一 鉄 草 魂

四季が美しい信州を走る鉄道風景を追いかけて…。
線路際から少し離れて花、風、光、山を感じてありのままに写し撮りたい…。

中央東線の車両の傾き

2017-06-18 14:45:00 | 中央東線

中央東線でのカーブで列車のカントや傾きを楽しみました。
特急あすさのE257系が車体をカント分だけ傾けて通過です。
速達性の向上より基本的な快適性の向上に主眼が置かれたE257系。

撮影日 2017.06.03 16:29 すずらんの里~青柳(以下場所同じ)




通勤列車の211系6連貫通編成が長野を目指します。
ステンレス車体が傾いた陽に光るかと思いましたが…。
今や211系は湘南色より長野色が当たり前になってきました。




そして真打の登場でE351系が高速で通過です。
やはり振り子式だけあって車両の傾きが違います。
信州では「381系しなの」を思い出します…。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 片貝を下る「雪月花」 | トップ | 妙高山と牧草地と115系 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。