Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

見れば見るほど、わからない幼鳥たち。(by.一日一善)

2017年07月11日 | 野鳥
きょうは、いつもより1時間早く家を出て、「カブトムシ」を探しに行きました。
残念ながら、まだ生まれていないようで、1匹も見つかりません。
ぼちぼち出てくる頃だと思ったのですが、2~3日早かった模様。
ブログを調べたら、昨年は7月12日に捕獲の記事を書いていました。

1匹も居なかったせいで、いつもより15分早く山に着きました。
きょうは「ホトトギス」の啼き声が、まったく聞こえないので待ち受け作戦は中止です。

管理棟付近で、鳥が飛び交っています。

コサメビタキ幼鳥・・・これは間違いなくコサメビタキのようです。






キビタキ幼鳥??・・・これが良く分かりません、いつの間に入れ替わったのか??、コサメビタキかも分かりません。
キビタキのように見えましたが??




だんだん幼鳥が多くなってきて、生まれたてから少しヒネたのまで色々出てくると、何の幼鳥か分からなくなります。
コレまでの記事でも、間違っていることが多々あると思います。
もしお気づきの事があれば、コメント頂ければ幸いです。

管理棟とキャンプファイヤー場の中間点くらいに、

キビタキ・・・久しぶりの♂ですが、やけに毛羽立っていますね。


見晴台の分岐点まで来たので、「リス」が居ないかと探したのですが・・・・・居ない。
一昨日に続いて、2度目の不在です。
まだ赤い実は沢山付いているのですが、熟し過ぎは口に合わないのかも知れません。

代わりに、賑やかにしていたのは。

イカル・・・私が近づくと、あっという間に10mくらい向こうの木に待避したようです。


天気予報では「曇り」だったのに、思い切りの「晴れ」です。
見晴台に立つ気になりません・・・

奥の広場に逃げ込みます。
広場に入った、すぐの所に。

ゴマダラカミキリ・・・カブトムシの代わりに掲載にします。




日陰に折りたたみ椅子を据えて、ジックリと鳥たちを待つことにしました。

オオルリ幼鳥♂・・・きょうも顔を出してくれましたが、あまり長くは居てくれません。




これから、だんだん分からなくなってきます。

キビタキ幼鳥??・・・オオルリのようにも見えるし困ったものです。 若くなるほど分かりにくいです。


これは上と同一個体です。


これも難しいですね。 キビタキのように思うのですが?


これは、まったく分かりません。 かなり若そうです。


これも、分かりません。 写真の写り方も悪いです。


これは、皆さんキビタキかオオルリか、どちらだと思われます??


家に帰って、パソコンでじっくり見ても私には判断が付きませんでした。
成長してくれると、もう少し判断しやすくなると思うのですが・・・困ったものですね。

シメ・・・暑い夏のこの時期にシメが1羽、樹間に潜んでいました。




コサメビタキ・・・これは成鳥ですね。


そして帰る間際に、見晴台に行くと。

イカル・・・親子水入らずです。 逆光で上手く写せませんでした。
左に居るのが子供です。




見晴台は、10分立っているのがやっとです。
奥の広場に戻りましたが、子供達がバス2台で体験学習にやってきたので、探鳥終了とあいなりました。
驚いたのは、そのあと大人達が10台くらいの乗用車で乗り込んできたことです。
殆どの車が1人で1台、多くても2人くらいしか乗っていません。

こんな空気のイイところに、排気ガスをまき散らしに来たのでしょうか?。
相乗りして台数を減らすとか、駐車場に止めて歩くとか・・・なんでやろ???。
とても違和感を感じる一日一善でした。

もうすぐ夏休み。
この山には沢山の子供達が遊びにやってきます、まずは大人達がお手本にならないとダメですよね。
ルールやマナーを守ることから始めましょう!!。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 蒸し暑くても山はいいですね... | トップ | 季節外れのシメが・・・。(b... »

コメントを投稿