名古屋健康禁煙クラブ

禁煙席でグルメする。きれいな空気の場所。名古屋健康禁煙クラブのお知らせです。

<社説>真の禁煙を

2017年11月20日 | 名古屋健康禁煙クラブ
<社説>受動喫煙対策の後退 ざる法にせず真の禁煙を
琉球新報 2017年11月19日 06:01

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-616130.html

世界の潮流は公共の場での原則禁煙だ。学校や事業所、飲食店などでの
屋内全面禁煙を法律で規定する国は約50カ国に上る。努力義務に
とどまっている日本との差は大きい。
 ただでさえ取り組みが立ち遅れているのに、今回の厚労省案には
疑問点が多い。全面禁煙にするのが本来の姿だ。
 政府は来年2月にも改正案をまとめ、通常国会への提出を目指す。
医師会や患者団体などの反対は根強い。拙速に陥らず
、納得のいく国民的議論が必要だ。
 日本は04年に、屋内施設の完全禁煙化を含むWHOの
「たばこ規制枠組み条約」を批准している。
それに基づいた取り組みを速やかに進めるべきだ。
国民の健康こそが最優先である。
『沖縄県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民議員「煙害」を告白 | トップ | 骨抜きの受動喫煙対策 »
最近の画像もっと見る

名古屋健康禁煙クラブ」カテゴリの最新記事