とりあえず沖縄。いや、宮古島に引っ越したいんだけど・・・。

いや、だって、宮古島、ドン・キホーテありますぜ?
ちょっとした田舎より、十分都会だと思う。でも、今、ブレーキ中orz

安い完組ホイールを、カーボンホイールにリビルドするネタ① シマノ WH-RS010ベース

2017-07-08 11:34:23 | 中華カーボン

これを、どのカテに入れるべきが迷いましたけども、

中華カーボンリムを使ってるから、中華カーボンカテです。

 

ってなことで、これをやる意味がどのくらいあるのか未知数ですけども、

まぁ、いうなれば、15万とか20万とかでロード買って、

ついてるホイールが完成車用の28Hとかのスポークでなく、

完組ホイール的なのがついてる場合、そのままヤフオクとかでポロッと捌いてしまがちだけども、

激安中華カーボンリムを引っ張ってきて、スポークとニップル変えてリビルドすりゃぁ、

結構安いこと、カーボンホイール手に入るんじゃね?

 

って言う話です。

まぁ、今はもう、中華カーボンホイール自体が激安になってるんで、

チューブラーなら、200ドル台前半でホイールセットが買えてしまうかと。

 

それを考えたら、工具とかまで含めてしまうと、多少足が出るんで、

より一層、微妙なことになりそうですけど、まぁ、ネタですので・・・。

 

 

で、とりあえず、せっかく組み立てるんなら、自分が使うわけで、

比較したりとかするわけですよ・・・。

今ついてるホイールが、例のインチキホイールで、カーボンスポークのやつ。

GIGANTEXが作ってる、CARBONAのOEM品な、同じやつがBOMA(たぶんチューブラーだけ)からも出てたやつ。

 

関係ないけど、フロントに58Tアウターとかだもんで、リアが11-28Tだと、軽い方から4段分くらいのギアだけ使ってりゃぁ、

事足りるwww

ケイデンスの計測とかしてないけど、4段目か、あるいは5段目で時速40Kmになってると思う・・・。

 

テスト車両の話はさておき、シマノ箱とリム。

 

ついでに、リム重量

 

50mm クリンチャーで単体が482g

 

で、バラシ前提のベース

 

出来上がり状態で、リムテープも外した状態の重量がそれぞれ

前輪835gと、

後輪1103g

 

合計で1938gだとさ。

 

 

あぁ、そうそう。

組み直し後に、スポークテンションをどうして良いかわからんってな場合。

じゃぁ、最初に測っときゃ良いんじゃね?

ってことで、シマノ出荷時の数字でも。

 

前輪が大体、24~25くらい

 

後輪 ギア側が、25くらい

 

後輪 ギアの反対側が21とか

 

 

ホントのところは、このメーターの数値から、換算表見てNmとかの数値を出して、

って話ですが、このテンションメーター自体が眉唾な感があるので、

このメーターで測った数値が一緒だったら、まぁ、いいか。

というくらいのゆるい感じで。

 

もちろん、スポークを変えても同じ太さ・形状の場合にテンションメーターの数値のままって事です。

エアロスポークに変えたり、太さを変えたりすると、メーターが出す数字が変わっちまいますので、

それだと意味ないです。

 

さて、とりあえず、ばらして行こう。

 

ジャンル:
自転車
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨、梅雨。 | TOP | 安い完組ホイールを、カーボ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 中華カーボン