オーストラリアに住んでみれば

南国暮らしに憧れて、住み始めたオーストラリア。
住んで、暮らして、初めて分かる、色々な体験談をお披露目いたします。

オーストラリア 親子関係 事情

2017-06-10 15:54:17 | 日記
オーストラリア人の間では、日本人のママと子供の関係は、すごく近い、と言われています。


それで、夫がヤキモチを焼くという話も、ちらほら聞きます。


でも、生物としては、それは普通の事で、


女は自分の子孫を生き抜いていかせるために、教育するもだと思うのです。


日本にいる時、よく、”夫は仕事ばっかりして、子供の教育の事、ちっとも一緒にやってくれない”


と言う奥さんの言葉を聞いたことがよくありましたが、


辛い経験のない、独身時代の私としては、〝それ、どこが悪いの?〝と思っていたくらいです。


実際、オーストラリアの男性は、すごく子育て???に熱心な人が多いです。


皆でキャンプに行ったり、旅行に行ったり、、、そりゃあ、有り難いです。



で、それが毎週で、おまけに毎日お料理までしちゃう…片付けは、ママがするんだけど、


子供は、パパのお料理美味しいって、大喜び!



だって、そのお料理、何日分の生活費使ってるの?っていう高級素材なんだから。



暇があれば、無くても、お仕事辞めてさっさと早く帰ってくれば、子供と一緒に遊んでくれるんです。


ママを放っておいて、何処かに行っちゃう。



それでママはゆっくりできるわ、と、油断してると、子供がパパばっかりになついて、


ママの言うことなんて聞かなくなってきちゃう。



おまけに、ママが叱ったり、厳しいこと言うと、パパの方に逃げてしまうし、



おまけに、パパは、子供の前で点数稼ぎします。



〝そんなこと、言ったら子供がかわいそうじゃないか〝


〝それは、この子には向いていない〝


〝僕の子供に、ひどい事をするんじゃない〝  


〝何が欲しいんだい?パパが買ってあげよう〝 



何もひどいことしてないし、子供には教育は必要で、向き不向きは、才能のある人の言うことで、



一般の人には、努力することしか、才能には繋がらないのです。




言って悪いけど、そういうお父さんに限って、お仕事は大してできない、か、しょっちゅう、お仕事変わってる。


で、も一つ言っちゃ悪いけど、オーストラリアはそういうお父さんが、すごく多い。


そうなったら奥さんはどうするかと言うと、自分がさっさとお仕事に出ちゃうか、


お父さんに負けないように、子供のご機嫌取りをするのです。



〝ね、これあげるから、言うこと聞いてね。ママのこと好きでしょ?〝


みたいな。



其れって、違うんじゃないですか?


お母さんは、子供に好かれるとか嫌われるとか、一切考えないし、ただただ子供の幸せのためだけに、



怒ったり、文句言ったりしながらも、献身的に愛するもんじゃないんですか?



私が、結婚して間もないころ、どうしても前夫にマリファナを辞めて欲しくて、



お義母さんに相談したことがあります。



その時のお母さん、


〝私は、あの子との関係が悪くなると嫌だから、何もできません〝 


何てお義母さんだろうと、最初はびっくりしましたが、よく見ていると、こういうお母さん、


オーストラリアではよく見ます。 


お父さんがああだから、こうなるのかなぁ、と。



実際、うちの子供の学校で、勉学の優秀な子供とのお付き合いもあるけれど、


お父さんはお仕事に夢中で、成功もしてるし、


教育ママで、日本のママのように厳しいのです。


その中で、子供は子供なりにやりくりしているのです。


今は死語?の、


〝良妻賢母〝  と言う言葉、私好きだなぁ~。


お互い助け合うのは大切だけど、本分を忘れたらいけない。 と思う。



私は、オーストラリアのパパに言いたい。


〝あなた、他にやることあるでしょ?〝


 〝それは、私のお仕事〝






PS 写真は、うちの前によく来る、子だくさんのアヒルです。




























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーストラリア タバコ事情 | トップ | オーストラリア バケーショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL