Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

アカゲラのカップルが追いかけっこ。(by.一日一善)

2016年10月29日 | 野鳥
ちょっと雲が多かったけれど晴れ間もあって上々の天気でした。
8時半頃から風が強く吹き出したので1枚厚着していってちょうど良かったです。
風が強いせいか、小鳥はサッパリです。カワラヒワが相変わらずアチラにもコチラにも・・・。

朝一番、見晴台付近でアカゲラのカップルが追いかけっこを始めました。
最初は♀が一羽、東南(逆光位置)に、じっととまって動きませんでした。結構長い間石のように動きません。
♂が近くの木にとまると、♀がちょっかいを出しに行き、その後はお互いに追いかけたり追いかけられたり。

♂と♀がおなじ所に止まるのを期待したのですが、揃いそうになると片方が逃げます。
10分くらいは居たでしょうか。

その後はタカ(ノスリ・ツミ・ハイタカ・ミサゴ・トビ)が飛びましたが、小鳥たちはあまり写せませんでした。
ツミやハイタカなど小さいタカは、遠すぎて私の腕では証拠写真にもならず。無念!!。

アオジも草むらで顔を出してくれたのですが、人見知りが激しく写せません。

それではきょうの高槻の山の鳥たちです。

エナガ・・・一番奥の広場に居ました。




アカゲラ・・・きょうはアカゲラが居なかったら、とても淋しい事になっていました。
♀が逆光側にとまったので、背景に葉っぱが入るよう腹ばいになって写しました。


上に移動しました。木漏れ日がまぶしい。


♂が突然やってきて♀が逃げました。


♀が逃げたので♂が追いかけます。別の木にとまりました。




また移動しました。いつもとまってくれる木です。


今度は♀が来て♂が逃げました。










ホオジロ・・・イイ枝にとまってくれました。目の所に「涙」が光っています。悲しいことでもあったのでしょうか?。


ノスリ・・・今度は、動きの速い小型のタカを上手く撮りたいものです。






10:40に見晴台を離れました。
アチコチ見て歩きましたが、鳥の姿はありませんでした。

11:00に川を下って帰りました。
カイツブリ・・・一羽だけが、何回も何回も潜っては餌を捕っていました。




イソシギ・・・久しぶりの出会いです。




ダイサギ・・・小さな段差の所で小魚を待ち受けていました。


ダイサギかどうか確認のため、顔をアップで撮ってみました。


明日の天気は期待できそうですが、一層寒くなりそうです。
風が強く吹かないで欲しいものです。
アオジ・シロハラは、いつ頃姿を見せてくれるでしょうか?。冬鳥達のこれからが楽しみです。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 噂のムギマキは、やっぱり居... | トップ | リュウキュウキビタキが写っ... »

コメントを投稿