愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高まるドイツ銀行破綻の懸念。それは世界恐慌の幕開けか ドイツでは家庭用金庫が売り上げ増!!

2016年10月03日 18時50分10秒 | ニュース速報

HARBOR BUSINESS Onlineより
2016.09.09

高まるドイツ銀行破綻の懸念。
ドイツでは家庭用金庫が売り上げ増!!
 

 ドイツの金庫の大手メーカー「バーグ・ベヒター(Burg Waechter KG)」社の
家庭用金庫の今年上半期の売上は昨年同期に比べ25%伸びたそうだ。
他の大手2社も二桁の成長をしているという。

 その理由は、ドイツ市民が銀行にお金を預ける代わりに
家庭で金庫にお金を保管することを選択しているというのである。

つまり、経営難にあるドイツの銀行の倒産を懸念して、
銀行に預けているお金を引き出しているのである。

しかも、ライファイゼン銀行のように、
9月1日から10万ユーロ以上の預金者を対象に
マイナス金利0.4%を適用するという銀行も現れたことから、
市民は銀行にお金を預けることから、尚更、敬遠する傾向が強くなっているという。
(参照:「RT」)

 ドイツでは、ドイツ銀行とコメルツ銀行の2大銀行を除くと、
州立銀行とか協同組合的な貯蓄銀行といった中小規模の公的銀行が多い。

これらの公的銀行は国際金融業界において厳しい競争の経験が薄く、収益率も悪い。
しかも、ドイツ政府は健全財政を強調して来ているが、
金融関係の負債は銀行にそのまま押し付けているというのが現状である。
それが、また資金力のある2大銀行だけが巨大化する要因ともなった。

しかし、問題は
そのひとつである
ドイツ銀行が破綻するかもしれない状況に陥ってるということである。
 

◆巨額負債を抱えるドイツ銀行

 世界的に景気低迷にある中で、ドイツ銀行は厳しい未来が待ち構えている。

現在のドイツ銀行は75兆ドル(約7500兆円)相当の
金融取引で派生したデリバティブ債を抱えているという。

この総額はEU全体のGDPの5倍ドイツGDPの20倍に相当する規模にまで巨大化している。

仮にドイツ銀行が破綻したとしても、
ドイツ政府がそれを補填することが出来ない額である。

簡単に言えば、世界恐慌を引き起こすに十分なリスクを背負っているということである。
この取引の中には、将来財政破綻しても不思議ではないギリシャへの債権や、
同行の歳入の19%をEU離脱を決めた英国に依存しているという危険を伴っている。
また、最近からまた騒がれているイタリアの銀行危機とも関係している。
(参照:「El Blog Salmon」)

 ドイツ銀行は昨年67億ユーロ(7370億円)の赤字を計上している。
更に、同銀行の株価は今年45%の下落、2008年から比較すると
90%以上の評価損になっている
という。
同行の競争力が落ちているのである。

米国で廃ガス不正問題を起こしたフォルクスワーゲン社のメインバンクもドイツ銀行で、
不正問題に関係して伴う巨額の賠償金などにも
ドイツ銀行がその為の必要資金の工面をせねばならない。
経営難である上に、この多額の資金の工面は同行への経営不安をより高めることになる。

 更に、問題として収益率の低下もある。
そのひとつは欧州中央銀行の政策金利が0%になっているのも
一般に銀行の収益率の悪化に繋がっている。
2009年からヨーロッパの金融業界での利息による収益率は7%減少したという。
(参照:「ABC」)

 これは、ヨーロッパの景気低迷で資金需要が減少して
銀行からの融資を求めることが減少していることによる。

特に、ドイツのように、財政緊縮政策を政府が実行して来た影響で、公共事業が減り、
企業の方で請け負う仕事が減少して銀行に融資を求める必要が
なくなったことによるものである。
それが、連鎖反応して関連企業でも資金需要が必要でなくなっている。
 

◆欧州経済の「爆弾」

 8月31日付の『Expancion』紙によれば、
ドイツ銀行は自行の危機脱出を求めて
8月上旬にコメルツ銀行との合併の為の会合ももったという。
しかし、コメルツ銀行は内部組織機能を改造中ということで、
両行の合併の可能性はないと確かな情報筋が伝えたと報じている。

 その前の7月には、
スペインの最大銀行サンタンデール銀行がドイツ銀行を買収するのではないかという
憶測も生まれた。(参照:『Urgent24』)

 ドイツ銀行の単独での回復は不可能という見方が強まっているのだ。

 また、ドイツ銀行は自行の救出に急きょ1500億ドル(16兆5000億円)の
資金投入を求めている。(参照:『RT』)

 ドイツ銀行は爆弾を抱えているようなものである。
仮にギリシャ財政危機が再燃すれば、
債権銀行であるドイツ銀行への不安は一挙に爆発する。

現在のギリシャは国有資産を売却して必要資金をつないでいるようなもので、
財政危機は近い将来必ず訪れる。

同様に。
イタリアの金融危機もこれから更に深刻化する。
ヨーロッパで一番多額の不良債権を抱えているイタリアの銀行の危機が長引くと、
これもドイツ銀行に火種を預けるようなものである。

 難民問題で社会不安を招いているドイツであるが、
ドイツ銀行の問題はそれ以上の危険度を孕んでいる。
同行が破綻すれば、世界恐慌は必至である。

<文/白石和幸>

しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。
1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。
バレンシアには領事館がないため、
緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす

ーーー

先だっての先だってのアメリカ合衆国大統領による宣言
↓クリック
緊急!!アメリカ大統領布告
「国家準備月間」各自の責任で「未知の危機」に備えよ!!
はこのドイツ銀行の破綻による世界恐慌に備えたものだと思われる

75兆ドル(約7500兆円)相当の
金融取引で派生したデリバティブ債 
というのは異常だ 
日本の銀行もドイツ銀行を通して膨大なデリバティブ取引をしているというから
もちろん日本も巻き添えになるだろう

そして、なんといっても金融取引で膨れ上がったアメリカ・・

僕は、ドイツ銀行破綻をきっかけにした世界恐慌の日は
すでに決定されており
最終打ち合わせが
先日、国連において行われたと見る 

金融機関がクローズすれば、現金が引き出せない
それを裏付ける報道もある
↓クリック
米国の大手銀行が緊急事態に備えての訓練を行った??

抜粋

米国の大手銀行ウェルズ・ファーゴの支店
銀行の休日に、行員たちは差し迫る緊急事態に備えての訓練を受けた。
この非常事態では、店内へ入ることができる客の数は3人までに限られ
店内には武装した警備員が置かれる。

更に、安全を考慮して
銀行の金庫に保管 されている現金は極めて少量に限られている。

 

この動画を見たデイブ・ホッジス氏(The Common Sense Show)は、
「米国は今年、2008年を上回る金融危機に襲われる」、と結論しています。
理由は主要銀行(投資銀行)が抱える膨大なデリバティブです。

 

・JPモルガン・チェース:
総資産額 2兆6000億ドル
抱えるデリバティブ 63兆ドル

 

・シティバンク:
総資産額 1兆8000億ドル
抱えるデリバティブ 59兆ドル

 

・ゴールドマン・サックス:
総資産額 8563億ドル
抱えるデリバティブ 57兆ドル

 

・バンク・オブ・アメリカ:
総資産額 2兆1000億ドル
抱えるデリバティブ 54兆ドル

 

・モルガン・スタンレー:
総資産額 8013億ドル
抱えるデリバティブ 38兆ドル

 

・ウェルズ・ファーゴ:
総資産額 1兆7000億ドル
抱えるデリバティブ 5兆ドル

 

銀行がクローズすれば、当然流通も止まる
アメリカなら、間違いなく商店やスーパーは焼き討ちに遭い
商品の奪い合い、暴動となるだろう
だから、オバマ大統領は
水や食料、現金とか金と銀の準備だけでなく、
も用意するように呼びかけるのたのだ

Xデイがいつなのか
僕らには知らされない

しかし、そう遠くではなさそうだ

 

僕らにできるのは

各自
水、食料などを備蓄することだけだ

アメリカやドイツだけでなく
EU諸国、ロシア、中国さえもが備蓄に動いていると聞く

日本ではそのような呼びかけはないし
そもそも、
ドイツやアメリカでそのような通達があったことさえ
報道されない

その理由は
僕にもわからない 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナメてませんか?”食品添加物... | トップ | 第2弾!奇跡の純馬油&馬油... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うおー。 (カボチャ金貨)
2016-11-13 16:10:59
いやもう、日本愛好で忘れたふりしたいですよ。私。

孫が欲しい。そういう牧歌的な風景を夢見る今日この頃

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース速報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL