真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

緑児のグウチョキパアに若葉萌え古代のわらべとジャンケンポン  (真鹿子) わらべは、ヘブライ語では、ワラッベン、ありがとうは、ヘブライ語ではアリ・ガド、日本語とヘブライ語の類似性、共通性について 

2017-05-24 04:43:37 | 短歌

 

 

 

緑児のグウチョキパアに若葉萌え古代のわらべとジャンケンポン

 

 

ミドリゴノ

グウチョキパアニ

ワカバモエ

コダイノワラベト

ジャンケンポン

 

 

 

緑児の

 

グウチョキパアに

 

若葉萌え

 

古代のわらべと

 

ジャンケンポン

 

真鹿子(まかこ)

 

 

このところジャンケンポンが

気になって仕方がありません。

いわゆる拳遊びで世界中で行われていますが

日本では平安時代から広がり始めたそうです。

ジャンケンポンの歴史は深く、遊戯や競技を超えた

儀式性をも帯びているのではないかと感じていますが、

歴史を遡りますと、シュメール言語が今もなお

生き生きと活動している趣のある沖縄、奄美大島、

海のシルクロード経て陸のシルクロード経て、

果ては古代メソポタミア文明、シュメール文明にまで

至るのではないかと想像しています。

 

因みに「古代のわらべ」のワラベは子供のことですけれど、

ヘブライ語では「ワラッベン」が子供で、

日本国とヘブライ語、ことに日本国の大和言葉とヘブライ語には、

多くの類似性、共通言語があり、3000語をはるかに超えているそうです。

 

日本語とヘブライ語の類似、共通言語を並べますと、

 

ワラベ(子供)=ワラッベン(子供)

アリガトウ(有り難う)=アリ・ガド(幸福です。神様への感謝の言葉)

ミツ(蜜)=ミツ(蜜)

カサ(傘)=カサ(傘)

ジャンケンポン=ジャン(隠して)ケン(準備して)ポン(来い!)

ハクシュ(拍手)=ハケシュ(拍手)

ツモル(積もる)=ツモル(積もる)

カク(書く)=カク(書く)

トル(取る)=トル(取る)

サムライ(武士)=シャムライ(守る者)

ヤリ(槍)=ヤリ(槍)

(クモツ(供物)=クモツ(捧げ物)

ハラウ(祓う)=ハラー(祓う)

ナク(泣く)=ナク(泣く)

ヌシ(主)=ヌシ(長)

コマル(困る)=コマル(困る)

アキナウ(商う)=アキナフ(買う) 

ダベル(しゃべる)=ダベル(しゃべる)

コオル(凍る)=コオール(寒い冷える)

ハカル(測る)=ハカル(測る)

ヤマト(大和)=ヤ・ウマト(神の民)

ミヤ(宮)=ミヤ(神様がおられる場所)

スム(住む)=スム(住む)

アルク(歩く)=ハラク(歩く) 

スワル(座る)=スワル(座る)

 

など枚挙にいとまがないのですが、

民謡にも素晴らしい古代ヘブライ語が 

溢れていまして、感動です!

 

それではそろそろこのあたりで

失礼いたしますが、このあたりのアタリにいも

アタリ(辺り)=アタリ(辺り)と

日本語とヘブライ語の共通性がみられるのですが、

イスラエルと日本、古代メソポタミア文明、シュメール文明など

古代との深遠親密な関係には、

宇宙の神秘力が籠められているようで

私などはただただその強烈な神秘引力に

惹かれるばかりです。

当ブログにお越し頂きまして

アリガドございます☆

 

感謝一念

真鹿子  拝

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンルーム 笛吹きケトル ... | トップ | 木の影も 道路に繁って 初... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
驚きを表す場として、コメント! (人生の素人:折師)
2017-05-15 03:35:14
 …正直、「ここまで似ているのか!!…”奇跡”と見まがうほどの一致…汗」
 …日本語は島国の言葉ゆえに、他の言語とは一線を為すという知識に雷が落ちた!そんな印象です。

 宗教だと多いのですが、全く別の地域であるにもかかわらず似た内容はどこにでもある。真鹿子さまの表現「深遠親密な関係」は本当に的を射た表現だと思います。…不思議な、民族よりもっと深いところにある共通点。

 本当に面白い話をありがとうございます!!
おはようございま^す^ (のしてんてん)
2017-05-15 09:44:03
ことばというのは歴史を抱えた遺産ですから、その始まりは一つだったと考えるのが自然でしょうね。

基本的な言葉が共通しているというのは
思いが古代につながって行くリアルタイムの事実。

本当にすごいことです^ね^

びっくりしました。
超温故知新的展開 (真鹿子(まかこ))
2017-05-16 03:22:11
人生の素人:折師様

古代イスラエルと古代日本との
時を超える深遠親密なる繋がりに
興味をお持ちくださいまして
ありがとうごさいます☆

私も驚嘆と共に學ばせて頂いているところなのですが、
何からどのようにお話しましょう。

そもそも私は、六芒星☆五芒星に惹かれ
発祥の地であるシュメール文明に注目しましたところ、
イスラエルの祖であるアブラハムが、
シュメール文明の中心地であるウルで誕生、
そしてやがてシュメール人であるサラを妻に迎え、
アブラハムの子孫である「イスラエル12部族」が形成されるのですが、
いつしかアッシリアの攻撃によってイスラエルを追われ、
10部族が離散、10部族の一部は新天地を求めて、
東方へ、古代日本へと到来、定着、
古代日本文化の形成に大きな影響を与えたという
日ユ同祖論も明治の頃からあるそうですが、
ユダヤ人言語学者、ヨセフ・アイデルバーク氏は、
3000語をはるかに超える類似、共通語を見出だしておられます。
超温故知新的展開ですが、まだまだ展開しそうでさすね^^
今後ともよろしくお願いいたします。


今日もどうぞ素敵な1日をお過ごしくたさいませ☆

コメントご訪問感謝申し上げます!
☆始まりは一つ♪ (真鹿子(まかこ))
2017-05-16 08:28:15
のしてんてん様

おはようございます!

のしてんてんさんのおっしゃる通り
始まりは一つなのでしょうね。

つまりこの始まりは一つは、

地球のみならず宇宙にも通じますね。
私たちの地球語も地球語であると同時に
宇宙語であるということでしょう^か^

因みにヘブライ語は、20世紀に再生されるまで、
約2600年、聖なる言葉、聖書、神語ヘブライ語として、
一部のユダヤ人にのみ使用されてきた言葉ですから、
古代ヘブライ語と現代ヘブライ語では、
若干の表現や発音が異なり、訛りなども考慮して
訳しているところもあるとのことですが、

『君が代』をヘブライ語に訳すると
 このようになるそうです。


君が代は=クム・ガ・ヨワ(立ち上がり神を讃えよ)

千代に=チヨニ(シオンの民・イスラエルの歴史的地名)

八千代に=ヤ・チヨニ(神の選民)

さざれ石の=ササレーイシィノ(喜べ残された民よ 救われよ)

巌となりて=イワオト・ナリタ(神の印 預言は成就した)

苔のむすまで=コ(ル)カノ・ムーシュマッテ(全地に語れ)

歌詞風にしますと


立ち上がり神を讃えよ
神に選ばれしイスラエルの民よ
喜べ残された人々 救われよ
神の預言は成就した
これを全地に知らしめよ 


約2600年前、アッシリアの攻撃により、イスラエルを追われ
離散したイスラエル10部族の一部が
古代日本に移り住んだという説もあり、

うしろの正面だあれの『かごめかごめ』や
民謡など、まだまだヘブライ語訳の歌はたくさんあるのですが、
ほんとにびっくりですね。

それではまた、のしてんてん喫茶室に
お伺いさせていただきますね♪

いつも清澄なる気を頂きまして
ありがとうごさいま^す^

今日もどうぞ善き日をお過ごしくたさいませね♪

お心遣いご訪問感謝申し上げます☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL