真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

石一個無限素粒子渦巻く冬 不可視不可思議素粒子竜となり  (真鹿子) 今この瞬間も、宇宙の四方八方から、わたしたちの全身全霊に注ぎこみ、360度全方向へ隈無く放射されてゆく、不可視不可思議素粒子流星群

2017-06-25 23:21:58 | 短歌

 

 

 

 

 

石一個無限素粒子渦巻く冬 不可視不可思議素粒子竜となり

 

 

いしいっこ

むげんそりゅうしうずまくふゆ

ふかしふかしぎ

そりゅうしりゅうとなり

 

 

 

石一個

 

無限素粒子渦巻く冬

 

不可視不可思議

 

素粒子竜となり

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

 今この瞬間も

 

宇宙の四方八方から

 

大気をつらぬき屋根をつらぬき

 

地球をつらぬき床をつらぬき

 

わたしたちの全身全霊に注ぎこみ

 

360度全方向へ隈無く放射されてゆく

 

不可視不可思議極美素粒子流星群 

 

毎秒何兆個もの不可視不可思議素粒子エネルギーを

頂いているわたしたち

 

わたしたちを構成している

天文学的無数の素粒子エネルギーと一体となり

不可視不可思議素粒子竜となり

渦巻きうねり一瞬無限大に

生かせて活かせて行かせて頂いているわたしたち 

 

宇宙同根多種多様万物一体の

それぞれの個性に潜在している

この不可視不可思議素粒子竜力を 

生かせて活かせて行かせて頂こう!

 

想像は創造と連動!

想像出来ることは創造出来ること☆

 

 

わたしたちの

 

肉眼で見える世界の

 

周辺背後内部には

 

肉眼では見えない世界が

 

無限にひろがっている

 

わたしたちの

 

今のこの感覚で知覚している世界の

 

周辺背後内部には

 

今のこの感覚では知覚できない世界が

 

無限にひろがっている

 

つくづくと

 

見れば見るほど

 

未知なるもの

 

既知なるものこそ

 

未知なるもの

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

今も奇跡的に発生している

 

この摩訶不思議奇跡宇宙に

 

知り尽くすなどということは

 

あり得ない

 

想像を絶する輝き

 

閃き見入って見出す!

 

未知なる輝き

 

未知なる歓喜を

 

見だそう!!

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

想像を絶する奇跡!

 

摩訶不思議宇宙ビッグバンから

 

今も、

 

奇跡的に発生している

 

この摩訶不思議奇跡宇宙の

 

宇宙同根多種多様万物一体

 

色即是空空即是色空間の

 

有ると同時に無く無いと同時に有る

 

有るか無きかの

 

儚くも貴い

 

唯一無二!かけがえない

 

この今!この一瞬があることこそ奇跡!

 

宇宙同根多種多様万物一心同体の

 

宇宙フラクタル極微ビッグバン一瞬無限大を生きる

 

われわれ、摩訶不思議奇跡宇宙の、極極小一部

 

この摩訶不思議奇跡宇宙の

 

有限体であると同時に無限体である自身を自覚

 

宇宙極微構成因子の一因子として

 

極微奇跡力が発揮出来ますよう 

 

極微力を究め

 

より善き存在となるべく

 

試練研磨のより善き方向へ

 

直往邁進今革命!

 

今常に革命更新(行進)中

 

宇宙聖命(生命)ほとばしる

 

命の革命!

 

意識改革!自己革命だ!

 

 

真鹿子(まかこ) 

 

 

明日死ぬかのように生きよ

永遠に生きるかのように学べ  マハトマ・ガンジー

 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新呼吸!身体素粒子ときめく... | トップ | わたしたちだって究極的には... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご教示を!切に! (izukun)
2016-11-13 20:23:41
こんばんは

短歌どしろうとのモノですが、goo編集ページから、形にこだわらぬ歌詠みのお方と勝手に思い込み、参上いたしました。

実はこの春から、まったくひょんなことで短歌のまわりを少々ほっつき歩くこととなりまして、歌人のこころはわからん、という結論に至った俗物です。

で、どうしてもわからんことがありまして、もしご教示いただけましたら望外の幸いです。

拙ブログの下記アドレスの10首目に、

http://blog.goo.ne.jp/izu92free44/e/d4d29ccc2de5e2ea98cb61ef9b818666

「二つのつがひ」という原歌に対し、評者は「二羽の丹頂」と書かれています。
これはどういうことなのか、歌人の常識でいくとどんなものか、是非、お教えください。
私の疑問は、記事に追記してありますが、これがずっと引っかかったままで、
気持ち悪くてしょうがないのです。

不躾なお尋ねでまことに恐縮ですが、年末を控え、門外漢にて他にお尋ねする宛もなき故、なにぶんよろしくお願いいたします。
真鹿馬鹿人です。 (真鹿子(まかこ))
2016-11-14 01:07:22
izukun様

はじめまして、

お尋ねの件でございますが、
わたくしこそ永遠の素人でございまして、

その上、真鹿子の真鹿不可思議歩記は、
同時に馬鹿子の馬鹿不可思議歩記でもあり、
真鹿子は同時に馬鹿子でもあり、

残念ながらわたくしは
歌人ではなく、真鹿馬鹿人でございます。

歌人の方の常識というものも、
どのようなものなのでしょう
まったくわかりませんし、
わからないことばかりです。

従いまして、izukun様に
ご教示させて戴けますような知識も才覚もなく、
見当違いの感想を申し上げまして、
ご迷惑をお掛け致しましてもいけませんので、
誠に申し訳ございませんが、この度のお話は、
ご遠慮させていただきたいと思います。

むしろ、小紋潤さんとおっしゃる方に
お詳しい方に、お尋ねになられたら如何でしょう?
その方法がもっとも的確でベストだと思いますが、
お力になれなくて申し訳ございません。
ご訪問有り難うございました。
寒くなってまいります。
どうぞご自愛くださいますよう☆
ありがとうございました。 (izukun)
2016-11-14 09:43:44
お返事ありがとうございました。
本人はちょっとものを尋ねる状態にはなく、歌詠みの知り合いは皆無にて、苦し紛れに失礼をいたしました。

ここ数日は暖かいですが、やがて本格的な寒さがやってまいります。どうぞ、お大切に。
また、コメントなしにて、お邪魔いたします。
宇宙の一点である地球の一点 (真鹿子(まかこ))
2016-11-14 11:53:03
izukun様

こんにちは!

こちらこそお役に立てずに申し訳ございませんが、
今後とも宜しくお願い致します。

実にわたしたちは常に 
可能性無限大!このエキサイティングな宇宙の一点である
地球の一点で、生かせて活かせて行かせて頂いております!

今日もどうぞ善き日をお過ごしくださいませね♪
お心遣いご訪問感謝申し上げます☆



 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL