真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

ゴッホの靴こころ野あるく秋夕暮れ 夕陽素粒子渦巻きうねり     真鹿子(まかこ)

2016-12-04 20:58:35 | 短歌

 

 

 

 

ゴッホの靴こころ野あるく秋夕暮れ夕陽素粒子渦巻きうねり

 

 

 

〔ごっほのくつ

 こころのあるく

 あきゆうぐれ

 ゆうひそりゅうし

 うずまきうねり〕

 

 

 

 

 

ゴッホの靴

 

こころ野あるく

 

秋夕暮れ

 

夕陽素粒子

 

渦巻きうねり

 

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴッホの靴こころ野あるく秋... | トップ | コスモスの茎曲線が語る秋ど... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ryuke158)
2016-10-02 19:35:17
その都度訪問させていただいています
ただ理解能力に乏しいものですから
内容を掌握できておりません
平均的単純さでいいのか
リカルドゥー的解釈で
いや
ジョルジュ・バダイユ
さては
ジャン・ジュネ
私の頭では中々到達できないでいます
選れば
仏典の世界
単純に私の好きなカール・エドワード・セーガン

でもなさそうですね
どの世界から入ったら素直に理解できるのか教えていただければ幸いです

あるいは謎
それもありですね

単純人間なものですみません
ryuke158さま解釈で☆ (真鹿子(まかこ) )
2016-10-02 23:25:23
ryuke158さま、

こんばんは!

ご訪問ありがとうございます。
わたくしもご訪問させていただいております
四季折々の素晴らしい由布院!
清々しい自然をありがとうございます☆

今は福岡の坂の上のご自宅にいらっしやるのですね。
わたくしの詩の解釈ですが、
ryuke158さんがブログの最新記事で「酒」で
記載していらっしゃる通りryuke158さんの解釈で
お願いいたします。


それにいたしましても、梅錦美味しそうですね^^

花を見て、語りつくせど飲みあきない梅錦☆
きっと風雅で趣のあるお味なのでしょうね。
どうぞ秋の夜長をごゆっくりお楽しみくださいませ♪

いつもブログをご覧いただきまして、
また拝見させていただきまして、
ありがとうございます♪
今後ともよろしくお願いいたします
ご縁ご厚情感謝申し上げます☆



  
カラス (のしてんてん)
2016-10-03 11:33:06
カラスたつ

はるか風行く

ゴッホの畑


(のしてんてん)


昨日コメント書きたかったのですが、ばたばたしておりまして、

昨日の新聞で、盗難事件に巻き込まれた作品の写真を見ました。

見込まれただけあって、充実したいい作品ですね。

よくマフィアから取り戻せたものです。

よかったです^ね^。。

ゴッホこころの麦畑 (真鹿子(まかこ))
2016-10-03 15:08:16
脱苦痛


ゴッホ天へと


麦畑



真鹿子(まかこ)



のしてんてんさま
お忙しい中ありがとうございます。

ゴッホの作品戻ってきて
ほんとに良かったですね。

でも、マフィアの鑑識眼も優れています^ね^


けれども、ウイキペディアによりますと、
ゴッホ晩年の「カラスのいる麦畑」は、
絶筆とされていますが、絶筆でもなく、
また、黒い鳥がカラスであるという根拠もなく、
鳥の色も実際には、黒だったかどうかも不明で、
自殺とされていることも、ゴッホ自身が負傷したまま、
下宿先にたどり着いたのちは、何も語らなかったことや、
発砲時の目撃者もなく、現場も特定できなかったこと、
右利きであったはずなのに、弾丸の入射角が不自然であったこと、
使用された銃器も発見されなかったこと、などなど、
不明な点も多く、不可解な点も報告されていて、
別のサイトでは他殺説も浮上しているようですが、
絵画の制作活動に没頭している時以外は
ほとんど苦悩と苦痛のただなかにあったゴッホには、
カラスも麦畑も、友であり安らぎの場あり、
三次元意識から宇宙意識への解放の時だったのでしょうね(涙) 


いずれにしましても、
ゴッホの行方不明になっていたこころ☆
作品がもどってきて良かったです♪

また、無限次元につきまして、
コメント欄にお伺いさせていただきたく存じますので、
よろしくお願いいたします。

今日も善き日をお過ごしくださいませね
お心遣い感謝申し上げます☆
聖職者 (のしてんてん)
2016-10-03 18:57:41
一度は聖職者だったゴッホですが、

そのいちずに思い詰める性格が、人を救うという考えに宗教を逸脱していきますね。

人の幸せ、それは己の幸せにつながり、己の幸せは絵を通して得られる。

その思いに向って無防備に突っ走ったのではないかと思えてなりません。

一筆一筆に真実を込めていく。その理想に向かっていけばいくほど、実生活では変人扱いを受ける苦悩。

私にはできない苦行というしかありませんね。

そんな作品を、死後、一部の人間が何億もの値をつけて利殖を増やす。

マフィアもひどいですが、そんな人の世も悲しいです。

モジリアニもそうですね。
宇宙無限力の無限の未知数 (真鹿子(まかこ))
2016-10-04 05:35:07
のしてんてんさま、

おはようございます!

そうですね。ゴッホは、お父様も
牧師さんをなさっておられましたし、
神心に導かれ伝道活動を行っている間に

人の幸せ、それは己の幸せにつながり
己の幸せは絵を通して得られるという
画家魂に目覚められたのでしょうか

確かに、一途な思いに無防備に突っ走る性格は、
モジリアーニと共通性がありますね。 
モジリアーニの行動も過激で悲劇的です。
けれども、モジリアーニの絵画、首の長い肖像画のなかにも、 
聖者のイコンのような聖なる静けさ湛えている絵画がありますね。
のしてんてんさんのおっしゃるように、
一筆一筆に真実を込めて行かれたのだと思います。
のしてんてんさんも、理想にむかって
苦行をなさっておられるではありませんか

今後ともよろしくお願いいたします☆

宇宙意識を具現化できる無限力
無限の未知数を育みましょ^ぅ^!

いつも有り難うございます。
ご厚情感謝申し上げます☆



 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL