愛詩tel by shig

プロカメラマン、詩人、小説家
shig による
写真、詩、小説、エッセイ、料理、政治、経済etc..

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プーチンからトランプへの祝辞「国際問題に共同で取り組むことを期待」

2016年11月10日 09時12分58秒 | ニュース速報

世界の裏側ニュースさんより
2016-11-09

プーチンからトランプへの祝辞「国際問題に共同で取り組むことを期待」

ロシア政府:プーチンからトランプへの祝辞「国際問題に共同で取り組みを期待」

Putin congratulates Trump, hopes to work on intl issues – Kremlin

11月9日【RT】https://www.rt.com/news/365966-putin-trump-congratulates-victory/

 

 

 

 

 

ロシアのウラジミール・プーチン大統領が
ドナルド・トランプ氏への祝辞を送りました。
その中でプーチン大統領は
ロシア政府とアメリカ政府間で両国間の考えを維持しながら
ロシアとアメリカ両方にとって有益となる交渉ができるだろうという自信を
表明しています。

 

プーチン大統領はまた、
現在のロシア・アメリカ間で両国間が直面している危機的状況に
共同で取り組むことを望む考えも明らかにしています。

 

このメッセージの中でプーチン大統領は
「現在、国際的なアジェンダとして差し迫った問題」に取り組み、
「世界的な防衛上の問題に効果的に対応する方法を模索する」
ことを望むと伝えたと、ロシアの国営放送RIAノーボスチが伝えています。

 

プーチン大統領はさらに、
「ロシア政府とアメリカ政府の間で、平等や相互の立場を尊重し合う原則に基づき、
両国の国民や世界の全コミュニティの利益に適合する建設的な交渉を構築する」
ことに対し前向きな姿勢を明らかにしました。

 

多くの批評家によれば、
アメリカとロシア間の関係は冷戦時以来最悪の状態だと考えられています。
しかしプーチン大統領はロシアの対米関係の悪化は
「ロシアの選択によるものではない」と繰り返し主張し続けてきました。

 

ロシア政府とアメリカ政府間の現状を改善するためには、
アメリカは何よりもまずロシアと同等のパートナーとして行動し、
ロシアに対して条件を命令するのではなく、
ロシアの利益も尊重する必要があるとプーチン大統領は先月、述べています。

 

モスクワで開催された経済フォーラムの場でのプーチン大統領の発言:
「ロシアとアメリカ間の関係が悪化していることを私たちは懸念していますが、
これは私たちの選択によるものではなく、
またロシアはこれまでその悪化を望んだことはありません。

 

それとは反対にロシアはアメリカとの友好的な関係を望んでいます。
アメリカは素晴らしい国で経済的で主導的な立場にありますから」

 

現在、どの国も一カ国で行動することは不可能で、
国際的な問題の解決策を見つけ出すためには
アメリカはロシアと交渉する必要があると
先週、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は述べ、米露二か国間の関係における問題は
2014年にウクライナ危機が勃発するずっと以前から蓄積され始めていた
という所感を明らかにしていました。

 

 

 

(翻訳終了)

 

 

 

 

*******

 

 

その一方でトランプ氏の優勢が明らかになるやいなや、
ヒラリーの支援者の多くがカナダへの移住を検討し始めたために、
カナダの移民担当当局の機能停止しているそうです。

 

http://www.infowars.com/hillary-voters-crash-canada-immigration-website/

 

 

 

 

 

 

 

飼い主とペットは似ているといいますが。

 

 

 

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

 

フィリピンのドゥテルテ大統領が明白に中露側に立つことを明確にし、
南シナ海の情勢が大きく変わり、アメリカではまさかのトランプ当選。

 

またイギリスではEU離脱の必要条件であるリスボン条約第50条の発動には
総選挙が必要だと高等法院が判断し、
総選挙の早期化が見込まれていますが(BBC日本語版)、
総選挙が行われた場合には人気が強まる一方のジェレミー・コービン氏が
有力ではないかと一部で考えられています。
そうなった場合、世界的な力のバランス関係がさらに大きく変わるでしょう。

 

そしてイギリスのEU離脱国民投票でメディアの予想を裏切ってまさかの離脱の勝利、
続いてアメリカ選挙では多くの予想を裏切って(メディアの戦略が外れて)
トランプの勝利と、メディアがその圧倒的な力を失いつつあることを示す事例が
続いているのはおもしろいことです。

 

トランプ勝利の祝辞を最初に送ったのはフランスの極右マリーヌ・ル・ペン
だったそうで、
トランプ勝利でアメリカ国内の人種間の対立が激化しなければいいのですが、
ともかくヒラリー勝利よりは予想のつかない展開になりそうですね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NAU速記録】16.11.04 衆議院... | トップ | 【超真相】日本経済を“丸ごと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース速報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL