真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

すべてがわたくしの中のみんなであるように みんなのおのおののなかのすべてですから   〔宮沢賢治 心象スケツチ  春と修羅  序 〕      

2017-05-13 16:32:58 | 光明観世音菩薩 宮澤賢治師の詩

 

 

 

 


宮沢賢治



心象スケツチ 春と修羅 序





わたくしという現象は

 

仮定された有機交流電燈の

 

ひとつの青い照明です

 

(あらゆる透明な幽霊の複合体)

 

風景やみんなといっしょに

 

せはしくせはしく明滅しながら

 

いかにもたしかにともりつづける

 

因果交流電燈の

 

ひとつの青い照明です

 

(ひかりはたもち その電燈は失はれ)

 




これらは二十二箇月の

 

過去とかんずる方角から

 

紙と鉱質インクをつらね

 

(すべてわたくしと明滅し

 

みんなが同時に感ずるもの)

 

ここまでたもちつゞけられた

 

かげとひかりのひとくさりづつ

 

そのとほりの心象スケツチです

 

これらについて人や銀河や修羅や海胆は

 

宇宙塵をたべ または空気や塩水を呼吸しながら

 

それぞれ新鮮な本体論もかんがへませうが

 

それらも畢竟こゝろのひとつの風物です

 

たゞたしかに記録されたこれらのけしきは

 

記録されたそのとほりのこのけしきで

 

それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで

 

ある程度まではみんなに共通いたします

 

(すべてがわたくしの中のみんなであるように

 

みんなのおのおののなかのすべてですから)

 

けれどもこれら新生代沖積世の

 

巨大に明るい時間の集積のなかで

 

正しくうつされた筈のこれらのことばが

 

わずかその一点にも均しい明暗のうちに

 

(あるいは修羅の十億年)

 

すでにはやくもその組立や質を変じ

 

しかもわたくしも印刷者も

 

それを変わらないとして感ずることは

 

傾向としてはあり得ます

 

けだしわれわれがわれわれの感官や

 

風景や人物をかんずるやうに

 

そしてたゞ共通に感ずるだけであるやうに

 

記録や歴史あるいは地史といふものも

 

それのいろいろのデータ論料といっしょに

 

(因果の時空的制約のもとに)

 

われわれがかんじているのに過ぎません

 

おそらくこれから二千年もたつたころは

 

それ相当のちがつた地質学が流用され

 

相当した証拠もまた次次過去から現出し

 

みんなは二千年ぐらい前には

 

青ぞらいっぱいの無色な孔雀が居たとおもひ

 

新進の大学士たちは気層のいちばんの上層

 

きらびやかな氷窒素のあたりから

 

すてきな化石を発掘したり

 

あるいは白堊紀砂岩の層面に

 

透明な人類の巨大な足跡を

 

発見するかもしれません

 

すべてこれらの命題は

 

心象や時間それ自身の性質として

 

第四次延長のなかで主張されます

 

 



大正十三年 一月廿日


宮澤賢治

  


 

 
まさしく


第四次延長のなかで


主張されております!


宮沢賢治先生


ありがとうございます


感謝でいっぱい


お元気ですか~~☆♪


わたくしの声


聴こえますか~~☆


おそらく小さな小さなオジャマムシ


先生の周囲を飛びまわってるとおもうんですけれど^ ^;


いつもいつも真鹿子オジャマムシ^^ゞ


今後ともよろしくお願いいたします~☆

 


真鹿子(まかこ)

 


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたくしといふ現象は 仮定... | トップ | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この詩との出会いに感謝を! (人生の素人)
2016-12-14 19:31:11
 こんばんは!先ほどはコメントありがとうございます。
 そして、この記事への感謝を!(長文失礼します。)

…正直私はこの詩を理解するには自分は勉強不足だと想っています。真鹿子様と同じ域には到底及ばないことも議論の場に立てないほど足が震えていることも。

 ただそれを補って余りあるほど
 「出会いと言うものは大きい!」
 真鹿子様との出会い、そしてこの記事との出会いがなければ
 「この詩に出会うことはなかった、だから、有り難いのだと。」
 …自力でこの詩に出会うことは私の人生上困難を極めたかと汗

 素人ながら勇気をもらいました。
 「2千年後には違う地質学(考え)で(私たちを)見ているかもしれない。」

 今でなくとも、遥か未来の存在が「心動くものが残せたら、素敵」だと思いました」

 自分では探せない、出会えなかった考えとの出会いと、自分ではたどり着くことのできない真鹿子様の表現を見せていただきありがとうございます!

 今後も新しい記事との出会いを楽しませていただきます!
☆春と修羅序朗読探検♪ (真鹿子(まかこ))
2016-12-15 08:11:37
人生の素人様、

おはようございます!

宮沢賢治先生の「春と修羅 序」を
ご歓迎くださいまして有り難うございます☆
大変うれしいです♪

わたくしが宮沢賢治先生の春と修羅序と出会いましたのは、
30年ほど前になりますが、やはりひどく引かれまして、
黙読から始めたのですが、なんだかもどかしく、
朗読に突入!毎日何度も何度も朗読いたしましたが、
いつからかいろいろ気付き始め、
宮沢賢治先生の春と修羅序は、
気付きと学びの宝庫であることに気付きました。


人生の素人様は、まだ朗読はなさっておられないとおもいますが、

「おそらくこれから二千年もたつたころは
 それ相当のちがつた地質学が流用され」に気付かれ、
「2千年後には違う地質学(考え)で(私たちを)見ているかもしれない。」
と解釈されましたのは、さすがに天才折師様と感心しきり!

因みに現在の私の解釈をご紹介いたしますと、
パラレルワールド的解釈なのですが、
宇宙同根多種多様万物一体!
この摩訶不思議奇跡宇宙にも地球にも私たちにも、
無限大数の可能性がありますが、
わたしたちが今いると感じているところは、
ニュートンが発見した万有引力の地球にいるのでしょうね

けれども、

おそらくこれから二千年もたつたころは
それ相当のちがつた地質学が流用され

まさしく、「2千年後には違う地質学(考え)で(私たちを)見ているかもしれませんね。」人生の素人様ブラボーです( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


これらは22箇月の

過去と感ずる方角から

このあたりの朗読効果は
時間の概念が変わってきます♪


恥ずかしながら

わたくしの一瞬無限大スピリチュアルは、

わずかその一点にも等しい明暗のうちに 

(あるいは修羅の十億年)

から誕生しましたよ ^ ^ ;;


人生の素人様どうぞ「春と修羅 序」の朗読☆
なさってくださいませね♪

宮沢賢治先生は宇宙と一体体現をなさっておられますので、
宮沢賢治先生の心魂の篭った春と修羅序を朗読させて頂きますと、
宮沢賢治先生とも宇宙とも一体となり、
以心伝心貴重な気付き、閃きインスピレーション
清澄な光明芽吹きを頂くことができます☆

宇宙同根多種多様万物一体
宇宙も私たちも
まだまだ未知領域、 
永遠に未知領域です。
春と修羅序朗読探検しましょう~☆♪

いつまでも未熟もの
トンチンカン真鹿子ですが ^ ^ゞ
今後ともよろしくお願いいたします。

今日も善き日をお過ごしくださいませ♪
ご厚情ご訪問感謝申し上げます☆




 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

光明観世音菩薩 宮澤賢治師の詩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL