生命哲学/生物哲学/生活哲学ブログ

《生命/生物、生活》を、システム的かつ体系的に、分析し総合し統合する。射程域:哲学、美術音楽詩、政治経済社会、秘教

風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉2017年2月2日

2017年02月02日 22時18分59秒 | 美術/絵画
2017年2月2日-3
風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉2017年2月2日





















 2017年2月4日(土曜)と2月5日(日曜)には、午後2時と午後4時半から、30分ほどで、
   振り出し技法の実演と解説、その他の技法の解説、
を行ないます。

 また、90cmx60cmで高さ50cmの平面から、立体絵画の仮設(活け絵画)も行ないます。
 皆様ご来場のほど、よろしくお願い申し上げます。


 風間虹樹 個展〈いのち祝祭〉   Title: a festival of lives of Life
・会期:2017年1月28日(土)〜2月5日(日) [無休、9日間]
 時間:11:00〜21:00
・会場:カワチ あべのHoop店内
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30
    あべのHoop 6階
    電話:06-6625-1800
 入場料:無料



風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉2017年1月30日

2017年02月02日 22時07分03秒 | 美術/絵画
2017年2月2日-2
風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉2017年1月30日















































風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉2017年1月29日

2017年02月02日 22時02分12秒 | 美術/絵画
2017年2月2日-1
風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉2017年1月29日



























風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉/カワチあべのHoop店 が開催されます

2017年01月28日 00時48分26秒 | 美術/絵画
2017年1月28日-1
風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉/カワチあべのHoop店 が開催されます








 ↓:仮設的立体絵画です。日替わりします。








風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉/カワチあべのHoop店 のご案内

2017年01月27日 00時37分38秒 | 美術修行
2017年1月27日-1
[=2017年1月24日-1を改訂、削除]
風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉/カワチあべのHoop店 のご案内

   風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉/カワチあべのHoop店 のご案内
                                   2017年1月23日

 このたび、〈アートストリーム2016 カワチ賞〉の受賞者として、
   2017年1月28日(土)から2月5日(日)まで、カワチ画材店にて、
     風間虹樹 絵画個展〈いのち祝祭〉
を、開催していただくことになりました。

 いのち絵画の技法のうち、
    曜変技法(2015?〜未完成20170126現在)、
     振り出し技法(2008?〜2015完成)、
      罅割れ眼玉技法(2010?着手〜2015?完成)、
       地模様技法(2010?着手〜2015?完成)、
        花弁技法(2010?着手〜2014?完成)、
         叩き付け泡立ち技法(2008?着手〜2014?完成)、
          皺付け技法(2008?着手〜2015完成)、
などを使って、風間虹樹が製作した、主に
    5面絵画(正面、右側面、左側面、下面、上面)
の絵画物体たちが展示されます。

 土曜と日曜には、午後2時と午後4時半から、30分ほどで、
   振り出し技法の実演と解説、その他の技法の解説、
を行ないます。

 また、90cmx60cmで高さ50cmの平面から、立体絵画の仮設(活け絵画)も行ないます。
 皆様ご来場のほど、よろしくお願い申し上げます。

 風間虹樹 個展〈いのち祝祭〉   Title: a festival of lives of Life
・会期:2017年1月28日(土)〜2月5日(日) [無休、9日間]
 時間:11:00〜21:00
・会場:カワチ あべのHoop店内
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30
    あべのHoop 6階
    電話:06-6625-1800
 入場料:無料






 アートストリーム2016 カワチ賞受賞作家 風間虹樹
www.kawachigazai.co.jp/WEB_SITE/sp_content_kazama.html

風間虹樹 絵画個展の案内はがき紹介

2017年01月26日 15時49分52秒 | 美術/絵画/曜変絵画
2017年1月26日-1
風間虹樹 絵画個展の案内はがき紹介



美術修行2017年1月1日(日祝):山本雄教展 STREET BLUE MOUNTAIN/STREET GALLERY/住吉(兵庫)

2017年01月10日 23時05分50秒 | 美術修行
2017年1月10日-2
美術修行2017年1月1日(日祝):山本雄教展 STREET BLUE MOUNTAIN/STREET GALLERY/住吉(兵庫)

 10時からの公開制作を、道路向かいの日向から観戦。
 洋金を使っているとのこと。膠ではブルーシートにくっつかないとのこと。
 箔貼りの後は、アクリル絵具を使うとのこと。


 ↑:2017年1月1日 9:55。


 ↑:2017年1月1日 9:57。


 ↑:2017年1月1日 10:01。


 ↑:2017年1月1日 10:31。


 ↑:2017年1月1日 10:56。


 ↑:2017年1月1日 11:49。


 ↑:2017年1月1日 11:59。


 ↑:2017年1月1日 13:08。

 夕方までかかりそうとのことで、昼飯後に辞して大阪へ。

 次の画像は、山本雄教氏による完成後写真。(ただし、縁のあたりを切り取ったり明るくしたりと、少しだけ加工しました。)


 ↑:完成した、STREET BLUE MOUNTAIN。2017年1月1日 18:11。写真:山本雄教氏。
  天晴れ堂々と美しい不二である。



・ 美術作家 山本雄教のウェブサイトです。

・ 山本雄教のブログ










↑:光絵画しました。

風間虹樹の絵画の展示のご案内/ACTアート大賞展/アートコンプレックスセンター/東京都新宿区

2017年01月10日 00時11分03秒 | 美術修行
2017年1月10日-1
風間虹樹の絵画の展示のご案内/ACTアート大賞展/アートコンプレックスセンター/東京都新宿区

 風間虹樹の絵画2点(S50)が、下記のACTアート大賞展にて、展示されます。
 ご楽覧いただければ幸いです。


↑:風間虹樹〈いのち(いのち(いのち))〉。
  空間次元:縦119x横119x深さ7cm(S50正方形)。
  物質構成:麻画布に、ジェッソ、墨、パールメディウム、顔彩、水干絵具、胡粉、膠。
  分類:いのち絵画、または有機的抽象絵画。
  特徴:5面絵画(正面、右側面、左側面、下面、上面)。2層絵画(0、-1)。
  いのち絵画の技法:叩き付け洗い出し、振り出し、短冊切り裏貼り、曜変。


↑:風間虹樹〈いのち祝祭〉。
  空間次元:縦118x横118x深さ3cm(S50正方形)。
  物質構成:麻画布に、ジェッソ、アクリル絵具、油絵具。
  分類:いのち絵画、または有機的抽象絵画。
  特徴:5面絵画(正面、右側面、左側面、下面、上面)。4層絵画(-1〜+2:0、-1、+1、+1-1、+1+1)。
  いのち絵画の技法:薄皺付け、曜変。


☆☆☆ 記 ☆☆☆☆

展覧会名:ACTアート大賞展
  会期:2017年1月10日(火)~1月14日(土)。
  時間:11:00〜20:00、ただし最終日の14日(土)は18:00まで。
  場所:The Artcomplex Center of Tokyo アートコンプレックスセンター
     東京都新宿区大京町12-9 2階、地下1階Hall
      地下鉄丸の内線 四谷三丁目駅 出口1より徒歩7分
      JR総武線 信濃町駅 出口より徒歩7分
     電話:03-3341-3253
 入場料:無料
 ※受賞者発表式 2017年1月14日(土)16:00〜17:00
 ※受賞者発表式後、17:00〜18:00に、歓談の時間が設けられます。


風間虹樹の切り絵画のご案内/SAMURAI展 〜2017冬 大阪の陣〜/181 Building(大阪市北区東天満)

2017年01月06日 23時59分07秒 | 美術/絵画
2017年1月7日-1
風間虹樹の切り絵画のご案内/SAMURAI展 〜2017冬 大阪の陣〜/181 Building(大阪市北区東天満)


 風間虹樹は、下記の《SAMURAI展 〜2017冬 大阪の陣〜》
に、切り絵画を出品します。
 展示形式は、
   吊り
   壁掛け
   台置き
で、この3点を展示します。
 切り絵画の概念を拡張した作品を考えています。


☆☆☆ 記 ☆☆☆☆

 SAMURAI展 〜2017冬 大阪の陣〜
 会期:2017年1月22日(日)〜2月12日(日)
     ただし、水曜と木曜は休館。
 時間:13:00 - 20:00  
 会場:181 Building (〒530-0044 大阪市北区東天満2-3-10)

 主催 SAMURAI
 後援 規工川建設株式会社
 協力 平和紙業株式会社 / 株式会社カワチ / 株式会社鈴木紙工所
    Atelier cypris / Linlow THE ART





美術修行2016年11月25日(火)-2:岩本吉隆 展/ conneXions -記憶と連鎖-/KOBE STUDIO Y3

2017年01月02日 01時55分39秒 | 美術修行
2017年1月2日-1
=2016年12月31日-1に写真を追加した。
美術修行2016年11月25日(火)-2:岩本吉隆 展/ conneXions -記憶と連鎖-/KOBE STUDIO Y3


 グループ展[岩本吉隆、宮崎しずか、上原明子、浮津崇之] conneXions -記憶と連鎖-/KOBE STUDIO Y3/元町駅/入場無料。

http://www.cap-kobe.com/kobe_studio_y3/?p=1723

  「絵の具とオイルがプラスチックの上で混ざり合い不思議なテクスチャーをつくっているのを見つけた。」
http://yoshiiwamoto.com/4545714
という、岩本吉隆氏の作品を見に行った。[画像掲載は作者の了承済み。]
 以下の画像は、岩本吉隆氏によるアクリル樹脂の正方体(=正六面体、立方体)にガラス絵具を配置したものを使って、風間虹樹が組み立て(垂直方向、つまり重力方向に積み上げ、プリズムのように反射するように角度を調整した)、撮影したもの。




























 ガラス絵具を使っているということだった。なお、ガラス絵具は、ダイソーやセリエといった百円売店[100円ショップ]や、ネット画材店でも売っている。
 ・→プリズム効果、角度の問題。
 ・→照明と陰影の問題。

美術修行2016年11月29日(火)-2:内藤伸彦展 —ひびつらなり—/2kwギャラリー

2016年12月29日 10時56分55秒 | 美術修行
2016年12月29日-2 [←=2016年12月24日-1を改定、削除。作者名および展覧会名が間違っておりました。お詫びします。]
美術修行2016年11月29日(火)-2:内藤伸彦展 —ひびつらなり—/2kwギャラリー


 内藤伸彦展 —ひびつらなり—/2kwギャラリー/四ツ橋駅/入場無料。



























 モダンアート協会関西支部展/ホテルニューオーサカ/心斎橋/入場無料。




↑:大辻紀子〈明日へ〉。


↑:大辻紀子〈明日へ〉。


↑:ふくいはるこ[左から順に]〈Temari 1〉、〈Temari 2〉、〈Temari 3〉。

美術修行2016年11月29日(火):森倫章 展/ギャラリー勇斎

2016年12月29日 10時52分43秒 | 美術修行
2016年12月29日-1 [=2016年12月23日-2を改定]
美術修行2016年11月29日(火)-1:森倫章 展/ギャラリー勇斎












 森倫章 展/ギャラリー勇斎/奈良/入場無料。
 (画像掲載は、画廊の了承済み。)














































美術修行2016年11月26日(日)

2016年12月23日 00時19分21秒 | 美術修行
2016年12月23日-1
美術修行2016年11月26日(日)


 老松通りを。

























 廻る端っこが美しい。










美術修行2016年11月20日(日)-2:ヨッちゃんビエンナーレ2016 コラージュ・キュビズム/C.A.P. KOBE STUDIo Y3

2016年12月22日 23時36分06秒 | 学問修行
2016年12月22日-1
美術修行2016年11月20日(日)-2:ヨッちゃんビエンナーレ2016 コラージュ・キュビズム/C.A.P. KOBE STUDIo Y3





 ヨッちゃんビエンナーレ2016 コラージュ・キュビズム/C.A.P. KOBE STUDIo Y3/元町駅/入場無料。






































美術修行2016年11月20日(日):24回国際丹南アートフェスティバル2016神戸展/BBプラザ美術館、、蛇目〈?〉/ギャラリー島田 trois

2016年12月20日 09時53分30秒 | 美術修行
2016年12月20日-1
美術修行2016年11月20日(日):第24回国際丹南アートフェスティバル2016神戸展/BBプラザ美術館、蛇目〈?〉/ギャラリー島田 trois





 第24回国際丹南アートフェスティバル2016神戸展/BBプラザ美術館/入場無料。










































































 ギャラリー島田 trois (まだ開室していない?)のガラス越しに見える、

  絵画 [後日に判明し、また確認したが、ついていた説明板 caption は間違いで、蛇目氏の作品だった。]

が大変面白かった(ギャラリー島田に感謝)。基層または地の層は、木板なのだろうか。それを彫った鑿痕が表面を形成している。そして、ところどころおよそ楕円形の噴火口のように突出している。その内側(いわば斜面)は、数色が輪っか状に塗られているようだ。あるいは層別に彩色して後で掘り出しているのだろうか?。[→再分析して、ギャラリーに訊くべし。]
 噴火口どもは垂直に眺めたときの表面面積的には、それ以外の面積に較べたら圧倒的に少ないので、
     彫刻絵画
に分類できるだろう。ただし、視覚効果への訴えは噴火口どもが担っている。噴火口が、
 彫刻絵画という部類の絵画作品として、鈴木淳夫氏の作品と蛇目氏の作品を上げることができよう。

 鈴木淳夫氏は、そのような作品をカーブドペインテイング と名付けている。「鈴木淳夫は自身の作品を「Carved Painting (彫る絵画)」と名付けた。 木のパネルにアクリル絵の具を何層か塗り、その上から彫刻刀で彫ることに由来している。」(鈴木真里絵.鈴木淳夫 作品(2011年)について.http://suzukiatsuo.art758.com/ja/article[受信:2016年12月20日。])

 SUZUKI, Atsuo / 鈴木淳夫
http://suzukiatsuo.art758.com/ja/
[受信:2016年12月20日。]



 ↑:鈴木淳夫〈〉20**年。(風間虹樹 所蔵)