株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

福島県および関東一円のセシウム降下量は、事故後とほぼ同じぐらいのレベルに達しています。

2012年01月07日 | その他

野田首相の冷温停止状態達成を宣言にも拘らず、福島県および関東一円
のセシウム降下量は、事故後とほぼ同じぐらいのレベルに達しています。


2012年1月7日 土曜日

1月2日9時から1月3日9時にかけて、セシウムが4億3700万ベクレル/km2
降下した!12月の最高が1億2千Bq。その約4倍!大量の放射性物質が
元旦から3日かけて出ています!


速報 福島中心にセシウム急増  マスク必要!! 平成24年1月6日  武田邦彦(中部大学)

文部科学省が1月6日に発表した福島県、並びに他県のデータを見ると、福島県および関東一円のセシウム降下量は、事故後とほぼ同じぐらいのレベルに達しています。原因は不明ですが、とりあえず、マスクをする必要があります。

今、緊急に調べています。結果がでたらすぐブログに上げます。念のための措置ですが、お子さんをお持ちの方はあまり外に出ないように。データの信頼性もチェック中です。

データは危険なレベルです。マスコミが報道していないのは不思議ですが、1平方キロメートルあたり100メガベクレルを超えていて、かなり危険です。逃げる必要はありませんが、マスクをして外出は避けてください。

しばらく後に葉物野菜が汚染されます。(データが正しければ)



緊急速報  セシウム降下と4号機 平成24年1月6日 午後6時  武田邦彦(中部大学)

12月29日、30日と高かった福島市のセシウム降下量は、いったん12月31日、1月1日と下がったものの、1月2日には「4月なみ(4月は福島からのデータはないので、茨城県北部のデータを参照した)」セシウムが降っている。

この量が続けば3月、4月と同じだから一時避難しなければならない。ただ、今の段階で間違ってはいけないことがある。それは「原因を追及するのではなく、本当に3月4月なみのセシウムが降っているのか、なぜそれを政府が警告し、マスコミが報道しないのか?である。

データは文科省の正式報告であり、値は1日で252メガベクレル(1平方キロメートルあたり)だから、十分に警告を出して良いレベルだ。「2,3日、様子を見る」ということかも知れないが、危険な兆候は知らせてくれないと困る。

被曝は足し算だから、直ちに逃げなくても良いが、マスク、外出抑制はまずして、学校の開校は時期をずらした方が良いだろう。また、本当ならまもなく水道も汚れてくるはずであるし、半月後には葉物野菜が汚染されるだろう。

第二に重要なのは原因の追及より、セシウム降下の事実を調べることだ。たとえば、このように考えたら良い。火事が起きて家族のいる居間に火が移ろうとしている。その時に逃げる準備や火がどこまで迫っているかは大切だが、火元が台所か風呂場かは当面はあまり深く追究しても意味が無い。だいたいの方向が判れば良い。

実は、私も「4号機が危ない」という情報があったので、それを調べていたら、どうも「セシウムが降ったのは4号機ではないか」と類推し、4号機の問題にすり替わったらしい。4号機かどうかなどは2,3日後でも間に合う。

セシウムが降っているなら、それだけに注目し、逃げる準備が先である。4号機でも1号機でも、福島周辺からの2次汚染でも、同じことが起こる。でも、原因追及より、事実確認をすることが第二だ。もちろん、事実確認をしている内に被曝してはいけないから、ともかく危険なデータがでたら、即、準備をするべきだ。


緊急速報  セシウム降下量のレベル 平成2416日 武田邦彦

1月4日文科省発表の福島市のセシウム137の降下量は1平方キロメートルあたり252メガベクレルであった。この量(252)と茨城県ひたちなか市(福島はデータがないので、当時、一番、セシウムが高かったところ)のデータだが、3月20日から、48,13000、12000、420、63、99,160、ND(0)、21、14,57, 390,(これで3月は終わり)、5月になると、71,0,8,0,0,0,0,0,0,0と0が多くなる。

3月21日、22日が集中的に降った日だが、3月の平均が402だから、1月2日の量は、「3月より少し少なく、5月とは比較にならないほど多い」ということになるので、危険なレベルだ。

たとえば直前の12月には、福島市のセシウム137の降下量は、5から20ぐらいだからハッキリと増大している。いくら何でも間違いではないかと何回も見直しているのだが、単位はMB/km2だし、サンプル採取時間は1日で同じようだ。おかしい??? おかしいが被曝だけは先に防いでおく必要がある。

洗濯物を取り入れるときにははたいて、外出から帰ったときには玄関先で服をはたいて、子供の服は洗濯を頻繁に、マスクをして、外出を控えるなどをしておく。様子を2,3日見ると判ると思うが、文科省が正直にデータを出してくれるのを祈るばかりだ。

福島ばかりではなく、千葉市でもかなり高い値が出ているようだ。いま、範囲も調べている。とりあえず、福島、関東は要注意。




(私のコメント)

1月1日に東京でも震度4の地震がありましたが、福島第一原発でもないかが起きたらしい。しかしニュースでは何も報じられていませんが、武田教授のブログを見ると3月4月頃並みのセシウムが福島から関東一帯に降り注いだと言うことです。このような緊急的なニュースがなぜ報じられないのでしょうか? 外に出るときはマスクをしたり、家に帰ってきた時は埃を落とすくらいの注意が必要なレベルです。
 
1日の地震によって4号機か3号機に異変が起きて黒煙が上がったと言う情報もあります。文部省のデーターの発表だから公式なものですが、ニュースでどうして報道されないのだろうか? 3月の時も政府はSPEEDI情報を隠蔽して飯館村などを被曝させましたが、3月4月並のセシウム降下量は明らかに異常事態だ。ネット上の情報も探しているのですがマスコミ記事にはない。
 
この事態に、文部省はセシウム降下物の公表を今日明日と停止しましたが、異常事態を隠蔽する目的で公表を停止したのだろうか? それでは福島から関東一帯の人がセシウムを浴びて被曝してしまう。せめてマスクや洗濯物などについた放射能を払い落とすくらいの呼びかけをしなければ意味がなくなってしまう。


文科省、放射線量の公表 土日祝日休止 1月5日 産経新聞

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120105/dst12010521140009-n1.htm


文部科学省は、東京電力福島第1原発事故を受けて全国の都道府県の県庁所在地などで毎日測定、公表している放射線量について、今後は土日祝日の公表を休止することを決めた。

 文科省は「原子炉からの放射性物質放出が減少しており、数値の時間変化が極めて小さくなったため」と説明している。測定自体は週末も自動で行っており、データは休日明けなどにまとめて同省のホームページに掲載する。また原発から北西約30キロの福島県浪江町のデータについては、1週間前後に1回の公表になるという。

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント (41)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自国の歴史や文化を正確かつ... | トップ | 私がいまだに感じるのは、こ... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野田首相:「原子炉は冷温停止状態」 事故収束を宣言 (Unknown)
2012-01-07 10:33:50
政府は16日、原子力災害対策本部(本部長・野田佳彦首相)を開き、東京電力福島第1原発の原子炉が「冷温停止状態」になったとして、事故収束に向けた工程表のステップ2完了を確認した。首相は「原子炉は冷温停止状態に達した。事故そのものは収束に至った」と宣言。今後は除染、健康管理、賠償に全力を挙げる考えを示した。早期の収束宣言で内外の不安を払拭(ふっしょく)する狙いがあるが、住民の帰還にめどが立たない中での「収束宣言」には批判も出ている。

 首相は、首相官邸で記者会見し、「事故との闘い全てが終わるわけではない。ステップ2が終わったから、政府が対応で手を抜くとか、福島からどんどん力をそいでいくということは全くない」と強調。除染などに1兆円超の予算を投入することを明言した上で「原子炉自体の安定を目指す段階から、廃炉に向けた段階へ移行する。廃炉に至る最後の最後まで、全力を挙げて取り組む」と述べた。

 一方、東電の西沢俊夫社長は東電本店での会見で、「原子力損害賠償支援機構が(経営合理化策を盛り込んだ)総合特別事業計画をまとめる来年3月に(経営陣の)責任の取り方を示したい」と進退に含みを持たせた。

 完了に伴い、政府は「政府・東京電力統合対策室」を同日廃止。新たに枝野幸男経済産業相と細野豪志原発事故担当相を共同議長とする「中長期対策会議」を設置した。21日予定の初会合で、最長40年かかることなどを盛り込んだ廃炉工程表を了承する。

 住民の避難区域については、現行の警戒区域と計画的避難区域という2区分を見直し、年間の放射線量に応じて3区分に再編する方針で、18日に細野氏らが福島県を訪れ自治体に説明。地元と協議した上で年内に公表する。帰宅が困難な区域は土地買い上げを含む支援策を検討する。

 工程表は4~7月を「安定的な原子炉の冷却」を目指したステップ1、7月~来年1月中旬を「放射性物質の管理・抑制」を目指すステップ2で構成。政府は「圧力容器底部温度がおおむね100度以下」「敷地境界での被ばく線量が年間1ミリシーベルト未満」の達成を「冷温停止状態」と定義。細野氏が9月、国際原子力機関(IAEA)の会合で、前倒しして「年内完了」を表明していた。【笈田直樹】

 ◇原子炉内部の状況つかめず
 政府は「冷温停止状態」としたが、原子炉内部の状況も把握できないまま。多くの不安要因が残り、綱渡りの作業は続く。放射性物質の最大放出量(11月26日~12月6日)は毎時0.6億ベクレル。原発敷地境界の線量は最大年0.1ミリシーベルトと、冷温停止状態の目標(年1ミリシーベルト)未満になる。だが、原子力安全・保安院によると、事故前の10~20倍で、封じ込めは完全にできていない。この放出量は気体分の試算で、海に出た液体分などは含んでいない。

 また、圧力容器底部温度は7月以降、順次100度以下を維持しているが、最も高い2号機は誤差を考慮すれば90度弱。16日も細野豪志原発事故担当相は「燃料がどこにあろうとも十分冷却できている」と釈明に追われた。建屋にたまった汚染水は13日現在、ドラム缶43万本の8万6360立方メートル。東電は仮設タンクの増設を続け、年末までに計14万立方メートルに容量を拡大する方針だが、12年3月には満杯になる。【中西拓司】

毎日新聞 2011年12月16日 20時44分(最終更新 12月17日 1時20分)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111217k0000m040064000c.html
文科省、明日、明後日のデータの公表を中止? (Unknown)
2012-01-07 10:34:56
福島、千葉を中心とする異常なセシウム降下物について、文科省は昨日夜遅く、「土日は公表せず」と発表した。その理由は、「値が変わっていないから」という。


12月終わりから1月にかけてのセシウム降下量は大幅に変わっている。12月までほとんど「検出せず」というデータが6月頃から出ていたのに、急に大幅に変わった。それなのに「変化がないから」というまったく違う理由を構えた。

まったく事実と違うので、しばらく注意をしてください。今、情報を集めていますが、たいしたことはないか、それともなにかしなければならないのか、はっきりするまで注意をしてください。

ときどき、大きな値を示すことはあるのですが、それは原因があり、大きな値は健康には影響があります。どうもデータ自身には誤りはないようです。警戒だけしておいてください。

(平成24年1月7日(土) 午前0時)

http://takedanet.com/2012/01/post_7b54.html
東京、横浜、宮城県南部などで震度4 (Unknown)
2012-01-07 10:37:13
 1日午後2時28分ごろ、東北から関東地方でやや強い地震があり、東京都千代田区や横浜市の一部を含む広い範囲で最大震度4を観測した。気象庁によると、震源は伊豆諸島・鳥島近海で深さは約370キロ、地震の規模はマグニチュード(M)7.0と推定される。この地震による津波の心配はないという。

 各地の主な震度は以下の通り。

 震度4=宮城県岩沼市、福島県いわき市、水戸市、宇都宮市、東京都千代田区、千葉市中央区、横浜市中区など。

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E2E3E2E3998DE2E3E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2
ストロンチウムの恐怖 (パルマ)
2012-01-07 10:46:52
今降っているは ナンチャッテ放射能のセシウムではなく なんらかの原因で臨界がおこりそのために発生したストロンチウムが中心ではないかとの説があります
そうだとしたら 恐ろしいことです
Re 福島から関東一帯の人がセシウムを浴びて被曝 (Unknown)
2012-01-07 13:02:01
なんで、関東一帯なの?????東北一帯はどうなった?関東になんか因縁あるの???関西人さんよ。もう、見切ってんだよ。
>なんで、関東一帯なの?????東北一帯はどうなった?関東になんか因縁あるの???関西人さんよ。もう、見切ってんだよ。 (Unknown)
2012-01-07 13:38:45
おっしゃるとうり、俺もそう思う。
東電への資本注入、普通株で=実質国有化へ経営権を即時掌握-政府 (愛信)
2012-01-07 14:41:56
東電への資本注入、普通株で=実質国有化へ経営権を即時掌握-政府
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012010700146

 債務超過を回避するために投入される原資が税金である事、又今後爆発的に増え続ける被災地
被災者への補償金額は全て株主の負担になる事から、例え普通株の保有と言えども国が関与する
ことは日本国民は認める事はできない。 
これは民主党政権があのオウム事件と同様な犯罪責任を擦り変える手品であり国民を騙す手口である。

【関連情報】
平田容疑者:「松本死刑囚は詐病」…接見の弁護士に語る
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120107k0000e040163000c.html
嘘も100言えば本当になると思っている資質の人種の行い

【株式ニュース】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi
【株式ニュース】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。

ps:
韓直人と親しかった
孫正義「日本好き」は大嘘!朝鮮人優遇採用、在日割引料金、日本人侮蔑CM
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4507.html
二人のお騒がせ者、武田邦彦と池田信夫 (Unknown)
2012-01-07 14:50:41
 人体に有害な放射線量というものは説によりけりで、まだよく分からない事が多い。あまりに高放射線量であれば人体に有害であることは分かっていても、それ以外のことはよく分かっていない。それをいいことに、これまた極端な言論が跋扈することになる。武田邦彦は最も低い基準を元に放射線被害を極端に吹聴する第一人者であり、池田信夫はチェルノブイリでも放射線被害は基本的に無かったという立場の、もう一方の極論を代表する論客だろうと思う。

 はっきり言えばこの二人は真面目でない。極論を言いつのっては人心を乱し社会を混乱させるのを、半ばおもしろがっているところの「ヘンタイ」に近い人物だろうと考えた方がいい。放射線の影響は子どもである場合、大人である場合も異なる。そして、外部被爆と内部被爆の問題もあれば、一時の被爆と恒常的被爆の積み重ねによっても異なってくるし、放射性物質の性質によってもこれまた異なった見解がある。

 つまり、まだ人類にとっては未経験ゾーンに近いことばかりで本当に良心的な学者であるなら右往左往するのが一番正しいことなのだとも言える。人類はまだまだ放射線の人体への影響をはっきりと断定するだけの臨床例を持ち合わせていないのである。そして、それをいいことに人心攪乱を面白がる人々が勝手なことを言いふらしているというのが現在ということだと思う。

 武田邦彦、池田信夫の両極端な意見は参考にはすべきだと思うがおそらくどちらも真実ではないだろう。このお二方、福島の現地に入ったことはあるのだろうか? おそらくは現地にもいかず自分が発信する言葉で人が右往左往することが快感でたまらないのだろう。また、極論を吹聴すればそれなりマスコミの需要はあるので、そのポジショニングそのものが実利にもかなっているのかも知れない。

 このエセタレント教授(まともな大学は相手にしないので三流大学教授)のご意見は排除して考えた方がいいだろうと思う。
の、喉が・・・ (ビリー・ザ・マッド)
2012-01-07 15:01:30
「ホットスポット」エリアに住んでますが
一昨日から喉の痛みが続いてます。個人的には今冬初めてです。
正直嫌な予感しかしませんね。


えーと東電の(上層の)連中はまだ誰一人として責任を取ってないんですよね。
情報を管轄している官僚の連中も。

言いたかないけど、そろそろ見せしめに四人くらい死刑にするべきですわ。
冗談とか、愚痴とか、捨てゼリフとかじゃなくて。

今回の件で日本という国は相当の確率で破滅の道から逃れられなくなった。
自称愛国主義の皆さんはなんで押し黙ってるんだろうね?w

ネットゲリラさんとこで「三族皆殺しにしろ」と主張されてたけど、正直、最低でも五族でしょ。

想像したくも無いが、今の政府の中枢にいる連中は、事態の深刻さを未だにわかってないんじゃないか?

日本の堕落 (Unknown)
2012-01-07 15:12:28
東電の非道ぶりには呆れるが、反日の民主党政府の目的は日本をとにかく目茶苦茶に壊す事だと思う。その視点で鳩山、菅、野田の3人の首相のやって来た事、やってる事を見ると納得できる。マスコミも同罪。政府もマスコミも国民を被爆から守ろうという意思が全く感じられない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
明けましておめでたくない年の始まり (格闘する21世紀アポリア)
 東電福島原発の事故と地震・津波被害は、日本の文化をひとつ消滅させてしまったと思う。  それは年賀状文化である。  避難生活を余儀なくされている最も直接的な被害を被った人々がいる。避難生活とまではいかなくとも、日々放射線を気にしながら過ごす人はあまりに....
財務省の傀儡放送局NHKは日本破綻教の略だ! (ロベルト・ジーコ・ロッシのブログ)
公平公正な報道などは、世界に誇れる永遠に保持すべき日本国憲法 という言葉と同じで、この世に存在しない状態の事だ。 by ロベルト・ジーコ・ロッシ ロベルトは、公平公正な報道などは存在しないという意見です。 この世に於ける情報や報道は全てフィルターが掛...
1/2(月)の大気中のセシウム量の急増につきまして (わし的世界見聞記♪)
今日は、1/2(月)に福島県及び関東一円で発生しました、大気中のセシウム量の急増につきまして、です。結論は、恐らく健康には左程害が無いと思われはするが、どうしてこの様な現象 ...
X-37Bは中国衛星を追跡 (東京の郊外より・・・)
6日付「Defense Tech」は、「謎の無人宇宙飛行船」と呼ばれている米空軍のX-37Bが、中国の実験宇宙ステーション「Tiangong-1」とほぼ同じ軌道を飛行して監視を行っていると報じています