更新終了

移転先→http://blog.livedoor.jp/bicycle_rairaiken/

比較対象用のジロ仕様とでも。

2016-10-13 19:25:59 | merida

ほんで、17年から登場したレプリカフレームが相当良いもんだから、

もう、これで良いんじゃねぇのか?

って言う話になりはて候な所、ほんちゃんのチームモデルのフレームで、

乗り比べて見るわけですよ・・・。

大体、同じ感じの仕様で。

 

 

何がジロ仕様なのか?って言われると、バーテープがそれっぽい色だから。

もっぱら、知らない人から見たら、「あいつゲイじゃね?」って言われそうだけど・・・。

とか言ったら失礼か。あたしの偏見。ピンク=そっち系って言う。

そもそも、ランプレがピンクだし、そんなことはどうでもいい。

 

 

で、10速で十分と言わんばかりに4700シリーズのTiagra。

 

 

 

これ、今、イギリスから持ってきたらいくらなんだろうか?

105でさえ3万くらいなのに、2.5万とかで買えるんだろうか?

ぶっちゃけ、105とTiagraの差が全然感じ取れなくて、物理的に段数違うくらいならTiagraで良いんじゃねって思ってる人です。

あたし。

 

なので、更に下のSORAでも必要十分に思える気がする。

SORAは使ったこと無いからわかんないけど。

 

ブレーキは違うだろ?って言われそうですが、残念ながら、105でもTiagraでも、

ブレーキだけアルテグラを付けてあるので・・・。

 

どうでもよくホイール持ってきたから、RS010ってやつだったっけか?

後輪がオフセットリム使ってる11段対応で、前後10000円くらいで買えてしまうやつ。

タイヤが23Cなのは、10年選手のクロモリロードに付いてたから。

あのフレーム、25Cタイヤが付かなかったし。

そして、そのフレーム、フランスカラーだったから、タイヤも青にしていた模様。

合ってないったらありゃしないブルー・・・。

 

 

 

まぁ、その、自転車の構成とかはどうでもいい話で、実用的な、ずり落ち防止策でも1つ。

ランプレが使ってる機材でも、メカニックの人が確かやっていたはずなやつで、

シートクランプを2個付けるやつ。

もともとついているやつが、カーボン製でかなり頼りない感じなので、もう一個追加して、

二重に止めるというやつ。

それの応用版とでも言っといて、要は、バンド的な物が付いて、ある程度きつく締まればそれでOKという話。

だったということで、キャットアイのリフレクターを付けてみたり。

どうせ、夜走るのに要るし、有ったほうが良いし。

 

 

んで、ポジションの話、チームモデルを50サイズ、レプリカを47サイズで乗ってるもんで、

それぞれ、付属してきたシートポストを差し替えて運用。

FSAのだいぶセットバックつきのやつと、ほぼほぼまっすぐのやつの交換で、

ハンドル・サドル間はだいたい距離一緒の、サドル位置は膝の皿・ペダル中心で一緒くらいを出しつつ、

ジオメトリーが違ってるから、そこの違いでハンドルが低くなる、いや、なっているくらいの事。

多分3センチ位か?

 

なので、冒頭の写真の通り、ブラケットを上向きに持っていきたく、ブラケット位置を直すのめんどくさかったから、

ハンドルごと上傾斜に固定してあるというぶっきらぼう技。

言っても、そんなに下ハン握ることも無いから、とりあえずこれでいいんじゃね?って言う。

 

まぁ、いいや。

取り合えず、今晩、これに乗って帰ってみよう・・・。

『ささやき』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なにげにマイナーチェンジし... | TOP | サイスポで知るくらいの話。 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics