真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

謎々の蕾ほころぶ森の春 未知鳴る草の密かな蕾    真鹿子(まかこ) 『 限界を認めれば、私たちはその向こうへ行く。』アインシュタイン  

2017-04-20 04:36:18 | 短歌

 

 

 

 

謎々の蕾ほころぶ森の春未知鳴る草の密かな蕾

 

 

 

なぞなぞのつぼみほころぶ

もりのはる

みちなるくさの

ひそかなつぼみ

 

 

 

謎々の  

 

蕾ほころぶ

 

森の春

 

未知鳴る草の

 

密かな蕾

 

 

 

真鹿子(まかこ)

  

 

 『限界を認めれば、私たちはその向こうへ行く』 アインシュタイン

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小惑星 地球近くを通過する... | トップ | 私という指紋渦巻く海潮音 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL