とりあえず沖縄。いや、宮古島に引っ越したい。

いや、だって、宮古島、ドン・キホーテありますぜ?
ちょっとした田舎より、十分都会だと思う。

これはちょっと、やり直そうか?って思う、ワイヤーのルーティング

2017-06-19 16:15:24 | ロードバイク

まぁまぁ、作業を進め行って、ふと思った所、

これは、ちょっと、微妙だなぁってやつ。

 

ハンドルを一番高い位置でセットしてるんで、各ワイヤー、基本長めに取ってあるんだけども、

シフトワイヤーの入り方が、左から右、右から左なので、ボワッと張り出してしまう。

んで、アルミのフレームでやるときには、メーカー出荷時がそうなってても、

まとめたほうがスッキリする場合は、左右入れ替えて、

左から左、右から右にしてまとめてきたわけですよ・・・。

 

んが、これ、カーボンフレームで、入り口の樹脂パーツが両面テープでくっついてるのと、

インナーにオレンジ色のガイドが通ってて、あれから入れ替えるとか、

きれいに出来るんだろうか?

ってのが有って、今までやってこなかったんだけども。

 

そもそも、フロントは、フレームの入り口までアウターで、

リアはフルアウター。

だもんで、受けパーツが異なってるんだけども、それを左右入れ替えてやって、

すんなりに出来ないだろうか?

と、今、考え中。

 

だってこれ、どうやったって、アジャスターの位置とか変になるし、ワイヤーが張り出してかっこ悪い気がするし。

 

 

 

 

いやはや、昨日と、今日で人格が変わってるから、

昨日はOKでも、今日はダメっていう。

 

BBもクランクも着けちゃったけども、ちょっと、出来るかどうか、検証。

 

まぁ、たぶん、出来るけど・・・。

 

 

 

で、検証した結果、たぶん、相当手の込んだ事やらないと、左右入れ替えができそうにない。

だって、フレームからして、右側がフルアウター拒否設定。

 

フレーム内部にライナー入れても、今度は出口側のリアエンドのパーツが、アウターを固定できるようになってないし。

そもそも、フルアウターで使う前提のやつで、か細いライナーに切り替えて大丈夫なのかどうか、疑問が残る・・・。

 

そうなってくると、こざっぱりまとめるんであれば、”ハンドル45°カットでワイヤー悲鳴大作戦”か。

いや、まぁ、平たく言うと、よくある組立の参考で、ハンドルを90°切っても余裕のあるワイヤーの長さで。

みたいな出し方があるんだけども、実際問題、乗車中、自転車こいでるときに90°もハンドルを切ることは無いわけで・・・。

曲がるときには、ハンドル切るのと同時に、車体を傾けるって言う作業も自然にやってるんで、

そこまで舵角を切らなくても曲がっていけるわけですよ・・・。

なので、アウターをちょい短くしても実用上問題ないところにとどめられれば、

それで良いんじゃね?

っていう話です。

 

ということで、作戦敢行後のやつもあとで掲載。

 

 

ジャンル:
自転車
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はい。来た。億万長者。宮古... | TOP | サコッシュって、あのサコッ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics