真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

木漏れ日の落ち葉道ゆく光明像 光のお御足 木漏れ日滑り   真鹿子(まかこ) 何気なく見ている光景の、光に輪郭が付く時、淡くしなやかな光明曲線が瞬時に描かれる時、

2017-02-14 12:54:38 | 短歌

 

 

 

 

木漏れ日の落ち葉道ゆく光明像 光のお御足 木漏れ日滑り

 

 

こもれびの

おちばみちゆく

こうみょうぞう

ひかりのおみあし

こもれびすべり

 

 

 

 

 

木漏れ日の

 

落ち葉道ゆく光明像

 

光のお御足

 

木漏れ日滑り

 

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

何気なく見ている光景の

 

光に輪郭が付く時

 

淡くしなやかな光明曲線が

 

瞬時に描かれる時

 

私はその光明像を

 

ほんとうに観たのだろうかとか

 

現実なのか幻想なのかはもう問題ではなく

 

今も胸裡に生き生きと描かれている

 

光明像の光のお御足に

 

感動と畏敬の念を抱き

 

清々しい光に満たされるのです☆

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柿の木につる巻きつけてアケ... | トップ | 虫食いの枯れ葉輝き冬立ちぬ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL