真鹿子の真鹿不思議歩記

真鹿子の真鹿不思議歩記は同時に、馬鹿子の馬鹿不思議歩記でもありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

くすの木の春の木肌に聖母子像    真鹿子(まかこ) 奇しき木(くすしき気)くすの木に、縄文魂めざめて息吹き 〔追記更新〕

2017-04-30 08:26:18 | 俳句

 

 

  

くすの木の春の木肌に聖母子像

 

 

〔くすのきの

 はるのきはだに

 せいぼしぞう〕

 

 

くすの木の

 

春の木肌に

 

聖母子像

 

 

真鹿子(まかこ)

 

 

縄文魂めざめて息吹き☆

 

奇しき木(くすしきき)くすの木は、

神社仏閣などにも多く繁り、

ご神木となっている木もありますが、

語源は『薬の木』『臭き木』だそうで、

匂いの感受には、個人差もあるでしょうけれど  

強い芳香には邪気祓いの力があるのだそうです。

そして、古代では丸木舟としても活躍!

多岐に渡り大活躍をしたパワフルなくすの木

わたくしなどは、今も神聖なエネルギーが

満ち満ちているように感じられます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素粒子の 星降る部屋に 素... | トップ | くすの木の春の木肌に聖母子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL