Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

ピークは過ぎたのかも・・・?。(by.一日一善)

2017年04月25日 | 野鳥
きょうも連続のイイ天気ですが、7:00~8:00は厚い雲に覆われました。
でもまぁ、概ね良好のお天気でした。
出かける時から10度くらいはあったのでしょう、いつもは冷たくなる手も温かい。

早速、きょうの山の鳥たちです。

きょうも駐車場付近の「キビタキ」の声は軽やかです。

キビタキ・・・木の上の日が当たって、気持ちがいいのか中々下りてこなくなりました。 探すのが大変です。








山頂まで歩いて行くと、「キビタキ」の啼き声の聞こえる場所が、いつもとは違うように思えます。
箇所数も、少なくなったようです。

山頂に着きましたが、きょうは静かなものです。
昨日、高らかに啼いてくれた「オオルリ」も、きょうは見当たりません。

でも一番奥の広場には、

コサメビタキ・・・残念なことに、ちょうど厚い雲に覆われた時でした。




あんまり鳥が居ないので、しんどい「クヌギ谷」まで下りていきました。

シメ・・・遠くの枝に1羽だけ居てくれました。


山道には、

シロハラ・・・お腹が赤かったら、皆がカメラを向けてくれるのにね。 これもハラ(腹)スメントですね。


きょうの山頂は、後にも先にも『こんだけ~』でした。 トホホ・・・

仕方が無いのでしばらくの間、山頂と20kmカーブまでを行ったり来たりする事にしました。

キビタキ♀・・・ムシを取ったり、枝から枝へと忙しそうです。








帰り道、途中で「キビタキ」に2度あいましたが、結局写せませんでした。

管理棟の前では、ちょっと遠かったのですが。

ニュウナイスズメ・・・なんとか分かるでしょうか?。






この後、「もみじ谷」で頑張ることにしました。

行くと、早速。

オオルリ・・・谷側の小枝に止まっていました。
大きな口を開けて啼いていました。






センダイムシクイ・・・『焼酎一杯グイィ~』。


10時すぎに、「サンショウクイ」の啼き声が聞こえましたが、姿は見せてくれません。
その後、しばらく閑古鳥だけです。
そして最後の最後・・・・10:58に、やっとこさ来てくれたのですが・・・・。

サンショウクイ・・・次から次へと枝渡りするので、この1枚がやっとでした。 くやしいなぁ。
超ピン甘です、下にある緑の葉っぱの照り返しで薄い緑色に移っています。


2日続けて、鳥の出がイマイチでした。
明日は、どうも雨模様です。
『ちょっと一服したら?』という、お告げかも知れませんね。
『さぁて、明日は何をして愉しもうかな?』、これはこれでワクワクしますね。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 同じような天気でも、鳥の出... | トップ | 久しぶりに、ノンビリします... »

コメントを投稿