Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

もう少しで最悪の事態になる所でした。(by.一日一善)

2017年04月29日 | 野鳥
虫歯の治療に行ったお話しは昨日の記事。
まさか、その続きを書く羽目になろうとは思ってもいませんでした。

きのう治療が終わったのが5:10。
麻酔が効いているので、7時過ぎまでは痛みは全く感じません。
8時頃には麻酔も切れて、術後のダクダクとした鈍痛があるだけです。
夕ご飯も済ませて、睡眠もシッカリ取れました。
ヨカッタヨカッタと、思いきや・・・・・。
今朝起きて、トーストをかじったとたんに『痛ったぁ~!!!!』
『こらあかん、食べられヘン』
『しゃぁない、包んで持って行って痛みが引いたら食べよう』と、リュックに詰める一日一善。
食後に歯を磨くと・・・・これまた『飛び上がるほど、凍みる凍みる』 
『あっちゃー、昨日貰った痛み止めを飲んで行こう』
『昼までには、だんだん治まるやろう』と、薬を一錠。

まさか、治療した歯以外にもう一箇所悪い所があったとは・・・この時点では、そうでは無いことに気づいていない一日一善。

自転車に、飛び乗り『いざ山へ!!』。
山に着いても、ズキズキと痛みます。
8時頃、お茶を飲むと・・・・・人肌くらいの温度ですが・・・・飛び上がるほど痛い。
『どこが痛むのか?』と指で押さえても、良く分かりません。
ところが、不思議なことに・・・・ハンカチを2つ折りにして奥歯で噛むと・・・・あ~ら不思議、『すっと痛みが無くなる』。
『これで、騙し騙し何とかなりそう』と思ったのですが、時間が経つほどに痛みが増してきました。
『えらいこっちゃ、ハンカチを咥えても痛みが治まらなくなってきたぁ・・・やばい。』
と言うことで、持ってきた食事も結局食べられません。
時間は10:30。
鳥友さんに声をかけて、ソソクサと早じまいです。
家に到着したのが11:00。
『あっかん、死ぬほど痛くなってきたぁ・・・・ずっきんずっきん
昨日の歯医者さんは土・日はお休みなので、「三島救命救急センター」に即、電話。
受付は11:30まで・・・・ぎりぎりセーフです。
もう、この時点で『地獄の苦しみに突入』です。 もう七転八倒です。
11:45に到着すると、10分くらいで先生が見てくれました。
痛くて痛くて、説明も上手くできませんが、さすが救急センターの先生です。
少しずつ少しずつ、「パズルを解くように」一歩ずつ一歩ずつ答えを見つけ出します。
患部の解析のため3回レントゲンを撮りました。
そして最後に、『ここですね!!』と細い鍼でつつかれ・・・・ぎゃぁぁぁぁ!!
説明を聞いても良く理解できませんでしたが、「きのう治療して閉塞した箇所の、内部圧力が増して痛みが出た」らしいのですが???。
神経を殺していても痛みが出るのが不思議でした。
治療も凄く丁寧で、※他に悪さをしている箇所は無いか・・、※今治療している箇所は確実に痛みが軽減されているか・・・、などチェックの上にチェックを重ねて、治療完了が13:20。
なんと1時間半もかけて治療して頂けました。

いまこの記事を書いているのが3:40です。 いまのところ痛みは殆どありません。
地獄から天国に登ったような気分です。
だがしかし、2度あることは3度あるかも知れません。 ただただ、このまま痛みが引いてくれることを願うばかりです。

話が長くなりましたが・・・・痛みをこらえながらの探鳥結果です。
歯が痛いと、まったく鳥に集中できないのが良く分かりました。 
シャッターを切るまでの時間がメチャメチャ長く感じます。
ハンカチを咥えながら歩き回っている姿を、見られなくてヨカッタです。

いつもの駐車場の「キビタキ」は、歯が痛むので集中して探せませんでした。
悔しいけれど、1分間おなじ所を見ているだけで、ズキズキと痛みが気になります。

山頂につくと、炊事場の木のてっぺんに。

キビタキ♀・・・オオルリのようにも見えますが、体型からキビタキと判断しました。 自信無し。




するとラジオ体操に来られているグループの方が、『向こうの枯れ木に止まっている大きな鳥は何て言う名前?』と聞かれたので、見に行くと。

アオゲラ・・・探す気力の無い一日一善、大助かりです。




探すどころか、写す気力も萎えてきています。

奥の広場では、

シメ・・・遠くの木陰で、一休みしていました。


コサメビタキ・・・半押しでピントを合わすのも、一苦労です。 ズキズキして涙が出そうです。




8:30です。 ハンカチを咥えて騙し騙し頑張りましたが、山頂撤収。

帰り道、「野外ステージ」で「キビタキ」の啼き声が聞こえましたが、もう下に下りていく気力がありません。
『悔しいなぁ』と立ち止まっていると、あ~らまぁ。

キビタキ・・・突然10mくらい前に飛んできて、枝にとまってくれました。 アオゲラに続いて助けて貰ってばかりです。






山道をトボトボと自転車置き場まで帰りましたが、周りに注意を払う余裕さえ失っています。
自転車に乗って、自動車道路を下ってそのまま帰ろうと思っていたのですが・・・・。
「もみじ谷」の所まで来ると・・・『ちょっとだけ見に行くか』・・・と地獄の1丁目に。

オオルリ・・・遠くの方で啼いている所を乾坤一擲。
頭はまっ黒ですが、気力を振り絞っての1枚。 きっとこの写真をみると思い出すことでしょう。




きょうは、50回しかシャッターを押していませんでした。
はたして、きょうの治療で無事に快復に向かってくれるでしょうか?。

もう4:00です。
先生から『痛みが再発したら、5時までにおいで』と言われましたが、今の所大丈夫な気がします。
どうなりますやら、明日の記事をお楽しみに。

つまらない、長話に付き合って頂き有り難うございました。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 天気晴朗なれど・・・歯痛し... | トップ | ひぇ~、もう1年の1/3が... »

コメントを投稿