愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

朗報!!”悪魔の甘味料”アスパルテームをデトックス(解毒)するには

2016年11月23日 07時52分01秒 | 食品添加物

THINKER より

私たちに何ができるか?

それでは、
私たちがアスパルテーム等の有害な人工甘味料とどう接したらよいので しょう。


まず、アスパルテームなどの安全性が確かめられていないもの、
また一部の大企業や機関の利益のために科学的確証なしに「安全」とされている
人工甘味料のものを避けることです。

妊婦や乳幼児には特に摂取させないことです。

またこれまでにアスパルテーム等の合成アミノ酸を継続的に摂取してきた人
は、
肝臓などにホルムアルデヒドやメタノールなどの有害な化学物質が蓄積
されている可能性
があります。

それらの化学物質を解毒するにはどうしたらいいのでしょうか。

人間の体で、解毒をつかさどっているのは肝臓です。
肝臓が、腎臓や大腸や皮膚を通じて、排尿・排便・汗という形で
毒を体から出している
のです。

そして、
肝臓は解毒という大仕事をするのに十分な休息と栄養を必要とします。


以下にまとめる方法は、
医師にもかからず自分でできる簡単な解毒法(デトックス)です。

まず、
充分な量(一日2リットル以上)の良質な水
(お茶より水、解毒には軟水が望ましい)を
毎日食事の合間に飲むことです。

肝臓に蓄積された毒物を水分とともに腎臓から尿として排出できるからです。

それにプラスして、非常に有効なのは
日々無理のない運動をして体に負担をかけすぎない程度に
(ウォーキングやスロージョギングなど一日20分以上)
汗を流すことです。

他にも
生野菜やフルーツ(フルーツは単体で摂ること)を食べることも
非常に有効です。

というのも、
これらの化学物質は脂肪に溶け込んでいる脂溶性物質なので、
水に溶けません。


ですから、尿として排出されるには
いったん水に溶け込むために水溶性の物質に変換されなければなりません。
このときに肝臓は酵素とビタミンなどの栄養を必要とします。

この酵素やビタミンは、新鮮なフルーツや生野菜に多く含まれています。
そして、酵素は熱で分解されるとその効力を失うので、
熱で調理されてない生野菜やフルーツ
が肝臓の解毒作業には必要
なのです。

また1週間に1日(2食抜くだけ)の断食も非常に有効です。
これは
肝臓が、普段している栄養の分解と吸収という絶え間ない大仕事から
解放されて、解毒作業に集中できるから
です。
その間も、一日2リットル以上の水を飲むことを忘れないでください。
それ以上の期間、断食される場合は、
専門家の元で行うことをお薦めします。


 

いいね!と思ったら↓クリックお願いします 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年エコノミストの表紙は... | トップ | 狂った世界のシナリオは”精神... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

食品添加物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事