名古屋健康禁煙クラブ

禁煙席でグルメする。きれいな空気の場所。名古屋健康禁煙クラブのお知らせです。

「屋内全面禁止」を原則に

2017年02月22日 | 名古屋健康禁煙クラブ
毎日新聞社説
社説

受動喫煙 「屋内全面禁止」を原則に
毎日新聞2017年2月22日 東京朝刊
オピニオン紙面掲載記事
http://mainichi.jp/articles/20170222/ddm/005/070/130000c


この記事をはてなブックマークに追加

ホシノリゾートの採用方針

2017年02月22日 | 名古屋健康禁煙クラブ
ホシノリゾートの採用方針

採用指針
面接時に、必ず、喫煙の有無を 確認させて頂いております。
あなたが喫煙者である場合には、 入社時に たばこを断つことを
誓約して頂ければ、問題なく選考に進んでいただくことは可能
https://recruit.hoshinoresort.com/tabacco/tabacco.html

この記事をはてなブックマークに追加

愛知県タバコ対策指導者養成講習会

2017年02月21日 | 名古屋健康禁煙クラブ
平成28年度 愛知県タバコ対策指導者養成講習会
平成29年3月9日(木)13時30分~16時30分
名古屋市中区役所ホール 名古屋市中区栄4(地下鉄 栄下車)

定員200人(参加費 無料 要申し込み)

内容:
「禁煙支援のコツ」

講師 亀田総合病院 健康管理支援室
 禁煙支援外来専任看護師 刈込 利衣 氏

「子どもたちをタバコから守るための
教育(脱タバコ教育)」

 愛知学院大学短期大学部歯科衛生学科
  教授 稲垣 幸司 氏

主 催
愛知県・名古屋市
・全国健康保険協会愛知支部
・健康保険組合連合会愛知連合会

申込及び問合せ先
愛知県健康福祉部 保健医療局健康対策課
健康づくりグループ
電 話 052-954-6269







この記事をはてなブックマークに追加

禁煙法案 今国会提出へ

2017年02月20日 | 名古屋健康禁煙クラブ
厚労相 飲食店など建物内の原則禁煙法案 今国会提出へ作業急ぐ

2月20日 13時12分NHKより

塩崎厚生労働大臣は衆議院予算委員会で、飲食店などの建物の
中を原則として禁煙にする法案について、
東京オリンピック・パラリンピックを控えるなかで
早期に対策を講じる必要があるとして、
今の国会への提出に向け、作業を急ぐ考えを示しました。
厚生労働省は他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の
防止策を強化するため、飲食店などの建物の中を
原則として禁煙にする法案の具体的な内容を
検討していますが、飲食やホテル・旅館などの
業界が「一律の規制は問題だ」として反対し、
自民党内からも批判的な意見が出されています。
 塩崎厚生労働大臣は20日午前の衆議院予算委員会で、
「丁寧に準備を進めていくが、海外で屋内を全面禁煙義務とする
法律を施行している国が49ある中で日本は努力義務に
とどまっており、全く不十分だ」と指摘しました。
 そのうえで塩崎大臣は「2020年の
東京オリンピック・パラリンピックなどを契機に
受動喫煙の防止対策を徹底すべきで、可能な限り
早期に実効性のある対策を講じる」と述べ、
法案の今の国会への提出に向け
作業を急ぐ考えを示しました。

この記事をはてなブックマークに追加

受動喫煙防止の強化案 外食など“全面禁煙”に賛否

2017年02月20日 | 名古屋健康禁煙クラブ
受動喫煙防止の強化案 外食など“全面禁煙”に賛否
ワールドビジネスサテライト放送
2月15日(水)

政府与党はいま受動喫煙防止対策の強化案を今の国会に
提出する方向で調整しています。飲食店などのサービス業では
屋内全面禁煙とすることなどが柱の法案です。飲食店の
団体などからは「規制の強化案は厳しすぎる」などの
意見があがっている一方、医師会などは法案を支持しています。
こうしたなか、フィリップモリスのアイコスなど
加熱式たばこに注目が集まっています。火を使わず、
たばこを燃やさないため、有害性成分の発生を
抑えられるとされ、受動喫煙対策に一躍かうとの見方も
あるからです。またアイコスの独走を追随するべく国内最大手JTは
「プルーム・テック」で巻き返しを狙います。たばこの葉を直接
加熱しない方法で、においを少なくしたのが特徴です。
こうした加熱式たばこが規制の強化案の対象から
外れるのかも焦点となっています。
ただ、実際に周りの人の健康への影響は研究中です。
政府は法律の施行までには方針を示すとみられます。

取材先
・JT
・GARB LEAVES
・bar sumica
・日本医師会
・日本フードサービス協会


この記事をはてなブックマークに追加

朝日社説 命を守る視点を第一に

2017年02月20日 | 名古屋健康禁煙クラブ
朝日社説 命を守る視点を第一に
朝日新聞紙面より

(社説)受動喫煙防止 命を守る視点を第一に
2017年2月20日05時00分

政府が検討中の受動喫煙対策を強化する法案に対し、
一部の議員から強い反発が出ている。
だがそれは、たばこ業界や飲食店の代弁に過ぎず、
国民の健康を守るという国の役割を軽く
考えているとしか思えない。
 まわりの人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙によって、
国内では、乳幼児を含めて毎年約1万5千人もの
非喫煙者が亡くなると、
厚生労働省の研究班は推計している。
はた迷惑や好き嫌いの話ではない。命の問題である。
(続きは紙面で)




この記事をはてなブックマークに追加

タバコと人権

2017年02月20日 | 名古屋健康禁煙クラブ
タバコ問題と諸権利に関する考察

舟田 祥友 氏の ページ
http://www.yk.rim.or.jp/~h_okuda/wwf/wss_200308_02.htm



この記事をはてなブックマークに追加

ファミリーマート灰皿設置でで乳幼児突然死を防ぐ?

2017年02月19日 | 名古屋健康禁煙クラブ
ファミリーマート灰皿で乳幼児突然死を
地域活性化包括連携協定に基づく具体的な連携事業

・店頭灰皿の設置位置の変更等を通じた
乳幼児のSIDS(乳幼児突然死症候群)の予防啓発

たばこのけむりが 乳幼児にとって一番きけんなもの。
灰皿を撤去して 防ぐのは普通ですが
ファミリーマート社は
灰皿を設置したほうが

こどもの 受動喫煙を防いだり
へらせるとおもっているようです。

たばこがうれれば どんな場所でも
 灰皿設置していいという人々でしょうか。
「タバコを売りたい いじょう は 灰皿は必要」

この記事をはてなブックマークに追加

警告画面詐欺事件 コンビニスタッフ被害者救う

2017年02月19日 | 名古屋健康禁煙クラブ
警告画面詐欺事件コンビニスタッフ被害者救う

福島民友新聞より

コンビニ店員が機転 60代男性の詐欺被害防ぐ
福島民友新聞 1/25(水) 20:45配信
福島県西会津町の60代男性が、同町にある
コンビニエンスストアの店員の機転で「なりすまし詐欺」の
被害を免れていたことが24日、喜多方署への取材で分かった。

 同署によると、男性が23日夜、自宅のパソコンで
インターネットサイトを閲覧していた際、
突然「警告画面」に切り替わった。

 男性が画面に表示されたサイトに接続するなどしたところ、
外国人のような男から電話があり、プリペイドカード9千円分を
購入するように指示されたという。

 男性は24日午前、同町内のコンビニに行き、
プリペイドカードを購入しようとしたが、
店員が男性に声を掛けたため、
男性は被害を免れた。

この記事をはてなブックマークに追加

アレルギー週間市民公開講座

2017年02月19日 | 名古屋健康禁煙クラブ
アレルギー週間市民公開講座・相談会のおしらせ
「アレルギーとの上手な付き合い方、
食物アレルギーと成人喘息」

2月19日(日)14:00~16:30
名古屋大学大幸キャンパス 東館4F 大講義室

日本アレルギー協会 東海支部
TEL:052-719-1547

この記事をはてなブックマークに追加

路上禁煙促進

2017年02月18日 | 名古屋健康禁煙クラブ
路上禁煙促進 名古屋市 市民の声 より
路上禁煙促進について(平成28年12月)

市民の声 提案内容等

名古屋市昭和区八事交差点から北東方向約200メートルまでの歩道には、
主に大学生向けのコンビニエンスストアやラーメン店が並んでいる。
この通りは行きかう人が比較的多いにもかかわらず、
上記コンビニやラーメン店、大学正門前(敷地の外)では
歩きたばこや順番待ちなどをしながら喫煙している人が多い。
 大学と名古屋市がタイアップしてこの歩道を禁煙にしてはどうだろうか。
ここを通るたびに息を止めているが、
受動喫煙が健康に及ぼす害が明らかである以上、

吸わない人の権利を尊重してほしい。

名古屋市 健康増進課 回答
名古屋市では、「健康なごやプラン21(第2次)」に基づき、
公共の場における受動喫煙の防止を進めるため、
喫煙や受動喫煙が健康に及ぼす影響に関する情報提供及び
普及啓発を行っております。受動喫煙の防止については、
今後とも普及啓発を進め理解の促進に努めてまいります。
(健康福祉局 健康増進課)

名古屋市 作業課 回答
 名古屋市では、「安心・安全で快適なまちづくりなごや条例」に基づき、
人通りの多い場所での喫煙行為によるやけど被害や吸い殻の
ポイ捨てを防止し、公共の場所を安全で快適にするため、
地域の住民や事業者の意見を伺いながら、
名古屋駅、栄、金山、藤が丘の4地区を路上禁煙地区として
指定しております。
 路上禁煙地区では専任の路上禁煙等指導員が巡回し、
違反者には過料を科すことで、路上禁煙の実効性を確保しております。
 そのため路上禁煙地区は、
ある程度範囲を限定する必要がありますので、
当面は地区の拡大をせず、
現行地区での取組みを進めてまいりたいと考えております。
 今後も市民・事業者の皆様との協働により、
喫煙マナーの向上やポイ捨て防止意識の高揚に、
粘り強く取り組み、安心、安全で快適なまちづくりを
進めていきますので、
ご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
(環境局 作業課)


この記事をはてなブックマークに追加

豊田市路上喫煙パブコメはじまる

2017年02月17日 | 名古屋健康禁煙クラブ
豊田市路上喫煙パブコメはじまる
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisei/koho/1009544/1014081/1017777.html
案によれば 禁煙指定するのと同時に豊田氏公認の灰皿を設置するもよう。
 この条例が喫煙場所設置を目的とした条例になってしまっている事で
条例可決成立後の
豊田市が設置する灰皿周囲の
たばこのけむりを 心配する

「豊田市路上喫煙防止条例(案)」について
2017年2月15日 ~3月14日

平成29年11月にオープンするKiTARA(キタラ)により、
中心市街地への来訪者が更に増加することが
見込まれているため、都心のにぎわいづくりと
都市の活性化につなげていきたいと考えています。
一方で様々な人々が集まり、にぎわうことで、
環境美化、防犯・交通安全、喫煙などの課題も
少なからず予見されます。その中でも喫煙は、
人込みでの衣服の焼け焦げや
たばこの火による火傷など直接的な被害の危険性が
あります。また、ポイ捨てによる吸い殻の散乱で
街の美観を損なうおそれもあります。
そこで、路上喫煙を防止し、分煙施策を進めることで、
喫煙者・非喫煙者が共に快適に過ごせる
空間を創出するとともに、市民の安全、
安心及び快適な生活環境の確保を目的に、
新たに「豊田市路上喫煙防止条例(案)」の
制定を検討しています。
つきましては、案段階での条例を公表し、
市民の皆さんのご意見を募集します。

担当 豊田市清掃業務課
電話番号0565-71-3003

この記事をはてなブックマークに追加

塩崎大臣会見(アイコスなど)

2017年02月17日 | 名古屋健康禁煙クラブ
塩崎大臣会見
http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000151317.html

(H29.2.10(金)10:36 ~ 10:51 省内会見室)


(記者)

 受動喫煙対策について、昨日の自民党の厚労部会でも強い反対意見が相次ぎましたが、これについて今後どのように対応し、理解を得ていくのか、また、一部例外を設けることについても、その範囲の拡大を求める意見も出されましたが、改めて大臣のお考えをお聞かせください。

(大臣)

 受動喫煙防止対策の徹底は、施政方針演説にも入っておりましたが、現在、多くの方々が利用される施設等における喫煙を禁止して、違反者には罰則を適用することなどを内容とする法案の検討を進めているところであります。具体的な内容につきましては、昨年、一連の団体ヒアリングをやってまいりましたが、そういったところで出していただいた御意見をしっかりと踏まえて、様々な検討を行っている段階でありまして、昨今の報道でいくつかありましたが、そのような案を固めたという事実はございません。2020年の東京オリンピック・パラリンピックにつきましては、国際オリンピック委員会と世界保健機関の間で「たばこのないオリンピック」について合意しているわけであります。近年のオリンピック開催国や開催都市を見ますと、全てにおいて罰則付きの受動喫煙防止対策を講じているわけです。東京オリンピック・パラリンピックだけでなく、その前の年にはラグビーのワールドカップもございますし、インバウンドを2,000万人から4,000万人に増やすという倍増計画もございます。世界では先進国などほとんどで、受動喫煙防止対策が徹底されていますので、そういった方々においでいただくときに、日本がどのような国に見えるのかということもございますので、受動喫煙防止対策を徹底する法案を今通常国会に提出すべく、多くの方々の御意見をしっかりとお聞きして、御理解をいただきながら、準備を進めてまいりたいと思っております。

(記者)

 受動喫煙の件について、先ほど大臣から通常国会に提出するということでお話があったと思いますが、法案提出の期限が3月上旬に迫っている中で、法案をまとめる議論が紛糾している中、間に合うかどうかということと、部会では拙速にまとめる必要はないという意見も出ていたのですが、改めて今国会の成立を目指すお考えに変わりはないのかお聞かせください。

(大臣)

 変わりはございません。これは今申し上げたように、おもてなしの心を持って海外からのお客様を迎えるということもあり、なおかつ、オリンピックやパラリンピックを行うにあたって、それにふさわしい体制で臨むということです。ワールドカップや、これだけたくさんの外国の方々が日本を楽しんでいただいていますし、スキー場も多くの外国人の方がスキーをされているということを考えてみれば、通常国会に出して、御理解を得た上で成立させて、準備に入って、新しい体制で多くの方々を迎えられるようにしていくべきだろうと思います。


(記者)

 受動喫煙について、iQOS(アイコス)やPloomTECH(プルーム・テック)のような加熱式のたばこについておうかがいします。今、メーカーや各方面から、この加熱式のたばこに一般的な紙たばこと同一の規制をかけることはおかしいのではないかという意見が多く出ておりますけれども、大臣はその点をどのようにお考えかというところと、今国会で提出予定の法案、あるいは実際に規制が始まるタイミングで、加熱式たばこに規制の差を設けるお考えがあるのかをお願いいたします。

(大臣)

 電子たばこや加熱式たばこなどいろいろ言われておりますけれども、新種のものがあります。通常の紙巻きたばこにおける受動喫煙の健康リスクについては世界的にも明らかになっていますので、たばこのパッケージに表示があって、がんのリスクについても書いているわけでありますけれども、加熱式のたばこについては、その可能性があるかないかという問題で、あるならば当然規制をしなければいけません。それは健康を守るということ、そしてそれが他の人にどういう影響を与えるのかということもしっかり見分けていかなければいけないので、影響についてしっかりと科学的に分析しなければいけないと思います。現在、世界でも研究が始まったばかりでありまして、厚生労働省としても、知見の収集に鋭意努めております。何種類かあることを把握しておりますけれども、加熱式たばこの健康影響の評価や受動喫煙防止対策のあるべき姿については、今後の加熱式たばこの健康影響に関する研究によって、何が問題なのかということを踏まえた上で考えていかなけばいけないと思います。今、議論していただいている中で、法律としてこれを書き込むということはまだ予定していません。







この記事をはてなブックマークに追加

塩崎大臣会見

2017年02月17日 | 名古屋健康禁煙クラブ
塩崎大臣会見
http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/0000151604.html

H29.2.14(火)9:16 ~ 9:26 省内会見室


(記者)

 受動喫煙対策について、先週の記者会見で大臣は加熱式たばこについて
どのようにするかについて、法律に現段階で書き込む予定はないと
おっしゃったと思いますけれども、まだ結果的に規制の対象に
するかどうかは決めていないということだと思いますが、
いつごろまでに科学的なエビデンスがはっきりすれば
良いとお考えか、時期的なメドがあれば教えて下さい。

(大臣)

 今回、御提起しようとしている受動喫煙の問題は、他人の健康に
どういう影響がありうるのかという観点から受動喫煙防止法案を考えて、
他人に影響が及ばないようにするということに主眼があるわけであります。
この加熱式たばこというのは比較的新しいものでありますが、
受動喫煙の健康影響の可能性があるならば規制をしなければ
ならないと考えています。皆さん御案内のように、
加熱式たばこは財務省から見れば、たばこそのものでありまして、
たばこ税もかかっています。そして、パッケージにも
紙巻きたばこと同じように注意文言表示がされていて、
有害であるということが書かれているという
位置づけのものであります。そしてまた例えば、
メーカーも主流煙という吸い込むものに発がん性のある
有害物質があることを自ら認めているということでありますが、
主流煙と副流煙があって、まだ副流煙に関してどうなのかという
科学的な知見は明らかになっていません。つまり健康影響が
どうあるかについてはまだ十分明らかではないということを
申し上げたわけで、速やかに研究を進めて施行の時点までには
少なくとも規制の対象とするかどうか判断したいと考えております。
他の国々でどのような規制を今しているのかということを
しっかりと私たちも調べなければいけないということで、
原局から海外の厚生労働省の職員などを通じて
調べているところで、科学的な根拠と、使用することに
ついての規制はどのような関係になっているのか
ということは良く分かっておりせんので、そのような
ことも含めて考えていきたいと思います。前回
申し上げたことは、法律として規制するかどうか
ということを書き込むということはまだ予定していない
と申し上げたところでありますので、引き続き
どのようなことになっているのか良く考えた上で
皆様に御議論をいただき、そして結論を
得ていきたいと考えています。

この記事をはてなブックマークに追加

知っておきたいタバコの害

2017年02月16日 | 名古屋健康禁煙クラブ
知っておきたいタバコの害
静岡県のウエブサイトに
喫煙の害についていろんなリーフレットが
PDFでのっています。

https://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-430/kenzou/tabako/kitsuenboushileaflet.html

この記事をはてなブックマークに追加