愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

昆布やゴマ、玄米などに含まれる”ケイ素”は放射能を解毒/内海聡

2016年10月17日 20時39分51秒 | マスコミが言わない健康情報
内海聡の内海塾 より

4月3日

ケイ素の不思議

シリカというのは二酸化ケイ素もしくはそこから誘導される物質の総称ですが、
まだまだ人々にその価値は知られていないようです。

ドイツのアドルフ・ブテナント氏が
シリカが生命に重要な要素であることを提唱したとのことです。

カルマグの関係とシリカは密接にかかわっています。

シリカはコラーゲンを束ねて結合組織を増強し、コラーゲンの再生を促します。
毛髪やつめにも豊富に含まれており、アンチエイジングにも役立ちます。

また歯のエナメル質を固くすることで虫歯を予防する効果もあります。
シリカはコレステロールが血管に付着することを防ぎ、
動脈硬化を予防する効果もあるといわれています。

放射能等のセシウムはミネラルに属しますが、ケイ素はミネラルを吸着します。
脂溶性の毒でないですがセシウムも脂肪に蓄積するので、
脂溶性毒の排泄にも役立ちますし放射能の解毒にも役立ちます


便秘の場合、腸内が悪化している場合、キレーション作用も出にくいので
便秘とケイ素の解毒力も関係してきます。


またケイ素は毒素吸着材だけでなく、
胃の酸・アルカリバランスを整えたりする作用もあります。

これらの効果が科学的にかなりわかってきており、
そのため医療業界だけでなく美容業界でも使われています。

骨の領域でもよく使われています。

ケイ素やシリカ
昆布やハマグリ、ゴマ、パセリ、玄米、大豆などに多く含まれています


サプリも売られているがやはり自然物からとったほうが、
他の意味でも都合いいことは間違いないでしょう。

ただ現在の食品にはほかの栄養素同様ケイ素も少ない傾向があるようです。

ケイ素はこの世界の中ではかなり重要なミネラルであり、
なくてはいけないものですがまたありすぎても困ります。


工業生産されるシリカでも特に代表的なものは
ケイ酸をゲル化したシリカゲル(SiO2純度99.5%以上)であり、

乾燥剤として食品や半導体の精密機器の保存から、
消臭剤、農業肥料、建築用調湿剤などに使われます。

他にも化粧品において使われたり、クリームや乳液に使用されたり、
歯磨き粉に研磨成分として用いられたり、

医薬品においてはコーティング剤、軟膏・乳液の安定化のために
使用されることもあります。(内海聡facebookより転載)

 

いいね!と思ったら↓クリックお願いします

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “超”危険なアメリカ牛を国民... | トップ | これが裏神道高官との対話の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL