真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

暗闇の眼にこそ宿る芽光の芽 極小光る芽 無限大樹の芽  真鹿子(まかこ) 諦めない!絶対に

2016-12-07 17:48:53 | 短歌

 

 

 

 

 

暗闇の眼にこそ宿る芽光の芽 極小光る芽 無限大樹の芽

 

 

 

[くらやみの

めにこそやどるめひかりのめ

ごくしょうひかるめ

むげんだいじゅのめ]  

 

 

∞∞☆

 

 

暗闇の

 

眼にこそ宿る芽

 

光の芽

 

極小光る芽

 

無限大樹の芽

 

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

 

ひとしずく

 

微力は美力

 

ちからのもと

 

 

∞∞☆

 

 

闇の中で闇を観る

 

光点展開(天開)閃くまで

 

諦めない

 

永遠に

 

諦めない

 

絶対に

 

諦めない

 

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

わたしたちは

 

盲点で

 

盲点を穿つ発芽点☆

 

暗闇で芽吹く

 

極小の光の芽です

 

どんな光の葉っぱ

 

どんな光のお花

 

どんな光の香り

 

どんな光の音色

 

どんな輝きを

 

放(花)てるでしょう♪

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想像は創造と連動 想像出来... | トップ | つまり点は、点であると同時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL