愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

”ケムトレイル”「人口削減」「気象操作」着々と進む悪魔の最終兵器!!

2016年10月27日 13時55分51秒 | NWO/イルミナティ

僕の住む大阪の空にも
日本中の空にも見かけられる、不自然な雲

それは・・

新 世界の裏
さんがわかりやすく説明してくださっているので転載したい

ケムトレイル

私たちの知らない環境問題に「ケムトレイル」の存在があります。

そもそもケムトレイルとはいったい何なのか?

ケミカル・トレイルの略で、
ケミカル(化学物質)
トレイル(引きずる)

とい言う意味ですが、

日本では煙(けむ)トレイル(引きずる)と認識している人も多いようです。

これは航空機が化学物質を空中噴霧することによって現れる飛行機雲に似たものです。
実は飛行機雲は水蒸気のため、あまり長い尾を引かず、すぐに消えるのです。

航空機の姿が無いのに長い一直線の雲が残っている場合は、
間違いなくケムトレイルと考えて良いでしょう。

多くの人が飛行機雲だと勘違いしている飛行機から出ている煙、
あるいは空に雲のように残っている細長い線は実はケムトレイルなのです。

次の画像はケムトレイルを噴霧する航空機と噴霧した後です。

image002

image003

このケムトレイルの散布は先進諸国の政府と軍と製薬企業の共同プロジェクトです。

政府は人口削減が目的で軍は生物兵器実験・気象操作が目的です。

そして製薬会社は病気を与えて薬を売るために行っているのです。

中でもインフルエンザウイルスは凍結したものを人口繊維の中に封入し、
ケムトレイルに混ぜて都市上空から航空機によって空中で噴霧されています。

多くの人は「そんなこと信じられない・・・ただの陰謀論にすぎない」
と思うかもしれません。

しかし、この情報はケムトレイル政策会議に出席したとされる
内部告発者からの情報なのです。

近年、謎の死や事故、他殺、自殺に見せかけて殺害された
異常な数の微生物学者やウィルス学者・・・

その数は2005年までに40人、現在では100人を超えています。

なぜ多くの微生物学者たちが殺害されているのでしょうか?

実は彼らは先進国の政府機関で働いていた研究者で
政府機関による生物兵器開発に関わり、

知ってはならない事を知ってしまい、
その内容を外部に漏らした或いは漏らそうとした人達なのです。

ケムトレイルの情報もこれらの内部告発者達の良心からもたらされたものです。

ケムトレイルと普通の飛行機雲との違いは何だと思いますか?

ケムトレイルは機体から長い尾を引き、大気中に長く残留し、
段々広がって筋状の独特の雲になっていきます。

一方、普通の飛行機雲は短い尾を引き、すぐ消えてなくなるのです。

これをコントレイルと呼びますが、
最近ではコントレイルに見せかけたケムトレイルがあるので注意が必要です。

ケムトレイルからは数々の化学物質が検出され、撒かれる数が多ければ、
次の日は曇りになってしまうほどで、
近年ではこの現象が世界中で報告されています。

世界中の先進国の各都市で見られるケムトレイル現象は、
日本国内でも頻繁に見られるケムトレイル現象と同じです。

ケムトレイルの散布は、日本においては特に週末の早朝が多く
国籍不明の軍用機、民間機で撒かれているようです。

また旅客機とは異なり、かなり高い高度を航行していることが多いようです。

私はこれまでに幾度となくケムトレイルの散布を目撃してきましたが、
その中でもケムトレイルは決してただの陰謀論などではない
という証拠にもなる決定的な瞬間がありました。

それはある日の夕方、空を眺めていると同じくらいの高さを飛ぶ、
大きさも変わらない2機の航空機が目に入りました。

ところが1機は飛行機雲がモクモクと出ているのに対し
もう1機は全く出ていません。

そこで、よーく観察してみると、全く煙を出してない機体は
JALの旅客機だというのが確認できましたが、

もう一方の煙をモクモクと出している機体は、
見るからに形は通常の旅客機でしたが、どこのものかは確認できませんでした。

恐らく民間機の払い下げを軍がケムトレイル用として購入したのでしょう。

これを目撃したおかげで、
通常の航空機からは飛行機雲など絶対に出ないと確信が持てました。

次の画像はケムトレイル用に内部を改造した航空機と
ケムトレイルの吐き出し口(翼部分にあることが多い)

image004

image005

image006

image007

狂気としか考えられない細菌散布実験等を国家レベルで行っているから驚きです。

英国政府や米国政府は既にこのような実験を
過去に実施してきたことを認める声明を出していたことも判明しています。

例えば英国では2002年に国防相が40年にわたり
国民を標的にした細菌散布実験を行ってきたことを認めています。

これは英国自由民主党議員 ノーマン・ベーカー氏が市民からの要求に従い、
ケムトレイルについて政府に対し再三に渡って回答を求める行動をおこした結果、
引き出せた公式声明なのです。

この内容はオブザーバー紙が2002年4月21日に報道しました。

英国政府の60ページにも渡る報告書の中には
過去の生物化学兵器実験の詳細が記されています。

その一部によると英国政府は、1940年~1970年までの40年間、国防省を通じ、
対ロシアの生物テロ対策の名目で
国民を対象に生物兵器実験を実施してきたと伝えてます。

実験と称して様々な細菌やウィルスを空から散布していたのです。

この実験の中心的役割を担ってきたのが英国南部にあるポートンダウン研究所です。

同研究所は新聞社の取材に対し、現在の実験状況については
公表するつもりはないとし、謎のままになっています。

続いて米国ではルイジアナ州のテレビ局KSLAのニュースで、
リポーターがケムトレイルについて調査し、米国政府が英国政府同様、
これまで長年に渡り国民を標的に空中からの生物化学兵器実験をしてきたことが
明らかとなりました。

次はケムトレイル反対のポスター画像

image008

欧米では、このような政府による飛行機を使った
化学物質や細菌の空中散布に反対する数々の市民団体が存在します。

軍は空からバリウム・アルミニウム・インフルエンザウイルス等を散布。

バリウムは、うつ病、アルミはアルツハイマー病の原因となります。

政府はケムトレイルによって人口を削減し、
製薬会社はケムトレイルによって作り出される
病気の予防ワクチンや薬で莫大な利益を生み出しているのです。

image009

さらにワクチンには人口をコントロールするための物質
「アジュバンド」ウィルスが混入していて、
これは列記とした厚労省の管轄である国立感染症研究所の公式見解なのです。

しかし日本は情報が閉ざされた国なので
全くその気配すら感じることができないのが現状です。

現在、世界ではこの新型インフルエンザワクチンの法的な強制接種
動きが猛烈なスピードで進行しています。

既に米国の州の中には強制接種法案が論議され、
マサチューセッツ州ではこの法案が可決しています。

ワクチンを拒否すると1日1000ドルの罰金と30日間の拘置
という罰が科せられるというのです。

フランス、ギリシャも近々、
国家レベルで
新型ワクチンを全国民に強制接種を実施する動きを見せています。

また、日本でも一定数の感染者がいる企業には、
政府からの全社員に対するワクチン接種の要請が出されるようになってきています。

政府が車で化学物質散布をしている様子が次の画像です。

image010

実に恐ろしい世の中です。

私たちはこのまま黙って見ていて良いのでしょうか?

いいえ良いわけがありません。

ただ黙って見ているということは、
あなたの大切な子供までもが危機にさらされるということなのです。

私たちはこうした情報を多くの人に伝え立ち上がるべきなのです。

ーーーー

ケムトレイルの動画↓クリック
"Why in the World are They Spraying?" Documentary HD (multiple language subtitles)

【日本語字幕 11:12:54

竹下雅敏氏からの情報です。
 
きわめて重要な動画です。
長いので、1分15秒~5分15秒、9分10秒~10分15秒、
17分15秒~17分45秒、

20分35秒~22分、24分40 秒~25分23秒、
47分52秒~48分40秒、49分35秒~51分30秒、

55分30秒~56分43秒、1時間7分35秒~1時間9分18秒
のところを見て下さい。


ケムトレイルが何を目的として行なわれているかが科学的根拠に基づいて、
明確に示されます。

26分以降はこうした気象のコントロールによって
株式市場で大変な利益を得る集団がいることが語られ、

47分頃からこのような陰謀に深くモンサントが関わっていると
考えられることが示されます。

こうした事実が陰謀なのか、それとも単なる陰謀論なのかは
皆さんが判断すべきですが、

私には明らかに事実そのものが描かれていると思います。
この動画を全部見て、それでも陰謀論だと思う人は、
この動画に出演している人たちに対して、

逆に陰謀論であって根拠がないことを説明出来なければならないでしょう。
それが出来ないのなら謙虚に受けとめるべきです。
(竹下雅敏)

Shanti Phule より

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« え!?口紅に重金属、防腐剤... | トップ | 衝撃!!【暴露!】ケムトレ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も目撃しました (くりりん)
2016-11-01 07:48:06
数年前、運動会でビデオを回している時、ケムトレイルを撒いている飛行機を見つけたので、とっさに撮影しました。
その時、飛行しながらケムトレイルを止めたり出したりする決定的瞬間を撮影できたので、YouTubeにアップしました。幸運にもまだ削除されてません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL