真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

黒髪のオーロラ腰へと流れゆき宙宇せせらぐ和琴(わごん)の音色よ  真鹿子(まかこ) 何故か平安時代風心象風景 豊かな黒髪の淡いグリーンとブルーの発光現象オーロラは 月姫の肩から腰へと十二単のように流れ

2016-12-07 18:38:39 | 短歌

 

 

 

黒髪のオーロラ腰へと流れゆき宙宇せせらぐ和琴(わごん)の音色よ

 

 

くろかみの

おーろらこしへとながれゆき

ちゅううせせらぐわごんのねいろよ

 

 

 

 

 

黒髪の

 

オーロラ腰へと

 

流れゆき

 

宙宇せせらぐ

 

和琴(わごん)の音色よ

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

 

何故か平安時代的心象風景

 

豊かな黒髪の淡いグリーンとブルーの発光現象オーロラは

 

月姫の肩から腰へと十二単のように流れています。

 

流れ星製の和琴をうっとり奏でている月姫

 

楽曲は、

 

なんと「しょう しょう しょじょじ♪しょじょじのにわは♪

 

つ つ つきよだみんなでてこいこいこい♪おいらのともだちゃ

 

ぽんぽこぽんのぽん♪」の証城寺の狸囃子に似ていますが

 

名付けるならば、ちょうど 

 

不可思議コスミック調しょうしょうしょじょじでしょうか♪

 

清澄妙なる心象風景との出会いに感謝です☆♪

 

 

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤とんぼ複眼ルビーまっしぐ... | トップ | 萩しずく月影映ゆる極微の美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL