真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

わたしたちはじっとしていても 走っている 超音速で!新幹線の6倍の速さで走っている 地球の自転とともに わたしたちはじっとしていても 太陽のまわりを回っている 秒速30キロ近くで!〔続く〕

2017-04-29 03:35:07 | 

 

 

 

 

わたしたちはじっとしていても

 

走っている

 

超音速で!

 

新幹線の6倍の速さで走っている

 

地球の自転とともに

 

 

わたしたちはじっとしていても

 

太陽のまわりを回っている

 

秒速30キロ近くで!

 

スペースシャトルの4倍近くの速度で回っている

 

地球の公転とともに

 

 

わたしたちはじっとしていても

 

銀河を巡っている

 

マッハ650、秒速220キロの

 

超猛烈スピードで巡っている

 

太陽と太陽系惑星と地球とともに

 

地球とは想えない

 

流線螺旋回転運動の

 

摩訶不思議電磁波動音を轟かせながら

 

もともと私たちは宇宙の一部

 

宇宙と一体化している私たち

 

宇宙同根多種多様万物一体の

 

それぞれがかけがえのない

 

唯一無二の固有の存在であると同時に

 

宇宙構成因子の一因子!

 

その極微一因子である私たちもまた

 

宇宙最小の物質、素粒子で構成されている

 

数えきれない天文学的な数の素粒子

 

無限の可能性を秘めた素粒子星で構成されている素粒子人類

 

まるで全身全霊まるごと

 

人型素粒子星超銀河団だ!

 

地球人類であると同時に

 

極微人型素粒子星超銀河団

 

日常生活のどんなときでも

 

太陽の引力中、マッハ650、秒速220キロの

 

超猛烈スピードで

 

地球とともに太陽系惑星とともに

 

太陽のまわりを

 

流線螺旋回転しながらも

 

地球とともに太陽系惑星とともに太陽とともに 

 

大宇宙空間

 

銀河を巡り

 

円相螺旋邁進している

 

銀河もまた

 

大宇宙空間を巡り

 

大宇宙今空間を

 

円相螺旋邁進している

 

 

 

真鹿子(まかこ)

 

  

 

 因みに、太陽が

太陽系の銀河を一巡りするのに要するに時間は、

約2億2500万年から2億5000万年と推定されています。

 

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  UFOと春蝉しぐれ時を超え ... | トップ | 鈴(りん)の音と お香次元を... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
壮大な話です^ね^ (のしてんてん)
2017-03-15 19:12:32
銀河の中心を、太陽は2億5000万年かけて一周するのですね!?

その太陽の周りを地球が一年かけて回っている。

その地球の周りを、月が1月で回り続ける。のかな?

そんな中、地球の表面にいる我々は、のほほんと、何事もないように、のんびり生きている。

それが面白いですね。


もしかしたら、ジェット機のようにビュンビュンこの身体は飛んでいるのかもしれませんね。

けれど、飛んでいることが普通なので、みなが同じように飛んでいるので、我々には止まっているように見えているだけなのでしょう。

何かの拍子に、地球が回転を止めたら、その勢いで、地上にあるものはみな、宇宙のかなたに飛び去っていくそうです^よ^

つまり、私たちにとっての今というのは、すべての宇宙の力に乗っかっている今なのでしょうね。

全宇宙があって、初めて私がある。その証明なのかもしれませんね。

色即是空、空即是色

ただ感謝するばかりです^ね^

☆奇跡的な確率☆ (真鹿子(まかこ))
2017-03-16 10:58:15
のしてんてん様


おはようございます!


検索していますと、
『銀河年』とウイキペディアと出会ったのですが、
太陽が銀河の中心を一周するのに要する時間

実際には、人類誕生以前の太陽の進行速度も
よくわからないでしょうから、
約2億2500万年から2億5000万年は
あくまでも推定値なのでしょうけれど、

でも太陽が誕生してから、今までの太陽の銀河年ですけれど
18銀河年から22銀河年だそうですよ。

犬も歩けば棒に当たるといいますけれど、
私が歩けば茫漠たる不思議に当たるようで^す^


そうですね。私たち人類は、
きっと奇跡的な確率で 
この摩訶不思議奇跡宇宙に
誕生したのでしょうけれど、

今もきっと奇跡的な確率で
存在させて頂いているのでしょうね☆

しかも宇宙視野から視れば
私たち人間の存在は
一瞬にも満たない出来事。

まさに一遍上人のお言葉通り 
『平常時即臨終時』でもあり、


色即是空空即是色

今のこの一瞬一瞬は、
本当にかけがえのない
唯一無二の一瞬!

感謝感激☆有り難いですね♪


『はい!
 一瞬無限大に今を享受!
 今に集中します!』まかこ

のしてんてんさん♪
今日もどうぞ善き日をお過ごしくださいませね

いつも清澄なお力をありがとうございます☆

お心遣いご訪問感謝申し上げま^す^
地球の音今聞いてま^す^ (のしてんてん)
2017-03-21 19:32:22
こんな録音があるなんて、初めてです。

教えていただいてありがとうございます。

今再生しながら、書いています^よ^

いのちの雄叫びのような、

風の音、水の音、ささやくような声、

気がうごめいて、こすれ合う音。

瞑想して音の中に入っていくと、様々な発見がありますね。

常連になりそう。
Re:地球の音今聞いてま^す^ (真鹿子(まかこ))
2017-03-22 09:33:10
のしてんてん様

おはようございます!


『地球の音』お聴きくださいまして、
ありがとうございます♪

私も驚きました^よ^

ちょうど『わたしたちはじっとしていても』と
向き合っているときでして、
地球が自転しながら疾走する音ってどんなだろうって、
検索しましたところ、待ってましたとばかりにお出まし
早速聴かせていただいたのですけれど
全身全霊心魂の深部にまで染み入る音響に驚嘆!
地球は生命体ですよね。

人間は人間感覚で、無機質の物質には断言しますけれど、
無機質の物質も私たちと同様に素粒子で構成されている生命体、
私は色々な生命体系がある、
無機質の物質も、無機質生命体であると感じていましたが、
『地球の音』を聴かせていただきまして、
ますますその思いは強まり、地球も生命体であるとの
感動とともに、地球いのちの歌、地球心魂の歌を
聴かせていただいております。

確かに気の動きが感じられ、
ピュ~~~~~というなんとも不思議な音響
宇宙鉱物的な呼吸音のような音も聴こえます。

のしてんてんさんの絵画とも通じるところが、
大いにありそうですね。
個展なさるとき、日に一度か二度、
のしてんてん絵画と地球いのちの歌との
コラボレーションはいかがでしょう♪

これからも地球の心魂歌、
聴き込みましょうね☆

いつも意識を触発してくださいまして
ありがとうございます♪

今日もどうぞ善き日をお過ごしくたさいませ☆

お心遣いご訪問感謝申し上げま^す^
物質も生命 (のしてんてん)
2017-03-22 10:11:15
まかこさんの考え方に

私も100%重なります。

よき提案をありがとうございます。

うまく音が取れればいいのですが、

いつかそれは実現したいアイデアですね。


こちらこそ、いつもありがとうございま^す^
おはようございます! (真鹿子(まかこ))
2017-03-23 05:23:12
のしてんてん様

こちらこそいつも応援ありがとうございます!


それにいたしましても、
現代文明の荒廃の凄まじさ、
世界中、異常が日常である方々が
たくさんいらっしゃいます。
為す術もなく、無力感に打ちのめされますが、
打ちのめされているばかりではいけません。


微力でも今の立場で
なんとか世界の平和に貢献できますよう努力するのみ、
今直面している事柄に集中!取り組むのみです。


『明日死ぬかのように生きよ。
 永遠に生きるかのように学べ。』(マハトマ・ガンジー)


今日も一日一生一瞬一生!
がんばります!

いつもお力をありがとうございます。

今日もどうぞ善き日をお過ごしくださいませ♪

お心遣いご訪問感謝申し上げます☆
生きる音 (のしてんてん)
2017-03-26 09:29:40
布団に入って、眠る前に深呼吸をします。

布団を鼻先まで引き上げて、深く息を吸い込んで、ゆっくり吐き出していますと、

吐く息の音が、まるで地球の音のように聞こえるのです^よ^

そんな発見があって、最近、布団に入るのがうれしくなります。

また地球とコラボ出来るって思うのです。

呼吸の、空気が通る音も地球の音に貢献しているのです^ね^
五次元のイメージ (のしてんてん)
2017-03-26 12:31:29
朝の散歩中でしたが、

ふっと頭に浮かんできたことがあります。

それは五次元のスケール軸のことなんですけど、それがうまくイメージ出来て、一本の棒のようになったのです。

それは杭のようなもので、下に行くにしたがって細くなっていて、上に行くほど太くなっていく杭なのですが、その杭の周りをグルグルスケールの螺旋が渦巻いていrのです。

その杭を自分の身体の頭からまっすぐ地面に向って打ち込むと、

身体の中にまっすぐ天に続く杭がそびえ立って、自分がスケール宇宙の一部になった気になるのです。

そうすると心が不安から守られているような気分で、それが今も続いています。

これはちょっと観察してみる価値があると思っています。

すぐまた消えると思いますが、

もし長くこの至福感が続くようなら、この体験、お知らせします^ね^
生きる音♪私たちの知らない間にも☆ (真鹿子(まかこ))
2017-03-26 15:25:05
のしてんてんさん♪

そうです^ね^

私たち地球に存在するすべての生命体、
すべての物質が発する音も、呼吸音も、言葉も、
地球音と常にコラボしている音、究極、地球音ですね♪

また、その地球音も、常に宇宙音とコラボしている、
宇宙音なのでしょうね。

95%が未知なる宇宙のことです。
私たちが想像出来ることは、
宇宙にとりましては、すでに既成の事実かもしれませんが、

宇宙には超極微音、超極微光景まで、
録音録画、採集するような機能もあって
天網恢恢疎にして漏らさず、宇宙万物のことはすべてお見通し

私たち自身にすら認識できていない、
私たちの未知領域のこともすべてお見通し
私たち自身認識できていない
私たちの未知領域の中からも
私たちの知らない間に、
地球に、宇宙に、貢献していることもありそうです^ね^♪

わたしものしてんてんさんの真似学(まねまね)しまして
お布団深呼吸(新呼吸)☆しますね♪


いつもありがとうございます
午後からも素敵な時をお過ごしくださいね☆


感謝∞8∞八方拝です!
朝の行 (真鹿子(まかこ))
2017-03-27 06:36:00
のしてんてん様

おはようございます!

『朝の行』

夜明け前、早朝の精気(聖気)は清洌なる滝の如し
のしてんてんさんは、
身体をつらぬき身体にみなぎる宇宙の気を
鮮烈に体感なさったのではないでしょうか☆

春の朝行、瞑想も一層深まっておられることおもいます。
スケール宇宙との一体至福感は
真摯な夜明け前朝行のたまものですね☆

いつも全身全霊触発をありがとうございます!
続報お待ちしておりま^す^

今日もどうぞ善き日をお過ごしくたさいませね♪

感謝感激∞8∞八方拝です!
遅ればせながら (のしてんてん)
2017-04-06 19:59:10
不思議な太陽の写真ですね。

漫画の吹き出しみたいな形に今意識が向きました。

足が右に振れたり、左に振れたりしているのは、カメラのレンズのせいなのだろうか。

地面を見比べると、3枚とも同じ時間帯の撮影のようですが、

太陽のしっぽが右左。

光のオタマジャクシ??
『 光の竜巻 』も不思議 (真鹿子(まかこ))
2017-04-07 02:57:22
のしてんてん様

おはようございます! 

「光のオタマジャク??」
不思議といえば不思議です^ね^;;
3枚とも同じ時間帯ですが、
我が家のバルコニーからは、
何故かわりと不思議が見えます。

『光の竜巻』も見えますよ。
しかも低空で、飛行機雲が消えるように
ゆっくりといつのまにか消えて行きましたけれど、

なんだか、異次元から出現、すぐさま異次元に帰還した
何かの痕跡のような『光の竜巻』

渦のラインは肉眼で見たほうが、画像で見ますよりも、
くっきりしていましたけれど、今見ましても不思議です。
かなり低空なんですよ。建物の屋上のちょっと上あたり、
そのように見えているだけなのかもしれませんが、


のしてんてんさん!私のブログの
「このブログの人気記事ランキング」の一番下の、 


このブログ内で「気になるワードを入れてね」に、
『螺旋くれないくるめく』を入れて 
検索をなさってみてください。

すると、『光の竜巻』の記事15年8月29日の記事が、
2つ出て来ますので、是非、2つともご覧にいただき、出来ましたら、 「『光の竜巻』につきましてのご見解をいただけましたら幸いです♪
ほんとうに不思議なんですもの @_@!
よろしくお願いいたします。

のしてんてんさん♪もうすこしで、
お目覚めかもしれませんけれど、
今日もどうぞ善き日をお過ごしくたさいませ☆

いつも感謝∞8∞八方拝で^す^☆
『 螺旋雲くれないくるめく 』に訂正で^す^;; (真鹿子(まかこ))
2017-04-07 03:08:32
のしてんてんさん!

すみません (汗)

訂正です

『螺旋くれないくるめく』ではなく

『螺旋雲くれないくるめく』です。

よろしくお願いいたしま^す^ 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL