株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

中国人の悪習は、海外でもよく知られており、カナダ米国でも中国人移民を制限する政策が登場している。

2013年02月04日 | 外交

中国人の悪習は、海外でもよく知られており、カナダに限らず米国、
オーストラリア、シンガポールでも中国人移民を制限する政策が登場している。


2013年2月4日 月曜日

中国的悪習にはもうこりごり?!移民に寛容な国カナダが中国人を閉め出すワケ―中国 2月3日 レコードチャイナ

2013年1月31日、華声在線は記事「中国移民の悪習は多過ぎる?カナダの新移民政策は中国人を閉め出し」を掲載した。

2012年はカナダの中国人移民締め出し年だった。多くの方がこの見方に賛同するだろう。投資移民の道が閉ざされたのに続き、技術移民の規定も改定されハードルは大きく上がった。語学力の基準強化、すべての海外学歴に認証が必要、47歳以上の場合は認定ポイントがゼロ査定になるなどの変更があったが、中国人を狙い撃ちにした締め出し策であることに疑いの余地はない。

移民に寛容な国として知られるカナダが、なぜ中国人を閉め出そうとするのか。第一にカナダ世論の要請だ。中国人移民はカナダの社会福祉目当てのことが多く、国家財政にとって負担となる。また、中国人の投資移民も現地経済にあまり貢献していないことが明らかとなった。さらに新たな中国人移民と昔から住む中国系カナダ人との仲たがいも深刻になっている。

そして何より中国人の悪習。所構わずタンを吐く、信号を守らない、公共空間で大声で話しタバコを吸う、何でもコネで解決しようとする。こうした悪習は海外でもよく知られており、カナダに限らず米国、オーストラリア、シンガポールでも中国人移民を制限する政策が登場している。

こうなった以上、中国人は自ら問題を認識し、自分を変えていかなければならない。(翻訳・編集/KT)


仕事面で米国の他国出身移民を圧迫する中国人移民=「中国人が来たらもう終わりだ」―米国 2012年12月27日 レコードチャイナ

2012年12月24日、中国人ブロガーが「外国人移民『世界の終わりだ』―中国人が来た!」と題した記事を掲載した。以下はその内容。

フィリピンからの移民「生活を切り詰めて金を貯め、ようやく家が買えると思ったら、中国人が来て不動産投機をするからまた値段が上がった。アメリカンドリームのためにまた15年働かないと…」

メキシコからの移民「一部屋3000ドルの床貼りの仕事、中国人が材料費込み2000ドルでやるようになった。お客に中華料理までごちそうしている」

日本からの移民「ファーストフード店をやって十年、6~8ドルのランチをやっていた。中国人が来て、「1ドル中華料理店」を始めた。1ドルといっても、ひとさじ1ドル。体の大きな米国人は、少なくとも11さじは盛り付けるがね」

2012年は各国からの移民にとってこの世の終わりだった。中国人が来たからだ。

手始めは偽装結婚。中国人が来ると、一年で5000例の偽装結婚が行われる。まず、夫婦で偽装離婚をし、それぞれ別の人と偽装結婚する。費用はそれぞれ2万ドル。公然と新聞広告を打ち、どんどんと「産業チェーン」を形成していく。

2つめは米国での出産。国籍も手に入って福祉も受けられ、一家全員を移民させることができる。メキシコ人が生み出した手法だが、中国人はまず高級住宅地に3階建てのアパートを買って100以上の部屋を作り、それぞれの部屋に高い金を払ってやってきた中国人妊婦を住まわせる。

最後は政治的庇護だ。過去十年間、中国人は「法ナントカ功をやっている」「カトリックを信じている」あるいは「二人目の子を産んだ」と言えば米国の庇護を受けることができた。グリーンカードが手に入るという話が伝わると、中国人が大量に押し寄せるようになった。

エジプトからの移民「あなた方中国人はなんでも世界で一番が好きだね。ビルは世界一高いものを、子どもを産むとなれば世界で一番たくさん、高速鉄道も世界最速を作りたがる。卓球ではメダルを独占し、留学生の送り出しも世界最多。中庸という言葉を知らないのか」

カナダからの移民「中国が米国と戦争をするのに、征服する必要はない。新しい空母に人を満載して、数回往復すれば、米国はもう終わりだよ」(翻訳・編集/岡本悠馬)


(私のコメント)

中国からの移民はまさに人間兵器であり、中国人のすざましい生命力はたちまち現地の社会を駆逐して行く。移民に寛容だったカナダやアメリカやオーストラリアでも制限する動きが広がってきている。中国人は自己主張の塊であり、自己主張の強いアメリカ人でもたじたじとなるほどであり、偽装離婚や偽装結婚は当たり前であり、彼らに法規制の意味は無く倫理やモラルによる自制も期待が出来ない。
 
アメリカやカナダの多くの大都市にはチャイナタウンが出来て、中国人社会が形成される。さらには政界にも勢力を伸ばして地方参政権を獲得して権利を拡大して行く。チャイナタウンはまさに中国人互助会であり、投資移民も投資先は中国人向けマンションや豪邸であり、地元の産業には貢献はしていないようだ。中国人はまさに人間兵器であり、アメリカやカナダに拠点が出来ると本国から家族や親戚一族を呼び寄せて拡大して行く。
 
このようにしてカナダ国籍やアメリカ国籍を獲得しても、民族としてのアイデンティティは失わずに中華民族のコロニーとして形成されていく。このように世界中に華僑としてのネットワークが形成されて、本国の超大国化に従ってアメリカやカナダやオーストラリアへの外交的影響力を拡大して行く。近いうちに中国系アメリカ人の大統領が出現してもおかしくは無いだろう。それくらい民族としての団結親は強い。
 
これと同じような構造は、中国本国と東南アジアでも形成されており、華僑社会はその国の経済を支配して政治も支配する。当然現地人との摩擦が起きますが、普通なら年月が経てば現地人との同化が進んで華僑社会は消滅するはずですが、何世紀立っても華僑社会は健在であり、中国本国との関係も維持される。アメリカやカナダはこのような中国人の民族性は知らないから移民に寛容でしたが、ようやく制限に動き出したようだ。
 
中国が近代国家になり得ないのは、法律も守らない約束を守らない規則を守らないのが原因であり、日本でも通路に排便したりゴミも窓から放り投げる。このような国民は何処の国にもいますが、一部に限られますがアメリカやカナダやオーストラリアで問題になっているように、中国人移民は社会問題化している。
 
日本でも親族と偽って数十人が入国して生活保護を申請する事件がありましたが、流石にニュースとして報道されると大阪市も生活保護は却下されて入国も取り消された。これは氷山の一角であり今までそのような事が日常的に起きていたのだろう。関東連合の一員にも中国残留孤児の帰国者の子弟のグループがあるようだ。
 
もちろん中国人と言っても全部がこのような人たちばかりではありませんが、レコードチャイナの記事にあるように中国人の悪習は国際的な問題になっている。普通なら二世三世となるにしたがって同化して行くのですが中国人や韓国人はコロニーを作って自分たちの権利だけを声高に要求して、その国の法律や規則や習慣を守らない。
 
 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朴槿恵政権が南北貿易中止を... | トップ | 本人の強い意思があったとし... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳩がカモになった (Unknown)
2013-02-04 17:30:15
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/31434676.html


------------------------------------------------------
かわいそうなことを…南京大虐殺記念館で鳩山氏
鳩山元首相は17日、当地にある南京大虐殺記念館を視察した。日本の首相経験者が同記念館を訪れるのは海部、村山の両元首相に続き3人目。
鳩山氏は、旧日本軍による被害者像に手を触れ、「かわいそうなことをしてしまった」と語りかけて黙とうし、沈痛な表情で館内を回っていた。中国側が主張する犠牲者数「30万人」の数字が書かれた記念碑の前での献花は見送った。
鳩山氏は視察後、記者団に「多くの南京の人々を苦しめた事実は素直に受け入れなければならない。大虐殺はなかったと言う方は、ここに来られてから話をされたらいい」と述べた。(2013.1.17 読売新聞)
------------------

はっきり言って、政界を引退した人間がシナに行って、その愚かな行動を日本のマスコミが取り上げていることが気に入らないことであります。
シナの思惑通り、鳩山は広告塔として利用されていることも気づかず、「友愛で中国様に理解のある自分」と酔っているのでしょうか。ハトがカモになっています。

日本のためには、こういう終わった人間は無視してスルーすべきです。注目するから勘違いして、自分がバカだといつまでも理解しないのです。
それとともに日本のマスコミは“中国様”のためになることは生真面目に報道します。安倍総理が日本のためになる正しいことを言っても批判や非難をしますが、間違った鳩山元総理の歴史認識を否定も反論もしないで垂れ流すマスコミは、日本のマスコミとはいえないでしょう。だからこそシナにとって利用価値のあるのが日本のマスコミなのです。

アジア諸国でいつまでもなかった歴史問題で日本に謝罪や補償を求めるのはシナと韓国の2カ国だけです。他のアジア諸国はかつて海部や村山が謝罪外交をしたときには憤慨していたくらいです。
「日本が戦ったのは白人の植民地支配の打倒であった。これから我々が取り組まなければならないのは現状のアジアの植民地支配をしているシナを相手にすることだ。海部さんがすべきは謝罪ではなくシナの植民地支配を攻撃することではないのか」(インドネシアサンバス将軍)

鳩山は愚かな発言を世界に発信してしまいました。日本の領土である尖閣を「係争地」であると発言し、南京では「かわいそうなことをした」と言って黙祷したという。
情けない。南京戦で戦死した日本兵は6000人です。お国のために戦った日本兵への黙祷はまったく頭にはないのでしょう。

南京陥落直後から、世界を代表する「ニューヨーク・タイムズ」や「ロンドン・タイムズ」には南京での日本軍の虐殺の記事は全くなく、アメリカのパネー号の撃沈やイギリスのレディーバード号が攻撃されたニュースを連日報じていました。
また、同じく国民党や支那共産党の報道も、詳しく被害状況を報じていましたが、南京大虐殺の報道は一切ありませんでした。
彼らのような詳細なことでも日本を叩く報道ですら大虐殺は報じていなかったのです。“ない”ものは報じようがないということです。
一方でこの時の蒋介石の日記には、南京城内に雪崩込んだ掠奪強姦は蒋介石軍の敗残兵の仕業だと書いています。南京の人民を苦しめたのは国民党軍だったのです。

「多くの南京の人々を苦しめた事実は素直に受け入れなければならない。大虐殺はなかったと言う方は、ここに来られてから話をされたらいい」(鳩山)
南京陥落後のシナ人たちは日本軍を歓迎する意思として腕に日の丸の布を巻き、日本軍の入城を笑顔で迎えました。
-----------------------------------------------------


名将 乃木希典大将の訓示を鳩山元首相に捧げたい。
「国のために役に立たない者、あるいは国の害になる様な人間は死んで仕舞った方がよいのである」
Re 中国脅威 (すり替えに騙されるな。)
2013-02-04 17:30:39
だから、統一教会と日本は手組んで、尖閣で中国共産主義と対峙しましょう。と言うのが安部政権のコンセプトだろ。
Re だから、統一教会と日本は手組んで、尖閣で中国共産主義と対峙しましょう。と言うのが安部政権のコンセプトだろ。 (ビルマの竪琴  そして、また日本人は騙される。)
2013-02-04 17:36:26
日本人成りすまし朝鮮右翼と日本の保守を区別しないで、安部さんが、安部さんが、アベノミクス、アベノミクスと、何も知らない一般人にまぎれて言っている言論人はインチキ野郎と言う事なんです。
浜矩子氏:アベノミクスは浦島太郎の経済学だ (Unknown)
2013-02-04 17:37:16
http://www.youtube.com/watch?v=2CInH3eo10k&feature=youtu.be
honzから (貼り付け)
2013-02-04 17:40:50
『こんなにちがう中国各省気質』
日中摩擦本に食傷気味のあなたへ

本書は中国31地域の気質、簡単な歴史と経済、著名人やご当地料理などをまとめた本だ。

文章は歯切れよく、曖昧にことを誤摩化すことがないので、気持ちがよい。少し引用してみよう。まずは世界の工場といわれる広東省だ。日本の国土の半分の面積に1億人が暮らすことや、客家の歴史などを概観したうえで


ちなみに、19世紀、中国に渡ってきた西洋の宣教師たちは、広東人の印象について「小柄で痩せていて、姿形が醜く、ずる賢く、不潔で、バクチが好きで、内輪もめが絶えず、臆病で、食い物に卑しい」と記している。

と、ひとまず広東人が目尻を釣り上げるような文章を引用し、改行せずに続けて


ひどい言われようだが、実際のところ、広東人の体つきは小さく、頬骨が突き出していて、目はくぼんでいる。鼻はあぐらをかいていて唇は厚い。外見については、それほどデタラメでもない。

な、なんと、著者はさらに念には念を入れてしまうのである。各章(各省)の扉には簡単なまとめがついている。広東省のまとめはこうだ。


広東ルーツの華僑は世界中に数千万。頭の回転が速く、冒険心にあふれる人々は自国中国をまるで信用せず、利益第一主義。バクチ好き、迷信好きで、ゲテモノが好物。民度が低く、都市の治安は最悪

褒めるのかと思ったら、いきなり手厳しい。広西チワン族自治区のそれは


美男子率、美女率は中国で最低レベル?野心家も大人物も忘れた頃にしか現れない。世界遺産「桂林」を擁し、標準語がまったく通じない片田舎なのにオートバイの普及率は全国1位。

と、これまたスゴい。もちろん褒められている省もある。たとえば寧夏回族自治区。


共産中国でもかたくなに信仰を守り、伝統的な生活習慣を守り続ける情に厚く、正義感の強い人々。宗教上の理由で豚肉もラードもタブー。食卓には羊肉の料理がならぶ。

新疆ウイグル自治区も


民族独立運動がくすぶる「中国の火薬庫」広大な砂漠の地に暮らす気さくな人々はいったん友人になったら、とことんもてなす。発展著しい区都ウルムチには大阪の「辰野」の高級ファッション専門店街。

と、評価が高い。中原を厳しく見て、西部を持ち上げる傾向があるのかと思われるかもしれないが、15年ほど前に寧夏回族自治区や新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区などを旅行した程度のつたない経験でも、まったく同じ印象をもっている。やはり、当たらずとも遠からずだ。

本文では中国のなかで云われている県民性ジョークも多数紹介されている。たとえば、山西省人はケチなので九毛九とバカにされているという。九毛九とは0.99元だ。水に落ちた泳げない山西省人が助け賃を0.01元値切って溺れてしまったというジョークである。値切る方も値切るほうだが、助け賃をとるほうもとるほうで、いかにも中国らしいのがミソだ。

奥付によれば著者は空調システムのダイキン工業で北京首席代表などを務めたビジネスマンだ。おそらく中国各地を飛び回り、各省気質を実際に見聞きするだけでなく、他省で悪口やジョークなどを聞き集めたのであろう。各省の簡単なまとめやご当地料理などについても適切で、編集者のセンスを感じることができる好著だ。

http://honz.jp/21495

ーーーーーーーーー
言語の力は7%か?『言語の社会心理学』

著者は、ことばとコミュニケーションに関して社会心理学的な立場から研究をしている。就活の面接対策でよく話題になるメラビアンの法則では言語の力は7%に過ぎない(口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%)と言われているが、そのことについても、正しく理解がされていないと嘆いており、ことばが伝達すること、その研究に並々ならぬ思いを持っている。本書の装丁にも、伝えることにかなりのこだわりを持ったのかどうか?は謎である。

外見から内容に移ろう。繰り返しになるが、伝えたいことが伝わらないから本書のような書籍が本棚にならぶのだ、その一例として誤って伝わることで、生まれた悲劇がある。

踏切を待っていた女性がいた。しかし、いつまで立っても遮断機があがらず、見渡してみると「こしょう」というサインが点滅し続けている。踏切が壊れていると思った女性は、遮断機を手で持ち上げて踏切の中に入った。その瞬間…、列車にはねられ即死した。

「こしょう」というサインの解釈が行き違いになった例だ。女性は遮断機が壊れていると勘違いし、横断を試みた。一方の当事者であるJR東海は「遮断機にトラブルがあるから、通報してほしい」という合図するための表示として「こしょう」を考えていた。この事故の後、表示は廃止されることになった。

http://honz.jp/21737
>>--人間兵器であり、中国人のすざましい生命力はたちまち (Unknown)
2013-02-04 18:05:58
   ↓        ↓
--人間兵器であり、中国人のすざましい繁殖力はたちまち---~でおながいします。

【社会の爆弾—暴動予備隊!】在日中国人は67万頭 3割占め国別最多、日本社会の脅威
日本法務省が8日公表--棲息数約67万。在日外国人全体の約30%、法務省11年末時点で在日アジア人は165万人と、在日外国人総人数の80%を占めた。20年間で5倍となった。次いで多いのが韓国人と北朝鮮人で55万人。フィリピン人では女性が圧倒的多数を占め、21万人にまで増加。ブラジル人21万人を超えた。12年7月、日本は不法滞在防止のための新たな在留管理制度を投入。外国人に「在留カード」を配布し、在留期限の上限は3年から5年に延長、1年内に日本に再入国することも簡単にしてしまった為在住アジア人は次第に日本の問題になっている。08年以降、日本滞在の外国人数は減少傾向に有ると言うのにだ。
・カナダ中国人移民受け入れ姿勢反転の4凶理由~
1悪---中国人移民がカナダ人の雇用を奪い、また社会福祉など政府負担を増やすため。
2悪---カナダ経済への貢献を期待された投資移民だが、事業を起こすなど実体経済への投資は少なく、不動産や株式への投資にばかり集中。貢献は少ないと判断されたため。 
3悪---初期移民した中国人間に中国人移民を望まない声が上がっている。 
中国人移民殺到し、中国語だけで生活が成り立つチャイナタウンが増えている。 
■うちのSNSより・・・シナ人チョン公はダメhttp://www.nikaidou.com/archives/30981
Unknown (Unknown)
2013-02-04 18:16:48
日本もやれ
先進国は中華国を知らなすぎw (ビリー・ザ・マッド)
2013-02-04 19:20:40
中華国の人口抑圧兵器って
それこそスタンリー・ジョークになってるくらい有名なはずなんだけど、先進国の頭脳階級の連中は何やってるんですかね?
バカなんですかね?

「人権」なんていいかげんプチブルの自己満足で、中華人には略奪対象でしかないことに気付けよってねw

中共ならずとも歴代中華王朝に人権や福祉という概念がなぜ生まれ育たなかったのか、ちょっと考えればわかるはずなんですけどね。

世界中の漢人以外の人々は、自分たちの子孫がチベットの人々と同じような悲惨な運命を辿るであろう可能性を
もう少し現実味をもって見据えたほうがいいですよ。

もちろん人口減が著しい日本人こそが餌食になりやすいので死活問題として捉えましょう。

おっと補足 (ビリー・ザ・マッド)
2013-02-04 19:37:29
>民族としてのアイデンティティは失わずに中華民族のコロニーとして形成されていく。

「民族」、というと、ちょっと違うんですよね。
どちらかというと「中華意識」(自己中)こそが彼らの根源でしょう。
だからこそ、他の民族を認めない。
→チャイナタウンに篭ってその国の文化や風習とは融和しようとしない。

→こちらが数的に有利になるとチベットのようにその国の文化を殲滅しようとする(というか実践中)。

なぜなら、中華こそが世界の中心であり、他のものは蛮夷だから。

この点をわかっていないと、対中華人対策は全く効力をあげられないでしょう。
(だから私は中国人のことを必ず中華人、or中華国人と書いている)


誰かは忘れたけど
「チャイナタウンは万里の長城(前線基地&攻略拠点)」
って言ってたのはドンピシャですね。

今後の中華人バッシングのスローガンとして揚げるべきですw
Unknown (Unknown)
2013-02-04 20:20:49
「北京政府の支配下にない人民解放軍・瀋陽軍区」
中国と北朝鮮が軍事同盟を結んでいるのは世界の常識であるが、事は単純でもない。人民解放軍というのは毛沢東主義を守り続ける、言うなれば原理主義組織であり、小平の改革解放路線を否定してきた。先進国の軍隊のように必ずしもシビリアンコントロールが効いていなく、北京政府の意向通りに動かぬ軍隊であることを知っておく必要がある。北京政府に対する圧力団体的地位を占めているのが解放軍である。
その人民解放軍は南京軍区とか済南軍区とか七つの軍区に分かれているが、なかでも東北地区に位置する「瀋陽軍区」は特別な存在なのである。北朝鮮とロシアに接する瀋陽軍区には1億8000万人住み、長い国境線を警備するため解放軍の主力戦闘部隊の大部分が配備されている最強最大の軍区であるのだ。その瀋陽軍区は金正日政権以来、北朝鮮を軍事的、政治的、経済的に援助してきていて、北朝鮮は北京政府ではなく瀋陽軍区のコントロール下に置かれているのである。弾薬、食糧、核開発の技術、何でも瀋陽軍区の支援あっての北朝鮮なのである。


ここまでを前提として中国崩壊のシナリオがあるのだ。それは北朝鮮の三回目の核実験の強行が引き金を引く可能性が大なのである。2009年5月に二回目の核実験をした際、国連安保理事会に北朝鮮制裁決議案を出したのは中国からだったので、安保理でその決議案はあっさり通ってしまった経緯がある。
よって中国は前回同様、制裁決議案に同意するに違いない。同意すれば制裁決議に基づき制裁を実行するだろう。

ところがである。今や瀋陽軍区は猛反発する可能性が高い。習近平は太子党のバリバリの小平路線継承者であり、国家主席に就任する前に潰しておきたいところ。
北朝鮮への制裁決議に対し反乱を起こし北京に攻め上るシナリオがある。北京政府は軍隊を持たないので解放軍最強の瀋陽軍区の部隊に制圧され、中国全土が混乱に陥るというわけである。この程度の情報は当然アメリカ情報機関は入手し分析しているので、第七艦隊は今や、ジョージ・ワシントンとロナルド・レーガンの空母二隻体制を維持している。有事の時に睨みを効かしているのである。
北朝鮮と親密な瀋陽軍区と北京政府の完全支配下にない解放軍が、北京政府の命令の北朝鮮の制裁決議に反旗を翻す近未来。長谷川慶太郎的には2012年が鍵であり盤石に見える中国の崩壊のシナリオは近いと見ているし、自衛隊も米国も同じ見方をしているらしい。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

インターネット政党 Part6 ~SNS出現!~ (インターネット政党 「ネット des 新党」のブログ)
 これまでは従来のメディア情報をそっくりそのままインターネット上に移植、展開するのが「インターネット的」であると考えられてきた。その典型が官公庁のウェブサイトだ。そこでは膨大な資料に触れることができるが、それは単に紙面をPDF化して公開しているに過ぎな...
メディアが想定するバカとネットが想定するバカ (異常な日々の異常な雑記)
ここのところ、ブログで「バカ」という言葉を使いすぎですね。 自重しなければならないな、と思いつつ、再びバカネタ。 基本的には思いつきを書くブログなんで、思いついてしまったものは仕方ないです。 書...
強制削減は秒読み段階に!? (東京の郊外より・・・)
強制削減が、2か月延長された新しい開始日3月1日に発動されそうな様相です。国防省は強制削減への対処計画を2月8日までにホワイトハウスへ提出することを求められており、その後主要幹部がその影響と問題点を議会で改めて訴えます。手順は・・・
アメリカの対アフリカ戦争の隠された思惑:“アルカイダとの闘いによる”中国封じ込め (マスコミに載らない海外記事)
Ben Schreiner Global Research 2013年1月29日 アジアの成長と活力を利用することが、アメリカの経済的、戦略的権益にとって極めて重要だ。ヒラリー・クリントン フランスのマリ軍事介入は、一見したところ、アメリカのアジア“旋回”とほとんど無関係のように思える。し...