Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

ボチボチ、脱皮しないと暑いくらいです。(by.一日一善)

2017年03月20日 | 野鳥
朝一番は、まだ少し肌寒いですが8時を回ると汗ばむ陽気です。
鳥を探すのに、普段の倍以上歩き回るので暑さ倍増です。
『往生しまっせ~。』・・・・もうえぇ、ちゅうのに。

はてさて、今日の山は『往生』したのでしょうか?。

昨日、自転車を止めて10mほど登ったところで、「ソウシチョウ」が突然出て来ました。
あわててしまって、写真は失敗でした。
きょうも出るかも知れないので、心の準備は万端です。
もちろんカメラの設定もOKです。
『さぁ、かかってこい!!。』と気合いを入れて歩き出すと・・・・。

ソウシチョウ・・・やっぱり、きょうもおなじ所で同じ木に群がっていました。






作戦成功です。
見ていると、どんどん管理棟の方に登って行くのでユックリとあとを付いていきました。
その時、後ろの方で『ぎゃぁぎゃぁ』と「カケス」が啼きました。
「ソウシチョウ」は、ひとまず置いて50mほど早足で戻りました。
ゴミ置き場の少し手前の松の中で動いているのが見えますが、しばらく辛抱です。
1~2分経って、やっと山道に張り出した木の上に出て来ました。

カケス・・・気づかれなかったのか、ユックリと撮らせて貰えました。




山道の反対側の木に飛び移りました。


「ソウシチョウ」と「カケス」のスタートは嬉しい限りです。
「カケス」も飛び去り、管理棟に向かって歩いて行くと今度は「アカゲラ」の声です。

自転車置き場から50mくらい登ったところ・・・管理棟の裏の木のてっぺんに居ました。

アカゲラ・・・『ケッケッ』と啼き続けてくれたので、すぐに見つけることができました。


「アカゲラ」まで出てくれて、びっくらポンのスタートとなりました。

管理棟の前まで行くと、先ほど上がっていった「ソウシチョウ」の声がします。
管理棟の前のスロープを降りていくと、5羽くらい居ました。
しばらく待っても、茂みの中から出てこないので退散。

山頂に着いて一番奥の広場で、ちょっと早めのお茶タイムにしました。
ホッと一息ついて、奥のベンチに座っていると、四阿のあたりでドラミングの音がします。
そ~っと忍び足で近づいていくと、四阿の橫にある小さな小屋の上の枝にとまっています。

アカゲラ・・・ドラミングしていた場所から移動したのか?、細い枝にとまっています。


見ていると、すぐに昨日居た場所に飛び移りました。 ここが好きなようです。


写しているところに、鳥友さんが来られたのですが残念ながら南側に飛びました。
探しに行くと、炊事場の向こうにとまっていました。


最近「アカゲラ」が良く出てくれるので、本当に大助かりです。

炊事場周辺では、昨日4~5匹のニホンリスが出たところに、きょうもまた1匹だけ木に登っていました。

ニホンリス・・・昨日の4~5匹は、親子連れ(5匹家族)だったのかも知れませんね。


きょうは振り向きもせず、ソソクサとどっかに行ってしまいました。

きょうも「アカゲラ」のあとが続かないので、久しぶりに谷筋の方に降りていくことに。
この辺を縄張りにしている「ルリビタキ」も、ここ数日姿を見ません。
以前に「トラツグミ」が好きだった柿の木の辺りで、『チャッチャッチャ』と軽快な啼き声。

ミソサザイ・・・置きピンの待ち受け作戦、一発勝負です。


柳の下のドジョウを狙いましたが、そうは問屋が卸しません。
あきらめて、見晴台に行きました。
うまい具合に・・・・。

アカゲラ・・・見晴台の近くの木に、啼きながら飛んできました。


見晴台に立っていると、西南の方向から西に向かって「ウソ」の啼き声が移動するのが聞こえました。
これは是非とも確認しに行かないといけません。
山道に戻って、水道施設まで戻ってみることにしました。
やっぱり間違いありませんでした。
見晴台への分岐点から100mくらい戻ったところに、「ウソ」の♀が2羽サクラの木にとまっていました。

ウソ・・・なんか上手く写せませんでした。




締めくくりに、もういちど一番奥の広場まで戻りました。

ルリビタキ・・・地面に降りて採餌していました。


9:00になったところで、子供達が大勢登ってきたので撤収することにしました。
帰り道では出会い無し。
おっと、忘れていました。
自転車置き場のところで「アオゲラ」が啼いたのですが、見つけたとたんに逃げられました~。 残念無念。

どうも・・・山の「アトリ」と「ミヤマホオジロ」は、移動してしまったように思います。 めっきり淋しくなりました。

自動車道路沿いでは、

ソウシチョウ・・・あまり多くは居なかったようです。ちょっとの間だけ出てくれました。




明日は天気が崩れそうなので、自転車の電池が無くなるところまで川を下ることにしました。
津之江の辺りで電池残量が10%になったので、ここで粘ってみることにしました。

オオジュリン・・・きょうは2~3羽しか居ませんでした。








ヒバリ・・・オオジュリンが時々しか出てくれないので、土堤でツクシを探していたら、歩いていました。


ベニマシコ・・・♀だけしか居ませんでした。






12:00になってお腹がぺこぺこなので、本日打ち止めです。

自宅の近くで。

アネモネ・・・ちょっと情熱的な花ですが、好きな花の一つです。




もう少し電池があれば淀川まで行けたのですが、またの機会にします。
あしたは、たぶん雨でしょうね。 
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« いやぁ、往生しまっせ~。(b... | トップ | 両親と月ヶ瀬梅渓。(by.一日... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。