Let's Set's -歳爺記-

『野鳥・花』 や 『面白いと感じるもの』 など思いつくまま気の向くまま・・・

う~ん、何処もかしこも・・・。(by.一日一善)

2017年05月16日 | 野鳥
きょうも天気予報はでしたが、嫌がらせのように太陽の所に雲が集まります。
結局、晴れ間が出て来たのは8:00頃。

一昨日、昨日(情報による)と高らかに啼いていた「ホトトギス」、何故かきょうは啼かない。
通り過ぎてしまったのでしょうか?。
「サンショウクイ」も最近は単独行動の1羽しか居ないみたいです。
「キビタキ」の鳴き声が聞こえるのも、数ヶ所だけになってしまった。
「オオルリ」の啼き声は無くなった。
鳥影薄い山頂ですが、歯を食いしばって頑張るしか無いですね。

きょうの山の鳥たちです。

山に登る道中で、「コジュケイ」が一瞬だけ顔を出したのですが、気配を感じて隠れてしまいました。
「キビタキ♀」も見かけましたが、薄暗がりにあの色では中々目で追うのも大変です。
結局、山頂まで収穫無し。

炊事場周辺、奥の広場にも行ってみました。
「イカル」の啼き声が聞こえるのですが、葉っぱが多すぎて見つけられません。
飛び去る時に、やっと見つかります。

東屋周辺では「キビタキ」が啼いていましたが、私が近づいていくだけでピタッと啼き声が止まってしまいます。
最近、スニーカーを買い換えたのが原因かも知れません。

もう見晴台で頑張るしか無さそうです。

ホオジロ・・・見晴台の近くまで来てくれるのは、ホオジロとウグイスくらいですね。


2時間頑張りましたが、「ホオジロ」だけでした。

奥の広場に戻ると、

エナガ幼鳥・・・まだまだ枝にとまるのが下手くそです。落ちそうになったり、掴み損なったりしています。




炊事場近くには、久しぶりに「リス」が来てくれました。

ニホンリス・・・気持ちがいいのか、目の前で居眠りしだしたのには、吹き出しました。
最初は、動き回っていましたが。




枯れ枝の先っちょに、べたっと動かなくなったと思ったら。


居眠りです。 おいおいタカに食われるぞ~!!。 寝ている所を見たのは初めてです。


東屋周辺の「キビタキ」を何度も何度も探しに行って、やっとの事で見つけたのですが・・・。

キビタキ・・・薄暗がりの後ろ向き、最悪ですね。


9:00まで頑張りましたが・・・、「タカ」も飛ばず「ヤマガラ」「シジュウカラ」さえ来ませんでした。
どうなってしまったのでしょう。

帰りに、いつも通り「もみじ谷」に寄ってみましたが、皆目でした。
ボチボチ、「もみじ谷」も駄目かも知れません。
「オオルリ」の啼き声も3日ほど聞こえなくなっています。
「キビタキ」もしょっちゅう啼いていたのが、1時間に1回くらいしか啼かなくなりました。

明日からは、「もみじ谷」には期待せず、山頂重点で頑張ろうと決めました。

帰りは、川を下って淀川まで足を伸ばすことにしました。

いつも「チョウゲンボウ」が居る辺りに珍しい鳥が2羽居ました。

キアシシギ・・・当ブログ初掲載です。 カップルでしょうか、仲良くくっついています。
足がやっぱり黄色いのですね。


首も結構長いです。


仲睦まじいです。




もう少し下った所に、もう1羽居ました。 お腹の模様が薄いので別個体のようです。


堰堤の上に飛び上がりました。 足が全部見えました。




津之江の手前あたりでは、

オオヨシキリ・・・『ギョシギョシ』と賑やかです。 しばらく来ない間に、「オオヨシキリ」だらけになっています。




淀川では、

キジ・・・久しぶりに出会えました。
♀が日向ぼっこをしていました。


♂は堤防の裾を歩いていました。




どこに行っても、鳥影は薄そうです。
川辺の方が、山よりもチョットましなように感じました。

家に帰ったのが2時。
今はもう4:30です、遅くなってしまいました。
あしたも、きっと天気に裏切られそうな予感がします。
ダメダメ、もっと前向きな気持ちにならないと・・・。 頑張るゾ!!。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 花の命は短くて・・・・。(b... | トップ | 夏が来たら・・・思いやられ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。