株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

少なくとも三菱に燃費不正の確認をした時点で、日産はこの絵を描いてたと思う

2016年05月13日 | 株式

少なくとも三菱に燃費不正の確認をした時点で、日産はこの
絵を描いてたと思う じゃなきゃ、三菱を買い取れないわwww


2016年5月13日 金曜日

「だめだ、破産する」と阿鼻叫喚 「三菱自を日産が救済」で「空売り」派の目論見大ハズレ 5月12日 J-CASTニュース

 軽自動車の燃費データ不正などで、一度は急落した三菱自動車工業の株価。別の車種でもデータを実測していないことも明らかになり、先行きに不透明感が漂うなか、突然、日産自動車との資本業務提携が浮上し、株価はストップ高となった。

 さらなる下落を見越して空売りを掛けていた投資家らは、ネット上に「怨嗟の声」を寄せている。掲示板サイトは「最高額損失になりそう」「破産しちまう」といった悲痛な声で溢れた。

■投資家の焦り「最高額損失になりそう」

 「流石に頭が真っ白でしょ」――。空売りに走った人々へ、ツイッターでこんな言葉が投げかけられている。三菱自動車株は、不正が発表された2016年4月20日以降、急落した。発表前は約850円前後だったものが、約1週間後には一時412円前後まで下がった。

 「このまま下がり続ける」と踏んだ一部の投資家は、空売りをやめなかった。5月11日には、すでに不正が報告された4車種以外の9車種もデータを実測していない可能性がある、と公表された。

 しかし、11日深夜から12日未明に飛び出した日産自動車の巨額増資報道により、情勢はガラッと風向きが変わる。三菱自動車株は、11日もじわじわと上がっていたが、12日午前の東京株式市場は買い注文が殺到。11日の終値は495円だったが、12日10時を過ぎて買い気配のままストップ高の575円(前日終値比80円高)で推移し、そのまま取引を終えた。日産自動車の傘下で経営再建が進むことへの期待感が反映されたようだ。

 こうした動きにより、空売りを続けていた投資家は「大損」する可能性が高くなった。空売りとは、証券会社から株を借りて売り、その株が値下がりした時に買い戻して利益を得る方法だ。

 投資家が集まる掲示板サイトに、

  「だめだー!破産しちまう」
  「最高額損失になりそう」
  「樹海ってどう行けばいいんですか」
  「本気で焦っとる」

といった声が相次いでいる。そんな投資家を「売り豚」などと呼んで煽るユーザーも現れ、まさに「阿鼻叫喚」となった。

専門家「もはやマネーゲーム」

 この先、三菱自動車株の価格はどう推移するのか。ある個人投資家はJ-CASTニュースの取材に対し、

  「これより下がることは考えられません。今までの推移を見ると、三菱自動車株は最高値で2400円前後、最安値でも400円前後です。日産との提携が決まりましたので、余程のことがない限り下がらないでしょう」

と予測する。

 そして明日、16年5月13日の取引については

  「売りと買いの攻防が繰り広げられるでしょう。もはや『マネーゲーム』といった趣ですが......。朝は100円高で寄り付き、終値は50円~80円高に落ち着く。個人的にそう予測しています。それか、連続ストップ高となるかもしれません」

と見る。

 12日、日産のカルロス・ゴーン社長兼CEOと三菱自動車の益子修会長兼CEOは横浜市で記者会見し、両社が戦略的アライアンスを締結したと発表した。日産は三菱自動車の発行済み株式34%を2370億円で取得し、同社の筆頭株主となる。

 
日産は、新規発行される5億660万株の三菱自動車株を、1株当たり468円52銭で取得する予定。この価格は前日終値よりも5.3%低い水準となる。株式の取得は、16年末までに全ての手続きが完了する見込み。



やっちゃえ日産、手際よく三菱自動車を買っちゃう  市況かぶ全力2階建

◆2000 億円で3割強の出資ということだが、3割とすると、x÷(1+x)=0.3なので、x=0.4285 9億8366万?0.4285=4億2149万  2000億円÷4億2149万=474円 なので、ほぼ時価での出資になる。日産はもっと安く買い叩けたのではないか?

◆日産が燃費偽装を告発⇒三菱自動車炎上⇒株価大幅下落⇒日産が事実上傘下に収める。

日産「まずい…このままではホンダに負ける…手っ取り早く他社を買収して売上高を上げたいンゴ…せや!三菱の汚点をバラして安く買うんじゃ!」
三菱「ォエエェェ」
日産「よっしゃ!半額で買えたんじゃ!」←今ココ


◆うわっ・・やっぱ最低な日産。トロイね三菱は・・。ただでさえ日産車なんて買う奴いないのに・・日産なんかにはめられて。しかしまぁ、最低だな日産は。

◆一回目のリコール隠しバレ → トラック・バス部門分社化 → 二回目バレ の流れですよ
ダイムラーは欲しかったトラック・バス部門だけ手に入れて帰っていきましたよ
今回も日産が軽自動車部門だけ持って帰る流れかと思ったけど、三菱自工全体を引き取るのには驚き

◆たった 2,000億円で、開発(軽と四駆他)と販売チャンネルを抱き合わせでゲット出来るんだから、三菱自工が傘下に置けるなら安い買い物だ
まだ3割確保しただけだけど、市場価格のままで株を抑えたのは三菱自工の主要投資家(御三家)への懐柔(メッセージ)でしょ
貴方たちの持ち分はこれ以上棄損させないようにしますんで(我々(日・ル)もこれ以上の下落は困る)、良しなに~ 的な?

筋書どうりなんで 笑いっちゃいました 日産は燃費不正に
初めから気付いていて軽自動車の技術を狙うために 時が来るのを待ってました 週刊文春もトップにしないから

まあ従業員が救われるのがなによりです

少なくとも三菱に燃費不正の確認をした時点で、日産はこの絵を描いてたと思う
じゃなきゃ、二月に自社株買い、今日、増配しつつ、三菱を買い取れないわwww

三菱を買うとき、株主の反発を抑えるため、用意周到に準備してる
さらに、三菱の工場と作業員も手に入ったから、数年かけて上層部や技術屋関係のゴミを処分だろうな



(私のコメント)

株は、インサイダー情報が入らないと儲からないと書いてきましたが、5月2日にはインサイダー筋が買いに入っていたような動きがあります。800円台だった株が400円台になって買い時だと判断されたのでしょうか? もちろん日産のゴーン社長の周辺が買えばインサイダーになりますが、いち早く日産が三菱自工を買収に乗り出すと言う情報が入ったのでしょう。

軽自動車ばかりでなく、他の車種にも不正があったというニュースが出てダメ押しになりましたが、5月2日から大量の売買が行われている。11日から一気に400円台から13日には600円台まで急騰するのでしょうが、この動きを読めた人が居たのでしょうか? 私もまさか日産が三菱自工を買収するとは読めなかった。

今日の13日には空売りの買い戻しが入っていくらで値がつくか分かりませんが、空売りをしていた人は地雷を踏んでしまった。三菱と言う財閥企業だから倒産は無いと見て買った人もいたかもしれません。しかし三菱御三家も今は状況が悪く三菱自工を救済するだけの力は無かった。

ニュースでは、軽自動車部門だけ日産が引き取るという見方がありましたが、日産が三菱自工を買収する事でWVやトヨタに並ぶ規模の会社になる訳であり、ゴーン社長の手腕に期待がかかります。しかし買収された三菱自工は腐りきった会社であり、よほどのリストラをしないとお荷物を背負い込むことになる。

しかし最初から考えれば、三菱の軽自動車の燃費不正は日産側から指摘されたものであり、それが公になったというのはどういう事なのだろうか? 普通なら内々に処理されるべきものですが、リークする事で三菱自工は大ピンチになる事が分かりきっていた。ゴーン社長が仕掛けたシナリオかも知れませんが、手際が良すぎる。

大株主や経営陣などの根回しは、前々から慎重にしておかなければできる事ではない。インサイダー情報はこのような所から漏れ出て、極秘情報として大口のファンドなどに流されるのだろう。ゴーン社長にしてみれば、一気にトヨタやフォルクスワーゲングループに並ぶわけだから、買収に成功すれば大社長だ。

家電でもシャープが、鴻海の郭台銘会長に買収されましたが、日本の名門の大企業が一気に外資に買収されるのは時代の流れを感じさせます。日産自体がルノーの傘下であり、個性の強い外人社長でないと大企業のリストラは難しいのでしょうか。シャープにしても東芝にしても三菱自工にしても、社長は社内では絶大な権限を持っていて大権力者でも、経営能力が伴っているわけではない。

ゴーン社長も郭台銘会長も即断即決が出来る経営者であり、判断に間違いが無いから会社を建て直して大きくしてきた。会社経営の根幹にかかわる事が社長が知らなかったというのはありえないのですが、責任を担当重役に押し付けて自分は逃げてしまう。東京電力でも同じだ。

しかし大企業成るがゆえに倒産させれば、数万人規模の労働者が失業するから潰せずに、国によって救済されるか買収されるかして企業は継続される。だから大企業ならば倒産はしないと言った驕りがあるのでしょうが、いくら社長に権限を集めても経営能力が伴わなければ意味が無い。しかし経営能力は若い頃からの実績で判断されるべきであり、年功序列で社長になっていては会社がダメになる。


コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加