真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

蝸牛えりあしどこか舞妓はん 舞い舞い舞って銀河も渦巻き〔かたつむえりあしがどこかまいこはんまいまいまってぎんがもうずまき〕  真鹿子(まかこ) ☆推敲更新☆

2017-09-05 10:53:39 | 短歌

 

 

 

 

蝸牛えりあしどこか舞妓はん舞い舞い舞って銀河も渦巻き

 

 

 

かたつむり

えりあしどこか

まいこはん 

まいまいまって

ぎんがもうずまき

 

 

 

蝸牛

 

えりあしどこか

 

舞妓はん

 

舞い舞い舞って

 

銀河も渦巻き

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

舞舞(まいまい)は奇しくも蝸牛の異名。

舞舞(まいまい)の語源は、

蝸牛の角を振る様子を見て

子供たちが「舞え舞え」と

囃したところから来ているらしい。

また貝殻がが渦を巻いているため、

「巻き巻き」から来ているという説もあります。

 

 

 

いずれにしましても、

宇宙同根多種多様万物一体

森羅万象万物すべてがそれぞれ

宇宙と同素材である 

素粒子で構成されている

宇宙そのもの宇宙の極小一部

宇宙渦フラクタル構造の極小一部

 

蝸牛

フラクタル渦一個持ち

銀河の渦とともに渦巻き

 

私たち人類もしかり

宇宙と同素材である

素粒子で構成されている 

宇宙そのもの宇宙の極小一部 

宇宙渦フラクタル構造極小一部

 

人類もまた

極小フラクタル人型渦巻き

宇宙の渦銀河の渦と

ともに渦巻く

極小一瞬無限大宇宙だ

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝸牛えりあしどこか舞妓はん... | トップ | 天の草 心魂太き 心太  ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マイマイねじまき (のしてんてん)
2017-08-03 00:18:32
マイマイねじまきまみむめも・・・

北原白秋の「あめんぼの歌」を思い出しました

可愛いものですね。

なんでもそうかもしれませんが、無防備の、無垢な姿には心を動かされます。

最後の正面からの写真も話しかけたくなるほど雰囲気を持っていますね。

もうすぐ夕立が来るのでしょうか。

今日も一雨欲しい一日でしたね。





☆宇宙聖なる母音子音讃歌☆ (真鹿子(まかこ))
2017-08-03 11:12:13
のしてんてん様

おはようございます!

マイマイねじまきまみむ^も^♪

北原白秋先生の、宇宙聖なる母音子音讃歌☆
朗読させて頂いていますけれど、偉大です。


実際私たちは、
常に言葉では表現できない感動の
最中にいるのですよね。

なにしろこの摩訶不思議奇跡宇宙、
私たちが認識できているのは、
ほんのわずかな表層、
その表層も奥行き深遠ほとんど未開、未知領域。
私などは瞬間瞬間が冒険!常に探検隊で^す^


のしてんてん画伯は、
この言葉にできない感動を
絵画に表現なさっておられると思いますが、

龍といいましたら宇宙エネルギー宇宙そのもの、
私たち万物を構成している素粒子も、
素粒子龍エネルギーですから、
私たち万物もそれぞれが龍なのでしょうね。

のしてんてん龍画伯が描かれます龍☆楽しみです♪

今日もどうぞ充実した1日をお過ごしくださいませね☆


カタツムリの君とは
よくニラメッコ交流させて頂いていますけれど、
のしてんてん宅のお庭にも、
カタツムリ君暮らしているでしょうね♪

いつかカタツムリ宇宙も描いて頂きたいです(=^ェ^=)☆


感謝一念

まかこ 拝

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL