愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

応援するぜ!!個人商店!!「消費税が要らない」”安心の”お買い物!!

2016年10月29日 05時54分34秒 | 食にまつわる話

 


なんだ!これ!!

僕の家から自転車で5分ほどの
文の里商店街の上から
2年前から下がっている(さらし者にされている)
魚拓ならぬ”人拓”である
見れば分かるが、あえて読んでみよう

西尾三彦(店主)
釣り場 文の里商店街 魚心
体長 170糎 重量66キロ
釣り人 西尾栄
(奥さまだろう)
平成25年8月20日

このころはまだ、テレビがあったので(その後、害しかないので捨てた)
たまたまテレビで流されるのを見た
魚屋さん(魚心)が全身墨汁を塗られて
若いクリエーティブディレクター?なる兄ちゃんに
身体を紙に押し付けられている映像

ビックリした!

驚愕に声が出なかった

僕はかつて(もう38年も前だが)JTBマン時代
電通大阪支社の凄腕のクリエーティブディレクターお二人から
クリエーティブとマーケティングの手ほどきを2年間受けた

それゆえ
電通もここまで落ちたか・・
というのが正直な感想だった

師匠たちが僕にきつく伝えたのは
”広告はウソがあると逆効果だ”
だった

その意味で

まず

1.
魚拓というのは
趣味で釣りをする人が釣果を自慢するためにとるもの
だから、魚屋さんには不合わしくない

2.
釣り場が文の里商店街の自分の店というのはどういうことか?

3.
西尾三彦氏は魚心の御主人だが
釣り人 西尾栄 が釣ったのが店主
西尾三彦
魚拓(人拓)をとったのは奥さん?

嘘だらけである

これを見た人はどんな気持ちがするのだろう

そして3
さらし者・・

魚心の店主西尾氏は僕に
「いや、楽しかったですよ」
と、大人の面を見せられた
素晴らしい方だと思う

でも・・

ハチャメチャである

そもそも
人をここまでコケに、貶めていいものか?

テレビの画面の兄ちゃんは
ただ
面白ければいい
どちらかというと
店主をバカにして面白がっていたのかもしれない(きっとそうだろう)


このクリエーティブディレクターなる兄ちゃん
電通の社員でもなんでもないだろう
もし
社員なら
電通のクリエーティブも落ちるところまで落ちたと言わざるを得ない


昨年、文の里商店街協同組合事務局に伺い
「文の里商店街ポスター全集」なるものを貰ってきた

以下、抜粋する


大阪商工会議所は、文の里商店街と協働し
株式会社電通関西支社のご協力のもと
文の里商店街ポスター展」を開催しています
電通のコピーライターとデザイナー総勢60名による
中略
大阪商工会議所 流通活性化委員会

製作者より
おもしろい(やはりね、by shig)ポスターつくって
商店街が元気になったらええなあ。若手も勉強になるし」

・・・
若手を中心とした電通社員39名が・・
・・・
それがテレビをはじめ様々なメディアに取り上げられて
来客は2倍に・・・
・・・
電通関西支社 日下慶太


実名を挙げたが
これは冊子をそのまま紹介しただけだ
他意は無い(ある?)

因みに僕が商店街の店主数人から聞いたところ
この3年間に客足は遠のき
商店街は1日中がらんとして
向こう50メートルまで見通すことができ
なによりも
シャッターを下ろす(廃業する)店舗が
相次いでいる
という
もちろん、商店街は元気になどなってはいない!!

まあ、昔から広告代理店はカネは取るが後の責任は取らない
というのが常識ではあったが

来客は2倍に??

結果は
来客は2分の1に!!!


日本の商店街がすたれた原因は
消費者の側にも責任が大いにある

かつて、
大阪千林商店街に
ダイエーの前身である
主婦の店がオープンして以来
雨後の筍のようにスーパーマーケットが乱立した
 
消費者は
ワンストップショッピング(一つの店で全て買い求められる)
価格が安い
との理由で、個人商店を見捨てた
 
だが
一番大きな理由は
店の人と会話しなくてもいい、というものだった

そして・・
スーパーも寡占化が進み
郊外の大型ショッピングモールに客を取られ
駅前のスーパーもどんどん廃業
お年寄りは買い物ができなくなり・・

今、スーパーに行って
店員に個別の食材について聞いてみるといい
業務知識など、ほとんどない

しかし
個人商店主は熟知している
当然ですね
数十年、この道で生きてきて
お客さんを裏切らないできたからこそ
長らく商売を続けてくることができたのだから

311以降
食材は偽装だらけ

でも
この文の里商店街の店主達の扱う生鮮食材は
僕は、安心して買える
もちろん、店主の方とのコミュニケーションも楽しい 

しかも、消費税が要らない
消費税・・

↓クリック
暴露!!消費税は全て”大企業減税”に充当されている!!
そして外資に流れている!!

 
 応援するぜ!!個人商店!!
 

僕のオススメ

宮本塩干店(地方発送あり)
宮崎産ちりめんじゃこ、いりこ、シャケ等
ここのちりめんじゃこは硬さで3ランクある。お好みで

06-6628-1955(Tel&Fax)

川庄川魚店
うなぎ、天然エビ・ブラウン、貝類、しじみの佃煮1パック¥200!
shigレシピ
しじみの佃煮
1パックを1合の米、酒大さじ1、生姜千切り20gで
お手軽、僕の定番しじみ炊き込み御飯

06-6628-4428 


文の里商店街事務局
06-6628-2294

お近くの方は文の里までどうぞお越しやす!
その際は、美章園商店街にも、よってね!
遠くから買い求めに来るお客さんが絶えない
朝5時から手作りする昔ながらの豆腐屋さんや
(偽りのない国産大豆100%)

↓クリック

わが町 美章園が誇る”正直な和菓子屋さん” かぎや聖峰


 
いいね!と思ったら↓クリックお願いします


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« え!?断食で治るの!?腎不... | トップ | アスパルテーム、アセスルフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL