一 鉄 草 魂  

四季が美しい信州を走る鉄道風景を追いかけて…。
線路際から少し離れて花、風、光、山を感じてありのままに写し撮りたい…。

北大町付近からの俯瞰

2017-12-13 14:45:00 | 大糸線(JR東日本)

大町山岳博物館から場所を移動してみました。
丁度、リゾートビューふるさとが来る時間でした。
桜の枝越しに北葛岳を仰ぎ見ていると列車が来ました。

撮影日 2017.12.03 11:52 信濃大町~北大町(以下同じ)




でんと構えた重量感のある蓮華岳から赤沢・鳴沢岳です。
風が強いようで稜線に雪煙が上がり、輪郭がぼやけていました。
ビューふるさとが山岳都市をゆっくりと通過して行きます。




岩小屋沢岳から爺ヶ岳の眺望に山の大きさを感じます。
里も雪に覆われると、列車の存在感が増すのでしょうか…。
ビューふるさとは警笛1発残して行きました。
此処は「大町市民の森」前からの撮影です…。

鉄道写真ランキング
にほんブログ村
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北大町からあずさ3号を俯瞰 | トップ | 地上から仰ぎ見る三山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (伊那の銀塩カメラマン)
2017-12-13 18:02:17
一鉄草魂 さま

新鮮なアングルですね。一鉄さまの俯瞰撮影にはいつも感心しています。探せばいろいろな撮影場所がありますね。新たなアングルを見つけ出した喜びが伝わってくる気がします。
伊那の銀塩カメラマンさま (一鉄草魂)
2017-12-14 07:01:15
いつも新鮮なアングルを求めているのですが、ついいつもの場所へ行ってしまいます。
視力が良くないので、双眼鏡で確認はしますが、失敗作も数多く…。
地元なので、えっ?というような場所を探し当てたいのですが、中々。
車を降りて直ぐの場所では、見つかりっこないか…。

コメントを投稿

大糸線(JR東日本)」カテゴリの最新記事