愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

朝食抜き&空腹で健康・長寿に?「食べすぎ病」が、がん・糖尿病・高血圧等の原因に/石原結實

2016年10月13日 12時44分56秒 | マスコミが言わない健康情報
石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士

 一般に、
1日3食ではないと体に悪い」「とくに朝食はしっかり食べる必要がある
などという指導がなされている。

しかし今、40~74歳の男性の2人に1人がかかっている「メタボ」(メタボリック症候群)は、
高脂血症、高血糖、
高血圧(腹囲が85センチメートル以上の男性、または90センチメートル以上の女性)など
「高」のつく、「食べすぎ病」である。

「メタボ」の該当者は将来、心臓発作(心筋梗塞)や脳卒中をはじめ、
種々の生活習慣病を発症しやすく、医療費高騰の一大要因になるという。
そのため国はその対策として、
2008年4月1日からいわゆる「メタボ健診」をスタートさせた。
 
 昔の日本人のように、日没とともに就寝し、日の出とともに起床して朝飯前の一仕事、
例えば農作業などの肉体労働をした後で、
ご飯に味噌汁、つけ物などの「粗食」をとることは、必要だったであろう。

 しかし、現代人は、遅くまで仕事をし、
それからお酒を飲みながら食事をするという人が多い。

パーティや宴会などがあると、その後の二次会に参加して、
またアルコールを口にし、仕上げにラーメンなどを食べて帰宅し、
夜12時前後にやっと就寝するということも少なくないだろう。
そして、翌朝6時前後に起床して出勤の準備をするわけだが、
その時にはまだ胃袋に食物が残っていて、「朝食を食べたくない」という人も多い。

 にもかかわらず「朝食はしっかり食べないと健康に悪い」という一般論に呪縛され、
胃袋に無理して朝食を詰め込む人が少なくない。
その結果、過食になり、高脂血症、高血糖(糖尿病)、痛風、高血圧、がんなどの
生活習慣病で苦しむことになるのだから、笑止千万だ。

 第二次世界大戦が終結した1945年のヨーロッパや日本では、食糧不足に陥り、
多くの人が空腹を余儀なくされた結果、
その年の生活習慣病の罹患率が、過去最低を記録したことは、統計が明確に表している。
日本でも、「腹八分に病なし、腹十二分に医者足らず」という格言がある。


サーチュイン遺伝子

 エジプトのピラミッドの墓碑銘に、英訳すると次のような文が書かれていたという。

「Man lives on 1/4 of what he eats, the other 3/4 lives on his doctor」
(人は食べる量の1/4で生きている。残りの3/4は医者が食べている)

 エジプトの貴族たちの朝の挨拶は、「吐きますか、汗を出しますか」だった。
つまり「食べすぎ」と「運動不足」の害を知っていたことになる。

 エジプト文明にかぎらず、古代ローマ、古代ギリシャの文明は、
その頂点を極めた後に衰退していった。
その要因はいくつかあげられているが、
その中の大きな要因として病気(ペスト、疱瘡、麻疹)の蔓延があげられる。

 どんな病気でも、ある程度以上重症化すると、必ず「食欲不振」と「発熱」を伴う。
「食欲不振」「発熱」により、免疫力を上げて病気を治そうとしているわけだ。
よって、逆に「食べすぎ」「冷え」は、病気の二大要因になることがわかる。

「空腹」は、サーチュイン(長寿)遺伝子を活発化させ、
健康長寿に導いてくれる
ことを、
米マサチューセッツ工科大学のL・ガランテ教授が2000年 に発見している。

空腹の時は、胃からグレリンというホルモンが分泌されて
脳の海馬領域の血行をよくし、

記憶力が増し、頭が冴えることもわかっている。

 よって、「朝食を食べたくない人」は食べない、食べたい人でも
メタボ」など種々の病気で悩んでいる人は
「食べない」で「空腹の時間をつくる」とよい。

どうしても食べないと力が出ない人は、
「紅茶に黒糖かハチミツを入れて飲む」
チョコレートをつまむ」などすることによって
糖分を補うとよい。
何しろ脳をはじめ人体を構成する60兆個の細胞の活動源は、
ほぼ100%糖に依存しているのだから。

 朝食を「食べない」
「お茶(に梅干しを1個)」
「ハチミツ又は黒糖入りの紅茶」などにした
ことで、

「半年で10キログラムやせた」
「糖尿病がよくなった」
「血圧が下がった」
「酒に強くなった」
などという喜びの声を寄せてくれた患者さんは多数いらっしゃる。

「やってみて調子がよい」ことを条件(前提)に、ぜひ1回試されるとよい。
(文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士)


いいね!と思ったら↓クリックお願いします
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジンギスカンはフライパンが... | トップ | インフルエンザワクチンに水... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
胃袋を (seravitnnsnn)
2016-05-18 23:52:19
しみじみとここにはいいことが書いてある、然し実行できないのだ。胃カメラ飲んだ時、センセ
がへたで痛いと少々罵ったら腹いせか、センセは胃袋が大きいですネとまぜっかいしてきた、だから私は、どうしても過食になる、それでいつも葛藤の日日です、しみじみ自分になさけなくなる。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL