Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

急転直下の曇天、晩秋から冬の気配が。(by.一日一善)

2016年10月25日 | 花・風景
太陽が顔を出さないと、体感温度が3度くらい違いますね。
今朝も、分厚い黒い雲がビッシリ。
『山の上は、サブいんだろうなぁ・・・』と思いながら、電車に乗って所用に出かける。
結構寒いが、風が無いので何とか我慢できる程度。

いつも通る公園も、天気が悪いせいか人通りが少ない。
鳥も、「モズ」と「メジロ」と「カラス」くらいしか見当たらない。
昨日は「ムギマキ」が♂・♀が出たらしい。
でも、すぐに行方不明になったとか・・・。

朝の散歩では、1枚も写真は撮れませんでした。

と言うことで、きょうは『10月下旬の花(1/2)』です。

マンデビラ・・・何回か登場していますね。開花時期は5月~10月と長いです。花言葉は、『情熱』。


キンモクセイ・・・私は心落ち着くこの香りが、とても好きです。花言葉は、『謙遜』。


ダリア・・・何度も何度も登場します。「天竺牡丹」とも呼ばれますが、インド産では無くてメキシコ産です。花言葉は、『華麗』。




ノコギリソウ・・・根からの分泌液は、そばに生える植物の病気を治したり、害虫から守るそうです。傷薬に良く使われるとの事。花言葉は、『戦い』。


ピラカンサ・・・前回は赤い色でしたが、今回はオレンジ色。あまり野鳥の好みでは無さそうで、食べる実が無くなったら最後にピラカンサを食べるそうです。花言葉は、『慈悲』。


ホトトギス・・・日本の代表的な山野草です。花言葉は、『永遠にあなたのもの』。


カキ・・・左下のカキは、透き通ったように熟していますね。干し柿もいいですねぇ、孫達は大好きです。花言葉は、『自然美』。


菊・・・宮中で行われる「重陽の節句」は「菊の節句」とも言われます。花言葉は、『高貴』。


ミゾソバ・・・昔は飢饉の時に「救荒植物」として食べていたようです。花言葉は、『純情』。


風車菊・・・スプーンの形をした花弁が、本当に風車のようです。花言葉は、『清浄』。


ススキ・・・与謝蕪村の『狐火の 燃えつくばかり 枯れ尾花』の枯れ尾花は、ススキのことです。花言葉は、『心が通じる』。


ベゴニア・・・葉っぱに厚みがあり、保水力があるので水のやり過ぎにご注意。やり過ぎると腐りますよ。花言葉は、『片想い』。


シクラメン・・・(1)真綿色した・・・・・、(2)薄紅色のシクラメンほど眩しいモノは無い、恋する時の君のようです・・・と2番で謳われた「赤いシクラメン」です。花言葉は、赤『嫉妬』・白『清純』・ピンク『憧れ』。


お昼に雨が降っていなければ、公園に散策に行ってきます。
もし野鳥がいたら、追記しますね。

【追記】
小雨の中、公園に行きました。
傘を差しながら、キビタキ♀を撮ってきました。

キビタキ・・・雨が一番きつい時に出てきました。野鳥を見たら昼からの元気が貰えました。




明日も、天気はどうなるのか微妙なところですね。
雨は降らない予報ですが、ハテサテどうでしょうか?。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 電動自転車の電池残量が7%... | トップ | 山では久しぶりのキビタキの♂... »

コメントを投稿