株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

民主党の政治家たちが「米国は、今や我々が与党であることを認識すべきだ」などと反論

2009年10月24日 | 外交


by CyberBuzz

民主党の政治家たちが「米国は、今や我々が与党であることを
認識すべきだ」などと、米国に公然と反論するようになった。


2009年10月24日 土曜日

「最もやっかいな国は日本」鳩山政権に米懸念 10月23日  読売新聞

【ワシントン=小川聡】22日付の米紙ワシントン・ポストは、鳩山政権が米海兵隊普天間飛行場の移設計画見直しなど「日米同盟の再定義」に動いていることに、米政府が神経をとがらせている、とする記事を1面で掲載。

国務省高官の「今や、最もやっかいな国は中国でなく日本だ」という発言を伝えた。

 記事は、オバマ政権がパキスタンやアフガニスタン、イラクなど多くの課題をかかえており、「アジアの最も緊密な同盟国とのトラブルは、事態をさらに複雑にする」という米側の事情を紹介した。

 鳩山政権については、「新しい与党(民主党)は経験不足なのに、これまで舞台裏で国を運営してきた官僚でなく政治家主導でやろうとしている」とする同高官の分析を示した。さらに、民主党の政治家たちが「米国は、今や我々が与党であることを認識すべきだ」(犬塚直史参院議員)などと、米国に公然と反論するようになった風潮も伝えた。



民主党政権に不安、「新しい日本」を警戒する米国  9月3日 博客新人

「民主党の勝利は、ホワイトハウスが過去数十年で初めて、米国を鋭く批判してきた『完全なよそ者』による日本政府と交渉しなければならない状況となったことを示している」
 2日付ニューヨーク・タイムズは、ハト山由紀夫代表が率いる日本の新政権の発足に対するオバマ政権の懸念をそう報じた。

 「より対等な」日米関係を公言してきた民主党が政権を取ったことで、半世紀近く揺らがなかった日米同盟の前線に「警戒シグナル」がともった。同紙によると、オバマ政権内部では、日本の新政権が米国が重点を置くアフガニスタン戦争やアジア域内の米軍兵力再編など、米国の重要事案に背を向けるのではないかとの懸念が高まっている。

 当面の懸案は在日米軍の再配置問題だ。自民党政権が米国との数カ月にわたる交渉の末に合意した在日米軍(約4万7000人)の再編問題をめぐり、民主党は選挙運動期間中に再交渉を行うことを公約した。ハト山政権がそれを実行に移した場合、摩擦は避けられない。

 自民党政権は米国と2014年までに沖縄本島に駐留する米海兵隊の兵力8000人(家族を含むと9000人)をグアム島の新基地に移転することで合意した。しかし、民主党の一部では、日本が移転費用100億ドル(約9200億円)を負担するとした合意は受け入れられないとの意見が出ている。沖縄本島の普天間飛行場も自民党政府との合意では、島内の別の場所に移転する方針が決まったが、民主党は住民の世論を理由に島外への完全移転を望んでいる。早期に新たな候補地を見つけられなければ、反米感情が高まるのはもちろん、両国関係に傷がつくのは避けられない。

 米政府は早めにくぎを刺した。国務省のケリー報道官は8月31日、「米国は普天間の代替施設計画やグアム移転問題に関し、日本政府と再交渉する意思はない」と断言。米国のルース駐日大使も2日、米公共ラジオNPRのインタビューに対し、「実行過程の問題を取り上げることはあっても、協定自体を変えることはできない」と、再交渉には応じない姿勢を改めて表明した。

 しかし、米国としては自分の立場だけに固執してもいられない状況だ。現在、日本の海上自衛隊はインド洋で米艦船に給油支援を行っている。オバマ政権としては、アフガニスタンに投入した米軍主体の国際部隊の任務遂行に日本の給油支援が必要だ。民主党は来年1月に現行法が定める自衛隊の給油支援任務の期限が切れた段階で、追加支援は行わないと公言してきた。これが現実となれば、米国のアフガニスタン安定化戦略に大きな障害をもたらす。

 専門家の多くは、こうした両国の事情を勘案すると、当面日米同盟の根幹に変化が生じる可能性は大きくないとみている。問題は「より対等な関係」に発展する過程で、互いの利害関係を主張する外交力だ。こうした点でむしろ民主党の専門性不足に起因する「アマチュア外交」を懸念する声も多い。東京財団の渡部恒雄上席研究員(外交・安全保障担当)は「民主党は実際の外交経験がないことが弱点だ。その点から彼らにはまだ分別力がないとの意見もある」と分析した。

 ホワイトハウスもやっとハト山政権の「実体」把握に乗り出した。これまで米外交界や学界は自民党との関係にばかり神経を使い、野党とは疎遠だった。ジョージタウン大のマイケル・グリーン教授は「日本の新政権は自分たちの提案の一部は非現実的だということを知るだろう。オバマ政権としては、日本政府が既存の立場から一歩退く過程で、体面を立てる方法を探ることになる」と指摘した。


「チャイメリカ」の落日 2008年 12月5日 大庭亀夫の生活と意見

わっしはむかし中国人(香港人)のお友達から「ガメちゃん、どんなことがあっても中国人から金を借りてはだめだよ」とゆわれたことがある。

「なんで?」と訊くと、「中国人の社会ではね、金を貸したら、奥さんも貸すくらいのことは、当たり前なの」「どひゃ」

という会話でした。

中国のひとは見返りなしで、金は貸さん。

中国のひとと合衆国のひとがひそひそしていたと思ったら次の日にライス国務長官がいきなり北朝鮮を悪役リストから外して日本人全員がぶっくらこいてしまったことがありましたが、これからは、そーゆーことが、もっと頻々と起きることでしょう。

合衆国はしかも当然のことながらチャイメリカ路線を突っ走ることによって、自らをコーナーに追い詰めることにもなる。角番の中村うさぎですね。

もうクレジットの限界いっぱい毎月使いまくるしかない。

ドルも基軸通貨の威光を信じて、消費が低下するたびにバンバン利下げするしかない。

目下は産業が ねーんだから、やむをえない。

中国の方は、どうか。

中国の方は、合衆国の消費拡大がうまくいかねー場合、国内の三層構造(8000万人の先進国人口2億4千万の中進国人口残りの極端な低収入人口)の垣根を取っ払ってしまって、いちかばちか消費の拡大を狙う、という手が残っている。

「いちかばちか」というのは、この垣根を取っ払ってしまうと社会の大混乱は避けられないからです。上海を中心とする先進国部分にどっと地方からひとがなだれ込んで犯罪は増加する、公共投資はおっつかなくなる、インフラは不足が高じて停止状態になる、で、てーへんです。中国は歴史的に「内乱」の国なのを忘れてはいけません。

国が三国志になってしまうとコーエイは現代版三国志が売れてうれしいかもしれないが、国民をもれなく食わせることが至上命題(食わせないと暴れる、政府にとってはコワイ国民性だからです)の中国政府としてはコーエイの株価をあげるために新赤壁の戦いを戦うわけにはいかないのす。

もうひとつ、消費市場を国内に求めた場合、パートナーである合衆国と決定的に対立してゆくことになるわけで、中国はいずれは合衆国との対立は避けられないと覚悟していても、いまはまだ嫌である。

だから、チャイメリカ。(中略)

合衆国のアイデンティティとチャイメリカは相容れない。

合衆国人にとってチャイメリカの市場に自分たちが生きてゆくことは、自らを侮辱しつづけることに他ならないのであって、それにアメリカ人が耐えられるかというと、わっしは耐えられるわけがない、と思います。

下部構造が上部構造を決定する、というのは性格が悪いおっさんであったカール・マルクスの誤解であった、とわしは思います。人間はマルクスのおっちゃんには思いも及ばなかったくらい「自由」という何の役にも立たないものが好きなのだ。

ちゃんとした理由のほうを書く前にくたびれちったので、経済構造上チャイメリカが破綻するという理由は、今度にしますが、バラク・オバマはどーかしている。

ケネディと同じに初めの二年はボロクソになりそうな嫌な感じがします。

JFKと最も違うのは、JFKLは奥さんがパーだったが、バラク・オバマの奥さんは、素晴らしい能力の持ち主であるように見える。

勝手な、しかも英語で言うただの「ホーピング」(日本語がとっさにおもいだせん)ですが、二年を過ぎたころ、バラク・オバマに、彼が選ばれたことのほんとうの理由、アメリカ人たちが彼に期待したものは「ベスト・アンド・ブライテスト」のリーダーなどではなくて、「新しいアメリカ」の建設者であることをミシェルさんが思い出させる日が来るのではないでしょうか。

町のひとたちが見たかったのは名前だけ塗り替えた「クリントン一座」の古いサーカスではなくて、バラク・オバマと彼の一座の勇気に満ちた空中ブランコであったはずです。

いまのバラク・オバマの行き方を見ていると、最悪の影響を被ると決した日本は当然としても、他の世界の人間も悪い方に押し流されるのを加勢しているようにしか見えない。

それでも、わっしのアフリカン・アメリカンの友人たちが散々ためらった後にバラク・オバマに投票したように、彼にはまだ希望を未来から現在に伝達してくる能力があるように見えます。

ミシェルさんというパートナーの目には(彼女の談話から想像して)もう問題の在処が見えいるように思える。

実際には現在の経済の崩落状態を立て直すには、国権主義的な経済の枠組みを捨てるしかない、とわっしは思ってます。国家というものに対する人間の意識が変わってゆくしかない。

国別にものを見ている限り、経済の構造は変わらず、やがては完全に行き詰まるでしょう。インターバンクの問題も真の解決は、そういうところにしかない、と思う。

チャイメリカ、などは解決としてあまりに安易、あまりに乱暴である、と考えます。


(私のコメント)
「株式日記」はアメリカと中国は抱き合い心中するだろうと書いてきましたが、フランス人の大庭亀夫氏が言うように中国人からカネを借りたら身の破滅になる事は、中国人の本性を知る人から見れば常識だ。そのアメリカが中国から2兆ドルも借りているのだから、ただで済むはずがない。その証拠にドルの基軸通貨体制が揺さぶられているし、中国の軍幹部は太平洋に西半分をよこせと言ってきている。

アメリカ人から見れば日本人も中国人も同じに見えるのだろう。むしろ中国人のほうが堂々としていて個人的には信頼が出来てアメリカ人とは合うかもしれない。大言壮語する国民性もよく似ている。それに比べると日本人はアメリカ人の前に出るとペコペコしてばかりいて卑屈であり、いう事を聞かなければ恫喝して脅かせばすぐに折れて妥協する。

自民党はCIAとヤクザが作った政党だから弱みを握られてアメリカにNOと言う事は許されない関係だった。だからアメリカにカネを貸してドル安でプラザ合意で踏み倒されても文句の一つも言わない。このように日本で上手く行ったからアメリカ政府は中国を相手に同じ事をして儲けようとしている。しかし中国人は日本人のように卑屈ではないからドル安でカネを踏み倒そうとすれば報復してくる。そして米中は抱き合い心中する事になるのですが、日本がその渦に巻き込まれてはならない。

日本で民主党政権が出来たという事は、それだけ日本に対するアメリカの影響力が落ちた事の証明であり、アメリカは内憂外患でにっちもさっちも行かない状況だ。アメリカにニクソンのような決断力のある大統領が出てくれば、イラクからさっさと撤退も出来るのでしょうが、オバマはさらに深入りしてアフガニスタンはベトナム化しつつある。

アフガニスタンなどアメリカとは何の関係も無い国であり、テロとの戦いでこぶしを振り上げて下ろすに降ろせない状況になってしまった。イラクには石油が出るがアフガニスタンには山しかなく痩せた土地があるだけだ。アメリカの戦略としては中東一帯を民主化して石油利権を独り占めすることが戦略だったのでしょうが、ロシアや中国やヨーロッパ諸国がそんな事を容認するはずがない。

アメリカは金融立国で世界経済を支配しようとし、軍事で中東を支配する事で石油を独り占めして世界を支配しようとした。しかしそれはあまりにも無謀な計画であり、両方とも駄目になりつつある。最後までアメリカを支えてきたイギリスや日本もアメリカを見放しつつあるのであり、オバマ大統領は誰が敵で誰が味方なのか見分けがつかなくなってきているようだ。

どん詰まりに来たアメリカは中国を味方にすることでG2戦略で生き残りを図ろうとしている。中国はアメリカ市場に輸出して大儲けをしてきたからアメリカと中国の関係は良好だった。中国は貯まった外貨でドルや米国債を買ってきたがアメリカの消費が大幅に落ち込めば中国の輸出は大幅にダウンして両国の共存関係は軋みが生じてくる。

オバマ大統領のG2戦略外交は他の国から見れば仲間はずれにされた事で面白くないだろう。特に日本にとっては米中が同盟関係になる事は日本が米中に挟撃される事を意味する。韓国や台湾や東南アジア諸国も同じだろう。それに対して鳩山民主党政権ではアジア重視の東アジア共同体を提唱して脱アメリカを目指しつつある。

もはや貿易面で見ても日本の最大貿易相手国は中国でありアメリカではない。中国はアメリカへの輸出の落ち込みを内需拡大で経済成長を続けようとしているが、成功するのだろうか? 内需拡大といえばアメリカの圧力で日本も行ないましたが道路や橋を作って国家財政は大赤字になってしまった。中国も同じように54兆円もの公共投資で財政は大赤字になる。

私自身は鳩山首相の言う東アジア共同体は、アメリカのG2構想に対する牽制であり、アメリカ政府高官はこの事に気がつくべきだ。そもそもG2にしても日本が全面的にアメリカに協力しなければ成り立たない構想だ。地政学的にみてもアメリカと中国の間には日本が北海道から沖縄まで細長くついたてのように塞いでいる。中国が裏切らないように監視するには日本の米軍基地が無ければ成り立たない。ゲーツ長官が普天間基地で強硬なのも対中国戦略があるからだ。

アメリカが今まで自民党政権に対して行なってきたような圧力を加えるならば、鳩山民主党政権は中国に吹き寄せられるような結果をもたらすだろう。民主党内部には社民党や民主党左派グループが中国と密接なグループがあるからだ。特に岡田外務大臣が中国よりであり東アジア共同体にはアメリカは含まれないと発言している。


米国は加えず=「東アジア共同体」で外相表明 10月7日 時事通信

岡田克也外相は7日午後、都内の日本外国特派員協会で講演し、鳩山由紀夫首相がアジア重視の観点から提唱している「東アジア共同体」構想について、「日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)、インド、オーストラリア、ニュージーランドの範囲で(構成を)考えたい」と述べ、米国は正式な加盟国としない形で創設を目指す考えを表明した。
 共同体構想をめぐり、政府高官が米国を正式メンバーとしない方針を明言したのは初めて。外相は、貿易交渉などの相手として米国を「排除しない」とも語り、一定の配慮を示したが、鳩山政権に対して「反米的」との見方もある米側が反発を強めることも予想される。 
 外相は、10日に予定される日中韓首脳会談で東アジア共同体の在り方について意見交換したいと説明。「まず経済から始め、エネルギー、環境、保健衛生などに協力分野を拡大していきたい」とする一方、域内の通貨統合については「かなり先の話になる」との見通しを示した。
 また、中韓両国との間で歴史共同研究を推進し、「共通の教科書」の作成を将来的な検討課題にすべきだとの考えを明らかにした。(2009/10/07-16:59)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (69)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党の「戸別所得補償制度... | トップ | 英語は侵略者の言葉であり語... »
最近の画像もっと見る

69 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鳩山が日和りました (半分専門家)
2009-10-24 16:13:42
TORA氏へ残念なお知らせ

>◆米国は加えず=「東アジア共同体」で外相表明 10月7日 時事通信

↑本日のエントリにあるTORA氏の論拠は、
昨日鳩山が日和ったため、あっさり潰れました(笑)

■ 東アジア共同体、米国も参加を=ASEAN会議で首相表明へ
http://www.jiji.com/jc/cg=pol_30&k=2009102301065

まあ、民主党なんて所詮はこの程度ですがね(^^;
皆さんもそろそろ、民主党に何にか期待するのはやめた方がいいですよ
米国の世界戦略 (ooibi)
2009-10-24 16:38:57
米国がイラク戦争の暴挙にでたのは、フセインが石油の支払いをユーロに替えようとしたからだとか。

米国は、サウジアラビアを押さえ、イラクを占領。そしてチャンスがあれば、イランをも狙っている。
本当に軍事力で中東を支配下に置こうと言う恐ろしい国家戦略を持っている。

軍資金はドルを世界にばら蒔けば調達出来ると思っている。

史上最悪の国家が、この21世紀に出現しました。
恐ろしい事です。
ドルをだだの紙切れにする以外に、この世の正義はないのでないかと思えます。

正義を日本が実行すれば、米国債と膨大なドル資産を持つ日本政府と日系企業は大打撃を被ります。
Unknown (日和見主義者)
2009-10-24 16:39:17
東アジア共同体に米国が加わるのは正解でしょう。
綱引は米中にやらせておかないと。
日本は勝った方に付けばそれで良し。
破滅する鳩山の率いる日本国 (Unknown)
2009-10-24 17:07:28
3.
今回の民主党の大勝利は、この自民党守旧派の巻き返しに対する一般国民の反感が、マスコミの援護で民主党に廻ったものであり、民主党の本質を理解していない浅薄な票が集まったものだと思う。

4.
だから私は民主党がその政策で自分達の本質を表しだし、それをマスコミが伝えざるを得なくなると、この人気は瞬く間に消えてしまうのではないかと思っている。

心配なのは、それまでに民主党が取り返しの付かない失政を行うことだ。特に外交面で。

例えば、中国対策を誤れば、その誤りを正すのに、日本は多くの歳月と苦労を重ねなければならないだろう。
http://ahoudori0.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-0b67.html
Unknown (Unknown)
2009-10-24 17:18:22
ガメオベールなんて、たちの悪い反日在日白人の典型だろ。
上から目線で日本を見下して満足してる。
2年位前かつてのブログで、アメリカ式の博打資本主義賛美して、「日本人とアラブ人が投資し始めたらそれはもう終わってる」とか書いて日本人の「物作り」馬鹿にして喜んでたよ。

トラも百姓まるだしで白人に弱いようだね。
http://d.hatena.ne.jp/gameover1001/20090317/1237247846
http://d.hatena.ne.jp/gameover1001/20091023/1256258655
アフガンに何もない? (Unknown)
2009-10-24 17:35:18
アフガンにはCIA利権のケシがある。

カザフスタンあたりの油田をロシアに取られないために、アフガン経由でインド方面に通したいというのがアメリカの資源利権(軍産複合体、CIA系)の考えだとも言われる。

この辺の話はTORAもあちこちで読んでるはずだが、その上であえて否定しているのか?

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/266/

http://alternativereport1.seesaa.net/article/49428804.html
Unknown (Unknown)
2009-10-24 17:36:42
アメリカのいかさまアフガン戦争 http://bit.ly/fsnlZ アフガンはアヘン生産量で世界最多だ。しかしこのアヘン生産もタリバンが政権を担っていた時はゼロだったのだ。アフガンのドラッグ市場を支配することは、破綻し腐敗しているウォール街の金融マフィアの流動資産のため重要。
TORAは地政学に弱いらしい (Unknown)
2009-10-24 17:43:11
地政学は地理のことではありません。
「英国で地政学を学ぶ」でも読んで勉強してくださいね。

いろんなサイトを引用しているが、継続的に読んで学んでいるサイトはあるの?
アフガン (安二郎)
2009-10-24 17:44:38
なぜアフガンにアメリカは固執するのか、
テロとの戦いなどとことん信じられない、自作自演のテロを作ってまでなぜ固執するのか、何かの利権が無けりゃアメリカが深入りするはずが無い。

第一は地下資源であり第二は麻薬利権である。


やるね鳩山 (安二郎)
2009-10-24 17:53:50
鳩山がアメリカに東アジア共同体への参加を促した、外相とは異なる発言である、
これは面白い、
取ってつけたような鳩山発言にアメリカが、はいそうですかとはならない、
これほどバカにされた展開も無いだろう、
あんたは仲間はずれだが良かったら仲間にしてあげても良いよ、
と言ってるようなものである。

これで怒らない国家は無い、まして帝国である。
良いね鳩山、今後何があってもビビら無い事だ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

鉄面皮ここに極まれり (経済問題研究所 ~508号調査室~)
盗人猛々しいとはまさにこのこと。
アメリカのアフガニスタンいんちき戦争 (マスコミに載らない海外記事)
F. William Engdahl 2009年10月21日 Infromation Clearing House オバマ大統領の政策で、最も異例なことの一つは