中退という結果になるのがオチです
その気になれば無条件に6年か8年は大学生をやっていられた昔と違って
今は年間または通算で最低取得単位数に満たないと即除籍(退学)という大学が結構多いのです
英語(外国語) (半分専門家)
2010-02-12 08:44:53
>英語なども英語学習の基本が出来ていれば海外留学しなくともできるようになるのです

その通りですね
会話は英語国民との実践訓練が必要ですが、それ以外は日本の中学~受験の英語で十分です
日本の学校でまじめに英語を勉強していれば平均的なアメリカ人よりはマシな英語になってるはずですよ
少なくとも綴りや発音を間違えるような事はないでしょうからね

ちなみに、明治時代は(早稲田大学を除く)日本の大学でも基本的に外国語で講義してたのです
当時は留学できる人なんてごく少数ですから、もし留学しなければ外国語が習得できないのなら
だれも学問なんか出来なかったはずですが、実際にはそんな事も無かったわけですしね
Unknown (Unknown)
2010-02-12 08:51:54
☆「現在の外国人登録制度がどうなっているかと申しますと、永住者といえども外国人の場合は、『外国人登録』という言葉通りに登録制なのです。つまりいくつの自冶体にも登録できます。(利用できる住所があれば)パスポート側にもどこの自冶体で登録したなどの記載は残りません。

住民票にあたる『外国人登録原標記載事項証明』にも過去の住所録は載っていません、届けませんから。外国人ですから住所を生まれた時までたどる必要がないという建前は分かりますが、昨年、自民党や法務省が登録法を変えようとしたときに民団、総連が反対した理由が分かる気がします。いくつでも現住所がもてるのです。

対馬に在日韓国人が住所をみんなで移したらどうするのだという意見がありますが、移す必要すらありません。新たに加えるだけです。

もちろん、本当に住んでいる場所以外は収入がありませんから、生活保護の不正受給にも悪用可能です。

住民基本台帳に入っていませんので自冶体が変わると検索もできません。
横浜で暮らし、川崎で生活保護を受けて、両方で選挙権を行使できます。

そして単にパスポート上の、入国管理局が発行した滞在許可の種類、期間を確認するだけで、外国人登録証がもらえ登録されます。引越し前の住所など書く必要がありません。

入国管理局で一括管理しようとしたら、民主、公明が反対して潰しました。
なぜ反対だったか国民は分からなかったんじゃあないでしょうか」と直接いただいたメールに書かれていました。

驚愕の事実です。いまの政治家の何人がこのようなことを知っているでしょうか?
まさに外国人に甘いざる法です。

つまり今日言いたいことは小沢はマスコミが批判するような「個利個略」で動いているのではなく、韓国のため中国のために政治家をしているのです。

新聞やテレビの反日報道、日教組、その他多くの左翼といわれている人たちの日本破壊活動に対して、今までは社会主義的な価値観の違い、イデオロギーの違いと思っていました。

しかし今では左翼の衣をかぶった「成りすましの外人」が真面目な左翼人を利用している構図がだんだん見えてきました。

本当の敵は誰なのかをはっきり知らずに戦うことは出来ません。
日本の真の敵は日本解体を推し進める「成りすまし外国人」だったのです。

日本の将来を担う若者たちよ、このことをしっかり記憶しておいてください。
http://kkmyo.blog70.fc2.com/
士官学校がなくなった (左近尉)
2010-02-12 09:06:44
軍務歴は社会のリーダーの必須条件である。

命がけで、任務を遂行したことのないものに
責任ある言動など期待するのが無理。

我が郷には、市民・学生運動、あるいは戦闘のさなかで
「死ぬこともあるかも知れない。」
そんな場面をくぐってきたものも多い。

命の賭かっていない知識は、与太郎のお笑いにすぎない。

もっとも、日本の国益がかかっている、国政に与太議員では

笑えぬ。

http://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/f04a6862ce94fecc415fd3d742d9467b


http://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/710ecf94da85c267369b0358e0ec61d0
市民・学生運動を組織していたのは、ご指摘のように、ソ連や支那チュウゴクの影響を受けた、プロ革たちです。しかし、その運動の中核となった人達は、素朴に「共産主義」に憧れをもっていたり、ベトナム戦争の残虐さ、非人道に怒った、良識の人達でした。過激派運動が全盛の頃には、コミンテルンのオタマジャクシの尾っぽはとれて、反スターリン主義、反コミンテルンが主流となりました。

過激派は暴力学生ともマスコミで呼ばれていましたが、彼らは既存の日本共産党や、社会党の腰が引けた、労働運動や反戦運動には、極めて懐疑的でした。人的劣勢を補う闘争の方法が、過激な街頭示威行動や、大学本部などへの立て籠もりでした。この過激な政府への抗議行動を実力で排除しようとしたのが、民青など既存の情実入学の、戦後民主主義教育のなあなあ利権派だったのでしょう。国立大学にも、情実入学はあったようです。最近の新聞報道などを吟味してみれば、いまはもっと増えているそんな、予測ができます。

反スタは今で言えば、「公務員改革」あるいは「政界再編」のこと、思想の中核には同じ、反パーキンソン現象の意図がありました。反帝のネーミングは、コミンテルンに汚染された、組織者が付けたものであり、奇妙なのはたしかにあります。しかしその本質は、ベトナム戦争反対でした。いまの政治活動をするものに、反イラク、反アフガン運動で、真剣な盛り上がりに欠けるのは、きわめて残念なことです。

60年後半から70年代の初めにかけての、過激派運動を実体的に担ったのは、町医者や商店主の倅などのプチブルの子弟たちでした。逮捕投獄されても最期は家族が守ってくれる。そのような環境がなければ、戦いへの決心は付かないはずです。よって彼らには、自分の経済基盤があり、守るべき「国体」は彼らの父兄の土地、建物そして工作機械や、商品そして日本国そのものでした。ですから過激派の殆ど(一部を除いて)は、反中共で反ソです。当時の社会党や共産党は、ご指摘のように、コミンテルン的雰囲気に支配されており、気分的反日だったのでしょう。彼らの組織実体は公務員の子弟や、教職員の家系で、アメリカGHQの反日教育の影響が色濃くて、ベトナム反戦闘争は付け足しで、本心は「政権交代」だったのでしょう。
Unknown (Unknown)
2010-02-12 09:13:06
今朝のTBSは酷かったな
管理人さんの言うとうりです
外国で仕事してみろ (タケ)
2010-02-12 11:20:29
>会話は英語国民との実践訓練が必要ですが、

ここが一番の難関。音が作れない、聞き分けれない、日本語しか知らない輩は。

>それ以外は日本の中学~受験の英語で十分です

んなわきゃないだろ。
もしそう信じているのなら、求めるレベルが低すぎる。
中学までじゃ、語彙が少なすぎる。
少なくとも出る単ぐらいの語彙は必要。

頭脳のデフレスパイラル (ぽち丸)
2010-02-12 11:55:10
デフレスパイラルといえば、不景気で物が売れなくなり、物価が下がると同時に労働者の賃金も減少してゆく事象を指すが、その背景には安い外国製品の
流入もあると同時に、日本人がその賃金に見合うだけの付加価値の高い労働を提供できなくなったということがある。
 何故、付加価値の高い労働が出来なくなったのか
はまちがいなく「ゆとり教育」が大きな影響を与えている。
 「ゆとり教育」の理念が悪いわけではない。
 本来の目的は、画一的な教育ではなく生徒一人一人の個性をより尊重して本人が意欲的に学べるような教育環境を生むということであり、そのことは必要なことである。その為には生徒が学びたい学問の
種類を増やしたりして選択肢を増やしてあげなければならない。教育を施す側は、本当の意味でのゆとり教育を実施する為にはかなりの負担増を覚悟しなければならないはずであった。
 しかるに実態はどうか。公教育では週休2日制が
導入され授業時間は大幅にカットされ、学問の選択肢は増えるどころか縮小された。
ゆとり教育の高い理念は置き去りにされ、実現されたのは教育する側のゆとりと義務教育を終えても何を学びたいのかさえわからない大量のニート予備軍であった。
 頭脳のデフレスパイラルと経済のデフレスパイラルのタイミングがあまりに合致していて恐ろしささえ感じる今日このごろです。
Unknown (Unknown)
2010-02-12 12:02:48
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2010021200111&j1
これは「悪徳ペンタゴン」の企みか?
Unknown (Unknown)
2010-02-12 12:41:12
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/2010212-8f6f.html
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2010/02/post_208.html#more
ゆとり教育は明らかに失敗である (普通の日本人)
2010-02-12 14:35:11
 ゆとり教育の成果が現れるのはこれからです (狼小僧)
2010-02-11 19:40:17

 すでに悪い成果ばかりが出ています。
 身の回りにおいても、就職難でレベルが高いはずの新入社員が、漢字書けない、ツルカメ算できない、コラエショウも無し、状況判断もできずキレる、etc。
 
 勉強とは、基本的に詰め込みでしょう。
 詰め込みの総量がものごとを理解するためのイシズエになり、それを足掛かりにして初めてより高いレベルに行ける。例外はありません。
 私は将棋アマ四段だが、定跡や詰め将棋をおろそかにしていて、有段者になった人の例を見たことがありません。他の分野もきっと同じでしょう。

>だが、たとえばひとつの分野にもの凄い能力を発揮するような人間にとっては、ゆとり教育バンザイなんだよ

 これは完全に詭弁。詐欺師の論法ですね。
 一見もっともらしいが、従来の教育であろうがゆとり教育であろうが、”もの凄い能力”を発揮するような人間は自然に突出してきます。
 実際、日本からは世界に誇れる人材・企業が輩出し続けてきました。野球やオリンピックなどを見ても、元々体格で劣っている辺境の島国民のわりにがんばっています。というか、英語くらいできないとイチローみたいに海外で戦えないでしょう。

 日本人は元来、一芸に秀でた人間に対する敬意を持っていて、これは損得勘定でない「謙虚さ」とか「努力する人を応援する心」がベースにあります。
 そして、そのベースとは、日本の平均教育水準の高さに基づく余裕からきているのだと思います。
 
 学習の総量も質も落とす「ゆとり教育」は全体の教育水準を間違いなく下げるものです。
 しかも、いつの間にか中国や韓国の原語併記という優先順位の低い要素まで盛り込むなど、ムチャクチャな方向性です(参考1: 中学数学の教科書では、√の覚え方を√6の「二夜しくしく」までしか載せていない。√7、8、10は欠落。 参考2:小学校音楽教科書・国語教科書の一部)。
 
 年齢ではなく、習熟度に応じたクラス分けをして、生徒各人が足踏みすることなく前進していける。こういう公教育が、少子化・高失業率である今こそ可能なのではないでしょうか。
 人材は教師以外から引いてくれば良いのです。もちろん、”日本人の足を引っ張りたい思想”の人は除外ですね。
ゆとり教育は明らかに失敗である (普通の日本人)
2010-02-12 14:35:29
 ゆとり教育の成果が現れるのはこれからです (狼小僧)
2010-02-11 19:40:17

 すでに悪い成果ばかりが出ています。
 身の回りにおいても、就職難でレベルが高いはずの新入社員が、漢字書けない、ツルカメ算できない、コラエショウも無し、状況判断もできずキレる、etc。
 
 勉強とは、基本的に詰め込みでしょう。
 詰め込みの総量がものごとを理解するためのイシズエになり、それを足掛かりにして初めてより高いレベルに行ける。例外はありません。
 私は将棋アマ四段だが、定跡や詰め将棋をおろそかにしていて、有段者になった人の例を見たことがありません。他の分野もきっと同じでしょう。

>だが、たとえばひとつの分野にもの凄い能力を発揮するような人間にとっては、ゆとり教育バンザイなんだよ

 これは完全に詭弁。詐欺師の論法ですね。
 一見もっともらしいが、従来の教育であろうがゆとり教育であろうが、”もの凄い能力”を発揮するような人間は自然に突出してきます。
 実際、日本からは世界に誇れる人材・企業が輩出し続けてきました。野球やオリンピックなどを見ても、元々体格で劣っている辺境の島国民のわりにがんばっています。というか、英語くらいできないとイチローみたいに海外で戦えないでしょう。

 日本人は元来、一芸に秀でた人間に対する敬意を持っていて、これは損得勘定でない「謙虚さ」とか「努力する人を応援する心」がベースにあります。
 そして、そのベースとは、日本の平均教育水準の高さに基づく余裕からきているのだと思います。
 
 学習の総量も質も落とす「ゆとり教育」は全体の教育水準を間違いなく下げるものです。
 しかも、いつの間にか中国や韓国の原語併記という優先順位の低い要素まで盛り込むなど、ムチャクチャな方向性です(参考1: 中学数学の教科書では、√の覚え方を√6の「二夜しくしく」までしか載せていない。√7、8、10は欠落。 参考2:小学校音楽教科書・国語教科書の一部)。
 
 年齢ではなく、習熟度に応じたクラス分けをして、生徒各人が足踏みすることなく前進していける。こういう公教育が、少子化・高失業率である今こそ可能なのではないでしょうか。
 人材は教師以外から引いてくれば良いのです。もちろん、”日本人の足を引っ張りたい思想”の人は除外ですね。
Unknown (Unknown)
2010-02-12 16:05:56
ゆとり賛成派は、自らを磨くことなく、それでも自分を認めて欲しい甘ったれなんじゃないかな。
そういう人には耳障りがいいんじゃない? ゆとり教育。

まー、もはや今はそういう時代になったんだと言われればそれまでだが。
コメント (太郎)
2010-02-12 17:19:52
>士官学校がなくなった (左近尉)
2010-02-12 09:06:44

 戦後の学生運動をした人々は愚かな人々というより、卑怯な人々のほうがたぶん多いだろう。
 この学生たちの考え、行動はどこから来たかを調べることだろう。
 戦前からあり、ゆとり教育とはまたブ悦のわが国の教育破壊活動の一部である。
 戦争の主戦場がここであることを日本人は認識していない。

英語を学ぶために日本人は努力をしているが、其れと同じだけの努力が日本語に対しても必要という視点で、論じないと虚構に過ぎない。

 太郎は外国へ行ったことがあるが、やはり分からないことが多かったが、文章ではうまくいった。そのため同僚に相手国のごく普通の人が<「何故太郎が文章がかけて、話すことも聞くこともうまくないのだ>と聞いたそうである。
 これは太郎がわが国の英語教育をきちんと受けたというしるしである。
 この秘密をよく考えよ。簡単ではない問題がそこにある。

卒業を厳しくすると先生が飯が食えなくなるから、しないだけで、教育関係者がうまい目をするためにあるだけである。
 大体7.5.3といって高校レベルが理解できるのは大体高校生の三割で、全体から言うと一割である。底から大学レベルが分かるのはさらに一割でたぶん100に一人だろう。
 結論は簡単で大学高校を激減させることである。教育で飯を食う人々を減らすことである。
 みんなが知っていて、しないことがそれで、まるで全員が戦争に反対であるにも拘らず、対米戦争をした当時と同じ要素が我国の教育界に働いている。
そのため前線の兵士ならぬ学生がその将来に戦死ならぬ、絶望を持っている。
 100パーセント大人の責任で、現在は親がそれを防ぐしか手がない。
 ホント偽善の世界である。当然帳尻は合わせられる。其れが近く来るだろyね。
アノサー (太郎)
2010-02-12 20:45:18
>ところで、今の大手マスコミが、
日本を破滅へと追いやった、
戦略なき太平洋戦争の開戦を主導し、
また戦争期間中は、偽情報ばかり流しつづけ、
戦争被害を最悪化させることに手を貸したことを、知っている人はどれほどいるのだろうか。

 これは難しい問題である。実を言うと大多数の人々は負けるということは知っていたが、それを口にしなかったような状態とよく似ている。
 どのようにして説明するといいかよくわからないが、丁度今の政府財政が破綻するという事を人々は知っているが、それをきちんとしっていないようなものである。
 目の前の事実を元に見ようとせず、洗脳にあったような状態とでも言おうか。
 
 もう一つは奇妙な二重思考である。
これはジョージ・オーウエルも1984年二期されているものであるがそれとは少し異なるようなものである。
 政府財政が破綻すると同時に破綻しないという二つのことをそれぞれ前提にして、矛盾した行動をしているがそれにきずかない。
 具体例は現在、金を購入している人々か、保持している人々にいる。
 

 大元は情報の処理にあり、日本語の制約があるかもしれない。
 大体学校で認識論を教えていないことでもわかる。ソモソモそれが何を、理解していない人が多い。

 馬は水のみ場まで連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできないという、わが国の俚諺を思うことだろう。
 子供は鍛えてもらいたがっている。

 
Unknown (Unknown)
2010-02-12 22:33:14
>そういう人には耳障りがいいんじゃない?

おまえもそんな日本語つかってるようじゃ相当のゆとり世代だな
なに?ああ、日本語おぼえたての中国の方ですかw
Unknown (Unknown)
2010-02-12 22:40:40
コメント欄の中にはモノがわかっておられる方がいらっしゃる。

戦後教育は、大局でとらえれば、搾取される側の人口を増やそうとする支配者側(の犬、文部省)と、それに抗う現場側とのせめぎあいであった。

書いておられる方もいらっしゃるが、寺脇の件を調べれば一目瞭然である。広島で中間層の学力低下実験を成功させ、満を持して支配者側が彼を国の教育のトップに登用したのを見れば明らかです。

つまり、支配者側から見れば、現状は失敗ではなく成功なのです。

そして、それはまだ終わっていません。
残念ながら、tora氏が「教師の質」に目を向けさせられているのも支配者側の手段の一つなのです。

あなたが思うことではなくて、無意識にそう思わされているところが怖いのです。
>ゆとり教育は明らかに失敗である (普通の日本人) (狼小僧)
2010-02-13 00:15:29
>これは完全に詭弁。詐欺師の論法ですね。

詭弁という言い方はまあいいけど、詐欺師呼ばわりはちょっと酷くないかな
あなた実社会でも、自分と意見の合わない人を、そうやって平気で詐欺師呼ばわりするの?
あんまりいい成長のしかたしてないように見えますよ

あなたの言いたいことはわからないでもないですよ、でもちょっと視野が狭いですね
日本社会が本来一芸に秀でた人物を大切にすると言うのは、ある一面では正しいでしょう
この道一筋数十年というような、不器用な生き方しかできない職人堅気の人を大切にすることはよくある
でもそれは多分に、日本人特有の強烈な嫉妬心と、狭量な内輪意識の裏返しであることを見抜いてくださいね

科学技術畑一筋で研究に明け暮れノーベル賞級の発明をした人をとても誇らしく思い敬意を表する
ここまでだったらあなたのおっしゃるとおりです、田中耕一さんですね
ところがこのような技術者が一旦お金の話をすると、世間は突然狂ったように非難を浴びせるのは何故でしょうか
中村修二さんと田中耕一さん、社会への貢献度合いをその科学技術の発展への貢献という尺度で比べたら
優劣をつけられますか?

あなたのいう
>日本の平均教育水準の高さに基づく余裕
というのは、いったんお金の話を持ち出すと、あっというまに消えてしまう程度のものなんですか?
世界の常識では、まず、お金の話をないがしろにする人は信用できないのです
その程度のことは、サラリーマンである普通の日本人でも、そろそろ理解してもいいのではないでしょうかね

たとえば、日本社会では堀江貴文さんのような秀でかたをする人物をもの凄く嫌い憎みますよね
でもちょっと待ってください、彼のブログを読んでみてください
とてもいいことを提案していますよ、非常に頭のいい人ですし、自分の能力を真摯に見つめ
自分はこれからの日本人のために何ができるか、日本社会のためにどんな貢献をできるのかを、真剣に考えている、
ホントにたいした男です、たいした若者です

出る杭はさっさと打ってしまえというのは、いままでの日本社会の特徴ですね
この特徴がどこからくるのかちょっと考えてみませんか?
そこに見えてくるのは、能力の均質な子供達を大量生産するような教育方法ではありませんかね
クラスの学習カリキュラムの進捗度によって、全ての子供達は一律にその能力を平準化させられる
国語も数学も英語も理科社会もみんな一緒に、みんな同じくらいのレベルでできるようになる、、、
できない子供の尻を叩いて平均値に近づけるような指導はまあいいでしょう
問題なのはできる子供の頭を押さえつけてむりやり平準化させるような教育がなきにしもあらずということです

ゆとり教育という言葉は、社会に間違ったとらえられ方をしていると思います
ゆとり教育というと、できない子供の劣化が激しくなったという面だけに光が当たってしまいがちです
ところが、実はゆとり教育のおかげで、できる子供達はその能力を伸ばす機会を今まで以上にあたえられてるのです
中には独創的な勉強、普通の先生たちが教えることができないような、特異な分野に能力を発揮する子供が
強制的な受験勉強から解放されて独創性を発揮する機会を得ているのです
あまり好きではない英語の勉強をやらずに、好きな分野を一生懸命やる機会を得られたのです、ゆとり教育のおかげです

あたなたが例に挙げたイチローさんはおそらく「個人的なゆとり教育」を父、チチローさんが、
世間の目に逆らって施したからうまれたのでしょう、既存のバッティング理論を詰め込まれていたら、
世間の目を気にして、あるいは高校の監督の目を気にして、普通のバッティングフォームに修正していたら
今のイチローさんはいなかったんじゃないですかね、ごくごく普通に優秀な選手、鈴木一郎は相変わらず
オリックスの8番バッターだったかもしれませんよ

あなたの周りを見渡してみてください、何かに秀でている人は英語くらいなんとか使っていませんか
私自身はある国家資格を持った専門家ですが、私の回りには同様に専門家が多くいて
つねにこのような人達と連携して仕事をしています、この人たちはそれぞれの分野で国際的な仕事をやってます
あるレベルより上に行くと、好むと好まざるとにかかわらず、海外とのやりとりをせざるを得ないから、
英語くらい身に付けるのですよ、私のように35過ぎてから英語をはじめて、それでも何とか海外の折衝をこなすようになるのです
ホントは英語なんてやりたくないですけど、国境をはさんで専門家同士でやり取りする場合には、
間に英語屋さんを介してやってるわけにもいかないから、自前のそれなりの英語でやるのです
ちなみに私は英語がダメで、共通一次試験で酷い点数を取り、志望の大学に行けませんでした

少々脱線しましたが、私の時代には国立大学に入学するためには5教科7科目をまんべんなく勉強して、
平均してよい点数を取らなければならなかった、その上で、さらに3科目を私立大学入試並みの深さで勉強しないと
二次試験に合格しなかった、この方法は一見すると子供達の学力を平均的に底上げできるからすばらしい制度のように見えますが、この年齢になって、その時国立大学に合格していった友人たちと今の私とを比べてみると、、

あの18歳の頃、友人たちはみんなそれぞれに個性をもって、好きな分野、不得意な分野がみんな違っていた
違っていたからおもしろかった、
今オジサンになった友人たちに個性はありません、みんな同じ顔をしていますね、ちょっと優秀なサラリードワーカーです

あなたが接する新入社員が、漢字かけない、ツルカメ算できない、コラエショウも無し、状況判断もできずキレる
人ばかりだとしたら、それはあなたの職場がその程度の職場なのです、そのうちに中国人にとって変わられてもおかしくない
そんな低レベルの職場にあなたはいるのです、だから、あなたはことさらに中国人や韓国人を敵対視しちゃうのです
人の能力を疑う前に、ご自身の能力を厳しく評価することが、これからのあなたの人生を少しでも良くする最短の道だと思います
定年までまだ数年あるのでしょう?頑張ってみませんか?

あなたの年齢なら、詰め込み教育はやっても意味ありませんから、ゆとり教育を今から実践してみてください
好きな分野を勉強してごらんなさい、嫌いな分野は勝手に知識がついてきますよ、
好きな分野の能力を伸ばしてみれば、あなたが嫌いな分野を得意としている人と、
酒を飲みながら知識のブツブツ交換をやれますから、自然とその道にも通じてくるものです
そして、困ったときには電話一本で、その道の専門家に聞けるのです
そうやって知識のブツブツ交換を過密にしていくことが、これからの日本社会を、
他国がまねできないような高度な効率的な社会にしていくのです
ゆとり教育バンザイです
やはりおかしい (普通の日本人)
2010-02-13 04:01:41
>ゆとり教育は明らかに失敗である (普通の日本人) (狼小僧)
2010-02-13 00:15:29

 僕も実は、うんうん言いながら5教科7科目を勉強した世代ですよ。しかも、結果として国立には行けなかったので、無駄な勉強をさせられたと恨みごとのひとつも言わせてもらっても良さそうだが、意外にもそういう気持ちはないわけです。
 友人や兄弟も、受験勉強がたいへんだったとはいえども、やめときゃ良かったなんていうグチは皆無です。それはなぜか?
 役に立っているからだと思います。役に立たないようだが実は役に立っている。何に? すべてにです。
 
 個人的には、受験勉強に選択した世界史・地理・生物・地学は、まず自然世界、人類社会を理解するのに大きく貢献しています。
 新聞を読むにしろ、読書するにしろ、これらのベースがなければ楽しみも効果も半減したでしょう。
 その反面、日本史や物理・化学に弱く、疑問に思ったことは友人に教えを乞わねばなりません。ブルーバックス読んでもさっぱりです。

 せっかく6・3・3と勉強したのだから、誰しもその成果を残したい、できれば確たるものにしたいと考えているはずです。それが、受験勉強を通じて、完全ではないにせよ固められるわけです。
 また、そういった行動規範が、一般社会に出た時、仕事の完成度を高める原動力となるのです。
 自由を求めるなら道はいくらでもあるでしょう。学校に行かない自由だってあります。ニートもそうでしょう。
 しかし、彼らは本当に登校拒否児やニートになりかったのでしょうか。あなたは、彼らが望んでそうなったと思うのですか? 実際に聞かれたことがありますか?
 僕は「決して望んだわけじゃない」という答えが返ってくることを確信しています。なぜなら最近、数人の小中学生に勉強を教えていて、少しは彼らと話をしているからです。

 彼らが大人になった時、日本の衰退は教育の質と量の低下が原因だと世界が評価した場合、あなたはなんと答えるのですか? 責任が持てるのですか? 持つつもりがあるのですか? 
 
>でもそれは多分に、日本人特有の強烈な嫉妬心と、狭量な内輪意識の裏返しであることを見抜いてくださいね

 イチロー選手についてのご意見には同意します。
 けれども、この人類的な欠陥を、あたかも日本人だけが持つ醜さみたいに表現するのが詐術的だと言うのです。こういうものは文明人の業でしょう。個人差もあるし。
 民族単位で免れているとすれば、完全に自然と一体化した生物原初的な生き方をしている人々だけでしょう。

 どなたかが書かれているように、子供たちは鍛えられたがっています。ただし、「正統的に」ですが。
 彼らが求めているものは、敗戦後、自分の祖父母や両親が努力して復活した事実であり、自分にも安心して精進せよというメッセージなのです。
 また親にとっても、結果として成績がオール3だろうがオール2だろうが、それは悲観的なことではないのです。
 本質は、いずれ社会に出る訓練として、最大限の努力をして欲しいということなのです。なまっちょろい姿勢では世を渡っていけないのですから。
 かたつむりの進歩でも、とにかく前にに進め、そのうち良い結果が表れる。まずはそう語りかけたい。また、そういう結果が出るような、余裕のある社会を維持することが私たちの世代の役目だと信じています。

 ゆとり教育による全体的な個人の質の低下は、日本を希望のない国にしてしまう可能性があります。
 常に最悪の事態を考えることが危機管理であるならば、ゆとり教育は、なによりこれからの子供たちのために廃せねばなりません。
 
 日本の国土には、石油も広大な耕地もないし、政治家がおかしいせいで、東シナ海をはじめとする海洋資源は近隣諸国に奪われる恐れがある。私たち日本人の大人ができることは、もしかしたら教育しかないのかも知れないのです。
Unknown (Unknown)
2010-02-13 10:14:17
日本人が嫌いなんでしょう。
某国人が持つ特有の嫉妬心で。
コメント (太郎)
2010-02-13 11:51:27
 子供に教えると、その能力の差というものは歴然としている。
 この事実にどのように、対応するかである。
したがって、この事実に対応しているかどうかを、その教育制度および、それにまつわる教育産業を見れば、分かる。
 一方で高校全入を言いながら、もう一方で能力教育を行っている。
 それが我々の現実だろう。
問題は教育に関係している人々の生き方である。
 小学校を持たせているのは文部省の教育指導ではないことは、学校へ行って見れば分かる。

 ある種の教師達がわが国の学校教育を持たせているに過ぎない。制度として持っているわけではない。

 これが他の分野にも共通する現象だが、これがよくわからない。

 大分前に「めぐりめぐって小学校の備品の修理ができないかと、依頼があった。そのため夏休みに行った。

 ソコで先生達を何十年ぶりにか見たが第一印象は<あれ>と思い、その後色々折衝すると、非常に遠慮しておられる事にきずき。愕いた。

 また表情ガ何処となく暗い気がした。アノ明るい表情や、親しみやすさは何処へと思った。

 これは調べないと思ったが、それはできない相談であった。

とにかく何か根本的な大問題がある。
ゆとりとか何とかではなく。

ちなみに我々は小学5年でクラスの全員が九九をいえなかった。
 それでも旧帝大へ入った人がいる。
5,6年の担任の先生は放課後九九の訓練をしてくれた。それだけで、十分である。
Unknown (Unknown)
2010-02-13 20:30:06
太郎さんや、

何にでも首を突っ込んでは、ひとこと言わなきゃ気が済まない、つーのは、
詰め込み教育の害悪そのものかもしれませんぞ、

不得意分野は得意な奴に任せなさい、それがニッポンのためです、リカードのおっちゃんに聞いてごらんね
コメント (太郎)
2010-02-15 09:37:17
>不得意分野は得意な奴に任せなさい、それがニッポンのためです、リカードのおっちゃんに聞いてごらんね

 比較優位説のことだが、これは矛盾がある。太郎はアル部門いついてはレベルは引くが専門性を持っている。それだけだが、詰め込み教育は初等教育においては必要なことである。
 問題は高校教育である。
ちなみに俺は高校では取り立てて、勉強はしなかった。
 ところで教育は誰でも関係している。
貴殿は会社では永久に下っ端だっただろう。
 どうにも太郎の言欄は気に入らないのかい。
会社でもよく言われるが。
Unknown (Unknown)
2011-11-09 13:55:25
要は日本人は学力ではなく学歴がほしいだけ。
別に中卒レベルとそんなに変わってない。
幼児虐待してるDQN家系と変わってない。
もう一度、中学生の集団就職がピークだった50年前に戻ってもいいと思う。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
学力低下というより学意低下。そもそも必要な学力って何? (大欲は無欲に似たり)
 前々から言っているのだが、大学生が増えすぎている。絶対数でも10数年前から10万人増、進学率で言えば3割強から5割弱に上がったというのでは、その質が薄まって当然だ。学力低下と騒がれているが、各学年トップの1割(11~12万人)ぐらいで見ると、あんまり変わって...