愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コレステロール、中性脂肪の値 そんなの関係ない!/丹羽医学博士

2017年04月21日 13時17分38秒 | 医学の常識・非常識

丹羽医学博士「現代医療の限界とクスリの副作用」について大いに語るより

コレステロール、中性脂肪の値
そんなの関係ない!

 

  活性酸素は単独でも悪さをしますが、これが脂肪と結合しますと過酸化脂質に化ける。
これもまた活性酸素と同じようなことする。
活性酸素と過酸化脂質を比べると、活性酸素のほうがずっと力が強い。

  ただ、活性酸素はむちゃくちゃ強いけど、できても酵素の力であっという間に出て行く。
過酸化脂質は体の中に一回できると、腎臓からおしっこになって出て行かない。
いつまでも体の中にあって、組織や臓器の壁にへばりついて中にゆっくりと浸透していって、
1年、2年、3年たって、組織や臓器を中からゆっくりと 破壊していく。
非常に強い。
本当に体の中で悪さをしているのは活性酸素よりも過酸化脂質のほう。

  うちへ来る患者さんも、コレステロールや中性脂肪酸が高い人が多い。
お医者さんに下げないと心筋梗塞や中風になるぞと、言われてどうしましょといってくる。
お米を控えろ、砂糖を控えろと言われる。

  いいますよ。
コレステロール、中性脂肪はいくら高くても直接、中風、心筋梗塞は起こさない。
コレステロール、中性脂肪が機械で測れないくらい高くても元気なじいちゃんばあちゃんはいくらでもいる。
逆に、コレステロール、中性脂肪が基準値内よりもうんと低くても、中風、心筋梗塞になる人がなんぼでもおる。

  これは私の独断で言っているんじゃない。
名古屋大学の過酸化脂質の研究では世界ナンバーワンと言われる八木稔先生がおっしゃっている。
血液検査で過酸化脂質は測れなかったのが、
この先生が独自の測定方法を編み出して、私も含め世界中の学者が彼のところにつめかけました。

  その先生いわく、コレステロール、中性脂肪そのものはなんら悪さはしないと。
これが活性酸素でがん化され過酸化脂質になって初めて悪さする。
血液のなかで コレステロール、中性脂肪が活性酸素で酸化される。
そこに過酸化脂質ができる。
そして血管の壁の内壁にへばりつき、血管の壁の中にじわーっとしみこんで行 く。
そして1年、2年たって、血管の壁を中から破壊していく。
これば頭の血管なら中風。
心臓の血管なら心筋梗塞。

ーーーー

僕は中性脂肪値が高いと医者から言われているが、気にしていない
この記事でますます自信がついた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”ラーメン”って”本当は怖い食... | トップ | TPPで”100億トンの水 ”... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医学の常識・非常識」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL