株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

日本の政治家、官僚、自衛官は中国や北朝鮮の美人スパイの罠でがんじがらめになっている?

2008年08月29日 | 外交

日本の政治家、官僚、自衛官は中国や北朝鮮の美人スパイの罠で
がんじがらめになっている? スパイ防止法はなぜできないのか?


2008年8月29日 金曜日

捕まった北朝鮮の美人スパイのウォン・ジョンファ容疑者(34)


北朝鮮:女スパイも人の子 ターゲット愛し工作失敗 韓国が摘発 8月28日 毎日新聞

【ソウル中島哲夫】脱北者を装って韓国に亡命し、複数の軍人に近づいて得た情報などを北朝鮮に送っていた国家安全保衛部所属の女スパイ(34)が摘発され、愛人関係にあった韓国陸軍大尉(27)とともに27日、起訴された。検察、警察、軍情報機関、国家情報院の合同捜査本部の発表を聯合ニュースが伝えた。

 この女スパイはウォン・ジョンファ容疑者。偽装交際するうち本気で愛してしまった大尉を誘い、一緒に北朝鮮に渡るのを目標に、まず日本の永住権を得るため訪日し日本人男性と3回見合いしたという。愛人がスパイと知った大尉から自首を勧められ、迷っているうちに、3年前から内偵していた捜査当局に2人とも逮捕された。

 同ニュースによると、ウォン容疑者は15歳の時、工作員を養成する特殊部隊に配属されたが3年後に負傷し除隊。しかし再び工作員の道に引き込まれ、中国での脱北者送還・韓国人拉致、韓国人との同居、出産、中国朝鮮族男性との結婚など複雑な過程を経て、01年に脱北者を装って韓国入りした。

 脱北者収容施設での教育の後、韓国軍部隊を回って北朝鮮に関する講演を五十数回も行い、愛人となった大尉のほか少佐など数人とも交際していた。

 ウォン容疑者は北朝鮮側から毒薬、毒針を受け取り、韓国情報要員の殺害指令を受けたが、知り合った相手を殺せなかったと自供。97年に亡命した黄長〓(ファンジャンヨプ)元朝鮮労働党書記の所在確認にも失敗した。重要情報を握って日本に渡った脱北女性の追跡も指示されていたという。



再び北朝鮮の女スパイについて 8月29日 大島信三

国家保安法違反で韓国当局に逮捕された北朝鮮の工作員、元正花(ウォン・ジョンファ、34歳)の写真が、新聞やテレビで公開された。なかなかの美人である。けさのフジテレビ「とくダネ!」などが伝える彼女の素顔は、これまた映画のようにドラマチック。予想どおりの、おおいに関心をひきつけるスパイ事件だ。

金賢姫のような、正統派工作員とのちがいは、はっきりしている。北の工作員に正統派とか、非正統派の区別をつけるのは、笑止千万かもしれない。ただ、金賢姫と元正花をならべてみれば、前者のほうが、はるかに使命感にもえた筋金入りの工作員であったことは、一目瞭然である。

いい家庭に育った金賢姫は、選抜されて早くから工作員教育をうけた。元正花は、もともとコソ泥である。たくみな逃亡生活が工作員にスカウトされるきっかけになったというのだから、推して知るべし。

もっとも、スパイとしての素質は、元正花のほうが上。彼女を知る男性が、「明るくてポジティブ。外見は清潔で頭もいい」と話していた。端正な金賢姫のほうが、元正花より、外見は清潔で頭もいいと思うが、金賢姫はどちらかというと陰性。男スパイは陰性のほうがいいけれど、女スパイは陽性パイプがむいている。

秀才タイプの金賢姫に頭脳では劣るかもしれない元正花だが、機転のきく点では、金賢姫より元正花のほうが上手にちがいない。結婚相談所へ行って、軍の将校を紹介してもらうなど、目の付けどころがわるくない。

それにしても、北の工作員に軍施設までのぞかれていた韓国当局は、ショックであろう。

元正花がうけた北の指令は、亡命した華長・元書記の居場所をつきとめることだったという。これは重要度ランクからいえば、Aクラス。彼女の工作能力が、北の信頼をうけていたのがわかる。

現時点での北朝鮮の女スパイにかんする情報は、本人の証言であっても、真贋が入り乱れている。どれが真実で、どれがつくり話か、ひとつ、ひとつ精査する必要がある。

たとえばファン大尉との恋物語だ。彼女は、大尉と結婚して北へ戻ることを夢見ていたという。日本への潜入も、その実現のためらしいが、真相はわからない。北の意図する工作のもろもろが、彼女の口から洩れるかもしれない。これからも、ずっとフォローしていきたい事件だ。


(私のコメント)
昨日の株式日記で日本の国会や中央官庁は外国の工作員の巣窟になっていると書きましたが、韓国で日本でも活動していた女スパイが捕まったそうです。これは韓国だから捕まってのであり、日本だったら日本の政治家が手を回して国外追放程度の処分になっていたことだろう。金正日の長男が日本で捕まっても国外退去で住んでしまった事がありましたが、国会議員には中国や北朝鮮の美人スパイによって弱みを握られている議員がかなりいるはずだ。


2005/01/30 「たかじん」スパイ防止法、日本がおかしくなった理由は?など

勝谷
「でも政府が認めてる人数、少ない。政府の中枢まで北朝鮮の勢力が浸透してるから。自民党と、あと社民党は全部」

鴻池
「昭和60年代、スパイ防止法作る動きはあった。防衛庁の宮永という職員がソ連に情報売って捕まった。でも懲役1年。国を売ってる奴が1年ですよ。が、朝日新聞がスパイ防止法の反キャンペーンをやった。あと、ど、・・・土井たか子。自民党にもおる。弁護士の自民党のほとんど」

宮崎
「日弁連」

鴻池
「向こうは弁が立つ。だからつぶされた。今の財務大臣、私は仲がいいが、谷垣もそうだし、落選してる白川も、でぶちんで今閣僚の村上誠一郎も。弁護士ばっかり。日弁連に言われて、朝日新聞の尻馬に乗って・・・」

志方
「宮永事件は、紙を盗んだ窃盗罪のみ」

鴻池
「国を売ったら、どこの国でも死刑か終身刑。日本だけ懲役1年。(スパイ防止については)徹底して国のためにやらないかん」(会場拍手)



(私のコメント)
北京オリンピックでも中国人美女がコンパニオンとして大勢動員されていましたが、中国や北朝鮮には人権が無いから、美女をスパイとして養成して、北朝鮮の女工作員、元正花(ウォンジョンファ)のように韓国軍の少佐と深い仲になって機密を盗み出そうとしていた。

彼女達は命がけだからどんなことでもするだろう。そんなのに日本の国会議員や防衛庁の自衛官などが引っかかるのは簡単なことだ。自衛官と結婚した中国人女性が機密を盗み出していたニュースも以前にありましたが、日本人はスパイに脇が甘いからすぐに罠にかかる。

それでも日本にスパイ防止法が出来ないのは、すねに傷を持つ国会議員が沢山いてスパイ防止法が出来ると困る議員が沢山いるからだ。新聞記者だって美人スパイに狙われやすい職業ですが、朝日新聞などがスパイ防止法反対の大キャンペーンを張った。

だから日本ではスパイが捕まっても1年の懲役で済んでしまうからスパイ天国なのだ。だからアメリカなども防衛機密を日本に出したがらず、イージス艦などの見学も中国軍人に許すなど機密に対する認識に欠けている面がある。

中国や北朝鮮はそれこそ命がけで工作活動を仕掛けてきているのに、それに対する日本の対応は緊張感の欠けたものであり、スパイ活動をしても捕まっても懲役1年なのだから簡単に罠にかかってしまう。防諜組織も無いから日本は国家としての体をなしていない。

中国に行く時も日本人は用心しなければならないのですが、旅の恥はかき捨てで簡単に美女の罠にかかってしまう。国会議員や大企業の幹部が罠に嵌るのも目に見えていますが、日本人だけではないらしい。スパイの本場の英国政府要人でも中国のハニートラップに引っかかったそうだ。


【外信コラム】ロンドンの甃 五輪外交とスパイ戦 8月12日 産経新聞

OO7シリーズで凄腕スパイのジェームズ・ボンドが属しているとされる英対外情報部(MI6)と、防諜(ぼうちょう)担当の対内情報部(MI5)が、北京五輪対策のため多忙を極めているそうだ。

 次期五輪開催国の首脳として北京五輪の閉会式に出席するブラウン首相をはじめ、閣僚や政府高官ら100人以上が最近、訪中の際の心得としてスパイ被害に遭わないよう極秘の指導を受けた。

 英日曜紙サンデー・タイムズなどによると、「北京ではスパイがうじゃうじゃ活動している」「常に尾行がついている」「誰も信用してはいけない」「プリペイド式携帯電話を持参して、帰国したらすぐに捨てる」などの警告が与えられた。

 英政府が神経をとがらせているのは今年1月、ブラウン首相が訪中した際、同行した側近の一人が中国人の美女と一夜をともにし、朝目覚めると公用の携帯端末が美女とともに消える“事件”が起きたからだという。

 女性スパイの「ハニー・トラップ」にはめられたとの見方がもっぱらだ。

 エバンズMI5長官は昨年、英国内における中国のスパイ活動について警鐘を鳴らした。英王立統合防衛研究所(RUSI)のニール・アジア安全保障部長は「携帯電話や携帯端末、パソコンから電子情報を盗むのは簡単で、北京に持っていくのは避けた方がいい」とアドバイスしている。(木村正人)



(私のコメント)
このように美女を使ったスパイ活動は映画だけの話と思っていたら、中国やロシアなどでは多いらしい。政府の機密だけではなく民間人でも産業機密を盗まれることが多い。石原都知事も北京オリンピックの開会式に参加して、「中国には美人が多い」と感心していたが、ハニートラップに引っかかりやすいタイプだけに今後の言動に注意が必要だ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (48)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 郵貯の次の狙いとして、農林... | トップ | 中国と西洋の間には、永遠に... »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参院の民主党会派は過半数割れ。】 (愛信)
2008-08-29 16:07:39
【民主、攻勢へ痛手 渡辺氏ら3氏離党で
国民新党と統一会派を組む参院の民主党会派は百十七議席となり過半数割れ。】

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008082990070837.html

三人が離脱すれば百十七議席となり、過半数の百二十一を確保するに
は、共産党か社民党の協力が欠かせない。

【永住外国人の地方選挙権付与】や【人権擁護法案】など売国政策を
掲げていては、1億総中流階級の日本国民の支持は得られない。


【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi
Unknown (Unknown)
2008-08-29 16:34:14
サムスンが代表的で韓国企業なんて産業スパイで成り立っているような企業ばっかりですしね。
Unknown (Unknown)
2008-08-29 16:52:14
東芝、原子力発電制御システムなどの設計データが入ったHDDを盗まれる
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080522_toshiba_hdd/
東芝が本日、データサーバの外付けHDDなど、
複数のHDDが事業所から盗まれたことを明らかにしました。
HDDの中には原子力の発電制御システムの設計データなどが含まれていたとのこと。
「原子力の発電制御システムの設計データ」と聞くと少し不安感が募りますが、
犯人はいったいどのような目的で盗んだのでしょうか。

当社事業所におけるハードディスク装置の盗難について
http://www3.toshiba.co.jp/power/whatsnew/topics/20080521/index_j.htm
       


▼斗山重工業‘原発技術独立’宣言 (ソウル新聞)
-- “2015年頃、100%国産原発稼動する”
 斗山重工業がまた一つデカイ事を遣り遂げた。我が国の‘原発独立’にピリオドを付けたのだ。
原子力発電所の頭脳である計測制御システムを自社技術で開発した。原発を丸ごと輸出できる
道が開かれたわけだ。
 先日公開試験行事を行ったこのシステムは、原発の状態を見張って制御・保護する核心技術 だ
Unknown (Unknown)
2008-08-29 16:58:45
横浜の中華街で知り合った中国人の内縁の妻に、イージス艦の機密データ入りのHDD盗まれた事件なんて死刑でいいよ。
Unknown (Unknown)
2008-08-29 17:02:17
>日本人はスパイに脇が甘いからすぐに罠にかかる。

スパイだけでなく、誰に対しても甘い。
なにしろ憲法前文で洗脳されているから。
「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
Unknown (Unknown)
2008-08-29 17:16:53
>中国には美人が多い
整形美人もたくさんいると思いますよ
Unknown (神風特別攻撃隊)
2008-08-29 17:50:13
>それでも日本にスパイ防止法が出来ないのは、すねに傷を持つ国会議員が沢山いてスパイ防止法が出来ると困る議員が沢山いるからだ

之は正しい。そうでないと理解できない言動をする人々がいる。土井たか子女史が朝鮮人の二世とは私は知らなかった。
 歌手の都はるみが朝鮮人の二世とは知らなかった。
ネットで知った。
 ふざけたオンなどもで、それを知らなかった俺は馬鹿か?それにしても彼女等はそれがばれた時、どうする積りだっただろう。
 なめきっているのだろうか。只じゃ置かないぞ。
一種の偽りであるが、ごく常識的な人々は、彼女等を排斥するだろう。それが当たり前である。

 それを知っているから、化けたんだろう。
 スパイと同じである。その精神においては。

芸能界にうようよいるそうだが、 
不安定な芸を見せられて、見る人々もなんとなくおかしいと思いながら見ているのだろうが、見るとその不安定さが伝染してくるから、まあ見ないのが無難である。

 彼等は日本国籍を取り、わが国に忠誠をもているなら、話は分かるが、そもそも我々日本人は忠誠と言うことを知らない。知らないと言うことはなんともならない。

 忠誠とは何かを知っている人々は小野寺信氏とか小野田寛郎氏のような行動をする人々である。

 石原慎太郎氏はそうではない。

スパイ防止法を制定するには、此処は日本で外国人が住むところではないと、まず自覚して、何故朝鮮人が住んでいるのか、史那人が住んでいるのか、アメリカ人が住んでいるのかを考えることであるが、それすらぼやけている。

 我々日本人は忠誠とは何かを知らない。
戦国時代を見よ。徳川家康が<武士ほど厭なものはない>と述べている。

 忠誠という事は尊皇思想がわが国へもたらしたものであると私は思っている。

 いずれにしてもスパイ防止法が必要で、TORA氏は、朝鮮、史那ばかりを上げておられるが、アメリカ、ロシアに繋がる人々も多い。
 寧ろこちらの方が問題である。

わが国再建は、核武装とスパイ防止法の制定である。
核武装をするとわが国への投資が増える。
博士のひとりごとから (Unknown)
2008-08-29 18:28:53
韓国からの渡航に「制限」を


北の「マタハリ」逮捕=日本でも活動-韓国
【ソウル27日時事】 韓国の警察や軍などの合同捜査本部は27日、脱北者を装い韓国でスパイ活動をしたとして、北朝鮮工作員の女(34)を国家保安法違反の罪で起訴したと発表した。女は陸軍大尉(26)と性的な関係を結んで機密情報を入手。日本にも昨年から3回入国していた。韓国メディアは「韓国版マタハリ事件」と報じた。時事通信 8月27日付記事より参照のため抜粋引用/写真は李明博(イ・ミョンバク)大統領。AFP 2007年12月20日付記事より参照のため引用。(c)AFP/LEE JONG-SEUNG
----------

甘い罠と女スパイ

 工作活動の常套的な一手に「女性」がある。多くの読者がご存知のことと思う。いわゆる、女性を遣った一手には、「甘い罠」や「女スパイ」がよく知られている。前者は、政治家や要人を篭絡し、弱みを握って「改造」するために用いられているようだ。

 中国、北朝鮮に出かけた政治家が、帰国後に、人が変わったように、それまでとは違うことを言い出す。いわば、以前はそうではなかった政治家が、訪中、訪朝を境に、屈中、親北の政治家に変身したかのような言動をするようになる。とあれば、ああ、この人は「罠」にかかったな、認識して差し支えない。「罠」には、権益や「肝臓」を握らされる事例から、性的関係の弱みを握られる事例までがあり、「甘い罠」はその中で、有効性が高く、且つ安上がりな「罠」と謂えよう。

 一方、標的国の組織や機関、あるいは、その関係者の間に「スパイ」を泳がせて諜報活動を繰り広げる。それが後者である。その中でも、「女性スパイ」は有効性が高いようだ。性を武器に、諜報活動を重ねる。1人のスパイが標的とする「相手」は多数である。表題記事に云く、「捜査本部によると、女は1989年から92年まで北朝鮮で特殊部隊の訓練を受け、99年から2001年まで北朝鮮保衛部の指示の下、中国で100人以上の脱北者送還や韓国人事業家らの拉致に関与した疑いが持たれている」と。相当な人数ではないか。


時事通信記事(8月27日)
----------

「写真や軍事地図、武器情報、軍関連書類などを入手」

 表題に報じられる北朝鮮の女性スパイの行動について、韓国紙(「中央日報」8月27日付)は、このように報じている。云く、「ウォン容疑者は05年に北朝鮮を脱出した後、首都圏内の軍部隊で安保教育活動(講演)をしながら、軍部隊施設を撮影した写真や軍事地図、武器情報、軍関連書類などを入手し、中国にいる北朝鮮保衛局の幹部に伝えてきたという」と。有志の「特亜を斬る」殿ではないが、韓国の軍関係者を「ホルホル」させて、ありとあらゆる情報を吸い取っていた様子が窺える。

 また、関与は当人だけではないようだ。同記事に云く、「また捜査当局は、この女性の活動を支援した継父A(63)を国家保安法の会合・通信容疑で、近隣軍部隊の政訓将校B大尉(25)を国家保安法上の非告示罪容疑でそれぞれ逮捕した」とある。情報の股間を泳ぐ「1人のスパイ」には、必ずそれを手助けする複数の関係者がいる、と指摘されている事例をここに垣間見る思いがする。いわば、日本において、北朝鮮の工作員とそれに幇助する朝鮮総連構成員らの相関関係にも似ているのかもしれない。そうした存在が、韓国人を偽装して日本に入国して来るとあれば、表題のスパイ事件は、日本社会に対する明らかな警鐘と認識してよい。

Unknown (Unknown)
2008-08-29 18:32:47
美人工作員か?
ただの整形でしょ。
小林幸子のほうがきれいだよ。
整形先生も大昔の顔でやってる。
まあそれも日本に潜入する為なんだろうが。
だから韓国とシナとは不法移民が多いから
ビザなし外交などするなといったのに、
当時のバカ小泉と公明創価朝鮮反日族が無理やり民意も反映しないでやるからこんな事に。金の息子をそのまま逃がした、田中まきこも北に送ってやんなきゃいけないね。

Unknown (Unknown)
2008-08-29 18:40:51
>戦国時代を見よ。徳川家康が<武士ほど厭なものはない>と述べている


ばかだね、徳川が鎖国しなかったら、今頃日本はアメリカインディアンみたいに虐殺されてたよ。キリストの名を使って侵略する事を見破ったのが日本の武将だろうが。天皇なんて当時は、ほぞぼそとお茶やお花とか俳句などのお家芸で何とか食ってたのに。

天皇のロザリオを読んでみよ。
今の天皇が薩摩と長州のなりかわりなんて知識人は知っている。そんなに天皇を擁護するなら、戦後民間にくだった宮家に援助してやれよ。市営住宅に住んでる人もいるらしいからな。
なんで天皇をあがめる事が日本の誇りなわけ?悲劇の戦争の象徴でないか。アメリカに遠慮して広島、長崎の慰霊にもいけない今の天皇には残念な気持ちしかないね。天皇万歳と叫んで散っていった若い日本の御霊を思うと戦争責任を明確にしない、皇室制度もそろそろ限界なんだよ。まあ一番悪いのは、ユダヤアメリカだがね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

為替と大好きな時間 (デイトレード☆楽しい時間)
為替についてやいろんなことを書いていこうと思います!
日本は一刻も早く情報省を立ち上げるべき (わし的世界見聞記♪)
北朝鮮の女性スパイが話題に成っているようですね。しかし、こんな事は諜報界では当たり前の事です。ハニートラップですね。旧ソ連はもっと凄かったようです。今回の女性スパイが美女かどうかはさて置いて、ロシア女性と来れば世界屈指の美女軍団です。その中の選りすぐり...