Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

グルグルと、良く歩き回りました。(by.一日一善)

2017年11月15日 | 野鳥
昨日の雨は、思っていたより良く降りました。
起きた時には、あまり降っていなかったので、行こうかなと思ったのですが、行かなくて良かったです。
エライ目に遭っていた所です。

昨日の運動不足の反動もあって、きょうは山の隅から隅までシッカリと歩いて探鳥しました。
歩き回るのが裏目に出る事もありますが、きょうはチョット運が付いていたようです。

それでは、今日の山の鳥たちです。

アカゲラ・・・奥の広場に行くと、うまい具合に北側の木に飛んできました。 でもあっという間に気づかれました。


ルリビタキ①・・・『グググ』と言う声が聞こえたので、振り向くと目の前に!!。






ジョウビタキ・・・ルリビタキが気になるのか、様子を見に近づいてきました。




ルリビタキ②・・・山道を歩いていると、目の前をスッと横切りました。






メジロ・・・ムラサキシキブの実を食べていました。


ツグミ・・・啼き声がアカゲラにも似ているので、一瞬ドキッとします。


ルリビタキ③・・・山道を少し戻っていくと、電柱の控えのワイヤーにコッソリ止まっていました。


アオジ①・・・見晴台でお茶タイムをしていると、周辺で『チッチッチ』と『チチッチチッ』の合唱です。






ホオジロ・・・『チチッチチッ』の啼き声の主です。


ホオジロの向こうにアオジも居ます。


ホオジロ・・・♀も近くに居ました。


モズ・・・モズが近くに来て啼き出すと、周りの小鳥たちは潮が引くように静かになります。




アオジ②・・・炊事場の向かい側の茂みにも、アオジが沢山居ます。




ルリビタキ④・・・見晴台への分岐点で、西側の林の中で啼き声が頭上から聞こえました。








ソウシチョウ・・・ルリビタキが飛んで行った方向へ探索に行くと、『ピーピー』と10羽くらいの群れ。
たくさん居たのに、なかなか上手く写せません。






気がつけば、10:20。
撤収です。

帰り道で、

シロハラ・・・林の奥の方で動いたので、気がつきました。


麓の池へ、「オカヨシガモ」がまだ居るのか気になって、見に行きました。

オカヨシガモ・・・少しだけ頭が緑色になりつつあるようです。 この時間になると逆光になるので、朝早く来るのが良さそうです。
暖かくなって気持ちが良いのか、皆が羽をバタバタとしています。






カップルかな?。


男の子かな?。


きょうは種類こそ多くはありませんでしたが、何度も何度も出会いが有って楽しい一日が過ごせました。
「アオゲラ」が、最近なりを潜めています。
「ウソ」は遠くで啼き声はするのですが、50m以内には来てくれないようです。
「エナガ」や「メジロ」の混群を見かけなかったので、「キクイタダキ」にも出会えませんでした。
「ミヤマホオジロ」や「トラツグミ」は、いつもより来るのが遅いようです。
「アトリ」や「ジョウビタキの♂」は管理棟よりも下では見かけるのですが、山頂にはあまり上がってきません。
これらの鳥たち全部に出会えたら、メチャメチャ嬉しいでしょうね。

もっともっと、歩き回った方がイイのかも知れません。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今月も一服が多そうです。(b... | トップ | こらぁ、あきまへん・・・。... »

コメントを投稿