真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

蝸牛えりあしどこか舞妓はん 〔かたつむりえりあしどこかまいこはん〕  真鹿子(まかこ)  ☆推敲更新☆

2017-09-05 10:52:58 | 俳句

 

 

 

蝸牛えりあしどこか舞妓はん

 

 

かたつむり

えりあしどこか

まいこはん

 

 

 

蝸牛

 

えりあしどこか

 

舞妓はん

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

舞舞(まいまい)は奇しくも蝸牛の異名。

舞舞(まいまい)の語源は、

蝸牛の角を振る様子を見て

子供たちが「舞え舞え」と

囃したところからから来ているらしい。

また貝殻が渦を巻いているため、

「巻き巻き」から来ているという説もあります。

 

 

 

いずれにしましても、

宇宙同根多種多様万物一体

森羅万象万物にすべてそれぞれが

宇宙と同素材である

素粒子で構成されている

宇宙そのもの宇宙の極小一部

宇宙渦フラクタル構造の極小一部

 

蝸牛

フラクタル渦一個持ち

銀河の渦と

ともに渦巻き

 

私たち人類もしかり

宇宙と同素材である

素粒子で構成されている

宇宙そのもの宇宙の極小一部

宇宙渦フラクタル構造極小一部

 

人類も

極小フラクタル人型渦巻き

宇宙の渦銀河の渦と

ともに渦巻く

極小一瞬無限大宇宙だ

 

真鹿子(まかこ)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鷺草の 静止の飛翔 花羽の... | トップ | 蝸牛えりあしどこか舞妓はん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL