Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

いつもの山から、奥の山まで。(by.一日一善)

2017年08月05日 | 野鳥
珍しく、きょうは寝過ごしてしまいました。
とは言っても、30分程度です。
朝から天気は上々でしたが、寝過ごした所為か何となく気分が乗りません。
「アオゲラ」の声は1度だけ遠くで聞こえましたが、「ホトトギス」の啼き声はありません。

山道を登る途中で・・・。

モズ・・・さすが狩りの達人、アブラゼミを見事に一撃です。


山頂に着くと、「ホトトギス」の啼き声が三好山の方から聞こえました。
「見晴台」に立って聞いていると、段々遠ざかっていきます。

きょうは、「アオゲラ」の啼き声も殆どありません。
「奥の広場」も、シーンとしています。

きょうは気分も乗らないし、鳥の動きもあまり良さそうでは無いので、奥の山まで足を伸ばして見ることにしました。
気分転換にイイかもしれません。
そうと決めたら、早速山頂を撤収します。
結局、山に居たのは40分だけでした。

奥の山まで30分ほど。
きょうは土曜日なので、トレッキングをされている方達が多そうです。
久しぶりなので、探鳥ポイントが良く分かりませんが、いつもよりユックリと歩いて見逃さないよう集中します。

しばらく歩くと、暗がりに鳥の動きがありました。
ここは、いつもの山よりだいぶ暗いです。
シャッタースピードもあまり上げられなさそうです。

オオルリ幼鳥・・・これから青く色づくような気もしますが、良く分かりません。








やっぱり奥の山にも、鳥はあまり居ないようです。
渓流の音で、鳥の声が聞き取りにくい所為もありそうです。

20分くらい歩くと、川の中の苔むした岩の上に鳥の動きがあります。

カワガラス・・・チョコマカと良く動きます。 暗いので、よほどジッとしてくれないと、私の腕では写せません。






やっと明るい所に出てくれました。






かなり上まで登った所で、30~40mくらい先の道路上に・・・・・・。

クロツグミ・・・遠すぎてボヤボヤですが、間違いなくクロツグミですね。 




きょうは2つの山で、21,000歩も歩きました。
歩いた割には出会いが少なかったですが、川沿いなのでいつもより涼しい探鳥となりました。

台風もいよいよ北上の兆しです。
近畿を通過するのは火曜か水曜辺りだそうです。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« アオゲラ様々・・・・です。... | トップ | いつもの山から、西の山まで... »