Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

まだまだ-3°Cと冷たい山頂です。(by.一日一善)

2017年01月25日 | 野鳥
メッチャ冷たい朝です。
道路の状態も、普段通りに戻っています。
これから徐々に、春に向かっていくのでしょうね。

風が無く日差しが良いので、空気の冷たさはさほど気にはなりません。
昨日は出てくれた鳥の種類は少なかったけれど、きょうはまぁまぁ楽しませてくれました。

さぁ、きょうもいいスタートが切れるか?。
ワクワクしながら、山登りの開始です。
ゴミ置き場周辺から、口笛を吹くような啼き声が聞こえます。

ウソ・・・きょうは、たった1羽の♂だけでした。


そして近くの側溝に、いつもの「ルリビタキ♀タイプ」かと思ったら・・・あれ?。

ジョウビタキ・・・いつも管理棟付近に居る♀だと思います。 薄暗いとルリビタキと区別が付きません。


「ウソ」のスタートは何日ぶりでしょう。
門を入って管理棟を過ぎ、キャンプファイヤー場、水道施設を越えても何にも居ませんでした。
20kmカーブ(※最近は⑳の標識は無くなっています。)のところで、側溝の中から、ガザゴソと音がします。

ルリビタキ・・・昨日も側溝の中を歩いていました。なにか美味しい餌があるのでしょうか?。
側溝の壁のコケに飛びついていました。


そしてユックリと側溝の中を歩き出します。


山頂に着き、きょうは一番に谷筋へ向かいました。
「トラツグミ」はまだ来ていませんでしたが、頭上の木の上で『コツコツ』音がします。

アオゲラ・・・最近、このアオゲラが見晴台周辺に良く出現します。


見上げるのが苦しいくらいの高さです。


谷筋を後にして、一番奥の広場に行きました。
一番奥の木に、チョット大きめの数羽の鳥が止まっているのが見えました。
そ~っと近づこうとしたのですが、地面に霜柱が立っていて歩くとミシミシ音がします。
写せる距離まで近づけたと思ったら・・・飛ばれました。
あきらめず、しばらく探したら・・・見つかりました。

シメ・・・3羽居ました。




お茶でも飲もうと、見晴台に行きましたが。

ツグミ・・・15分くらいの間、来たのはツグミだけでした。


暖かいお茶を飲んで、ホッと一息です。
何にも来ないので、見晴台を下りて山道をブラブラしていると、トイレの方角で「ウソ」の声が聞こえました。
すぐに、赤い実のなっている木だと分かりました。

ウソ・・・本日2度目です。 ここ数日、ウソの出現率が一番高いですね。




そして一番奥の広場に行くと、『ぎゃぁ』と「カケス」の声。
2羽が飛んでいくのを見ましたが、残念ながら見送りのみ。
「アカゲラ」の声も聞こえます。
複数の鳥の鳴き声が聞こえると、どちらを優先するか悩ましいですね。

カケス・・・ちょうど、葉っぱと葉っぱの切れ目に止まっていました。




「アカゲラ」も一生懸命探しましたが、結局見つかりませんでした。
少し、見晴台の方向に戻り炊事場のところで先ほどの「ウソ」がいいところに止まっていました。

ウソ・・・3度目の出会いです。 どうもこの周辺が気に入ったみたいです。
ちょうど目線に下りてきてくれたので、背景が入ってクッキリと写せました。






と、その時です。
『ケケッ』と嬉しい啼き声、少し遠いですが何とか写せる範囲に居ます。

アカゲラ・・・見つけたと思ったら、飛びました。


でも、ここであきらめてはいけません。
目で「アカゲラ」の飛び先を見極めます・・・・、一番奥の東屋方向です。
早足で向かいますが、霜柱を踏む足音が気になります。

東屋の下からグルッと見渡して探します・・・・、啼いてくれるといいのですが啼きません・・・あっ居ました!!。

アカゲラ・・・けっこう長い間、餌をほじくっていました。






シッカリと撮れたので、見晴台方向に戻りました。
すると、またもや『ケケッ』と一声。

アカゲラ・・・見晴台に登る階段から、西側に居ました。 30mくらい向こうでしょうか?。


と、またもや『ケケケケケ~』と今度は「アオゲラ」の声。
声は見晴台方向から聞こえたのですが、出現したのは目の前の木。

アオゲラ・・・朝方居た♂のアオゲラです。 昨日写したのもこの子です。


「アカゲラ」「アオゲラ」がセットで写せたのも久しぶりのような気がします。
ぼちぼち「トラツグミ」が出てくる時間なので、谷筋を下る事に。

ジョウビタキ・・・このごろ、ルリビタキをしつこく追いかけるのは控えているようです。


トラツグミ・・・後ろ姿でジットしていると、慣れないと本当に見つかりません。






そして、山道に戻ったところでも、

ジョウビタキ・・・きょうは、写そうと思った瞬間に何度も何度も逃げられました。


この時点で9:30、きょうは用事があって1時間早退します。
帰り道、管理棟まで鳥たちの声も姿も何にもなし。

ログハウスのところで、やっと。

ジョウビタキ・・・朝一番、側溝付近に居たジョウビタキかな?。 帰る時も見送りに来てくれました。


ルリビタキ♀タイプ・・・管理棟からゴミ置き場の間に、2羽か3羽がいるように感じますが、同じ個体が飛び回っているのだろうか?。








きょうも色んな出会いがありました。
色んな出会いが楽しくて、ついつい山にばかり来てしまします。
山のブログ記事も、1月11日から連続15日間も続いています。 驚異的な連続記録です。

さて、きょうはお昼から小学5・6年の時の担任の先生のお見舞いに行きます。
50年以上もお世話になった恩師です、なので1時間早退した次第です。
友人達とも久しぶりに会えます。 当然、彼らとも50年以上のお付き合いになるわけです。
年金や老後の話は、極力避けようと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 無事に山に着けたのでしょう... | トップ | 山頂は、最高記録の-6°C。... »

コメントを投稿