人外花境

暇人の何でも自然観察日記
主に野歩き山歩き旅歩きの写真ブログです

(ブログ人時代の写真は画像クリックで拡大)

アホな写真でアホな話

2017年06月24日 | 写真



今日は手稲山の頂上でフキとワラビを採ってこようと思っていたが、雨が降ってきたので中止。
山の上の気候は一ヶ月遅れなのでまだ食える、暇つぶしに過去ネタ写真でアホな話でも。



水平線は一直線です、でもぐるっと360°見渡すと円いのです、どうしてでしょう。



空はペタッとした書割のようなもの、でも寝転がって上を見ると半球状です、どうしてでしょう。



青空に星が出ています、どうしてでしょう、月夜の風景です。



水辺(サンズイ)に人(者)と書いて渚、だからここは渚、恋人同士の足跡、右が彼氏で左が彼女。



これは朝日でしょうか?夕陽でしょうか?写真を見て分かるわけが・・・あるのです。
デジカメ写真ですから画像データーが付いています、ちなみにこれは2017/05/19 4:50。
GPS機能が付いていれば撮った場所(緯度経度)もばれてしまいます。



これは林でしょうか、森でしょうか、どっちでもいいと言われればそれまでですが、では林と森の違いとは。
広辞苑で林とは「樹木の群がり生えた所」森とは「樹木が茂り立つ所」どう違うんじゃ、わたしゃ怒るぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の一枚 シウリザクラ

2017年06月23日 | 野の花山の花



バラ科 シウリザクラ、ちょいと時期外れ、花が変色。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の一枚 ハクウンボク

2017年06月22日 | 野の花山の花



エゴノキ科 ハクウンボク(白雲木)白い花の集まりを空にたなびく白雲に見立てた。



ハクウンボクの花と葉っぱ、葉っぱはかなり大きい。



ハクウンボクの葉っぱを逆光で下から見上げる。
木の葉を逆光で透かして見ると、ステンドグラスみたいで綺麗。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今時の道端に咲いている野の花

2017年06月21日 | 野の花山の花



裏山も木々の葉が茂って初夏の雰囲気、今時の道端に咲いている野の花です。



ヒメヘビイチゴ



マツバトウダイ



ツクバネソウ



サイハイラン



クサノオウ



カタバミ



オニノゲシ



オニタビラコ



オオイチモンジ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんてことだ 熊鈴が聞こえない

2017年06月19日 | 今日の雑感雑記



テレビのニュース番組で「熊鈴を付けていたが山菜採りの人が熊に襲われた」に対して
熊の生態に詳しい専門家が「熊の耳はチリーンという高い音に感度が良い」と言っていた。
十数年来カランコロンというカウベルタイプを使用していたが、さっそくチリーンの鈴を買ってきた。
ザックの後ろに付けて歩いてみたら・・・・・??? 音がしない、でも耳元で振ってみると聞こえる。
なんてことだ、老人性高音難聴が進行し、背中で鳴っている鈴の音が聞こえなくなっていたのだ。熊の耳にあやかりたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の一枚 ムラサキヤシオ

2017年06月19日 | 野の花山の花



ツツジ科 ムラサキヤシオ(紫八染) 葉が開ききる前に開花するので若草色との対比が綺麗。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の手稲山は雲海

2017年06月17日 | 野歩き山歩き



今朝起きて手稲山を見たら雲が掛かっていた、頂上からは雲海だ、朝飯もそこそこに出かける。
雲の中はすなわち霧の中、この時間すでに下山する人が居た、雲海の向こうから昇る朝日を観たのか。



霧の中のシウリザクラ。



シダ生い茂る森の中。



時間とともに日が射してきた、雲が下がってきた。



ネオパラ山を雲海が覆う。



日が高くなると雲海が下がる。



石狩湾から雲が押し寄せる。



雲は手稲山の南斜面にも押し寄せる。



雲海を背景にハクサンチドリ、見頃は一週間後か。



頂上に着いた頃にはギンギンの青空。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

砂引草咲いて小洞燕来る

2017年06月16日 | 日記



海へ行って見たら今年もスナビキソウが咲いていた、もうそんな季節なんだな。



季節は巡る、例年通りショウドウツバメが子育てのためこの海岸に渡ってきていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨天緑陰

2017年06月15日 | 写真



雨が降ると草木の緑が一層深くなる



あまやどり



紅一点



アカシアに雨



トチノキ親子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の中で その3

2017年06月14日 | 野の花山の花



6月中旬、森の中も鬱蒼とした緑の世界、これから此処へ入ってゆくには藪漕ぎだ。



雪が解けたばかりの山道、下草もまだまばら。シラネアオイ・サンカヨウなどはこれから咲き始める。



今森の中で最も多く咲いているオオカメノキ。



クロツリバナの花も所々に。



今が満開のシウリザクラ、樹木全体が白くなる。



ナナカマドも咲き始めた。



フッキソウ、ツゲ科の木本です。



ミヤマハンノキの雌花と雄花。



ハンノキ、昨年の球果がまだ残っている。



コシアブラの若葉だよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加